出産前後の痔にはご注意!

レポートの文字数の数え方について質問があります。

◯◯(あるテーマのこと)について3つの観点から考察する。
1つ目は、◯◯についてである。ここでは、○つ述べる。〜〜〜。
2つ目は、◯◯についてである。ここでは、◯つ述べる。〜〜〜。
3つ目は、省略します。

ちなみに、〜〜〜。は本文です。
○つ目は、○○についてである。は小見出しの役割をしています。

このレポートの場合、どこから文字数をカウントしますか?
調べても疑問が残ったままなので教えてください。

A 回答 (2件)

頭から尻尾まで、章番号まで含みます。

小説の新人賞などと全く変わりません。
    • good
    • 0

現役大学生ですが全部入れてます。


入れないのはレポートの題目と学部学科名前等の部分です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレポートの字数に参考文献は含む?

題の通りです。
1500字以内と指示された場合、参考文献はその字数に含まれるのでしょうか?
それとも1500+本の名前でいいのでしょうか?
これまでは「約」1500字だったので気にしなかったのですが初めて「以内」とされ戸惑っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

含まないと思います。

通常、本文の分量が1500字以内ということでしょう。
そう考えれば参考文献は含まれません。

なお、1500字以内と言われていても、
実際には1500字+α(少量)は許されると思います。
(厳密に一字ずつ数える教授だというなら別ですが・・・)


逆に、例えば1500字以上書けと言われたとします。
参考文献で、10冊の本を列挙し、500字それで使ったとしましょう。
この場合、本文1000字+参考文献500字でOKでしょうか?

おそらく、ダメでしょうね^^;
今回はその逆のパターンだと思います。


まぁ、例外もあるかもしれません。
トータルの分量で10枚以内にせよ・・などの場合、
ページ数が全てあわせて10以下になった方が無難かもしれません・・。

#要するに、状況次第です。
#それほど深く考える必要はないと思います。

Q小論文の字数制限には、段落変えの空白も入るのですか?

大学入試における小論文の解答用紙作成についての質問です。

「800字以内で解答せよ」と言われた場合、字数的には795字でも、例えば、400字詰め原稿用紙なら2枚に納まらない場合は違反となるのでしょうか?

つまり、段落変更のために生じてしまう空欄も字数一文字としてカウントしなければならないのでしょうか?

それとも、試験の際に、400字詰め解答用紙が3枚程配られるのでしょうか?

解答用紙は400字詰め原稿用紙なのかは判りませんが、例に取りやすかったので、例に取らせて頂きました。

御回答の方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

空白も字数にカウントされます。
…といいますか、「800字以内で書け」という場合、800字ちょうどのマス目がある原稿用紙を配られ、その枠内で解答することになります。
(少なくとも私が受験した大学はそうでした)
原稿用紙の体裁(文字数と行数)は大学によって異なるので、ある大学の小論文の過去問を解くときなどには、可能であればその大学の解答用紙と同じ体裁の用紙を使った方が良いです。

Q大学で課されるレポートの文字数についての質問です。

たとえば大学で「○○というテーマについて2000~2200字程度でレポートを書け」という課題が出たとき、この2000字以上という字数はタイトルや自分の名前・学籍番号や参考文献のURLの文字数までを含めたものなのでしょうか?

Aベストアンサー

>「○○というテーマについて2000~2200字程度でレポートを書け」

そのままです。

レポートの内容が2000字~2200字程度なのです。

A4に400字として、

1ページ目に、
タイトル、名前、学籍番号

2ページ~7ページ【ここが2000字~2200字】
内容

8ページ
参考文献やURLをまとめる。

Qレポートの指定字数について

 大学に通っている1回生のものです。
 只今レポート課題を頑張っているのですが、その課題の指定がワープロ打ちでA4サイズ2枚程度、字数3200字程度となっているのですが、この程度とはどのような意味を含んでいるのでしょうか。
 例えば3200字の9割にあたる2880字以上ならばOKということでしょか。友達の話では指定字数の8割を満たしていれば良いとのことですが・・
 レポート課題に今苦戦していて3200字はなかなかの厳しい状況で・・ 年明けの授業で提出なので困っております。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般に、レポートの字数制限には、
(1)・・字以内(・・ページ以内)
(2)・・字程度(・・ページ程度)
という2種類があると思います。

出題する方としては、書かれるべき内容の常識的範囲を想定しているので、これを大きく外れることは、書かれた内容に対して、出題者が例外的なプラス評価をしない限り、マイナス点になります。
では、どの程度が常識的な範囲か? 私は会社の内外で論文試験を課す立場にありますので、その点から参考意見を述べれば、次のようになります。

(1) ・・字以内というのは、資格試験や検定試験などで適用されることが多く、この場合には、

・上限 : 指定された字数を、たとえ句点1個といえども超えてはいけません。

・下限 : 字数の指定があれば、それに従います。なければ、一般には、-10%程度が常識です。

(2) ・・程度というのは、学校のレポート課題などで適用されることが多く、上限も下限もゆるやかですが、常識的な範囲としては、

・上限 : 基本的には、指定字数を超えないようにまとめるた方が良いと思います。しかし、+10%ぐらいは許されるのではないでしょうか?
それ以上は、大体が駄文ですから、やめるべきです。

・下限 : -10%を目処にまとめると良いと思います。ただし、-20%でも、書くべきことが要領良くまとめてあればOKですし、-30%でも、出題者が感心するほどの内容であればOKです。

ただし、あくまでも「どんな場合にも通用する目安」だと考えて下さい。
たとえば、技術士試験というものがありますが、「用紙3枚以内にまとめよ」との指定に対して、2枚しか書かなかったのに合格した、という報告もありますから。

一般に、レポートの字数制限には、
(1)・・字以内(・・ページ以内)
(2)・・字程度(・・ページ程度)
という2種類があると思います。

出題する方としては、書かれるべき内容の常識的範囲を想定しているので、これを大きく外れることは、書かれた内容に対して、出題者が例外的なプラス評価をしない限り、マイナス点になります。
では、どの程度が常識的な範囲か? 私は会社の内外で論文試験を課す立場にありますので、その点から参考意見を述べれば、次のようになります。

(1) ・・字以内というのは...続きを読む

Q原稿用紙の文字数の数え方

応募したい小論文コンクールの応募規定に「本文の字数は1800字以上2000字以内」とあります。同時に、応募票に本文の文字数を書くよう指示されています。400字詰原稿用紙を使用するので、最初、5枚目の左側のページの途中で終わるようにすればいいかなと思いました。それでは規定を満たしていることになりませんか?「文字数」はやはり文字、句読点のみで改行による空白は数えないものを指すのですか?もしそうなら、原稿用紙5枚程度なら数えられますが、数十枚に及んだ時の文字数はどうやって数えますか?1,2,3,4,5・・・と1つずつ数えるしかないでしょうか?

Aベストアンサー

規定を満たしています。
文字数には句読点が必ず入ります。
空白も作文途中のものは数として計算されます。
これで全ての質問に答えている事になりますよね。

だからご質問の最後の方の事などは、それ以上は考える必要がありません。

つまり、原稿用紙は、400字詰め5枚で2000文字と数えます。びっしり文字で詰めようが、改行して升目がいくつ空こうが文章の最後の文字までで、文字数として数えます。

自分は専門家ではないですがそう教わってきましたが、いかがでしょうか?

Q引用文献の中の引用文献を利用するときは?

学生で。レポートを書いているものなのですが、ある文献に、外国の人が調査した結果をある文献の著者が引用しています。私は、その外国の方の文を引用したいのですが、引用した文献の引用した文献を利用する事は可能なのですか?もし、そのような文や統計を引用する場合、どのようなステップを踏んで書けばよいでしょうか?お願いします。

Aベストアンサー

いわゆる「孫引き」ですね。

論文で孫引きをするとその文章の信頼度・精度が下がってしまいます。anthraceneさんの指摘するように文書Bの筆者氏がレフェリーであった場合もそうですが、「恣意的に都合のいい部分だけ切り取られた引用」の場合、とんでもないことになります。

ただ、そうはいかない場合があります。
・transactionさんの指摘するような、自分の語学知識で対応できない場合。
・散逸した書物……中国古典文学の世界でよくやる手段です。たとえば「『三国志』裴松之注に引く『漢晋春秋』によれば」という方法で逃げることがあるのですが、きちんと佚書であることがはっきりしていないと突っ込まれます。
・その他の理由で入手困難な場合……親文書が発行部数僅少・発禁処分などにより世間に流通していない・自分の文章が締め切り間近など。

とにかく、「入手困難」「自力翻訳困難」のいずれかでないと、なるべくならやらない方がよいでしょう。
どうしてもやる場合は、
・とりあえず自分が参照する文書そのままを正確に引く。
・きちんと「『文書B』に引く『文書A』」あるいは「『文書A』(文書Bよりの転載)」
などとすることが、論文筆者の良心です。

いわゆる「孫引き」ですね。

論文で孫引きをするとその文章の信頼度・精度が下がってしまいます。anthraceneさんの指摘するように文書Bの筆者氏がレフェリーであった場合もそうですが、「恣意的に都合のいい部分だけ切り取られた引用」の場合、とんでもないことになります。

ただ、そうはいかない場合があります。
・transactionさんの指摘するような、自分の語学知識で対応できない場合。
・散逸した書物……中国古典文学の世界でよくやる手段です。たとえば「『三国志』裴松之注に引く『漢晋春秋』によれ...続きを読む

Qレポートの字数

【提出様式】
・ワープロでA4用紙に40字×30行
・2000字以上

の場合、2000字÷40字=50行=1頁と20行ですよね?
ということは、文章が2頁目の20行のラインを超えれば良いという意味ととらえておりますが、あってるでしょうか?

一方、書いてる時、使用ソフトの文字数カウントツールなどで文字数をカウントすると、こちらの方が少なくなりますよね?(改行分)
改行が多くなってしまう場合や、文字数が増えるほど両者の開きが大きいので心配なのですが、前者のカウント法で良いのでしょうか?

Aベストアンサー

1項20行の捉え方でいいとお思います。しかし、2000字以上という条件があるならば軽く超える字数で書くことがベストだとお思いますが。制限字数ではないので2000字はクリアーしてください。

Qワードの文字数確認

レポート作成時、ワード文章の文字数を確認したいのですが、「文字カウント」機能を使うと、「文字数」や「単語数」等、色々な項目が出てきます。
レポートは1500文字の指定なのですが、どの項目が「1500」であれば良いのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたらお教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「文字数」です。ローマ字を全く使わない場合は、「単語数」と一致します。すなわち(●はスペースとみなしてください)、

あいうえお、
かきくけこ。
さ●す。

では、文字数、単語数とも「15」です。

あいうえお、
かきくけこ。
さ●す。
abc●de

では、単語数「17」、文字数「20」です。仮名や漢字は、1字イコール1単語とみなされます。「スペースを含める」の項目では、「●」の加算された数値になります。

この種のご質問は、上のようにご自分で10~20字を入力して確かめれば、回答に頼るより、より確実な知識を得られるのではないでしょうか?

Qレポートの参考文献

参考文献を記載するとき、出版年を記入しなければならないですが、
これは、初版の年ですか?
それとも今まさに持っている本(第5版なら第5版)の発行年ですか?

Aベストアンサー

初版の年を書いてはいけません!!
初版と第2版,第3版…では,内容が改訂されていますので,自分が参考にした文献はどれなのかということをハッキリさせるという意味で,「今まさに持っている本」の出版年を書きます。
また,文献のタイトルの後にも,(第5版)のように版を表す数字(版次という)を書きます。

ここから先は細かい話ですので,忙しかったら飛ばしても構いません。

本の奥付を見ると,内容の新しさをあらわす数字に「版」と「刷」があることに気づくと思います。
たとえば,

第1版第1刷 1970年4月20日発行
第3版第1刷 1998年1月15日発行
第3版第5刷 2005年7月10日発行

一応の原則としては,
「第1版と第2版,また第2版と第3版とでは,それぞれ内容は大きく変わる」
「第3版第1刷と第2刷以降では,内容は原則として同じだが,細かい訂正など多少手を加えることもある」
と考えてください。

このような場合,この本が第3版であることは確かですが,発行年をどうするか。
一応の原則としては,「版次(第3版)が同じであれば,刷次(第1刷とか第5刷とか)が違っても,内容はほとんど一緒」と考えられます。
したがって,内容的には1998年に出されたときのものと同じと考えて,発行年は「1998」と記録する,というのが一つの考え方です。
(図書館の蔵書目録のデータはそのようなルールで書かれています)
もっとも,本によっては,同じ版でも,刷りを重ねるごとに
かなり内容に手を加えていることもありますので,正確に記録するのであれば,「1998,第5刷2005」とすればよいでしょう。

ただ,版次の数字が「第85版」みたいにやたらと大きい場合は要注意です。そのような場合は,「刷」の意味で「版」と表示している可能性が高いです。
たとえば,
1965年初版発行 (初版と第1版は同じ意味です)
2005年第85版発行
これだと,年2回のペースで版を新しくしているということになりますが,観光ガイドとかムック(雑誌ぽい本)などならともかく,普通の図書で年に2回も版を改めるというのは滅多にないことですので,「2005年第1版第85刷発行」の意味と考えられます。
そのような場合は,内容としては1965年の時のものと同じでしょうから,出版年は「1965」としたほうがよいでしょう。

No.1の回答者さん。
気持は分かるのですが,もし自分が読んだ本が「2005年に出た第5版」だったとしたら,参考文献には2005と書くしかありません。
本当に「1960年に発行された初版」の本を手にとって,参考にしたのでなければ,1960と書くわけにはいきません。
自分がどの文献を参考にして書いたのか,それを明らかにするのが参考文献一覧ですから。
もし,自分は2005年発行の本しか見ていないけれど,その本の筆者は1960年に既にそのようなことを書いていたということをどうしても示したければ,本文の中でそう書けばいいのです。

初版の年を書いてはいけません!!
初版と第2版,第3版…では,内容が改訂されていますので,自分が参考にした文献はどれなのかということをハッキリさせるという意味で,「今まさに持っている本」の出版年を書きます。
また,文献のタイトルの後にも,(第5版)のように版を表す数字(版次という)を書きます。

ここから先は細かい話ですので,忙しかったら飛ばしても構いません。

本の奥付を見ると,内容の新しさをあらわす数字に「版」と「刷」があることに気づくと思います。
たとえば,

第1版第1...続きを読む

Q卒論でかなり文字数をオーバーしそうです

今大学4年で、卒論をやっている最中です。
ちなみに文系で、必修なのです。

大学の規定では「卒業論文の分量は、原則として、20000字以上とする」となっているのですが、こうゆう場合どの位書けばいいんですかね??
20000字以上なら構わないってことだとは思うんですが、かなり文字数をオーバーしそうなんです・・・・。2万字の3倍くらいになってしまうかもしれません↓
それって、ただ長いだけで読む方に失礼ですかね?
もっと削って2万字程度にした方がいいのでしょうか?

指導教諭の先生は「提出すれば何でも構わない」というだけで、詳しく教えてくれないのです。
けれど、せっかく卒論を書くのだから良いものを書きたいと思っています。
アドバイス・ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、『何文字くらい書けばよいか』という間違った考えを捨ててください。
卒論として意味のある内容ならば、何文字でもよいのです。有名なDNAの螺旋構造の論文は2ページしかありません。

質問者様の学校では、卒論が「あまりにも薄いのはみっともない」というので最低文字数が決まっているのだと思います。というのも、「2万字以下だが内容の充実した論文」を大学4年生が書くことはほぼありえないからです。

ワープロ打ちだと1ページ1000文字くらいですから、2万文字だと20ページ。20ページというのははっきり言って、「薄い」卒論です。
50~100ページの卒論はそこらにごろごろしていますから、2万字の制限を3倍くらい越えたからといって気にすることはありません。

ただし、本当に意味のある6万文字かどうかはよく考えてください。
他人の著作の転載で文字数が増えているだけだったりして?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング