プロが教えるわが家の防犯対策術!

マツダスピード アクセラ
マツダスピード アテンザ
どちらが優秀で速いと思いますか?

A 回答 (4件)

アクセラはFF、アテンザは4WD。

性格が違う。安楽に走るならアテンザ。力ずくでねじ伏せるように走るならアクセラ。
    • good
    • 0

優秀?どちらでもないですね。



速いのはアクセラ。同じエンジンで一回り小さいプラットフォームに軽く納まった車体なので、走らせるならアクセラが有利。
ただ、買うなら2世代目BLの方が足がしっかりしている。年式としても新しいし。
    • good
    • 0

車格はアテンザの方が上なので、アテンザだろうね。

    • good
    • 0

懐かしー!マツダスピードって、まだやってたの?と思い、Wikipediaを見ると、マツダスピード・かつて存在した、マツダ系列のモータースポーツ会社、とあった。

ですよね!マツダは、もうレースもラリーもやってないし。モータースポーツの裏付けのない、名前だけのマツダスピードなんちゃらは、ル・マン優勝を知っている人間には、寂しい限りです。合掌
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q初代アテンザ(マツダスピード)の中古車について質問です。 1.アテンザ(マツダスピード)は人気のない

初代アテンザ(マツダスピード)の中古車について質問です。
1.アテンザ(マツダスピード)は人気のない車種でしょうか。某サイトで初代アテンザ(笑)の風潮があったり、中古車が異常に少なかったりと不安要素があります。
2.たまに峠やサーキットに行きたいのですが不向きでしょうか。
3.スポーツタイプが好きなのですが、3ナンバーサイズでぼてっとしたイメージはあるでしょうか。
4.アテンザ走行14万kmで60万円(2007年式4wdターボ車検2年付) を遠方より購入予定です。なにか購入の時にここは見たほうがいいというところはあるでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ぜひ一度試乗してみられる事をお勧めします。

マツダスピードアテンザ(GG3P型)はランエボやインプレッサSTiなどと比べると車重が300kg程度重く、同じエンジンを搭載するFFのマツダスピードアクセラと比べても150kg程度重いです。ハンドリング(特にステアリングの切りはじめ付近)が結構ダルで走行フィーリングもかなり重め(軽快感があまりない)で、アクセルレスポンスも低回転域からビュンビュン吹けるという感じはなく、ターボが効くまでは車重のせいかそれとも4WDの駆動抵抗のためかちょっとかったるいです。当方が一般道や高速道路で運転してみた時の印象はサーキットや峠というよりは高速道路向け(全天候型ハイスピードツアラー)かな?といった感じを受けましたので、同じL3-VDT型エンジン搭載車でサーキットを主眼に置かれるのであればFFで軽量なMSピードアクセラの方がいいのではないかと思います。

またL3-VDT型エンジンは、ターボチャージャーの軸受けからターボ内にエンジンオイルが滲みだしてマフラーから白煙を吹くトラブルが発生することがあったため保証期間の延長による対応(ターボの無償交換)が行われていましたが、この延長期間もすでに全車が過ぎてしまっていますのでMSアテンザを含むL3-VDT型エンジン搭載車の中古車を購入される場合は上記の保証延長規定に基づいたターボ交換済みの車両を選択されることを強くお勧めします。
※上記の保証期間延長対応はMSアテンザに限らず、初代MSアクセラやMPV、CX-7なども対象です。(2代目MSアテンザ(BL3FW型)は対象外です)
※アイドリングで数分~10分くらい放置しているとマフラーから大量の白煙(加速時は後方車に対して前方視界を奪う「煙幕攻撃」レベル、屋内では部屋中に煙が充満して真っ白になるくらいのレベル)がモクモクと出始め、一度白煙が出始めると空吹かしをしても一度エンジンを停止してもすぐには止まりません。しばらく走行すると治まると思いますが、ターボを交換する以外修理の方法はなく確か20万円以上の費用が掛かると思います。また、修理されずに乗られる場合はなるべく年度の高いエンジンオイルを使用してください。
※未対策車両の場合、0W-20や5W-20などの柔らかいオイル(説明書では使用可能になっています)を入れるとアイドリング状態のまま20~30分くらい放置しているとかなりの確率で白煙を吹くと思います。

以下蛇足ながら、維持費につきましてはMSアテンザ(MSアクセラも同じ)はエンジン排気量が2.3Lなので、ランエボやインプレッサSTiなどの2.0L車よりも自動車税が高くなります。(2.0L以下:39,500円/1年→2.5L以下:45,000円/1年)
※グリーン化税制により初度登録から13年経過すると自動車税が上記から15%ほど高くなります。

また、自動車重量税も違い1.5トン以下のランエボなどは24,600円/2年ですが、1.5トンを超えるMSアテンザは32,800円/2年になります。
※こちらも、初度登録から13年以上経過した車両は24,600円/2年→34,200円/2年、32,800円/2年→45,600円/2年になります。

自動車保険(任意保険)につきましてはランエボなどの事故率(≒保険金請求額)の高い車種と比ると料率クラスが低いため保険料は安くなると思いますが、念のため保険会社や代理店などにご確認ください。

ぜひ一度試乗してみられる事をお勧めします。

マツダスピードアテンザ(GG3P型)はランエボやインプレッサSTiなどと比べると車重が300kg程度重く、同じエンジンを搭載するFFのマツダスピードアクセラと比べても150kg程度重いです。ハンドリング(特にステアリングの切りはじめ付近)が結構ダルで走行フィーリングもかなり重め(軽快感があまりない)で、アクセルレスポンスも低回転域からビュンビュン吹けるという感じはなく、ターボが効くまでは車重のせいかそれとも4WDの駆動抵抗のためかちょっとかったるいで...続きを読む


人気Q&Aランキング