ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

韓国語、中国語、フランス語、ドイツ語の需要ランキングと難しいさランキング教えて欲しいです。

A 回答 (5件)

あくまでも私個人の視点なので 世間一般の基準とは違いますが....



需要ランキング
① フランス語 ②中国語 ③ ドイツ語 ④ 韓国語
あくまで 英語が出来た上で、知っていると やや高く評価される順位です。

難しさランキング
①中国語 ②韓国語 ③ ドイツ語 ④ フランス語
中国語は声調の違いで意味が全く反対になることもあり、声調言語に慣れていない日本人が聴き分けるのは至難の業です。みんな、中国語は漢字だから何となく分かるだろうと高をくくって 悉く挫折する。韓国語はハングルを覚えないと辞書も引けません。それに、日本語と同じ膠着語に属するだけに 膠着語特有の難しさがありまます。ドイツ語は英語と親戚の言語だし、文法さえしっかり覚えれば それほど難しくはない。若干難しい発音もあるが、全般的には発音に関しては一番易しい。フランス語は英語さえ知っていれば 文法も似ているし、類推の効く単語も多いし、発音は英語よりも少し易しいです。
    • good
    • 0

需要度:


ダントツで中国語が1位
2,韓国語 3,フランス語 4,ドイツ語
日本に観光で中韓語を話す方が多いので需要率は高いですね。仏独を話す人は英語でも通じる場合が多いと聞いたことが…

難易度:
1ドイツ語
2中国語
3フランス語
4韓国語
中国語は発音で意味が変わってきたりするので発音が難しいです。ドイツ語は語句が変わったりする何かがあるらしいので難しいと聞いたことがあります←実際あんまりしらない殴)
フランス語は無理に考えるとより難しくなります。韓国語は文法が基本的に同じです。単語も。なので簡単ですが、パッチムという子音だけの音があるのでそれが難しいかなーと…

外国語を習得するのは何語でも素晴らしく、いいことです。どれにせよ、他国の言葉を習得するのは難しいので挑戦されるなら頑張って下さい!自分も韓国語を勉強していて、他の国の言語も喋りたいと思っています。挑戦されるならお互い頑張りましょう!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなに詳しくありがとうごあ。
お互い頑張りましょう!

お礼日時:2018/04/09 22:57

そうですね...僕の経験と、知り合いの話ではこんな感じでした。


難易度:
中国語、ドイツ語、フランス語、韓国語

中国語は日本人にとって難しいらしいです。
4つの音があって、それとそのひらがなのㄖ←が発音出来ないらしいです...。

ドイツ語はアジアに難しい、独学はほぼ無理、と聞いたことがあり、文法に8変化(?)があるらしいです。

フランス語は単語に男性名詞と女性名詞があり、それぞれを区別しないと、動詞が使えないので、基礎がある程度無いと無理でしょう。

韓国語はあまり詳しくないですが、日本人が学ぶと早いらしいです。発音と、文法が似ているらしいので、

需要度:
中国語、韓国語、フランス語、ドイツ語

参考までにどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細い説明までありがとうございます。
参考になりました

お礼日時:2018/04/09 22:58

需要について


圧倒的に中国語でしょう。次は韓国語でしょうね。フランス語、ドイツ語を話せる人は普通に英語も話せますので。

取得の難易度
難しいのはドイツ語でしょうね、ドイツ語は名詞に付く冠詞などが語形変化して格が変化する四格という日本人には理解しづらいことがあります。
話すので難しいのは中国語です。中国語は四声といってイントネーションによって全く意味がかわってきます。
韓国語は、語順が日本語と同じですし、単語をそのまま替えれば意味が通じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
とっても参考になりました

お礼日時:2018/04/02 23:14

需要ランク1~ダントツで中国語その他はほとんど同じ。

難しさは韓国語が文法的に日本語に近く学習しやすいと言われています。発音は韓国語、ドイツ語が日本人には比較的発音しやすいでしょう。中国語、フランス語はネイティブな発音を意識し過ぎると難易度が上がります。いずれにせよ外国語を勉強する事は素晴らしい事、頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何といい回答ありがとうございます
頑張ります

お礼日時:2018/04/02 23:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフランス語、ドイツ語どっちの方が難?

フランス語かドイツ語のどちらの方が難しいと思いますか?
どちらかを勉強しようと思っています。
あと英語との比較もお答えお願いします。

Aベストアンサー

どちらが難しいと言われれば、フランス語だと思います。
それぞれの特徴ですが・・・

・フランス語
文法と発音は一番難しい気がします。
だけど、個人的に、発音は言語の中で一番美しいと思います。
<英語との比較>フランス語の語源はラテン語です。
つまり、スペイン語やイタリア語の仲間に入ります。
なので、英語とは全く違うものだと考えて良いと思います。


・ドイツ語
人それぞれ合う合わないというのもあると思いますが、
私は、文法は英語より簡単だと思います。
発音は日本語と似ていて、フランス語や英語みたいに滑らかではなく、
一音一音しっかりしていて、聞き取りやすいかと思います。
<英語との比較>ドイツ語は、英語と同じ語源がゲルマンなので、
とても似ていて、英語と同じ単語が多いです。
余談ですが、オランダ語も同じ仲間で、ドイツ語とかなり近い言語です。


私は英語はしゃべるのは好きでしたが、文法が嫌いでした。
特に日本の学校の勉強方法だと、とにかく文法を詰め込まなければいけなかったので、途中で嫌になってしまいました。
それに比べてドイツ語は、話すというところから入ったのが良かったのかもしれませんが、文法は英語より簡単だと感じました。

それぞれ難しさの感じ方は違うと思いますが、ドイツ語はオススメです♪
実際に少しやってみると自分に合ったもの、興味の湧くほうが分かってくるかもしれません。

どちらが難しいと言われれば、フランス語だと思います。
それぞれの特徴ですが・・・

・フランス語
文法と発音は一番難しい気がします。
だけど、個人的に、発音は言語の中で一番美しいと思います。
<英語との比較>フランス語の語源はラテン語です。
つまり、スペイン語やイタリア語の仲間に入ります。
なので、英語とは全く違うものだと考えて良いと思います。


・ドイツ語
人それぞれ合う合わないというのもあると思いますが、
私は、文法は英語より簡単だと思います。
発音は日本語と似ていて...続きを読む

Qフランス語やドイツ語は役に立たない?

こんにちは。昔は第2外国語の定番と言えば、フランス語かドイツ語が主流でしたが、
今では中国語と韓国語にその座を奪われていますね。
しかし、中にはフランス語やドイツ語はカッコいいだけで役に立たないと、くさす人もおります。でも、これっていささか視野が狭いのではないでしょうか? 少しでも外国に関心があるのなら どの道に進むにせよ英語は避けて通れませんが、それ以外の外国語は各人の関心や進路によって大きく変わって来るので、個人一人の意見で
全体論は出せないと思います。私も中国語の重要性は認めますが、私自身は中国語は必要ありません。 例えば、私は Marie ClaireとかElleみたいなファッション雑誌を愛読していますが、中国のファッション雑誌を読んでも意味がないからです。 同様にファッションにもグルメ関係にも無縁の人はフランス語を学んでも仕方ないかもしれません。ドイツ語は私の専門ではありませんが、同じようにオペラを学びたい人が
中国語を勉強しても役にたちませんし、それよりだたったら ドイツ語とかイタリア語の方がずっと有益です。
みなさんは、フランス語やドイツ語の学習意義について いかがお考えですか?

こんにちは。昔は第2外国語の定番と言えば、フランス語かドイツ語が主流でしたが、
今では中国語と韓国語にその座を奪われていますね。
しかし、中にはフランス語やドイツ語はカッコいいだけで役に立たないと、くさす人もおります。でも、これっていささか視野が狭いのではないでしょうか? 少しでも外国に関心があるのなら どの道に進むにせよ英語は避けて通れませんが、それ以外の外国語は各人の関心や進路によって大きく変わって来るので、個人一人の意見で
全体論は出せないと思います。私も中国語の重要性は...続きを読む

Aベストアンサー

フランス語を習得したがために、それを役立てる職に就くことになるかもしれません。
場合によってはフランス駐留とかね。
テレビ各局や新聞各社は海外に特派員を派遣していますが、その国の言語に長けている人を派遣するのが自然でしょう。

逆に考えてみますと、「役に立たない」発言をされる方の理論でいくと、日本語は英語ほど役に立たないわけです。
現代では中国語を学ぶ方が役に立つと、海外では思われているかも。

英語は別格として考えて、ではなぜ中国語韓国語の方が役に立つと思われるのか(そう言う人たちに)。
中国や韓国の文化の方が触れる機会が多いから?
ビジネスに有効だから?
誰もが中国語韓国語が必要なビジネスに就くわけではないのに。
しかも中国語、といっても、要は北京語ですよね。中国には北京語が通じない地域も多いと聞きますが。


英語以外で、その言語を学ぶ動機は、はっきり言って「興味」でいいと思います。
フランスが好きだからフランス語を学ぶ、イタリアサッカーが好きだからイタリア語を学ぶ、等々。
何事も極めると、それが大いに役に立つでしょう。
関係した仕事を得られるかも知れません。

そもそも役に立つ立たないだけで学習内容を選択するのは、自ら将来の選択肢を狭め、人生をつまらないものにしてしまうと思います。

ちなみにフランス語を勉強すると英語に対しても新発見がいっぱいあって面白いです。
フランス語は英語の兄さんですからね。

フランス語を習得したがために、それを役立てる職に就くことになるかもしれません。
場合によってはフランス駐留とかね。
テレビ各局や新聞各社は海外に特派員を派遣していますが、その国の言語に長けている人を派遣するのが自然でしょう。

逆に考えてみますと、「役に立たない」発言をされる方の理論でいくと、日本語は英語ほど役に立たないわけです。
現代では中国語を学ぶ方が役に立つと、海外では思われているかも。

英語は別格として考えて、ではなぜ中国語韓国語の方が役に立つと思われるのか(そう言う人...続きを読む

Qフランス語、ドイツ語、イタリア語だったら、どれがお勧めですか

会話を習うなら、
フランス語、ドイツ語、イタリア語のなかで、
どれが一番お勧めですか。

習得したときに、どんな世界が広がるかとか
こんな場面で役に立つ
(イタリア料理のメニューが読めるとか、クラシック用語が分かる?とか)
と言うのを教えてください。

それと、難易度はどうでしょうか。

Aベストアンサー

僕は3つともやりましたけどどれが特別いいってこともないですよ。また、フランスとドイツにいたことはありますが、「こんな裏があったのか!?」みたいなことはあんまりなくてだいたい日本で聞く内容がそのまま反映されている感じです。まぁ日本であまり聞かれないこととしてはイタリア語は方言が多くて結構通じにくいみたいです。また、ドイツ語は方言方言ってバカみたいにみんな焦ってますがいいとこ日本語でいうと大阪弁と名古屋弁ぐらいにしか違いません。日本人からしたらどうでもいいぐらいの違いです。あとフランス語は以外とヨーロッパの共通言語的な要素があってスイス以南に行くとフランス語は出来るけど英語は出来ないっていう人にも会うことがあります。ロマンス語イタリア語スペイン語あたりの人には英語かフランス語が必ず伝わるので結構便利です。その他に重要になってくるのは文学とかの分野だと思いますが、文学に関しては詩とか出なければ別にどの言語でも同じっすね。本だったら重要なのは表現じゃなくて内容だと思うんで翻訳したヤツがそれなりに賢ければやっぱり著者が何言いたかったのかは分かるし原文じゃないと雰囲気がつかめないなんて言ってるのはエリートぶってる連中だけだと思いますよ。イタリア料理のメニューは意外とイタリア語が出来ても読めないもんで料理には料理用語があるんでこれは結局そのためだけに単語を覚えることになること必至です。クラシック用語は結構日常のイタリア語が使われていますが使われているのは単語のみで意味が結構違うんでやっぱりここでも単語の意味を新たに覚える羽目になると思われます。

難易度だったらイタリア語が簡単でフランス語ドイツ語は同じぐらいのレベルなんじゃないですかね。僕は英語の方がイタリア語よりも簡単だと思いますが↓の方が言ってるようにこれは結構際どいところで、イタリア語の方が英語よりもだいぶ変化が多いんですが、変化自体は規則的だし、変化さえ全て覚えてしまえば逆に変化してくれるのでそれぞれの単語の意味がかえって英語よりも分かりやすい、という特長もあります。ぶっちゃけ僕も今となっては英語よりもイタリア語の文章の方が読みやすいです。

僕は3つともやりましたけどどれが特別いいってこともないですよ。また、フランスとドイツにいたことはありますが、「こんな裏があったのか!?」みたいなことはあんまりなくてだいたい日本で聞く内容がそのまま反映されている感じです。まぁ日本であまり聞かれないこととしてはイタリア語は方言が多くて結構通じにくいみたいです。また、ドイツ語は方言方言ってバカみたいにみんな焦ってますがいいとこ日本語でいうと大阪弁と名古屋弁ぐらいにしか違いません。日本人からしたらどうでもいいぐらいの違いです。あとフ...続きを読む

Q韓国語の需要を教えてください。

韓国語の需要を教えてください。

仕事をする点で韓国語が需要がありますか?

今、世界の流れでは中国語が主流となりつつあります。
しかし、韓国人の友達も多いので韓国語を教えてもらえるのは容易です。

現在韓国と日本は、文化交流がかなり盛んになってきました。需要も上がっているとは思います。しかし、経済の流れをみると、今が最盛期であることも否めません。

中国は、経済の結びつきが増し、密接な文化交流はまだまだ時間はかかると思います。さらに大国です。

何か意見をよかったらください。

Aベストアンサー

仕事をする点で、日本人が韓国語で飯が食えるのは現状では難しいですね。

韓国人の友達が多いということなのでお分かりだとは思いますが、韓国は日本に比べ内需規模が小さく、発展の為には、どうしても外需に頼らざる得ない状況です。その為には英語をはじめ中国語、フランス語、日本語などスキルが必要となり、それを活用し仕事に結びつける可能性が高いです。

その逆に日本より内需規模の小さい韓国の言葉を日本人がマスターしても仕事に結びつける可能性は低いです。

日本人としては経済規模の大きい英語や中国語をマスターされたほうが需要が大きいと思います。

韓国のハラボジに「最近、韓国語を話す日本人がおおくなった」と笑われたことがあります。言葉は文化ですから、お互いの文化を理解する為に決して悪いことではないのですが、

腐っても経済大国日本、個人的には世界中で、今後も日本語でビジネスできるように、日本の技術を教えてほしいと外国人が日本語を勉強する憧れの国になってほしいと思います。

Qフランス語とドイツ語どっちがいいですか?

今年から大学で第二外国語勉強するのですが、
わけあって、後に英語とともに、フランス語かドイツ語の試験(卒業など学業には関係ない)を受ける必要があります。
試験に受かる事だけを考えて勉強しやすい(簡単)なのはどちらでしょうか?

それぞれについて長所・短所など些細な事でも構いませんので、なんでも教えてください。
失敗談や苦労する点なども教えていただけると非常にありがたいです。

Aベストアンサー

フランス語と比べるなら、ドイツ語は暗記して駆使しなければいけない情報量が「格段」に多いです。

例:新しい単語が出るたび単数形と複数形を両方個別に覚えなくてはいけない。(片方からもうひとつを誘導できない)

例2:格変化を理解するのは難しくないが、使い分けるのは大変。a, the, my, big, this などに相当する名詞を導く語をすべて16通りの可能性から選ばなければいけない。形容詞は加えて他の冠詞と合わさるかどうかでチョイスが3倍に増えます。

例3:フランス語で文法を間違えれば、それはほとんどの場合文法の間違いと認識されるだけで、意味は通ることが多い。ドイツ語でやっかいなのは文法が意味の伝達で非常に重要だということ。たとえば「私に猫がおもちゃの好きです。」と言われたら、真意を探るのにかなりの推理力がいります。ドイツ語では名詞の性や格を間違えるだけでこのような間違いが頻発します。

口頭や論文試験ならどちらでもいいと思います。文法の些細な間違いがその答えをまるごとばつにされる設問が多いような試験なら、↑のようなことを緻密にこつこつ覚えれる性格の人じゃないと苦労すると思います。私はそういう性格じゃなかったので、新聞くらいなら読めますが、この間センター試験を遊びでやってみたら、読解以外は全滅でした。フランス語に接した時間も同じくらいかと思いますが、そちらの試験はまあ大体できました。

フランス語と比べるなら、ドイツ語は暗記して駆使しなければいけない情報量が「格段」に多いです。

例:新しい単語が出るたび単数形と複数形を両方個別に覚えなくてはいけない。(片方からもうひとつを誘導できない)

例2:格変化を理解するのは難しくないが、使い分けるのは大変。a, the, my, big, this などに相当する名詞を導く語をすべて16通りの可能性から選ばなければいけない。形容詞は加えて他の冠詞と合わさるかどうかでチョイスが3倍に増えます。

例3:フランス語で文法を間違えれば、そ...続きを読む

Q勉強するならどちらが良い?中国語or韓国語

いまから勉強するなら、中国語と韓国語の
どちらがお勧めですか?

というのは、私の希望する企業の採用で、
英語または中国語または韓国語できる人は
優遇されるそうです。

採用試験は今から1年程度先の予定なので、
中国語か韓国語を今から勉強しようと考え
ています。

初めて学ぶ人が独学で勉強しやすいか、
需要が見込まれるのはどちらか、など
様々な視点からアドバイスいただけると
うれしいです。

Aベストアンサー

わたしも中国語を勧めます。やはり使用人口の多さは市場として大きいと思います。
ただ、ハングルはむずかしくて、漢字は楽、というのはちょっと疑問です。ハングルはとても論理的に作られたもので、多少の例外はありますが、基本を学べばわからない単語でもほぼ発音することはできます。数も限られているし、形自体はシンプルですから、書くほうもすぐ慣れますよ。中国語の漢字は、おそらくあなたの知らないものがとても多いと思います。どうやって書くのか、どこがつながっているのか、ちょっと考えてしまうような字も出てきます。
中国語(たぶん北京語を勉強されるのでしょう)はもちろんピンインを身につければ、発音はできるようになりますが、文字は日本の漢字とは微妙に異なるものもあるし、なまじ漢字なので、つい日本語と同じ意味だと思ってしまうと全然意味が違うこともあります。また、発音もわたしの感じでは韓国語よりむずかしいものがあります(これは人によるかも)。
自分で勉強なさるということですが、たとえ漢字を使っていても外国語ですから、日本語の漢字の形や、日本語とは意味の違う語があるということを忘れないよう、老婆心ながらお勧めしておきます。
また、本で学ぶだけでなく、できればNHKなどの語学講座を利用されるといいと思います。特に発音はCDを聞いてまねをしても限界があるので、だれかに直してもらえるといいですね。
がんばってください。

わたしも中国語を勧めます。やはり使用人口の多さは市場として大きいと思います。
ただ、ハングルはむずかしくて、漢字は楽、というのはちょっと疑問です。ハングルはとても論理的に作られたもので、多少の例外はありますが、基本を学べばわからない単語でもほぼ発音することはできます。数も限られているし、形自体はシンプルですから、書くほうもすぐ慣れますよ。中国語の漢字は、おそらくあなたの知らないものがとても多いと思います。どうやって書くのか、どこがつながっているのか、ちょっと考えてしまうよ...続きを読む

Q日本語検定1級のレベルとは?

知人(外国籍ですが母親が日本人のハーフ)で日本語検定1級に合格しているのがいるんですが、やたらと「私は、日本国家から認められている」と吹聴しています。 

でも、私が見る限り中学1年生程度のレベルしか無いのです。 で、試験問題のあるURLを探してみたら↓
http://www.iijnet.or.jp/jpf/jlpt/contents/main.html

やっぱり中学生レベルにしか見えないのです・・・可笑しな日本語が沢山あって・・・冗談抜きに笑わせて貰いました。と同時に、真剣に受験される海外の方が可哀想です。

これみて皆さんどう思われます?

Aベストアンサー

えーっと・・・質問の意図がよく読めないのですが、とりあえず思うところを述べておきます。参考にならなかったらごめんなさい m(_ _)m


まず、「私は、日本国家から認められている」ということばについてですが、日本語能力試験は国家資格ではないので、その点で誤解があるのではないか、と思います。「日本国内では財団法人日本国際教育協会が、日本国外では国際交流基金が現地機関の協力を得て実施しています」とHPに書いてありますとおり、ひとつの民間資格でしかありません。

また、1級の認定基準に「高度の文法・漢字(2,000字程度)・語彙(10,000語程度)を習得し、社会生活をする上で必要な、総合的な日本語能力(日本語を900時間程度学習したレベル)」という記述があります。ちょっとイメージしにくいかもしれませんが・・・
漢字2000字という尺度だけ取り出せば、現在の学習漢字が1006字ですから、小学校で覚える漢字の倍という数になります。中学生レベルを遥かに凌ぎます。漢字検定の基準では3級~準2級といったところでしょうか。
また、「日本語を900時間~」が一番ミソなのですが、この基準では中学生の足元には遠く及びません。母語話者である我々は一日中日本語を耳にしていますが、これを仮に「1日1時間勉強している」と換算しても、2年半で達成してしまうことになります。文法・語彙に関しては中学生にはかなわないでしょうね。
でも、日本語を勉強している外国人にとっては、日検1級はかなり大変らしいですよ。ものすごい簡単に見えるかもしれませんが、受験した友人はみんなそう言っていました。

試験問題例を見てみましたが、特におかしいとは思いませんでした。専攻生だからかなぁ・・・? 差し支えなければ、どの辺が笑えたか教えてください。

私の知り合いの外国人には、日検1級持っているのにアヤシイ日本語を喋る人、ネイティブと遜色ないのに「勉強するのキライ」と言って何度も受けては落ちてる人、いろいろです。日本語運用能力を正確に反映していない、という批判はあるかもしれませんが、それは得てして語学検定というものの本質的な問題と言えるのではないでしょうか。
国によっては日検1級を取らないと留学できないなんてこともあるようです。真剣に受験している方々も「ひとつの資格試験」として割り切っている人も多いと思いますよ。

少々専門的になりますが、母語習得と外国語習得は大違いです。日本語能力試験はネイティブ用に作られている試験ではないので、ネイティブが見て違和感を覚えるのはむしろ自然なことかと思います。
具体的な例を挙げれば・・・「知り合いの日本人が英検1級って資格を持っているらしいんだけど、本人は英語ペラペラだと思ってるんだよね~。オレから見たら中学生レベルなんだけどさ~」ってアメリカ人が言っているのと同じことだと思いますよ。英検の問題もネイティブに見せたら笑われるでしょう。


日本国家から認められていると吹聴されてはあまりいい気分はしないですね。「国家資格じゃないのよ! あんたの日本語なんて中学生以下!! 勘違いしてないでもっと勉強しなさい!!!」とダメ出ししておいてはいかがでしょうか (^-^;)

えーっと・・・質問の意図がよく読めないのですが、とりあえず思うところを述べておきます。参考にならなかったらごめんなさい m(_ _)m


まず、「私は、日本国家から認められている」ということばについてですが、日本語能力試験は国家資格ではないので、その点で誤解があるのではないか、と思います。「日本国内では財団法人日本国際教育協会が、日本国外では国際交流基金が現地機関の協力を得て実施しています」とHPに書いてありますとおり、ひとつの民間資格でしかありません。

また、1級の認定基準...続きを読む

Q外国語の選択について。中国語と韓国語。

今春、大学生になります。
外国語の選択をして提出します。
将来的に中国語が韓国語に興味があり仕事・生活。趣味などに役に立つのではないかと考えています。

中国語が韓国語ではどちらがお勧めですか?

中国語が韓国語を選択して良かった。
それとも、中国語が韓国語を選択して後悔したとか大変だったとか教えてください。

漢文も古文が得意科目です。関係ありますか?

Aベストアンサー

中国語と韓国語を独学で学ぶものです。
理由は漢字源の言語を学び日本の文化を学ぶためです。
将来、役にたつという観点であれば中国語です。
これからは中国の時代だからです。
私は中国語→韓国語と入りました。
比較すると中国語のほうが数倍易しいです。
面白さでいえば韓国語です。そしてその面白さは日本人にしかわからないでしょう。なぜならば、韓国語は日本語の方言(みたいなもの)だからです。
ハングルはわけがわからないと思うかもしれませんが、
あれを平仮名と漢字に置き換えると日本語の方言ができます。
将来役立つという観点ならば、中国語、
興味を持てるという観点なら、韓国語です。

Qこの先、需要が多いのはロシア語 or 中国語?

高3の受験生です。
外大又は外国語学部の英米希望ですが競争率が高いため
比較的それらの中では競争率が低いロシア語か中国語、又はインドネシア語、ポルトガル語の中から併願を考えてます。
前は中国語をやれば今からは絶対いいと聞いていましたが最近では、やってる人が多いのでこれからはロシア語を喋れる人を企業は求めていると聞いたことがあるのですが実のところはどうなんでしょうか?
社会人の皆様、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

回答がつかないようですので、私が僭越ながら回答します。

そうですね、確かに中国語をやっている人は多いでしょうけど、いくら多いと言っても、中国語を学習している人は10人に1人の割合にも満たないはずです。それに、中国語を学習したといっても、第2外国語で選択しただけで中卒の英語に相当する程度しか覚えてない人が多いでしょうから、外大又は外国語学部で中国語を専攻すれば一応、使えるレベルまでは行くと思います。また、日本を訪れる外人も中国人はアメリカ人を上回るので、中国語を活かせる機会は少なくないはずです。

ロシア語も悪くないですね。ロシア語は人気が低いですけど、潜在需要は決して低くないと思いますし、ロシア語が出来れば重宝される可能性も低くはないでしょう。

それと、ポルトガル語も狙い目かもしれません。スペイン語の学習者に比べると、ぐんと少ないですが、中南米で最も日本に馴染みが深いのはブラジルですし、これから目覚ましい発展が望める国です。

Qフランスを嫌いになりました。

パリに一人旅に行ったのですが、とても嫌な思いをしました。
・3人に襲われて6万円盗られました。
・電車内で差別的なことを言われました。
・タクシーで請求されたお金がありえないぐらい高かったから文句を言ったけど、英語で喋っても聞いてくれませんでした。

もうフランスなんか行かないと決めたのですが、ヨーロッパはどこもこんな感じですか?1人は襲われやすいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。私もいくつかのヨーロッパ各地に滞在または旅行の経験があるものです。

ヨーロッパにも良い国はありますよ。

ただ、フランスは私も個人的に好きじゃありません。
いつも世界中所構わずフランス人男性がナンパしてくるし(もちろん体目あてに違いありません)、しつこいし、断ると不機嫌になり怒り出します。
自己主張は非常に大切なことだと思います、でも自己中やわがままは全く別のことです。
ですが、フランス人の芸術性は非常に長けていると思います。ただ、人間関係を築くにあたって私とは全く気があいません。

性別や年層などで変わってきますが、北欧のおばさん達が非常に頼りになり親切に助けてくれました。一度私の降りる駅がどちらが正しいかということでトラムの運転手のフィンランドのおばさんと、旅行中のスウェーデンのおばさんがトラムの中で喧嘩になってしまったことがありました 汗 とにかく、困っていたら自分の娘のように可愛がってくれました。本当に感謝しています。
フィンランド人の男性は日本人に負けず(以上かも?)シャイですよ。なので、もし男性と仲良くなりたかったらゆっくり信頼関係を気づいていく必要があるかもしれません。フィンランド問わず北欧では女性より男性の方が料理をします。私は、初めて行ったときはびっくりしました。

スウェーデンはKIDS達がすごくキュートですよ!みんな私と目が合うと笑顔でじーっと私のことを見るんです、本当に可愛いですよ~!
ただ、スウェーデンの電車の中で中東系の男性が勝手に私の前でアコーディオンを弾き始め(私の好みの曲でもなかった)弾き終わると「お金をくれ」と言い出したので困りました。スウェーデンは生活水準の高い国なのでそういった移民の人たちが結構蔓延いるのかもしれません。もし、行かれる機会があれば注意して下さい。

私にはロシア人の女の子のシェアメイトがいたのですが、彼女はとってもしたってくれ暖かかったです。私のことをいつも背後から見つめていたので毎回びっくりしていましたが。(彼女はその私の反応が面白くて楽しんでいたようですが)彼女に限らずロシアの女性はみんな私にとっても優しくしてくれました。また、是非ロシア人の友達を作りたいなと思います。

私が、困っている時つらい時にいつも紳士的に助けてくれるのはドイツの男性です。飛行機の中で荷物に手が届かず困っていてフライトアテンダントに尋ねても後回しにされ韓国人の乗客の荷物が私の頭の上を直撃し(彼は何もなかったかのようにふるまった)、気分が最悪の時にドイツ人の男性が私の荷物を取ってくれました。
スウェーデンのホテルでどう考えても体目当てのようなフランス人男性客に付きまとわれ、パソコンが繋がらなくて困っていた時に、集団で会社の同僚と旅行中のドイツ人男性達がパソコンを貸してくれて、ホテル内のカフェテリアでたくさんお話をしました。その時スウェーデンの若者達があまりにも冷たかったので(おばさん達は優しいですよ!)気分が落ち込んでいたので心が癒されました。
でも、ドイツ人の女性については疑問です。良い人もいるんでしょうが、なんだか冷たい感じがします。
以前、急に当日にホテルを予約しなければいけない緊急事態になりフランクフルト空港内のホテルとタクシーの案内カウンターで予約をしました。すると、ホテル以外に手数料を本来の価格よりも多く取られていたことに後で気づき、フランクフルト内の空港に戻りレシートを見せ「おそらく計算ミスで手数料を多く私のクレジットカードから取っていると思うので返金して欲しい」と頼むと、彼女はまだカウンターに立っているにもかかわらず「もう、閉店です。Shit!電車の時間に間に合わない!Sorry,man!」といって店を閉められてしまいました。
フランクフルト空港内のグランドホステスやインフォメーションカウンターに圧倒的に女性よりも男性の方が多いのも納得です。

あくまで私の経験上の個人的な意見ですが、少しでも参考になればと思います。

私は、今度はスイスへ行く予定ですよ。質問者さんもフランスで嫌な思いしてしまったにしても、他にヨーロッパ内に良い国ありますから是非また今度は他の国に旅行されて下さい。^-^v

こんばんは。私もいくつかのヨーロッパ各地に滞在または旅行の経験があるものです。

ヨーロッパにも良い国はありますよ。

ただ、フランスは私も個人的に好きじゃありません。
いつも世界中所構わずフランス人男性がナンパしてくるし(もちろん体目あてに違いありません)、しつこいし、断ると不機嫌になり怒り出します。
自己主張は非常に大切なことだと思います、でも自己中やわがままは全く別のことです。
ですが、フランス人の芸術性は非常に長けていると思います。ただ、人間関係を築くにあたって私...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング