「モーセの十戒」について、レポートを書きたいと思っています。
基本精神やどのような流れでモーセの十戒ができたのかなど
モーセの十戒に関することならどんな情報でも構いませんので
たくさんの情報をお願いします。

A 回答 (5件)

海が分かれるのはありえません。

ドラゴンボールのレポートを書くのと同じです。
    • good
    • 0

 昔の英語版聖書で「汝、姦淫するなかれ」のnotが脱字になってしまい、「汝、姦淫せよ」になってしまったという洒落にならない誤植があったそうです。


 勿論回収されたのですが現存しているものもあり、「姦淫聖書」と呼ばれているとか(笑)。
    • good
    • 0

No1のsiegです。

ビデオというのはハリウッド映画ですよ。決して十戒の解説ビデオでは無いのでお間違いなく。でも、これはすごく面白いです。モーゼがチャールストン ヘストン主演で確かエジプト王は頭がはげた、ユル ブリンナーでしたっけ。恋愛あり、スペクタクルありの壮大な作品です。聖書に書かれているとおり、杖を蛇に変えたり、川をあっという間に真っ赤に染めたり、そして圧巻はエジプト王に追われて行き場の無くなったユダヤの民を率いるモーゼが神に力を借りて海をまっぷたつに分け、その中に出来た海底の道を駆けぬけるところ等、見所たくさんです。あ~、久しぶりに見たくなった。楽しんでください。
    • good
    • 0

もう今では廃刊になってしまったんですが・・・


図書館にあれば探してみてください。
河出書房(?) 本多顕彰著「聖書-愚者の楽園-」

この本に面白い解説が載っていました。
モーセは出エジプトにあたり、非常に多くのユダヤ人たちを
まとめて逃げていかなくてはなりませんでした。
その逃走の際に一番の障害となるのが仲間割れです。
そこでモーセはできるだけ仲間内で揉め事が起こらないよう
に最低限守らなくてはならないルールを作りました。
それが「十戒」だそうです。
そう言われてみれば「大食」とか「姦淫」とか如何にも揉め事の
種になりそうですよね(笑
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hebikeraさん、ナイスな情報ありがとうございました!
早速図書館に行って探してみたいと思います。

お礼日時:2001/07/17 02:00

旧約聖書の出エジプト記を読まれましたか。

そこに基本精神、流れ等はかかれていますよね。3時間で大筋を知るには「十戒」のビデオを借りてくるのが楽しめていいかもしれません。あれはわりと聖書通りに作られているのだと思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ビデオってあるんですね!早速借りて見てみようと思います。
ありがとうございました☆

お礼日時:2001/07/17 02:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qモーセの十戒について

モーセの十戒は

(1)主が唯一の神であること
(2)偶像を作ってはならないこと(偶像崇拝の禁止)
(3)神の名を徒らに取り上げてはならないこと
(4)・・・

と続いていきますが、この十戒の上記三つについて私はふと疑問が浮かびました。
モーセは唯一神ヤハウェからこの十戒を受けたとされますが、
この上記三つの内容を、私は、
「人々が信仰を疑わないようにするための措置であったのではないか」
と考えたました。神がこのような信仰に対する具体的な作法まで預言するのでしょうか?
宗教による解釈は人それぞれだと思いますが、みなさんはどう思われますか?

Aベストアンサー

他の戒律が具体的なものばかりですから、この最初の三条も具体的な指示と見るべきでしょう。帰依する主体を明示するのは宗教にとって不可欠の要素です。

仏教の場合でも、形態は違うものの、本質的にこの三条と同じ項目が重要とされます。たとえば、「南無阿弥陀仏」というように、(1)阿弥陀仏に帰依することを宣言し、(2)仏像を作り、(3)「南無阿弥陀仏」を唱和する、など、きちんと相関があります。(2)(3)はモーセの十戒と反対なのは興味深いですが...

これらの十戒の言葉は素直に受け取るべきで、後代の中世キリスト教的な解釈はおかしなものが多いですね。
唯一神を親にたとえる解釈など、どうかと思います。
(神とは別に)「父と母を敬え」とちゃんと諭しているではありませんか。神を親と思えなどの神学的、抽象的な含意など皆無です。

唯一神を信じる者だけに神の力(良い事も罰も)が及ぶのであり、異教徒には「神のもとの自由」はないのです。(したがって唯一神にとって必要であれば異教徒は殺しても良い、というロジックになる。)

現代において、キリスト教圏の人達とイスラム教圏の人達が互いに必要以上の排除や差別の感情を覚えるのは、このモーセの十戒を原点とする信仰に帰依している以上必然かと感じます。
そのような原始的な感情を知性や理性で抑圧し制御するのが現代人の智恵だと思うのですが...
世界平和への道は遠いようにも見えます...

他の戒律が具体的なものばかりですから、この最初の三条も具体的な指示と見るべきでしょう。帰依する主体を明示するのは宗教にとって不可欠の要素です。

仏教の場合でも、形態は違うものの、本質的にこの三条と同じ項目が重要とされます。たとえば、「南無阿弥陀仏」というように、(1)阿弥陀仏に帰依することを宣言し、(2)仏像を作り、(3)「南無阿弥陀仏」を唱和する、など、きちんと相関があります。(2)(3)はモーセの十戒と反対なのは興味深いですが...

これらの十戒の言葉は素直に受け取るべきで、後代の...続きを読む

Q米国を叩く為なら4億程度の人間が死んでも構わない?

こんな記事が出てましたが
http://zenback.itmedia.co.jp/contents/www.toychan.net/archives/2013/01/07_0835.php

毛沢東ってたしか
人口が8億ぐらいの時に戦争して半分ぐらい死んでも4億残るから問題ないという
談話が印象に残っているのですが
実際に毛沢東はこういう発言はしたのでしょうか?

Aベストアンサー

正確には、
中共の人口約6億のころ、全面核戦争で世界の半分死んでも中国は三億残るということ言っています。

・1957年11月に毛沢東がソ連で開かれた社会主義陣営の各国首脳会議に参加したとき、
毛沢東はこの会議で、当時のソ連共産党フルシチョフ第一書記の提唱する「西側との平和的共存論」
に猛烈に反発して次のような過激な「核戦争論」をぶち上げたという。
毛主席「われわれは西側諸国と話し合いすることは何もない。
武力をもって彼らを打ち破ればよいのだ。
核戦争になっても別に構わない。
世界に27億人がいる。半分が死んでも後の半分が残る。
中国の人口は6億だが半分が消えてもなお3億がいる。
われわれは一体何を恐れるのだろうか」
もう、ほとんとギレン・ザビのノリですが\(^^;)...

ちなみに、これは反共プロパガンダ文書の引用でなく、
最近でも、中国共産党機関紙・人民日報にも引用されている著名な発言です

Q旧約聖書のモーセの律法&マリアとエリザベトについて

『手塚治虫の旧約聖書物語』で、2つ分からない事がありました。

1つはモーセの十戒と律法の違いです。ヘブライ人とエジプトを出た後、シナイ山で神(または主)からモーセに与えられた律法の一部が十戒である、という解釈でいいのでしょうか?

もう1つは聖母マリアが故郷に戻る途中で訪問したエリザベトですが、この2人の関係は従姉妹(いとこ)でしょうか?どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

『手塚治虫の旧約聖書物語』は読んでいませんが、聖書と関連書籍は読んでいます。

■十戒と律法についてはあやふなや回答ですが、だいたい下記のイメージです。

律法はもともとは口伝で伝わってきた教え。
モーセがシナイ山で与えられたのが十戒。
モーセが十戒をさずかってからは、律法の中心はモーセの十戒になった。

■マリアとエリザベトの関係について。
ふたりは従妹だといわれています。ただ当時は親族を従妹も含めて「兄弟」と呼んだりしていたので、あくまでも後の研究でそういうことになっている、でもいいのかも。

故郷に戻る途中で訪問したのではなく、ガブリエルに会ってお告げを聞き、エリザベトが妊娠していることを知り、手助けするためにに訪れたのだといわれています。

ちなみにNo.1さんの回答に「ヨハネという父なし子が誕生」とありますが、ヨハネには人間のお父さんがいます。アビヤ組の祭司のザカリアという人です。

以上、マリア&エリザベトについては、新約聖書のルカ福音書の最初のほうに書いてあります。

Qモーセはどうして殺されそうになったのですか?

出4章で、神がモーセに民の解放をしに行けと任命されておきながら、子供が割礼をしてないから殺そうとしたのですか?なぜ異邦人の奥さんは気付いたのでしょうか?解放を命じた時に「割礼しとけ」と命じておけば普通に従ったのではないのでしょうか?皆さんはここの箇所はどう解釈しますか?

「4:22あなたはパロに言いなさい、『主はこう仰せられる。イスラエルはわたしの子、わたしの長子である。 4:23わたしはあなたに言う。わたしの子を去らせて、わたしに仕えさせなさい。もし彼を去らせるのを拒むならば、わたしはあなたの子、あなたの長子を殺すであろう』と」。
4:24さてモーセが途中で宿っている時、主は彼に会って彼を殺そうとされた。 4:25その時チッポラは火打ち石の小刀を取って、その男の子の前の皮を切り、それをモーセの足につけて言った、「あなたはまことに、わたしにとって血の花婿です」。 4:26そこで、主はモーセをゆるされた。この時「血の花婿です」とチッポラが言ったのは割礼のゆえである。」

Aベストアンサー

割礼は「最初の預言者」にしてユダヤ人の始祖アブラハムと神との間で交わされた契約です。
創世記17章で「あなたと後の子孫は代々私との契約を守らなればならない」「これは私とあなた及び後の子孫と私の間の契約であり、あなた達の守るべきものである」「あなたがたは割礼を受けねばならない。それがあなた達と私の間の契約のしるしとなる」と神はアブラハムに言っておられます。
つまりモーセよりも前の時代に既に割礼は契約のしるしとして行わなければならない事が神との間で約束されていました。
しかし、モーセの子はしていませんでした。
おそらくモーセの妻チッポラが止めたからだと思います。
割礼という儀式は夫から聞いていたでしょうが、彼女はミデヤン人祭司の娘でしたから、そうしたイスラエル人の儀式を重要視していなかったのだと思います。モーセも神に会う前はそれほど儀式を重要視せず妻に従っていたいたのかもしれません。
また、モーセは妻の父親エテロの羊を飼っていたり、エテロにエジプトに行く許可を求めている事から、妻の実家には頭が上がらない様子も見えます。そういう事から妻の言いなりだったかもしれません。
つまりモーセは最初は我が子に割礼をしようとしたけれど、妻のチッポラが子供に傷を付けるのを嫌がり割礼に反対し、もともと妻やその実家に頭の上がらないモーセも、仕方ないと割礼をするのを諦めていたのではないかと・・・
しかし、そのモーセも神の言葉を信じて、神の言うとおりに行動を始めました。
ここで、神の言葉を信じ行動を開始しながらも、いにしえの契約のしるしを我が子に果たそうとしないモーセに神はお怒りになったのでしょう。
チッポラは割礼の話を聞いていたので、神が何にお怒りになっているのか気付いたのだと思います。
きっと初めて割礼の話を夫に聞いた時は、まさかそれをしなければ神が殺しにくるとは思ってもいなかったのでしょう。
そして慌てて割礼をしたのだと思います。
まあ、全ては推測ですが・・・

割礼は「最初の預言者」にしてユダヤ人の始祖アブラハムと神との間で交わされた契約です。
創世記17章で「あなたと後の子孫は代々私との契約を守らなればならない」「これは私とあなた及び後の子孫と私の間の契約であり、あなた達の守るべきものである」「あなたがたは割礼を受けねばならない。それがあなた達と私の間の契約のしるしとなる」と神はアブラハムに言っておられます。
つまりモーセよりも前の時代に既に割礼は契約のしるしとして行わなければならない事が神との間で約束されていました。
しかし、モー...続きを読む

Q大東亜戦争の戦時中の流れがわかる情報源

大東亜戦争の戦時中の流れがわかる情報源(本、映像など)として、以下の条件を満たすようなものを教えてください。

1、一つあるいは2,3の本等で総体がわかる。(部分部分で詳しい戦記をいくつかよんで、総体を自分で理解してください、というのを除く、という意味。部分的な良い戦記などは、それはそれで情報としてありがたいですが)
2、1937から1945の終戦までが、まとまっているもの。
3、教科書的なものでなく、ドラマチックな描写の方がよい。誰もが知っている重要な逸話などは、おらえられる。かといって実際以上に大げさでなく、偏りがない方がよい。
4、お勧めの映像シリーズなどがあれば、知りたい。

半藤さんの昭和史は、聞いたので、戦争までの昭和史の概略はわかりますが、大東亜戦争自体の戦局の変遷については、あまり触れられていませんでしたので、それを知りたいと思っているわけです。

『ジパング』なども、良いのかもしれませんが、史実とは(意図的に)異なる部分があるわけですし、目的からして、どうかなとも思います。(それでももしお勧めでしたらその旨お知らせください)

太平洋戦争の分析、といった趣旨の、防大教授などが書いている本が、少し前に売れていたと思います。戦局の情報分析はできていたが、作戦が、情報分析に基づいていなかった、といった内容のもの。それも、いずれ読みたいとは思いますが、上記の趣旨からすると、また別の書物ということになります。

よろしくお願いいたします。

大東亜戦争の戦時中の流れがわかる情報源(本、映像など)として、以下の条件を満たすようなものを教えてください。

1、一つあるいは2,3の本等で総体がわかる。(部分部分で詳しい戦記をいくつかよんで、総体を自分で理解してください、というのを除く、という意味。部分的な良い戦記などは、それはそれで情報としてありがたいですが)
2、1937から1945の終戦までが、まとまっているもの。
3、教科書的なものでなく、ドラマチックな描写の方がよい。誰もが知っている重要な逸話などは、おらえられる。かと...続きを読む

Aベストアンサー

タツノコプロ製作アニメンタリー「決断」。アニメなので理解しやすい。そこそこ信憑性があり、軍事関係の主観によって作られたものではなく、文民(第三者)によって客観的にできている。以外に面白いのがアメリカ軍の日本の調査資料です。日本の武士道とか習慣とか天皇とかいろいろ研究された資料があります。これがなぜいいかというと、我々、日本人は意外と先祖のこと、習慣、慣わし、伝統、しぐさ、住居、武器等当たり前すぎて逆に判らないことが多々あるのです。アメリカの調査資料(History channel ,Dicovery channelの番組)を見ると外人は潜入観がないので戦争の原因、敗戦の原因、封建体制とはどのようなものであったかなど良く判るようです。確かに誤解している面もありますが、外からの方が良く判ることもあるの本当にみたいです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報