外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

こう配1/2000、こう長5kmの開きょを有する水力発電所がある。

この発電所の取水口と放水口との高低差200m、水圧管の損失落差2.0m、放水口の損失落差1m、最大使用水量を50㎥/sとすれば発生しうる最大出力は何kWとなるか。また、この水力発電所が年負荷率50%で運転する場合年間発電量はいくらか、ただし水車の効率を86%、発電機効率を96%とする。という問題なのですが

自分で計算したところ最大出力は79654kWと求められたのですが答えだと78000kWとなっておりまた、年間発電量の求め方がよく分かりません。
どなたか解いていただければ嬉しいです。 どうぞよろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

取水口からこう長5kmの開渠の落差は圧力として使えませんから、除く必要があります。


したがって、5000/2000=2.5mを取水口と放水口の高低差200mから除くと、200-2.5=197.5m、水圧管の損失落差2.0m、放水口の損失落差1mをさらに除くと、197.5-2.0-1.0=194.5mが有効落差です。
水車にかかる水圧は、194.5mAq→1.906MPa、水車効率0.86より、軸動力=50m3/s×1.906MPa×0.86=81.958MW、発電機効率=0.96より、発電機出力=81.958×0.96≒78.67MW→78670kW
年間発電量は、年負荷率50%より、78670kW×365×24×0.5=344,574,600kWh→3.44×10^8kWh
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
とても助かりました!

お礼日時:2018/04/26 22:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング