いろいろと検索してみたのですが、何をキーワードにしても見つからなかったので教えてください。
 プルトニウムのことなんですが、
プルトニウムを再加工して利用する事って何ですか?
分からなくて困ってます。すっごく気になるんで教えてください。
お願いします。

A 回答 (3件)

プルトニウムを再利用する事をプルサーマルといいます。


代表的なプルサーマルの施設はあの悪名が高い高速増殖炉「もんじゅ」です。
「もんじゅ」または「プルサーマル」でいっぱいヒットします。

もんじゅ(反もんじゅ)
http://www.page.sannet.ne.jp/stopthemonju/

プルサーマル計画について
http://www.kepco.co.jp/knic/puls/index.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。プルトニウムや核燃料のことなどは、簡単に検索できたのですが、利用することまではどうしても解らなかったので、助かりました。

お礼日時:2001/07/18 00:22

日本の商用原子炉はウラン燃料を使います。

ウラン燃料のうち、核分裂するのは3%ほどのウラン235だけで、残りのウラン238は核分裂しません。
ところが、発電したあとの使用済み燃料の中には、核分裂しないウラン238が中性子を吸収してできたプルトニウム239が含まれます。もちろんそれ以外に大量の放射性廃棄物も含まれます。プルトニウム239は核分裂性なので、使用済み燃料をエイヤコラヤと「再処理」してを取り出せば、もういちど核燃料として使えるではないか、すばらしい!というのが、「核燃料サイクル」の原点です。

取り出したプルトニウムを何につかうかは、おおむね3通りの方法があります。

1)原子爆弾にする
2)高速炉の燃料にする
3)軽水炉の燃料にする(プルサーマル)

日本では非核三原則がありますので、1)はないはずです。

2)の高速炉とは、核分裂に使う中性子を減速させないで高速のまま使うことを特徴とした原子炉で、「もんじゅ」は高速炉です。燃料として消費したプルトニウムよりも、生成するプルトニウムの方を多くできるので増殖炉ともいいます。両者をつなげて高速増殖炉ともいいます。

3)がいわゆるプルサーマルです。
プルトニウムが余って仕方がない(プルトニウムの大量保有は、核開発の疑いをかけられたり、テロリストに奪われる危険性があったり、好ましくない)ので、もともとウラン燃料用の軽水炉で使ってしまおうという計画です。
軽水炉は核分裂に使う中性子が減速された熱中性子(サーマルニュートロン)です。プルサーマルのサーマルはそこからきています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなにも詳しく教えてくれてありがとうございました。自分が調べたよりもわかりやすくてほんと助かりました。

お礼日時:2001/07/18 00:25

文科系なので詳しいことは他の方が説明してくれると思いますが、


原子力発電所で使った燃料の「燃えかす?」や原子力発電所の運転の時に生じたプルトニウムを、再処理工場で処理すると、再び原子力発電の燃料となるんです。

専門の方、詳しい説明はよろしくお願いします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプルトニウムについて

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を見ていて思ったのですが、プルトニウム燃料が燃えるとあとに残るのは何なのですか?
使用後の燃えカスはもの凄く有害な気がするのですが…。

Aベストアンサー

核燃料も、化石燃料との比喩で「燃える」と言いますが、実際には核分裂するわけであって化学的に燃焼するわけではありません。

ウランであれプルトニウムであれ、核分裂のあとには、多種多様な核分裂生成核種が残ります。よく核汚染でとりあげられる代表なものには、ストロンチウム90とかヨウ素131とかセシウム137などがあります。

もちろんとてつもなく有害です。

参考URL:http://www.houshasen.tsuruga.fukui.jp/c1014542.html

Qプルトニウムの毒性について

http://takedanet.com/2011/03/32_f654.html

プルトニウムの毒性
(1) 放射線が強い
(2) 体の表面や内蔵の表面を損傷する
(3)人体へ特別強い毒性を持っていると言われている。

プルトニウムの特性

(1)放射線は強いが、放射線の量を常に測定して管理しておけば、他の放射性物質と同じ
(2)体の表面や内臓の表面を損傷する特徴があるが、他の放射性物質でもその程度は同じ
(3)プルトニウムだからといって人体に特別な毒性はない。

プルトニウムか体内に入った場合、ほとんどは口から入ったら、胃や腸を通って比較的早い時期に排泄される。
その時に、消化器官の表面に放射線があたりますが、これもプルトニウム以外の放射性物質と同じ。

プルトニウムの毒性は特別で「角砂糖5ヶで日本人が全滅する」と言われるが、そのような毒性は見つからなかった。
.
国際放射線防護委員会 (ICRP)の勧告に基づいて作られた日本の法律と数値では、プルトニウムはごく普通の放射性元素として分類されている。

ウランとプルトニウムの人体内での振る舞いはかなり似ている。

ウランもプルトニウムも、
1) 比較的、消化器表面を損傷する放射線を出す
2) 人間にとってウランもプルトニウムも必要のない元素なので口から入ったら比較的短時間で排泄される
3) ウランやプルトニウムは腎臓に行きますが、それは排泄のためであり、だから早期に排泄される
4)ウランを間違って飲んだ例では、障害がでていない、

人間は必要なものは取り込み、不必要なものを排泄する。

例えば人間の血液に必要な「鉄」を考えますと、鉄の放射性同位体が体の中に入ると、人間の身体は「放射性かどうか」を見分けることができないので、その鉄を体に取り込む。
体に取り組むとずーっと放射線を浴びることになる。

逆に、ウランが入ってきてもどこに使っていいかわからないので、すぐ排泄してしまう。

福島原発からプルトニウムか飛散しても、これまで通り放射線の強さに注意していれば大丈夫。

3号炉については、やはり2.5倍程度の数字は必要。
プルトニウムを燃料とする軽水炉の大事故が初めてであるため。

(上記サイトをまとめました)

このブログの内容は正しいでしょうか。それともおかしいところはありますでしょうか。

http://takedanet.com/2011/03/32_f654.html

プルトニウムの毒性
(1) 放射線が強い
(2) 体の表面や内蔵の表面を損傷する
(3)人体へ特別強い毒性を持っていると言われている。

プルトニウムの特性

(1)放射線は強いが、放射線の量を常に測定して管理しておけば、他の放射性物質と同じ
(2)体の表面や内臓の表面を損傷する特徴があるが、他の放射性物質でもその程度は同じ
(3)プルトニウムだからといって人体に特別な毒性はない。

プルトニウムか体内に入った場合、ほとんどは口から入ったら、胃や腸を通って比較...続きを読む

Aベストアンサー

リタイヤ間近のオールド化学者です。
自分たちが学生時代の放射化学の授業、実習では、プルトニウムとは、極めて毒性の高い、大変とりあつかいの難しい元素であり、その点が、ウランとは大違いである。と言われていた記憶があります(40年前)。
その毒性が果たしてどんなものか、確かに具体的なデータを見た記憶がありません。
今回、これまでの活動を厳しく糾弾されているとはいえ、一応国の原子力安全行政のトップである原子力安全委員会の委員である武田邦彦氏のブログをご質問者にご紹介頂き、現時点での科学的なデータという点では、ウランと異なって特別な毒性を有する元素ではなく、通常の放射性元素と同様の危険性を有するだけ、ということをお聞きし、「まさに目から鱗です」。たしかに北朝鮮は言うに及ばず1945年から、大量のプルトニウムが世界各国で生産され(軍事用がメインだが、最近は発電用も増えつつあるのでしょう)特段の毒性に関するトラブルの報告がないことが、その証明ではないでしょうか。武田先生たしかに種々物議をかもす発言をされる方ですが、今回は案外正解なのではないでしょうか。
Wikipediaなどを読むと、真逆のことが書いてありますが、それは一に半減期が長い放射性元素と体内に取り込まれると排泄しがたいという観点での推定である、武田ブログは、そもそも天然界に存在しない人工物は体内に取り入れられても代謝系にとりこまれずすみやかに排泄されるため、プルトニウムが特別猛毒とは少なくとも放射線障害の面では言えないというご主張です。 化学的な毒性ふくめこれまで長年にわたり、複数の国家で、相当大量に取り扱われてきたことを勘案すると、どうも武田説は拝聴に値するのではないかと、小生は考えています。

もちろん放射性元素としてウラン235と同様極めて危険であるということにかわるはありませんが、

ご質問への回答は「案外正しそう」です。

リタイヤ間近のオールド化学者です。
自分たちが学生時代の放射化学の授業、実習では、プルトニウムとは、極めて毒性の高い、大変とりあつかいの難しい元素であり、その点が、ウランとは大違いである。と言われていた記憶があります(40年前)。
その毒性が果たしてどんなものか、確かに具体的なデータを見た記憶がありません。
今回、これまでの活動を厳しく糾弾されているとはいえ、一応国の原子力安全行政のトップである原子力安全委員会の委員である武田邦彦氏のブログをご質問者にご紹介頂き、現時点での科学...続きを読む

Q温室効果ガスって何から排出されるんですか?

温室効果ガスって何から排出されるんですか?

Aベストアンサー

二酸化炭素が温室効果ガスの主要因です。
車、工場等で、燃料を燃やした排気ガスに含まれます。
電気は火力発電で排気ガスを出しています。原発は排気ガスを出していません。

回答者に読んだことを伝えるようにしましょう。

Qゴルフ場で農薬散布があった日にゴルフをしても大丈夫でしょうか??

ゴルフ場で朝から農薬散布があった日にゴルフをすることは大丈夫なのでしょうか??
体に害はないのでしょうか??

ゴルフ場で使われているある薬剤の説明を見たら
散布後でも、少なくともその当日は散布された区域に入らないように縄囲いや立て札をたてるなど
配慮してくださいというような説明が出ていました。

散布があった日にゴルフをしても大丈夫なものか疑問に思いました。

よかったらどなたか教えていただけないでしょうか??

Aベストアンサー

ゴルフしたらダメでしょ。
農薬に散布後は区域に入らないでくださいって書いてあるなら。
たしかにその注意書きは安全よりに書いてあるのであからさまな被害までは起きないと思いますが、避けるべきでしょうね。

2のo24hiさんの発想ははきりいって間違っています。
4のmetalicさんが言われるように経営者が利益を追求したり、農薬被害について無知なら気にせずまぁ毎日同じ人が来るわけないし大丈夫と思っているかもしれません。

質問者:fufu100さんはゴルフ場関係者なのですか?
一般の利用者はゴルフ場がどんな種類の農薬を使いいつ散布しているなんかわからないですよね。

Q木材の加工に要するエネルギー

個人経営の木工業を営んでいます。
自分の作った木工品が、どれくらいのエネルギー消費に支えられて作られているのか計算したいと思っています。
木材の伐採、搬出、製材、乾燥、加工などの各段階で、どれくらいのエネルギー消費があるのか、定量的なデーターを探しています。
循環型産業といわれている木工業も、動力のほとんどを「電力」に頼っていて、現実は非循環的な側面も多く持ち合わせています。
化石エネルギーや原子力に頼らないで、木工業を持続させる方策を考えています。
結果として昔の手作業にもどらざるを得ないかもしれませんが、
その前に定量的な分析をして可能なことから始めたいと思っていますので、情報お待ちしています。

Aベストアンサー

質問の趣旨は「木材工業におけれLCA」ではないかと思いますが・・・?

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「木材工業:「環境への影響度」を定量的に表す方法の現状と課題」

●http://www.fitc.pref.fukuoka.jp/kenkyugaiyou/ken_i9g.htm#4
(インテリア研究所:環境負荷要因を考慮した製品設計手法に関する研究)

◎http://pre.yamatake.co.jp/life_cycle_assessment/life_cycle_assessment.htm
(LCAとは?)
◎http://crest.iis.u-tokyo.ac.jp/~yasui/index.html
(安井研究室)
●http://plaza13.mbn.or.jp/~yasui_it/
(市民のための環境学ガイド)

さらに以下の成書が参考になりますでしょうか(内容未確認!)?
===============================
実践LCA―ISO14040対応/石川雅紀∥〔ほか〕編…/サイエンスフォーラム…/1999.1 
LCA実務入門/LCA実務入門編集委…/産業環境管理協会/1998.8 
ライフサイクルアセスメント(LCA)の実際/東レリサーチセンター…/東レリサーチセンター…/1996.6
LCAのすべて/未踏科学技術協会エコ…/工業調査会/1995.1 
環境負荷低減のためのLCAの考え方/環境情報科学センター…/1994.3 
===============================
◎http://www.aist.go.jp/NIRE/lca/lca.htm
(NIRE:LCA関連情報)
●http://www.green-web.ne.jp/conten/lca/LCAsofjp.html
(日本のLCAソフト)
●http://www.aist.go.jp/NIRE/publica/news-98/98-10-1.htm
(NIRE:バイオマスエネルギー利用によるCO2削減効果)

文献検索をすればあると思いますが・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://wwwsoc.nacsis.ac.jp/wtak/mk1998.html#Jul1998

質問の趣旨は「木材工業におけれLCA」ではないかと思いますが・・・?

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「木材工業:「環境への影響度」を定量的に表す方法の現状と課題」

●http://www.fitc.pref.fukuoka.jp/kenkyugaiyou/ken_i9g.htm#4
(インテリア研究所:環境負荷要因を考慮した製品設計手法に関する研究)

◎http://pre.yamatake.co.jp/life_cycle_assessment/life_cycle_assessment.htm
(LCAとは?)
◎http://crest.iis.u-tokyo.ac.jp/~yasui/index.html
(安井研究室...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報