ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

楽天証券のハッピープログラムを見ていました。そこに投資信託の残高に応じてポイントがもらえると書いてあります
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/info/info20120 …
質問ですが、投資信託の残高とはなんですか?
投資信託に入れた資産の評価額ですか?
またこれはつみたてnisaは対象になりますか?

A 回答 (2件)

下記の


もらえる楽天スーパーポイント
/取引件数について
をご覧ください。
https://www.rakuten-bank.co.jp/assets/intermedia …
引用~
投資信託について
毎月末時点で対象月の月間平均残高を
算出し、対象月の翌々月2日に付与
されます。
~引用
月間平均残高10万円ごとに
4ポイント付きます。

>投資信託に入れた資産の評価額
>ですか?
上記の日々の基準価額で評価額を
算出し、それを月単位で平均して
求めるということです。

>つみたてnisaは対象になりますか?
購入している投資信託はみんな対象に
なります。

添付 楽天証券お取引分※
というのがそうです。

いかがでしょうか?
「楽天証券の投資信託の残高とは?」の回答画像1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に教えていただきありがとうございます。つかぬ事お聞きしますが、画像楽天証券お取引分は1751ポイント付与されています
ということは4370万円ほど残高があり、それほどのポイントが付与されているのですか?

お礼日時:2018/08/05 07:10

>それほどのポイントが付与されているのですか?


そうですね。
しかし、SBI証券は、この4倍ポイント付き、
1万ポイントで1.2万円のキャッシュバック
があります。(今のところですが)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株で200万円損した人が、日本に居るでしょうか?

株で200万円損した人が、日本に居るでしょうか?

Aベストアンサー

200万なんてチョロいですよ、信用売りなんてリターンはデカイですがリスクもデカイ、家一軒なんてあっと言う間にパーっです。一家離散、自殺なんていっぱい居ますよ。株は何といっても現物です。
最も、大昔ですが、嘗てあのアメリカの大統領ケネディ家は信用売りで巨万の富を得たのは有名です。

Q今から投資するとしたら、何がよいのですか?

今から投資するとしたら、何がよいのですか?

アメリカも株など上がりきっているみたいだし、

日本も駄目だと思うし・・・・

何にもしないで風雨預金で銀行に預けるのも・・・・

良くご存知の方、教えて下さい。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

それは私も知りたいです。分る人は誰もいないでしょう。
過去、半年から1年の間で成績の良かった分野は、
①米国株式、②先進国REIT、③先進国株式の順です。

この傾向が今後も続くか(順張り)、あるいは過去悪かった分野が盛り返すか(逆張り)
どの様になるかは、神のみぞ知る。

皆さん、それぞれ自分の資産をかけて、自分の判断でゲームをするしかないでしょう。
ご幸運を!

QiDeco、積み立てNISA元本割れ

老後の年金が不安になってきたのでiDecoと積み立てNISAに申し込もうと思います。マネックス証券に既に口座があるので加入しようとしたら色んな商品がありました。しかも投資信託と書いてあります。節税ができるのは確かでしょうが、実際60才になって受け取る金額が元本割れになってる可能性はあるんでしょうか?

Aベストアンサー

NISAは損失があると節税はできません。
利益に税金がかからないだけです。

>実際60才になって受け取る金額が
>元本割れになってる可能性はあるん
>でしょうか?
もちろんあります。
iDeCoでも、定期預金、個人年金等の
商品選択もありますが、その場合でも
元本割れはありますよ。
口座管理手数料をとられますから。

iDeCo、NISAに限らず、
各金融商品や制度、経済状況を理解
しないまま、やるならば、
例えば、定期預金でも将来損をする
ことになりかねません。

定期預金なら、元本保証で安心。
というのは、誤解です。
積立てたお金が20年後に2000万
あっても、物価が2倍になっていたら、
1000万の価値になり、5年分の生活費
と計画していたのものが、2年半しか
もたない、ということになりかねません。

よくご検討下さい。

Q先月、松井証券である株を553円で2000株買いました。 そして昨日、851円で同じ株を1000株購

先月、松井証券である株を553円で2000株買いました。

そして昨日、851円で同じ株を1000株購入して
取得平均が653円になりました。

しかし株価が下がってきたので
本日737円で1000株を損切りしました。

昨日買った分を売った認識なのですが、
取得平均が653円のままです。

現在価格が733円だとして、
取得単価が553円だと差額180円✕2000株=36万円のプラスですが、
取得平均が653円なので差額80円✕2000株で評価損益がプラス16万円となり、
自分のイメージとは20万円の開きが出ます。

すごく損してる気がするのですが、
私が何か勘違いをしているのか知らないだけなのか分からず悩んでいます。

どなたか教えてください(;´д`)

Aベストアンサー

ものすごく勘違いしていらっしゃいます。

取得平均という数字は大事ですが、
取得平均を知っているなら、購入時の株価は忘れていいです。
購入時の株価は取得平均を出すためにしか使いません。

あなたはいまその株を3,000株持っていて、
その3,000株の購入額が1,959,000円(553×2,000+851×1,000)であり、
ということは1株あたり653円(1,959,000÷3,000)だ、ということなのです。

653円の株をそれより高く売ったら利益になるし、
低く売ったら損失になります。

購入株価は考慮しなくていいのです。
株価に買ったときの値札は付いていません。
あくまで取得平均といまの株価だけ見ていればいいのです。

ですから、737円で売ることを損切りとは言いません。利確です。

Qストップ高が予想される株を買いたいのですが…

株初心者です。
大引後に好材料が発表された株について、翌日朝イチ注文を入れてストップ高になる前に手に入れることは可能でしょうか?

以前成行注文条件なしで注文して、始値(ストップ高の値段)で購入してしまったことがあり…

条件を寄り付きの成行注文にすれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

寄り付き前に買い注文が殺到しているわけですから、
安い指値では買えませんし、成行であれば高値で約定されます。
築地の競りみたいなものだと思っていただいてかまいません。
いくら早く手を挙げてもほかに高値が提示されればそちらが約定されます。
成行であればほかの高値と同じ価格で約定されます。

Q「つみたてNISA」の利回りの計算方法について

「つみたてNISA」の利回りの試算で、次のような例が紹介されていました。

例1.利回り2%で20年間積立投資を行うと、20年後の評価額は約1.2倍

例2.利回り5%で運用できたとして、毎月1万円で20年間積立投資を行うと、20年後の利益は約167万円

これらの例で、「約1.2倍」や「約167万円」を求める計算式を教えてください。

Aベストアンサー

>(3,969,326+198,602)-2,400,000=1,767,928
そうですね。そのとおりです。
20年経過後の利息を加算を失念しておりました。
申し訳ございません。

Q今、日本株は買い?

日経平均株価が大きく下がってますね。銀行の人から「今が今年の底だから日本株投信買ったほうがいいですよ。」と勧められました。
(底の根拠は分かりませんが)
これだけ株価が動いてても、買ったほうがいいですか?

Aベストアンサー

そのセールストークの時点でダメです。

どこが今年の底とか天井とか、そんなことはわかりません。結果的にそうかもしれませんが、別に根拠があって
言ったことではなく、単に大きく下落した時のセールストークというだけです。

一般論で言えば、株価が大きく下落、それも特に個別銘柄がということでなく、全体が大きく下落した時は買いの
チャンスではあります。銘柄によってはここから分割して買い下がるようなスタンスは悪くないかなとは思います。

ただ、一般的な銀行で販売しているようなオープンの投資信託は短期の株価の大きな動きに対応して利益があげられ
るようなものではありません。ETFという株式のように時価で売買できる商品の場合は可能なことがありますが。

かつ、一般に、銀行で売られている投資信託は当初の販売手数料が高く(3.24%とか)、信託報酬も高い高コスト
の商品が多く、同じ投資信託でもネット証券で買った方がコストが安い場合もあります。

株価が大きく動いているということと、買ったほうがいいかどうかは基本的には関係がありません。

投資信託を買うのであればコストの安い金融機関を利用されることをおすすめします。

そのセールストークの時点でダメです。

どこが今年の底とか天井とか、そんなことはわかりません。結果的にそうかもしれませんが、別に根拠があって
言ったことではなく、単に大きく下落した時のセールストークというだけです。

一般論で言えば、株価が大きく下落、それも特に個別銘柄がということでなく、全体が大きく下落した時は買いの
チャンスではあります。銘柄によってはここから分割して買い下がるようなスタンスは悪くないかなとは思います。

ただ、一般的な銀行で販売しているようなオープンの投資信...続きを読む

Q投資信託の商品購入に関して

現在、投資信託でNISAをしています。
その他、個人型確定拠出年金も併せて行っています。

投資している商品ですが
【NISA】
三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
ニッセイ外国株式インデックスファンド
ニッセイTOPIXインデックスファンド

【個人型確定拠出年金】
EXE-i 新興国株式ファンド
DCニッセイ外国株式インデックス
三菱住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド

上記の商品になります。

直近では株価の暴落で多少痛い目にあいましたが
長期投資で長々と行っております。
まだ商品を購入して1年程しか経過していません。

ただ、ここに来て、外国株式(先進国)や日本株は良いのですが
新興国の株式投資が常にマイナスとなっており
外国株式や日本株で得た利益の
足を引っ張る形になっています。

時々思うのですが、新興国に投資するのを
止めて、その分を、外国株式(先進国)や
日本株式への投資を増やした方が良いのではないか?
と思う様になってしまいました。

勿論投資は自己責任です。

ただ、一度アドバイスを頂けますと幸いです。
宜しくお願い致します。

現在、投資信託でNISAをしています。
その他、個人型確定拠出年金も併せて行っています。

投資している商品ですが
【NISA】
三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
ニッセイ外国株式インデックスファンド
ニッセイTOPIXインデックスファンド

【個人型確定拠出年金】
EXE-i 新興国株式ファンド
DCニッセイ外国株式インデックス
三菱住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド

上記の商品になります。

直近では株価の暴落で多少痛い目にあいましたが
長期投資で長々と行...続きを読む

Aベストアンサー

一般に、新興国は成長性が高いですが、リスク(株価の変動率)は大きくなりがちであると言われます。
短期的には大きく足を引っ張っているような場面もあるでしょうが、長期投資であれば、特に新興国へ
の投資をやめる理由はないようにも思います。ここらはどういう投資スタンスかということにもよりますが。

なにに投資するかということもですが、資産全体のアセットアロケーションの比率をどのように考えるかが
重要かと思います。


人気Q&Aランキング