『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

追加型投資信託に関する、ブラインド方式と言うシステムが理解できません。
ご存知の方おりましたら、噛み砕いてご説明頂ければ幸いです。
また、例示していただけると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

もっとも一般的な売買のルールです。


投資信託の基準価格は、1日1回、例えば株式市場の取引が終わってから算出されます。投資家が買い、または、売りを申し込むときには、その価格はわかりませんのでブラインド方式と言っています。
個別株で引け成注文を指しておくのと同じようなものです。
申込のタイミングと約定に関しては、投資信託ごとにルールがあります。
例は、何かの投資信託の申込と約定のルールをどこかのサイトで見ればわかるでしょ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング