二価の銅イオンを含む水溶液は、青色を呈するのに、どうして一価の銅イオンを含む水溶液は無色なのですか?ナトリウムイオン、カリウムイオンも水溶液中では無色である理由も気になります。イオンの電子配置と何か関係があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

honeyBさんがどの程度の基礎知識をお持ちか分かりませんが,とりあえず非常に簡単なところから述べさせていただきます。



地面に落ちているボールを拾い上げると,ボールは位置エネルギーを受け取ってエネルギーの高い状態,つまり落ちる危険性のある状態になります。分子に光を当てると,分子は光のエネルギーを受け取ってエネルギーの高い状態になります。この分子の初めの状態を「基底状態」,エネルギーの高い状態を「励起状態」と言います。

この両者には決定的な違いがありまして,ボールの位置エネルギーは連続的な値を取れますが,つまりボールは好きな高さまで連続的に持ち上げることができますが,分子の励起エネルギーは飛び飛びの値しかとれません。よって,分子が吸収できる光のエネルギーも,飛び飛びの値しかとれません。分子が吸収する光のエネルギーと光の振動数との関係は,E=hνという式によって表されますので,分子が吸収する光の振動数も飛び飛びの値をとります。このことが,分子が色を持つ根本的な原因になっています。

分子が色を持つには,分子が可視光に相当する振動数の光を吸収する必要がありますが,これに相当する励起エネルギーは分子内の電子遷移に対応します。そして,電子遷移には大雑把にπ-π*遷移,n-π*遷移,d-d遷移,CT遷移などの種類がありますので,分子の色を説明するにはこれらの電子遷移の有無,および分子軌道の対称性(対称性によって電子遷移の許容・禁制が決まる)を考えれば良いということになります。

錯体の色については,配位子が単純である場合はd-d遷移,CT遷移のみを考えれば説明が付きます。この中で,d-d遷移は禁制遷移,CT遷移は許容遷移であるため,モル吸光係数が1000 cm2/mmol程度の錯体はd-d遷移による呈色のみであると考えることができます。

ここでご質問の件ですが,Cu2+は最外殻の3d軌道に電子が9個入ったd9錯体ですので,八面体構造の場合は3d軌道内(より具体的には3d_xy→3d_z2)でd-d遷移が起こります。そして,このd-d遷移が原因でCu2+の錯体はブルーに呈色します。一方,Cu+はd10錯体ですので,完全に閉殻構造となりd-d遷移は起こりません。単純な配位子では他の電子遷移も起こりませんので,Cu+の錯体は大抵無色になります。K+もNa+も同様に閉殻構造ですので,やはり無色です。

最後に。電子軌道と不連続なエネルギーについては物理化学(量子力学)の成書を,錯体の色に関する理論(配位子場理論,ヤーンテラー効果)については無機化学(錯体化学もしくは配位化学)の成書をご覧になれば,より一層理解が深まると思います。

この回答への補足

K+、Na+が無色な理由は「閉殻」であるからですか?それとも、「s軌道」であるからですか?38endohさんは、閉殻だからとおっしゃっていますが・・・。

補足日時:2001/07/25 22:24
    • good
    • 5

惰性で書いた部分は、ちゃんとツッコミははいるんですねぇ(汗)。

確かに、honeyBさんのおっしゃる通り「閉殻」はd-d遷移とは関係ありませんね。訂正します。正確にはd0、high spinのd5、d10錯体ではd-d遷移は起こりません。

補足ですが「無色である理由」を述べると言うのは非常に難しいものです。日常生活でも「無いものを無いと言うのは難しい」といいますよね。π-π*遷移もn-π*遷移もd-d遷移もCT遷移もなければ無色かといえば、必ずしもそうとは言いきれないですから。

もっとも、○○遷移といった単純化されたモデルに当てはめようとしているから、無色の理由が難しいのであって、ちゃんと分子軌道を考えれば説明できないわけではありません。Gaussianなどの一電子励起配置間相互作用計算(通称CIS計算)で、励起エネルギーと振動子強度を求めて実測値と対応させれば、その結果が無色である理由そのものです。
    • good
    • 1

遷移金属イオンの可視領域の吸収はほとんどがd-d遷移です。


よってCu+(電子配置は[Ar]3d10)のようにd軌道が完全に占有されていれば
d-d遷移は起こりません(遷移先の空軌道がないですから)。
K+やCa2+のようにd電子がない場合も同様です。

さて、金属イオンにまったく配位子が存在しなければd軌道は全て縮退(エネルギーが
同じ)しています。よってこの場合は可視領域の吸収は起こりません。
(厳密には配位子が無いわけではないのですが、無水の硫酸銅(II)は水という配位子が
 ないため無色です。)

配位子があるとなぜd軌道が分裂するのかは、次のような結晶場理論で定性的には
示すことができます。

5つのd軌道はそのローブ(=電子密度)の広がりかたから
z軸上にローブが伸びたd(z2)
x軸、y軸上にローブが伸びたd(x2-y2)
軸と軸の間の空間にローブが伸びたd(xy), d(yz), d(zx)
に分類できます。
(無機化学や量子化学の教科書にイラストが出ていると思います。)

ここで正8面体型の錯体を考えます。つまりx軸、y軸、z軸上に
それぞれ配位子を置きます。

すると配位子のローンペアと5つのd軌道の間にクーロン力による反発が
起こります。
このときd(z2)、d(x2-y2)は軸上に電子密度が高いためクーロン反発が
d(xy), d(yz), d(zx)よりも大きくなります。

その結果、d軌道はエネルギーの高いd(z2)、d(x2-y2)の2つの軌道と
エネルギーの低いd(xy), d(yz), d(zx)の3つの軌道に分裂します。

正四面体や平面正方形といった錯体を考えても、分裂の仕方は違いますが
分裂が起こることは同じです。

そしてこのエネルギーの低い軌道から高い軌道への遷移が起こるのがd-d遷移
なのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なんとなくではありますが、わかってきました。

お礼日時:2001/07/25 22:28

ume_pyonさん、



>d軌道では、光のエネルギーを当てるだけで、簡単に軌道が分かれてしまいます。

は、先に書いたように間違いですよ。光によってd軌道だけが縮体が解ける理由がありません。

d軌道の分裂は、配位子の存在によって起こされるのです。
    • good
    • 2

まず、以下のURLを参照下さい。

そのうち、2.電子のお部屋~4.周期表と電子軌道
のページを熟読して下さい。そのうえで、細川直樹先生の使用されている用語を
用いながら、貴方の質問にお答えします。

3階のdという部屋はイヂワルで、先に4階のsの部屋に2個入ってくれなければ
入れてくれないのです。だから、3dよりも先に4sが埋まっていきます。
K,Caはこの状態です。そのあと、いよいよ3dの5つの部屋に入っていくわけです。
だけど、dという部屋は簡単に部屋が離れてしまいます。2部屋+3部屋のように。
d軌道では、光のエネルギーを当てるだけで、簡単に軌道が分かれてしまいます。
d軌道が2つの状態に分かれるのです。そして、切り離すのに必要な光の波長が
可視光領域に相当するので、色がついて見えるのです。しかし、部屋が満室の
場合には分かれなくなるという特徴を持っています。
こう考えると、K,Caはd軌道に電子がないので、色がないというわけです。
さらに、Znなどはd軌道が満員なので、軌道が分かれないのです。

また、Cuの場合にはちょっと特殊な現象が起きて、3d軌道に9個、4s軌道に2個の
電子が入るのではなくて、4s軌道の電子が浮気をして、3d軌道に入って来てしまう
のです。だから、3d軌道に10個、4s軌道に1個という状態になります。
これは、閉殻構造の安定性等が原因と予想されます。
ここから、電子をとってCu+、Cu2+とすると・・・?
ここまでくれば、色の違いも理解できたのではないでしょうか。

また、色と光の関係については、以下のURLを参照して下さい。

電子軌道について:http://www.gavo.t.u-tokyo.ac.jp/~hosoyama/chemic …
光と色の関係について:http://www.sikiken.co.jp/colors/front.htm

参考URL:http://www.gavo.t.u-tokyo.ac.jp/~hosoyama/chemic …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すごいわかりやすくておもしろいHPですね。HP紹介していただいてありがとうございます。そして、膨大な説明も!ほんとに感謝しています。

お礼日時:2001/07/25 22:31

さく体の色が見える場合に.光をさく体が吸収して.電子が別の軌道に移動する必要があります。


ですから.かしこうの吸収がある移動可能な軌道があいている必要があります。銅イオンはこの軌道の関係です。

ナトリウム・カリウムの軌道は.かしこうに吸収を持ちません。だから無色になります。

なお.20年ぐらい前の内容ですので.最新の内容とは異なります。
    • good
    • 1

だいたいume_pyonさんのおっしゃるとおりだと思いますが、”光による分裂”というのはちょっと誤解を生むと思います。



d軌道を持つ原子は、何とも相互作用していない状態だと、そのd軌道の5つはそれぞれ同じエネルギー順位を持ち(縮退)、可視光を吸収することはできません。
しかし配位子と結合することによって、配位子に近いd軌道と近くないd軌道でエネルギーが異なってしまいます。つまり縮退が解けるわけですが、そのエネルギー差がちょうど可視光のエネルギーになることがあるのです。
ですから配位子の種類を変えて、d軌道と配位子との相互作用を変えることによって、吸収波長を変化させることも出来ます。
    • good
    • 1

そのとおりです。

電子配置と色は切っても切れない縁なんです。

電子軌道に関する質問をいくつかなされているので、多少の基礎知識(d軌道や色と光の関係)を
理解しているものとしてお答えします。もし知らないようでしたら、折り返しレスをつけてください。

Fe,Cu,Co,Niなどの水溶液の特徴は、色がついていることです。これは遷移金属特有の現象です。
なぜ色がつくのか。これは光の吸収が関係します。つまり、可視光領域の波長の光を吸収することで、
吸収された光以外の色が見えるのです。

では、なぜ遷移金属の水溶液には色があるのに、ナトリウムやカリウムには色がないのか。
ここで、軌道論が登場します。結論から言うと、最外殻がd軌道であるイオンの場合、色がある
場合が多いのです。NaやKは最外殻がs軌道ですから、発色しません。

では、なぜ最外殻がd軌道であるイオンは色があるのか。それは、d軌道の光による分裂という
現象が起きているからです。あまり難しく話すと、配位子場理論などが絡んでくるので、
深入りはしません。要は、d軌道(全部で5つ)に光を当てると、d軌道のうち2つが光を吸収して、
エネルギー的に励起されます。つまり、d軌道が2つと3つに分裂するのです。この吸収した光、
分裂に要した光というのが、たまたま可視光領域に該当するため、色がついているように
見えるのです。

さてさて、ではCu2+とCu+では発色の度合いが違うのはなぜかという本題に入りましょう。
実は、上の説明には1つ語弊がありまして、それは、「d軌道が完全に電子で満たされている
場合は、d軌道の分裂は起きない」ということです。例えば、Zn2+の水溶液は無色ですよね。
これはd軌道に電子が10個入っているので、分裂が起きないのです。Ag+も同じです。
Cu原子の電子配置は、3d軌道に10個、4s軌道に1個の電子を保有しています。Cu2+の場合は、
ここから電子を2つ取ったものですので、3d軌道は9個の電子になります。しかしCu+の場合は、
電子を1つしか取っていないので、d軌道が閉殻構造をとり、軌道分裂が起きません。
よって、色がないのです。

最後に、より理論的に説明している参考文献を紹介しておきます。
東京化学同人の「無機化学・上」(シュライバー著)
ここに、配位子場理論、d錯体の化学について詳細に書かれていますので、参考になりましたら。


「水溶液の色」。まさに化学の醍醐味ですよね。僕が高校生のとき、3年間かけてこのテーマを
独学してました。物質の色が理論で説明できるなんて、なんだかスゴイですよね。

この回答への補足

電子軌道・・・実はあまりよくわかってません。教えてください。

補足日時:2001/07/22 15:14
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q動詞一覧・目的語一覧・補語一覧みたいな英語の詞・語ごとにずらーと並んだ

動詞一覧・目的語一覧・補語一覧みたいな英語の詞・語ごとにずらーと並んだサイトってないですか?

Aベストアンサー

動詞はともかく「目的語」とは「補語」というのは文における働きなので, そんな一覧を求めることがそもそも全く無意味.

Q クロム酸カリウムの水溶液に水酸化ナトリウム水溶液を加えると,二クロム

 クロム酸カリウムの水溶液に水酸化ナトリウム水溶液を加えると,二クロム酸イオンが生じる。
という記述があったのですが、反応式がわかりません。

どなたか、教えていただければ光栄です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それは間違いでしょう。


次のような平衡が成り立っています。


2H^+ + 2CrO4^2- ⇔ 2HCrO4^- ⇔ Cr2O7^2- + H2O


酸を加えると平衡は右に移動して Cr2O7^2- を生じ、
塩基を加えると左に移動して CrO4^2- を生じます。

Q新着順や新着順一覧を英語で書くと??

英語で新着順ってなんて書きますか?
HPに写真を載せていて
写真を新着順一覧に表示するスペースの名前を英語にすると、なんて書けばいいんでしょうか?
新着順や新着順一覧…という感じでお願いします。

Aベストアンサー

Sort by Date (日付順)というリンクが多いですね。

順番の切り替えに latest to earliest (最新から最古へ) とその逆を書いてある場合や、上向き三角▲と下向き三角▼のボタンを使っているところもあります。

到着というのをわざわざ盛り込んでいるところは少ないですが、長くても良いならば、Sort by Date arrived か Sort by Arrival Date とも書けます。

今回に写真という語も入れようとすると、Photos sorted by date (latest to earliest) のようになって見た目は冗長になってしまいます。

Q銅イオンとニッケルイオンが共存する水溶液からの銅の抽出について

先日実験を行いましたが、どうしても分からない事があるので質問をさせていただきたいと思います。

実験の概要は

「銅イオンとニッケルイオンが共存する水溶液から、銅イオンをまずチオシアン酸銅(I)として有機層に抽出して、水溶液にとどまるニッケルイオンから分離する。次に無色のチオシアン酸錯体をジエチルジチオカルバミン酸錯体に変換して、その吸光度から銅を定量する」

というものです。具体的には、


(1)7本の分液ロート全てに

(1)1%チオシアン酸ナトリウム水溶液2cm^3
(2)10%硝酸カリウム水溶液5cm^3
(3)1%アスコルビン酸水溶液3cm^3
(4)0.01M硝酸1cm^3


を加える。次に分液ロート全てに

4-メチル-2-ペンタノン(MIBK)を正確に10cm^3加える。


(2)2~6番目の分液ロートには1.5*10^-4Mに調整した銅(II)イオン標準溶液をそれぞれ1.00,2.00,3.00,4.00,5.00cm^3加え、7番目には銅とニッケルが共存する試料溶液を3cm^3加える

(3)それぞれの分液ロートから水層をとりのぞき、0.1%ジエチルジチオカルバミン酸ナトリウムを約10cm^3加えて有機層のみを取り出す



というものです。この後検量線を作って濃度を求めるところは問題ないのですが、上述の操作で疑問点がいくつかあります。
それは(1)の作業でくわえる(2)と(4)の試薬がどういう働きをするかというものです。
(1)は銅(II)イオンを銅(I)イオンに還元するため、(3)はチオシアン酸銅(I)として銅を有機層に抽出するためと考えられますが…

先日実験を行いましたが、どうしても分からない事があるので質問をさせていただきたいと思います。

実験の概要は

「銅イオンとニッケルイオンが共存する水溶液から、銅イオンをまずチオシアン酸銅(I)として有機層に抽出して、水溶液にとどまるニッケルイオンから分離する。次に無色のチオシアン酸錯体をジエチルジチオカルバミン酸錯体に変換して、その吸光度から銅を定量する」

というものです。具体的には、


(1)7本の分液ロート全てに

(1)1%チオシアン酸ナトリウム水溶液2cm^3
(2)10%硝...続きを読む

Aベストアンサー

推測で申し訳ありませんが・・・

チオシアン酸ナトリウム水溶液の液性は弱アルカリだと思いますので、
銅イオンを含む水溶液に添加した場合、一部が水酸化物となり、水相に
留まる可能性が生じます。
それでは「定量」には支障がありますので、「(4)0.01M硝酸」はそれを防ぐ
為のpH調整として加えているのではないでしょうか。


残るのは「(2)10%硝酸カリウム」ですが・・・もしかしたら、チオシアン酸
イオンへの配位子交換を速やかに行わせるため、かもしれません。

どういうことかというと・・・

例えば検体がキレート剤を含んでいた場合、キレート剤は複数の原子で
銅イオンに配位しているため、なかなかチオシアン酸イオンへの配位子が
交換しない可能性が考えられます。
このとき、配位力が弱い配位子が多量にあれば、競争によって一時的に
キレートが外れる可能性は高くなります。
一方、一旦銅(I)イオンにチオシアン酸イオンが配位すると、生じた錯体は
有機相への溶解度が高いためにそちらに移動し、水相に留まる硝酸イオン
やキレート剤との再結合を免れることができます。

このため、キレート剤とチオシアン酸イオンだけで競争するのに比べ、
別の弱い配位子が存在した方が、銅(I)イオンが有機相に取り込まれる
のが早くなる可能性がある、という推測です。

 *今回の実験の検体にキレート剤が含まれているとは思いませんが、
  例えば実際の工場排水の水質検査などになれば、そういったものが
  共存する場合もあり得るので、「定量方法」としてはそれらの存在を
  前提とした手順になっている必要があるわけです。

推測で申し訳ありませんが・・・

チオシアン酸ナトリウム水溶液の液性は弱アルカリだと思いますので、
銅イオンを含む水溶液に添加した場合、一部が水酸化物となり、水相に
留まる可能性が生じます。
それでは「定量」には支障がありますので、「(4)0.01M硝酸」はそれを防ぐ
為のpH調整として加えているのではないでしょうか。


残るのは「(2)10%硝酸カリウム」ですが・・・もしかしたら、チオシアン酸
イオンへの配位子交換を速やかに行わせるため、かもしれません。

どういうことかというと...続きを読む

QWindows7でプログラム一覧が英語表示される

Windows7でプログラム一覧が英語表示される

Windows7 Professionalを使っています。
最近気がついたのですが
普通ならプログラム一覧で
「アクセサリ」と表示されるはずの部分が
英語で「Accessories」と表示されるようになっていました。
メニュー自体もすべて英語で
たとえば「電卓」なら「Calculator」といった具合です。

ちなみに「ゲーム」は「Games」
「既定のプログラム」は「Default Programs」となっていますが
「スタートアップ」はそのままです。

ソフト自体に不具合はないのですが
何となく気になります。
かといって
名前を一つ一つ変更するのも面倒です。
簡単に元へ戻す方法がお分かりでしたら
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

詳しくは分かりませんが、C:\Users\○○\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\AccessoriesにあるはずのDesktop.iniをうまく設定すればよいと思います。ちなみに○○はユーザー名です。

Q硫酸銅水溶液に、硝酸バリウム水溶液をいれると、白い濁りがでました。

硫酸銅水溶液に、硝酸バリウム水溶液をいれると、白い濁りがでました。
そのときの、化学反応式を教えてください。

Aベストアンサー

CuSO4+Ba(NO3)2→BaSO4+Cu(NO3)2

Qヘンな日本語英語の一覧があるサイト

ヘンな日本語英語の一覧があるサイトなんてご存知ありませんか?
ピアース、ピーマン、ビデオデッキ、シャーペンなど、実際には使われない英語がたくさん日本で使われていたりしますが、こういうリストが載っているサイトを探しています。

ご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さいっ!
よろしくお願いしまっす!

Aベストアンサー

洋サイトですが

参考URL:http://www.engrish.com/

Q酢酸水溶液と酢酸ナトリウム水溶液の調製

0.2mol dm^3酢酸水溶液200cm^3 の調製方法がわかりません。
教えてください。

酢酸(17.3mol・dm^-3)

また、酢酸水溶液ナトリウム水溶液200cm^3の調製方法もお願いします。
CH3COONa・3H2O

Aベストアンサー

0.2mol/Lが0.2Lですから、必要な酢酸は0.04molです。
CH3COOH=60 ですから、24gの酢酸に水を加えて200mlにすればOKです。

酢酸ナトリウムのほうは濃度が判りませんが、n mol/Lとしておきましょう。
CH3COONa・3H2O=136 ですから、136nグラムのCH3COONa・3H2Oを水に溶かして最終的に1Lにすればn mol/Lになります。

Q色の名前は、日本語と英語のどちらを多く使う?・・・例えば「緑」と「グリーン」

「緑」と「グリーン」、「灰色」と「グレー」・・・

色の名前を言う時、日本語と英語のどちらを多く使いますか?

例えば、
・服の色は?
・車の色は?
・携帯機器(電話・プレイヤーなど)の色は?
どちらの表現を多く使いますか?

又、その他
「このもの(種類)は、日本語(英語)で言う」
「この色は、日本語(英語)で言う」
「殆ど、日本語(英語)で言う」
といったご回答も、歓迎します!

Aベストアンサー

じゃあいきましょか。英語です。私ら。

ピンク、ローズピンク、チェリーレッド、マローピンク、チリアンパープル、コスモス、チェリーピンク、ベビーピンク、ラムプラーローズ、ラズベリー、ローズマダー、カーマイン、パーシアンローズ、プラム、ガーネット、ピアニーレッド、プリムラ、コーラル、サルビア、マゼンダ、バーミリオン、シグナルレッド、ホビーレッド、ロブスター、ケチャップ、ファイヤー、スカーレット、バーミリオンレッド、ルビー、オペラ、ブリック。ベルベット。
以上赤系統。
日本にも古来のゆかしき呼び方はありますが、この点に関しましては英語に軍配をあげます。

グレーといいましても、シルバーホワイトグレー、パールグレー、オレンジグレー、イエローグレー、ブルーグレー、ピンクグレー、フレンチグレー、ミディアムグレー、グレー、ダークグレー、カーボングレー、チャーコールグレー、…あぁしんど。
私は日本男児ですが色名は英語です。

Q水酸化ナトリウム水溶液・水酸化カルシウム水溶液を判別実験

水酸化ナトリウム水溶液・水酸化カルシウム水溶液を判別する実験の方法を教えてください。
使っていい道具
ビーカー・ガスバーナー・試験管・マッチ・三角架・金網・薬さじ・ろ紙・漏斗・スタンド・リトマス紙・BTB溶液・フェノールフタレーン液・ガラス棒・スライドガラス・金属皿・駒込ピペット・メスシリンダー・マグネシウムリボン・べネジクト液・沸騰石・試験管ばさみです。量は限りがないものとします。
「混ぜて白く濁らる」以外であればお願いします。
※禁止事項
・息を吐いて二酸化炭素を入れる
・手を入れてみる、触ってみる
・においをかぐ
・見た目(ただし、色の違い・気体発生などの明らかなものは可)
・手で重さを比べる

Aベストアンサー

水酸化ナトリウム水溶液と水酸化カルシウム液のそれぞれを、ビーカーに100ccほど採り、駒込みピベットで少量ずつ塩酸を入れ、両方の水溶液が中性になったところで、塩酸を入れるをやめる。両方の水溶液が中性になったかどうかは、リトマス試験紙で確認する。中性になったそれぞれの水溶液を、それぞれの試験管に入れ、試験管ばさみで試験管を持ち、ガスバーナーで、結晶が出てくるまで加熱する。そして、それぞれの結晶をスライドグラスにのせ、結晶を顕微鏡で見る。塩化ナトリウムの結晶が見られる方が、水酸化ナトリウム液となる。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報