ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

IRなどで観察されるフェルミ共鳴について教えて下さい。

これはある振動モードのピークの高次のピークと別の振動モードのピークが重なるときに、2つの振動モードが相互作用し合い、基準ピークが大きく観察される、というような現象だと思うのですが、
手元にある実験化学講座には、高次の非調和項が近接する振動状態と混合する場合のことを指す、書いてあります。

疑問なのは、
・なぜ高次の振動モードと別の振動モードが混ざると共鳴が起こるのでしょうか?
・これによって引き起こされるのは、基準モードのピークが大きく観察されるということで合っていますか?
・普通の高次の項ではなく非調和項であることには何か意味があるのでしょうか?

フェルミ共鳴に関して書かれてある書籍があまりにも少なくて理解しきれませんでしたので、どなたか教えて下さい。
或いは詳しく書かれてある書籍を教えて頂けないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

> 同じ原理だということを仰られているのだと思うのですが、



すみません。言葉が足りませんでした。「……同じ理屈です(少なくとも数式の上では)」と書いたのは、「どっちも行列の固有値問題になりますよ」という程度の意味でした。「二つの水素原子の原子軌道から、分子軌道が二つ(結合性軌道と反結合性軌道)できるのと同じ理屈です」の方がよかったかも知れないです(←よく分からなかったら無視して下さい)。

> 中間的な振動モードが存在出来ないのは量子力学から要請なのでしょうか?

基準振動モードは、古典力学で考えても出てきます。古典力学系で中間的な振動モードを作ろうとすれば、基準振動モードの重ね合わせで作ることになりますけど、このような中間的な振動モードは、定常状態にはなりません。つまり、位相や振動数や振幅が時間的に変動する、非定常状態になります。ですので、うるさいことをいえば、中間的な振動モードが存在出来ないのは古典力学でも同じ、ということになるでしょう。

ですけど、うるさいことをいわなければ、「振動モードが量子化されているため、このような中途半端な振動モードは(定常状態としては)存在しえない」と説明する方が、分かり易くていいと私も思います。
    • good
    • 1

> 例えば90°とか間の位相であっても、振動モードの励起はあり得そうな気がする



起こりそうですけど、起こりません。
 二酸化炭素分子O=C=Oの左右のC=O結合の伸縮振動が、同位相(両方のCO距離が同時に伸び縮みするモード)で起こると全対称伸縮振動になり、逆位相(一方のCO距離が伸びると他方が縮むモード)で起こると逆対称伸縮振動になるのと、同じ理屈です(少なくとも数式の上では)。
 ケトンのカルボニル基のCO伸縮モードが1700cm-1くらいなので、二酸化炭素分子O=C=OのCO伸縮モードも1700cm-1くらいになりそうなものですけど、実際には1333cm-1(全対称伸縮モード)と2349cm-1(逆対称伸縮モード)に「分裂」します。中間の位相の振動モードは、ありません。

共鳴に関しては、以下に岩波理化学辞典第5版を引用しますので、参考にして下さい。
----------
共鳴
[1] 振動系に加える周期的外力の振動数を振動系の固有振動数に近づけていくにつれて,振動系の振幅が急激に増加する現象をいう.(以下略)
[2] (省略)
[3] 量子力学では,多くの粒子(あるいは部分系)からなる系において,粒子間の相互作用の一部を無視した場合の縮退した定常状態α,β,…を表わす波動関数をΨα,Ψβ,…とすると,相互作用を考慮した場合の系の波動関数Ψは,第1近似として線形結合
  Ψ=aΨα+bΨβ+…
の形に表わされる.この場合,状態α,β,…は量子力学の意味で共鳴しているという.
[4] (省略)
----------
フェルミ共鳴は、[3]の意味での共鳴ではないかと私は思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてしまい申し訳ありません。

> 二酸化炭素分子O=C=Oの左右のC=O結合の伸縮振動が、同位相(両方のCO距離が同時に伸び縮みするモード)で起こると全対称伸縮振動になり、逆位相(一方のCO距離が伸びると他方が縮むモード)で起こると逆対称伸縮振動になるのと、同じ理屈です

というところなのですが、つまり全対称伸縮振動と逆対称伸縮振動はあるが、その真ん中の振動モードは存在出来ないということと、同じ原理だということを仰られているのだと思うのですが、
そういえば、これってなぜなのでしょうか?
中間的な振動モードが存在出来ないのは量子力学から要請なのでしょうか?
振動モードが量子化されているため、このような中途半端な振動モードは存在しえないということで良いのでしょうか?

お礼日時:2009/03/23 13:43

<br />  共鳴現象はそう珍しいものでは有りません。非常に簡単な実験、1本の横糸を張っておいて、それに2個の振り子をつるし、

せると他方ととの間で振幅を交換し合う現象が簡単起こります。単純なのに結構面白いです。√2倍の長さの振り子(周期2倍)とも共振を起こすような現象とかも試すことができるでしょうね。振り子をつるす「横糸」はある意味分子内力場、誘電体や双極子そのもの、つるす「振り子」は分子内基準振動と考えれば振動間の相互作用の基本モデルになるでしょうね。
 101324さまの回答の通り、分子内力場ではは波動関数の混成に近い現象と考えるとのことのようです。縮重していなくてもFermi共鳴がおこり、2ν1≒ν2の場合、a・ψ(ν2)+b・ψ(ν2);a^2+b^2=1からψ(2ν1)の吸収・散乱が活性(ただし2ν1,ν2は摂動を受けもとの2ν1,ν2とは違う(2ν1)´,(ν2)´になるような、分裂に似た現象が生じることがある)になる、ν1+ν2≒ν3の場合にも同様なことが可能、より多様な混合においても可能なことがあるということのようです。
 古い資料を持ちいたために「狭い事実」を基にした回答になってしまってたことをお詫びします。頑張ってください。
(上記サイトの内容に惹かれ、ほかの文献を参照してて回答が遅れました。ごめんなさい。)
 
    • good
    • 0

> 結局、フェルミ共鳴というのは、(中略)


> ν1の方の縮重がとけて2本に観察されるということなのでしょうか?

いいえ。違います。2ν1のモードは、本来は禁制遷移のために吸収ピークが観測されないはずです。しかし、たまたま2つの振動モードが2ν1≒ν2の関係にあった場合に、ν2の吸収ピークに加えて、2ν1のピークが観察されます。そしてさらに、2ν1のモードとν2のモードの間の相互作用のために2ν1≒ν2の偶然縮重がとけるので、それぞれのピーク位置がシフトして、予想とは異なる位置に2本のピークが観察されることになります。

または、振動状態ν2の波動関数が、振動状態2ν1の波動関数と同位相で混ざった状態ν2+と、振動状態2ν1の波動関数と逆位相で混ざった状態ν2-とに分裂した、と考えてもいいです。

> この説明だとν1がもともとは縮重していたということになりますが、

ν1ではなくてν2ですよね。はい。縮重していません。#1さんの説明は、間違っています。

> これらの2本のピークが重なることによって、特にピークが分裂するわけでもピーク強度が強くなるわけでもなく

フェルミ共鳴が起こらなければ、2ν1のピークは禁制遷移なので観測されません(あるいは通常の結合音や倍音のように弱い吸収ピークになります)。本来は観測されないはずの2ν1のピークがフェルミ共鳴によって現れたので、スペクトル上では、ν2のピークが分裂したり強度が強くなったりしたように見えるわけです。

> ピークが分裂するというのがフェルミ共鳴ではないのでしょうか?

はい。そうです。ただし、分裂幅がピークの線幅よりも小さい時には、基準モードのピークが一本線のまま、予想よりも大きくなったように見えます。このときスペクトル上ではピークは分裂していませんけれども、これもフェルミ共鳴といいます。質問文に「基準モードのピークが大きく観察される」とありましたけど、分裂については触れていませんでしたので、質問者さんが分裂のないフェルミ共鳴について聞いているのかも、と考えて#2のような回答をしました。混乱させてごめんなさい。

> 2つの振動モードの吸収位置が近いからといって共鳴する理由

振動モードの間の相互作用の起源は何か?ということでしたら、ごめんなさい、私にも分かりません。振動モードの間の相互作用が存在すること、を天下りで認めてしまえば、「本来は禁制遷移の振動モードが、基準モードと混じり合うことによって許容遷移になる」と説明できます。これは、「基準モードからピーク強度を“借りる”ことで、高次の振動モードのピーク強度が大きくなる」とも表現されます。
 なお、振動モードの対称種が違ったり、振動している原子団の距離が遠いときには、振動モードの間の相互作用が存在しないので、2つの振動モードの吸収位置が近くてもフェルミ共鳴は起こりません。

長い説明の割には中途半端な説明でごめんなさい。詳しくは、
http://comp.chem.tohoku.ac.jp/hirose/chap1-2.pdf
の5ページをご覧下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

かなり理解が深まりました。

でもどうしても分からないことが2つあります。

一つは、
>または、振動状態ν2の波動関数が、振動状態2ν1の波動関数と同位相で混ざった状態ν2+と、振動状態2ν1の波動関数と逆位相で混ざった状態ν2-とに分裂した、と考えてもいいです。

というところなのですが、同位相、逆位相というのはそれぞれ0°と180°に相当するわけですが、例えば90°とか間の位相であっても、振動モードの励起はあり得そうな気がするのですが、つまり2本のピークが出るのではなく同位相から逆位相にかけて連続したピークになっても良さそうな気がするのですが、なぜそうならないのでしょうか?


二つ目は、教えて下さったURLも見てみましたが、共鳴の起こるメカニズムが分かりませんでした。
他の方でも構いませんのでどなたか教えて下さい。

お礼日時:2009/03/02 19:19

・なぜ高次の振動モードと別の振動モードが混ざると共鳴が起こるのでしょうか?



高次の振動モードと別の振動モードが混ざることを共鳴と呼んでいるだけですので、「共鳴」という言葉にあまり引きずられない方がいいです。

・これによって引き起こされるのは、基準モードのピークが大きく観察されるということで合っていますか?

基準モードのピークが大きく観察されると考えるのではなく、本来は禁制遷移のためにピーク強度が小さいはずの高次の振動モードのピークが、フェルミ共鳴によって大きく観測される、と考えた方がいいです。
 ピークの線幅が広くて,高次の振動モードのピークと基準モードのピークとがスペクトル上で重なりあう時には、基準モードのピークが、フェルミ共鳴によって見かけ上大きくなったようにみえます。
 ピークの線幅が狭くて,高次の振動モードのピークと基準モードのピークとがスペクトル上で重ならない時には、基準モードのピークが、フェルミ共鳴によって見かけ上二本に分裂したようにみえます。

・普通の高次の項ではなく非調和項であることには何か意味があるのでしょうか?

フェルミ共鳴は倍音でも結合音でも起こります。「普通の高次の項」も非調和項のひとつです。

なお、「高いエネルギー順位の基準振動が縮重していなければ分裂としては観測されない」ということはないです。基準モードが縮重していなくてもフェルミ共鳴は観測されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お二方ご回答ありがとうございます。

でもやはり理解出来ませんでした。
高次の項が全て非調和項であることだけは分かりました。


結局、フェルミ共鳴というのは、たまたま2つの振動モードの吸収ピークが、2ν1≒ν2の関係にあった場合に、
ν1の方の縮重がとけて2本に観察されるということなのでしょうか?


理解出来ないのは、この説明だとν1がもともとは縮重していたということになりますが、なぜ縮重しているのでしょうか?特に縮重する原因が見あたらないのですが・・・

それと101325様の説明ですと、これらの2本のピークが重なることによって、特にピークが分裂するわけでもピーク強度が強くなるわけでもなく、ν2のピークが2ν1にかぶってくるために、2つのピーク強度を足し算した場合あたかも2ν1が大きくなって見えたというように解釈出来るのですが、そうではなくピークが分裂するというのがフェルミ共鳴ではないのでしょうか?

そしてもっとも分からないのは、2つの振動モードの吸収位置が近いからといって共鳴する理由が分かりません。

よろしくお願いいたします。

お礼日時:2009/03/02 14:33

● 分解能が上がったときに、二酸化炭素のスペクトルで、本来現れないはずの吸収が現れ、それをどのように考えるかということが問題になったのですね。

一番最初にFermiがこの解釈を与えたことからFermi共鳴といわれるわけですが、その解釈は「1つの基準振動ν1の倍音2ν1が他の基準振動ν2に近い場合には、その相互作用が起こり、エネルギー順位の分裂が起こり、異なる吸収・散乱として観測される」というものでした。

● 調和振動子近似では倍音は生じない。倍音は、非調和成分の存在によって生じる。

 調和振動子近似では、固有値からは基準振動νしか出てこず、エネルギー順位はその整数倍になります。E_n=nhνです。赤外線吸収・ラマン散乱はほとんどの場合Δν=1の遷移で起こるから、吸収・散乱が起こる場合にはΔE=hνとなって、その振動の基準振動で決まる振動数ν以外には観測されないはずです。
 ところが実際にはごくごくわずかならが2ν、3ν・・・に吸収が見られるという実験事実から、原子原子間の結合エネルギーの調和振動子近似は完全でないことになります。倍音・3倍音・・・そのような遷移を起こさせる影響を非調和振動子成分とか言うわけですね。

>>『普通の高次の項』ではなく『非調和項』であることには何か意味があるのでしょうか?
 基本的な用語を押さえてください。

<調和振動子近似>では、振動エネルギーがフック型のポテンシャル(1/2)・k・(Δx)^2で近似できるとして扱い、このような近似を調和振動子近似といいます。これはポテンシャルU(x)を平衡点r_eの近傍r_e+Δrでテイラー展開し、
U(r_e+Δr)=U(r_e)+(∂U/∂r)Δr+(1/2)・(∂^2U/∂r^2)(Δr)^2+(高次項)
で、U(r_e)をエネルギーの基準にとり、平衡点では(∂U/∂r)_(_re)=0であり、(高次項)は無視できるとした近似です。そのときは、基準振動以外の振動数は一切出てきません。
 従って<非調和成分>は無視したポテンシャルの『Δx^3以上の高次成分』によって生じることになります。『普通の高次の項ではなく』という表現は『???』ですよ。倍音を生じた=3次以上の高次項=非調和なのです。非調和成分からしか倍音は生じません。

 以上の通り、<『基準振動の倍音』が生じるのは、結合エネルギーが非調和成分を持つためである。しかし、本来なら『倍音での吸収・散乱はΔν=1のときに比べて、はるかに小さい』(=明瞭な吸収や散乱としては観測されない)はずである。>ということが前提です。

●ところが、分子の対称性からCO2のIRでは667,1340,2350cm^-1の3本の吸収だったものがラマン散乱で1340cm^-1のところが1285cm^-1と1388cm^-1の2本に分解されたのです。1340cm^‐1の基準振動は本来は縮重振動であり、分裂せずに1本の吸収として観測されたのですが、ラマン散乱では、「はっきりと観測される2本の散乱」に分裂したわけです。

 それでfermiの解釈です。667×2=1334cm^‐1となり、これが1340cm^‐1と非常に近い。そのためだと考え、元は縮重して区別のできなかった2つの振動が、667cm^-1の倍音との共鳴を起こし、縮重していたこの2つの振動状態で共鳴の仕方が違うためにそれぞれが違うエネルギーを持つようになりエネルギーが分裂してしまうと考えました。その摂動エネルギーの変化を求めると、『2ν1≒ν2の関係が有るときに、この差が小さければ小さいほど分裂が大きくなり無視できなくなる』ことを示したのです。

 たまたま2ν1≒ν2の関係がありこの差が非常に小さな値にならなければならず、しかも元の基準振動が縮重した状態でなければ分裂も起こらない。他の分子においてこのような『偶然』はあまり起こらないはずですから、『偶然の縮重』とも言われることが有るとのことです。

●以上から、ある基準振動の倍音が生じる→非調和振動によるもの。
●たまたま2ν1≒ν2のような関係がある二つの分子内基準振動があり、しかも高いエネルギー順位の基準振動が縮重していなければ分裂としては観測されない。もともとは『縮重して1本と考えていた2つの振動状態』が、共鳴現象で『異なる相互作用をしてエネルギーの差が生じて2本に分かれる』のであって、最初に縮重振動であることが前提のようです。近ければ勝手に分裂するものではない。
●しかし、明瞭な吸収や散乱として観測されるので、この『フェルミ共鳴の相互作用は思っている以上に強い相互作用である』と考えなければならない。

という結論が出てきます。
 理論計算と、実測からえられた結果とを総合して導いた『やや折衷的な理論』といえなくもないのでは?
(しかしfermiがこんなところでも仕事をしているのには驚きです。)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式は?

波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式を知っていたら是非とも教えて欲しいのですが。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No1 の回答の式より
 E = hc/λ[J]
   = hc/eλ[eV]
となります。
波長が nm 単位なら E = hc×10^9/eλ です。
あとは、
 h = 6.626*10^-34[J・s]
 e = 1.602*10^-19[C]
 c = 2.998*10^8[m/s]
などの値より、
 E≒1240/λ[eV]
となります。

>例えば540nmでは2.33eVになると論文には書いてあるのですが
>合っているのでしょうか?
λに 540[nm] を代入すると
 E = 1240/540 = 2.30[eV]
でちょっとずれてます。
式はあっているはずです。

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

Q分光化学系列と配位子場分裂 高スピンか低スピンか?

只今錯体の勉強をしています。
配位子場理論において、金属と配位子の軌道の相互作用によって、配位子場分裂(Δ)することはわかりました。この時の「エネルギーΔ」と、電子が同一軌道にスピン対をつくって入る際の「電子間反発エネルギー」の大小により、金属のd軌道の電子配置が高スピンになるか低スピンになるか、理解することはできました。

配位子場分裂(Δ)の大きさは、分光化学系列に則った配位子の違いによるものと記憶しています。

また一般に第一遷移金属元素に比べ第二、第三の方が低スピンになると教科書(シュライバーよりかなり大まかです)には書いてありました。

ここで疑問なのですが例えば、[Co(en)3]3+という錯体について考えたとき、Δ及び電子間反発エネルギーの具体的は値、または大小関係が分からなくても、分光化学系列と第何遷移金属といった情報だけで、Coのd軌道の電子は高スピン、低スピンどちらか分かるものなのでしょうか?

つまるところ、金属の種類ごとに、分光化学系列で真ん中(H2O)辺りより左側の配位子は低スピンになる~といったaboutな予測はできないのでしょうか?

また、もう一点、分光化学系列は大まかにC>N>O>Xとなっていますが、なぜでしょうか?配位子と金属のπ軌道の相互作用という面では理解できましたが、以下の説明がわかりません。
「配位子の電気陰性度が増加し、金属にσ供与するエネルギー準位が低下するので、この軌道と金属のσ対称性のeg*軌道とのエネルギー差がC,N,O,Xの順に大きくなり、その結果軌道相互作用が小さくなってΔが小さくなる」

大変長く、またわかりにくい文章となってしまいましたが回答お願いします。

只今錯体の勉強をしています。
配位子場理論において、金属と配位子の軌道の相互作用によって、配位子場分裂(Δ)することはわかりました。この時の「エネルギーΔ」と、電子が同一軌道にスピン対をつくって入る際の「電子間反発エネルギー」の大小により、金属のd軌道の電子配置が高スピンになるか低スピンになるか、理解することはできました。

配位子場分裂(Δ)の大きさは、分光化学系列に則った配位子の違いによるものと記憶しています。

また一般に第一遷移金属元素に比べ第二、第三の方が低スピンに...続きを読む

Aベストアンサー

> 金属の種類ごとに、分光化学系列で真ん中(H2O)辺りより左側の配位子は低スピンになる~といったaboutな予測はできないのでしょうか?

できます。

配位子の分光化学系列ほど有名ではありませんけど、金属イオンの分光化学系列というものがありまして

 Mn2+ < Ni2+ < Co2+ < Fe2+ < V2+ < Fe3+ < Co3+

の順で配位子場分裂Δが大きくなります。[Co(en)3]3+について考えると、Co3+はΔが大きくなるイオン、enはΔがそこそこ大きくなる配位子なので、[Co(en)3]3+は低スピン錯体になることがわかります。

おおざっぱには
 Mn2+はNO2とCNの間、
 Co2+はphenとNO2の間、
 Fe2+はenとbpyの間、
 Fe3+はH2Oとenの間、
 Co3+はFとH2Oの間、
に高スピン錯体と低スピン錯体の境界線があります。

Mn3+とCr2+はヤーン-テラー効果のために正八面体構造からずれるので少し厄介で、これらのイオンはふつう金属イオンの分光化学系列には含めません。Mn3+では高スピンになる錯体がほとんどで、低スピンになるのは[Mn(CN)6]4-くらいです。Cr2+では、[Cr(en)3]2+が高スピン、[Cr(bpy)3]2+が低スピンになるので、Fe2+とだいたい同じところに境界線があると考えればいいです。Ni3+は、事実上すべて低スピン錯体になります。

> 分光化学系列は大まかにC>N>O>Xとなっていますが、なぜでしょうか?

配位子のπ軌道と金属のd軌道との相互作用のためです。金属にσ供与する軌道のエネルギー準位の違いは、分光化学系列にはあまり影響しません。このことは、ハロゲンの順序が F>Cl>Br>I になっていることから分かります。もしσ供与する軌道のエネルギー準位の違いが分光化学系列を決めているのならば、I>Br>Cl>Fの順になるはずです。ふつうは、「F→Iの順にΔが小さくなるのは、F→Iの順にπ供与性が強くなるからだ」という説明がなされます。

> 以下の説明がわかりません。
> 「配位子の電気陰性度が増加し、金属にσ供与するエネルギー準位が低下するので、この軌道と金属のσ対称性のeg*軌道とのエネルギー差がC,N,O,Xの順に大きくなり、その結果軌道相互作用が小さくなってΔが小さくなる」

金属にσ供与する配位子のエネルギー準位は、金属のd軌道よりも低いところにあります。配位子のエネルギー準位が低くなれば低くなるほど、金属のd軌道とのエネルギー差が大きくなるので、軌道相互作用が小さくなってΔが小さくなります。配位子のエネルギー準位は配位子のイオン化エネルギーの符号を変えたものなので、配位子の電気陰性度が増加するほど低くなります。

> 金属の種類ごとに、分光化学系列で真ん中(H2O)辺りより左側の配位子は低スピンになる~といったaboutな予測はできないのでしょうか?

できます。

配位子の分光化学系列ほど有名ではありませんけど、金属イオンの分光化学系列というものがありまして

 Mn2+ < Ni2+ < Co2+ < Fe2+ < V2+ < Fe3+ < Co3+

の順で配位子場分裂Δが大きくなります。[Co(en)3]3+について考えると、Co3+はΔが大きくなるイオン、enはΔがそこそこ大きくなる配位子なので、[Co(en)3]3+は低スピン錯体になることがわかります。
...続きを読む

Q双極子モーメントの求め方について

薬学1回生です。有機化学の教科書で、双極子モーメントというものがあるのですが、求め方がよくわかりません。教科書にはμ=q×r(q:電荷、r:両電荷間の距離)と書いてあります。
いったいどこを見て電荷や両電荷間の距離がわかるのですか?表などがあるのでしょうか?
お分かりの方がいらっしゃいましたら、詳しく教えていただけるととてもありがたいです。

Aベストアンサー

>いったいどこを見て電荷や両電荷間の距離がわかるのですか?表などがあるのでしょうか?

薬学1回生ということなので、これからいろいろ知識を獲得していかれることと思います。さて、直接的な答えにはなりませんが、参考URLの「電気陰性度と極性」のところは一読の価値があると思います。また、次のサイトも覗いてみてください。簡単な分子の双極子モーメントが与えられていたり、分子の形と双極子モーメントの関係などが載っています。
 http://www.keirinkan.com/
   ↓
  化学(2)
   ↓
 共有結合によって結びついた物質
以上、ご参考まで。

参考URL:http://www.shse.u-hyogo.ac.jp/kumagai/eac/chem/lec6-2.html

Q偏微分の記号∂の読み方について教えてください。

偏微分の記号∂(partial derivative symbol)にはいろいろな読み方があるようです。
(英語)
curly d, rounded d, curved d, partial, der
正統には∂u/∂x で「partial derivative of u with respect to x」なのかもしれません。
(日本語)
ラウンドディー、ラウンドデルタ、ラウンド、デル、パーシャル、ルンド
MS-IMEはデルで変換します。JIS文字コードでの名前は「デル、ラウンドディー」です。

そこで、次のようなことを教えてください。
(1)分野ごと(数学、物理学、経済学、工学など)の読み方の違い
(2)上記のうち、こんな読み方をするとバカにされる、あるいはキザと思われる読み方
(3)初心者に教えるときのお勧めの読み方
(4)他の読み方、あるいはニックネーム

Aベストアンサー

こんちには。電気・電子工学系です。

(1)
工学系の私は,式の中では「デル」,単独では「ラウンドデルタ」と呼んでいます。あとは地道に「偏微分記号」ですか(^^;
その他「ラウンドディー」「パーシャル」までは聞いたことがあります。この辺りは物理・数学系っぽいですね。
申し訳ありませんが,あとは寡聞にして知りません。

(3)
初心者へのお勧めとは,なかなかに難問ですが,ひと通り教えておいて,式の中では「デル」を読むのが無難かと思います。

(4)
私はちょっと知りません。ごめんなさい。ニックネームは,あったら私も教えて欲しいです。

(2)
専門家に向かって「デル」はちょっと危険な香りがします。
キザになってしまうかどうかは,質問者さんのパーソナリティにかかっているでしょう(^^

*すいません。質問の順番入れ替えました。オチなんで。

では(∂∂)/

Qcm-1(波数の単位)の読み方

スペクトルのピーク位置を表す時などに用いる、
波数(wave number)の単位[cm-1]の読み方を教えて下さい。
「カイザー」ではない読み方があったはずなのですが
度忘れしてしまいました。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 英語では“reciprocal centimetre”(または-meter)、日本語では「毎センチメートル」です。学会発表の場では、略して「毎センチ」と言われるのをちらほら耳にします。
 ちなみに、国際単位系(SI)では、波数の一貫性のある(coherent)SI単位はcm^(-1)ではなくm^(-1)で、読み方は「毎メートル」です。以下の文書をご参照ください。
(PDFファイルです。Acrobat Readerが必要です)

日本語版(2ページの表3、「毎メートル」)
http://www.nmij.jp/chishiki/SI8JC.pdf

英語版(2ページのTable 3、“reciprocal metre”)
http://www.bipm.org/utils/common/pdf/si_summary_en.pdf

 ただ、“cm^(-1)”をまだ慣習的に「カイザー」という呼び方も使われているようですが、これは使ってはいけないことになっています。カイザーの単位記号は“K”であり、熱力学温度の単位ケルビンと混同してしまうからです。将来的に、「毎センチメートル」(略して「毎センチ」)に統一されていくのではないでしょうか。

 こんにちは。
 英語では“reciprocal centimetre”(または-meter)、日本語では「毎センチメートル」です。学会発表の場では、略して「毎センチ」と言われるのをちらほら耳にします。
 ちなみに、国際単位系(SI)では、波数の一貫性のある(coherent)SI単位はcm^(-1)ではなくm^(-1)で、読み方は「毎メートル」です。以下の文書をご参照ください。
(PDFファイルです。Acrobat Readerが必要です)

日本語版(2ページの表3、「毎メートル」)
http://www.nmij.jp/chishiki/SI8JC.pdf

英語版(2ページのTable 3、...続きを読む

Q標準自由エネルギー変化について教えてください。

お願いします。
基礎中の基礎です。しかし混乱してます
標準自由エネルギー変化ΔG゜と自由エネルギー変化ΔGの違いが分かりません。

まず標準自由エネルギー変化ですが
aA+bB⇔cC+dDと言う反応があると
ΔG゜=各物質の生成ΔGfの合計=[c×ΔGfC]+[d×ΔGfD]-[a×ΔGfA]-[b×ΔGfB]だと思うのですが・・・
質問1:ΔG゜<0ですと反応は右に進まないはず。でもなぜ?
質問2:ΔG゜とはそもそも何を表しているのですか?(僕自身の薄学では生成側にそれだけエネルギーが偏っている?)
質問3:ΔG゜=-AとするとAが大きいほど反応は進みやすのでしょうか?(これ本当に分かりません・・)

自由エネルギー変化ΔGについてです
ΔG=ΔG゜+RTlnK
aA+bB⇔cC+dDと言う反応ではモル分圧平衡定数とするとK=([P_C]^c・[P_D])^d÷([P_A]^a・[P_B]^b)
です。
質問4:そもそもΔGとは何を表現しているのですか?平衡だとΔG=0となる。これはどういうこと?
質問5:ΔG゜=-RTlnKですが、通常ΔGというとみんなこの方法で算出してしまいます。ここで標準自由エネルギー変化ΔG゜と自由エネルギー変化ΔGをごっちゃにするとエライ事になりそうですが・・・
質問6:ΔG=ΔG゜+RTln([P_C]^c・[P_D])^d÷([P_A]^a・[P_B]^b)でよく25℃、1atmの濃度や分圧を入れてΔGを出してますが、これはどう解釈したらよいのでしょうか?その濃度や分圧のときの自由エネルギーということ?でもそれなら25℃、1atmの生成ΔGfから算出したΔG゜とΔGが同じにならないとおかしくありませんか?
質問:そもそも上記の考え方にどこかおかしいから悩んでいるので、指摘していただけたら幸いです。

お願いします。
基礎中の基礎です。しかし混乱してます
標準自由エネルギー変化ΔG゜と自由エネルギー変化ΔGの違いが分かりません。

まず標準自由エネルギー変化ですが
aA+bB⇔cC+dDと言う反応があると
ΔG゜=各物質の生成ΔGfの合計=[c×ΔGfC]+[d×ΔGfD]-[a×ΔGfA]-[b×ΔGfB]だと思うのですが・・・
質問1:ΔG゜<0ですと反応は右に進まないはず。でもなぜ?
質問2:ΔG゜とはそもそも何を表しているのですか?(僕自身の薄学では生成側にそれだけエネルギーが偏っている?)
質問3:ΔG゜=-Aとすると...続きを読む

Aベストアンサー

>平衡になったときのモル分率やモル濃度を入れると、当然RTlnKは
>-ΔG゜と同じになるはずですよね?

ΔG=ΔG゜+RTlnKですよね。平衡状態ではΔG=0なので、
RTlnK=-ΔG゜ または -RTlnK=ΔG゜で間違いないと思います。

>一般的にΔG゜って各物質の生成ΔGfの合計から算出するじゃないですか?

違うと思います。
ΔG゜=ΣΔGf゜(生成物)- ΣΔGf゜(反応物) だと思います。

標準生成自由エネルギーと自由エネルギー変化を混同しては行けません。
自由エネルギーやエンタルピーの絶対値を調べるのは大変なので
変化量を指標に用いていることは同じですが、標準生成自由エネルギーは、すべての元素が標準状態にあるとき自由エネルギーを0として、それらの単体から生成される化合物を上記の式を使って計算した物です。

反応が自発的に進むためにはΔGがマイナスでなければなりません。
ΔGは自由エネルギー変化です。
標準生成自由エネルギーΔG゜とは違います。
-RTlnK=ΔG゜ という関係から ΔG゜が負の時はKが1よりも大きい事を意味し、正の時には、その反応が進まないということではなくKが1よりも小さいことだけを意味します。
ΔG゜が大きな正の値をとるとKは著しく小さくなり、平衡点は原系の方に極端に片寄ることを意味しています。
ΔG゜=0ならばK=1ということです。

>平衡になったときのモル分率やモル濃度を入れると、当然RTlnKは
>-ΔG゜と同じになるはずですよね?

ΔG=ΔG゜+RTlnKですよね。平衡状態ではΔG=0なので、
RTlnK=-ΔG゜ または -RTlnK=ΔG゜で間違いないと思います。

>一般的にΔG゜って各物質の生成ΔGfの合計から算出するじゃないですか?

違うと思います。
ΔG゜=ΣΔGf゜(生成物)- ΣΔGf゜(反応物) だと思います。

標準生成自由エネルギーと自由エネルギー変化を混同しては行けません。
自由エネルギーやエンタルピーの絶対値を調べる...続きを読む

Q水とホルムアルデヒドの赤外活性・ラマン活性について

水はC2vに属し、基準振動の3つ(A1,B2に属する)はどれも赤外活性かつラマン活性とアトキンス物理化学に書いてありました。
同様に、C2vに属するホルムアルデヒドの5つの基準振動(A1,B1,B2)はどれも赤外活性かつラマン活性なのでしょうか?
指標表からわかるようなのですが、合っているかわかりません。教えてください。

Aベストアンサー

C2vに属するホルムアルデヒドの基準振動は6つあります(3A1+B1+2B2)。
どれも赤外活性かつラマン活性です。

指標表 http://www.webqc.org/symmetrypointgroup-c2v.html の
linearの列にx,y,またはzがある基準振動が赤外活性になります。
C2vではA1,B1,B2が赤外活性です。
quadraticの列にx^2,y^2,z^2,xy,yz,またはzxがある基準振動がラマン活性になります。
C2vではA1,A2,B1,B2がラマン活性です。

別の例として、メタンなどのTdに属する分子やイオンでは、
T2が赤外活性で、A1,E,T2がラマン活性になります。
http://www.webqc.org/symmetrypointgroup-td.html

Q光学不活性・・・

光学不活性ってなんかイマイチ意味が分からないんですけど・・・

酒石酸に数種類の立体異性体があって、そのうちに光学不活性なのがあるとかないとかで・・・

光学不活性って鏡に映しても一緒って事ですか?

Aベストアンサー

まず、異性体をもつ化合物について一応説明。
これは、わかりやすくいえば鏡に映したときの鏡像と本体が重なり合わない化合物のことです。

(一番簡単な例)
(1)      :(2)
   1    :   1
   │    :   │
 2-C-3  : 3-C-2
   │    :   │
   4    :   4

1~4が全部別の原子だったら(1)と(2)は重なり合いませんよね。
この場合の(1)と(2)を互いに光学異性体といいます。
ここで話は変わりますが、光は波ですよね。
今に上下に振動している光を考えて、この光を(1)、(2)にそれぞれあてます。
すると、例えば(1)では光が右に15度、(2)では左に15度回転してしまいます。
これが光学異性体の性質なんですね。
(1)が右に回転させただけ(2)は左に回転させる、と。

ここで本題。長々すいません(-_-A;)
光学活性っていうのは、光を当てたときに光が回転しちゃう物質のこと、光学不活性はその逆です。
だから、鏡に映しても一緒なものが光学不活性っていうのは正しいんです。
けど、それだけじゃなくて、例えば(1)と(2)が等量含まれてる物質があったとしたら?
(1)で右に15度、(2)で左に15度ですから、結局もとどうりですよね。
だからこれも光学不活性。
酒石酸の光学不活性なもの(ラセミ酸)っていうのはつまり
(1)と(2)がおんなじだけ入ってるものって事です。
えーと、ほんとに長くなっちゃったんですけど少しでも参考になれば。

まず、異性体をもつ化合物について一応説明。
これは、わかりやすくいえば鏡に映したときの鏡像と本体が重なり合わない化合物のことです。

(一番簡単な例)
(1)      :(2)
   1    :   1
   │    :   │
 2-C-3  : 3-C-2
   │    :   │
   4    :   4

1~4が全部別の原子だったら(1)と(2)は重なり合いませんよね。
この場合の(1)と(2)を互いに光学異性体といいます。
ここで話は変わりますが、光は波ですよね。
今に上下...続きを読む

Qラマン活性or赤外活性について

こんにちは、ouenvirosnctchemです。
今日機器分析の試験で次の問題がでました。
「H2分子は赤外活性かラマン活性か、理由を付けて説明しなさい。」
H2はラマン活性であることは分かりました。(教科書に記載されていたので)
・・・がしかし、なぜラマン活性なのか?という理由がわかりません。
電気双極子モーメントμが変化する振動は赤外活性、分極率αが変化する振動はラマン活性である、ということは知っています。つまり、分極率αが振動するからラマン活性であるということは分かるのですが、なぜH2は分極率が変化し、電気双極子モーメントが変化しないのかがわかりません。
・・・わかる方、どうぞ教えてくださいませ。m(_ _)m

Aベストアンサー

 H2 は HーH ですね。結合の両端には同じ原子(H)が付いていて対称です。この点が重要です。

 対称なHーHの結合には+,ーの電気的な分極は存在しません。つまり,電気双極子が存在しないんです。存在しないものは,変化の為ようがありませんね。

 一方,分極を考えると,結合の両端の原子が同じですから,δ(+)ーδ(-) の分極とδ(-)ーδ(+) の形の分極は同等に起こります。つまり,分極率の変化は起こります。

 いかがでしょうか。詳細は成書を御覧下さい。


人気Q&Aランキング