「教えて!ピックアップ」リリース!

アズレンは青ですがなぜ青く見えるんですか?
本当は光は7色で、青く見えるのは7色のうちの赤い光を吸収してるから。って説明を受けたんですが、いまいちよくわからないです。
もっと具体的に説明お願いします。

A 回答 (1件)

>本当は光は7色で、


光の色は実質無限ですので、
「7色」というのは余り正しくありません。

>青く見えるのは7色のうちの赤い光を吸収してるから。
この説明は正しいです。
全ての光を反射するのなら、白く見えますし、
全ての光を透過するのなら、透明に見えます。

発色のメカニズムは色々ありますが、
一番大きいのは電子の吸収によるものです。

分子内の電子は、エネルギーがある離散した状態でしか取れません。
アズレンのように分子内にπ電子を有する有機物の場合、
π電子が光を吸収してπ*状態へ励起するに必要なエネルギーに
相当する波長の光が可視光-紫外線の領域に存在するため、発色します。

具体的にアズレンの場合、化学辞典によると、
542, 558 (緑), 580 (黄), 604, 633, 662, 697 (赤) nmに
π->π*遷移に由来する吸収スペクトルを示しますので、
青色の光は吸収されません。

また吸収された光は、エネルギーのより低い電磁波、
熱となって放出されます。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング