プロが教えるわが家の防犯対策術!

オルドビス紀に植物の陸上進出があったとされるのに、シルル紀のクッソニアが最古の陸上植物と言われるのは、クッソニアが、どのような植物であるかが分かる初めての植物だからですか?
それ以前のものはどのようなも姿形であったかは分かっていない……?

A 回答 (1件)

実際にはおっしゃる通りのようです。

シリル期に車軸藻類が地上に現われるまで、地上には光合成ができるつまり植物の痕跡は無かったので、そう結論づけるしか無かったのだそうです。↓
ピーター・D・ウォード「恐竜はなぜ鳥に進化したのか」(原題:Out of Thin Air) 文春文庫、2010/10/10。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人間の精子とウニの卵子を一緒にしたら

1.人間の精子はウニの卵子に全く興味を示さない
2.人間の精子はウニの卵子に向かうが,卵子の中に入れない
3.人間の精子はウニの卵子に向かい,卵子の中に入るが,何も起こらない.
4.人間の精子はウニの卵子に,卵子の中に入り,分裂が始まるが,途中で不具合発生
5.ウニと人間のハーフが誕生する!
どれでしょうか?また,人間の卵子とウニの精子でもやはり同じでしょうか?
2以降だったら異なる種でも走化性を誘引しているわけで,おもしろいですよね.
ちなみに,他の生き物ではどうでしょうか?

Aベストアンサー

1.です。受精は精子が卵子を取り巻く糖タンパクでできた粘膜質で誘引される必要があるので、「無関心」そのもの。

Q史上最強の海洋生物はシャチでよいですか?

海洋は生物が発生した場所であり、10億年以上前から無数の生物が生まれては消え、その中には巨大生物・肉食生物も多くいたと思います。

ただ、そういった生物の中でも、現生のシャチは歯と筋肉の強さ、泳ぎの速さ(80km/h)、俊敏に動き回れる程度の大きさ(5~10m)、知能の高さといった点でトップクラスであり、絶対王者といってよい存在であり、地球上に存在したあらゆる海洋生物と比べても最強だと思えるのですが、どうでしょうか。

Aベストアンサー

シャチが現在の海の中では最強でしょう。
しかし地球の歴史のなかで最強かどうかはわかりません。

中生代にはモササウルスという18mにも達する海棲爬虫類がいました。
古生代には最強の魚類と言われるダンクルオステウスがいました。
新生代にはサメといわれるメガロドンもいます。
一対一ではシャチも苦戦するでしょうね。

モササウルス(ウィキ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%82%B5%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B9

ダンクルオステウス(ウィキ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A6%E3%82%B9

メガロドン(ウィキ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%83%AD%E3%83%89%E3%83%B3

Qkg定義改定で、日本は何をしたのですか?

キログラムの定義改定が決まったというニュースを読みました。
ニュースの中で、「日本が総合力で優れているという証しだ」というコメントが紹介されていました。
けれど、日本が何をしたのかが書かれていません。
日本は何をしたのでしょうか?

Aベストアンサー

ここに解説されてるよ

https://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2017/pr20171024/pr20171024.html

思いっきりざっくりすれば、ナノメートル単位の測定を安定的に確実に行える技術を確立した

Q青酸カリは、本当に臭わないの?

青酸カリは、本当に臭わないの?

Aベストアンサー

匂いを嗅いだら死ぬと、よく言われますが、本当にアーモンド臭しますよ。

不純物が多いと、分解しやすいのでしょう。
間違っても酸を加えたりすると、高濃度の青酸ガスが発生しますので匂いを嗅いだりすると・・・・

Q砂糖水の中の粒子は動いていますか?

中学理科で、物がとける様子で粒子のことを勉強すると思いますが、砂糖水の砂糖の粒子は動いていますか?
粒子が動きまるこのような状態を〜と呼ばれていましたが、なんだったでしょうか?
顕微鏡で、動き回る粒子を観察するみたいなものでした。
砂糖水でもそれは可能ですか?
教えてください。

Aベストアンサー

粒子が動きまるこのような状態をブラウン運動とよびます。物理的な理論付けはアインシュタイン博士がしました。
砂糖水で砂糖分子は電子顕微鏡でも見えない位小さいので見えません。

Qこの黒カビと思われるものの正体は?

是非とも正体を知りたいので知○袋にも質問していますが、回答が得られそうもありませんので、ここgooに期待しての質問です。
収穫したピーナツの5~6個に1つは殻の内側が黒くなって、実も黒くなっています。状態は添付画像のとおりです。
この黒ずみはカビによるものであるのは間違いないと思いますが、まさか発癌性の強いアフラトキシン生産カビではないですよね。本土にはアフラトキシン生産カビは存在しないとされますが、温暖化が言われる昨今、つい疑ってしまいます。
もしも、そのカビでないなら、この黒ずみは何のカビ?によるものなのでしょうか。また少しくらいは食しても大丈夫なのでしょうか。
勝手ながら、確かな経験や知識を持たれた方のみご回答ください。回答が難しいならば、何処の機関や教育施設に相談すればよいかを教えてください。例えば○○大学の農学部にはカビの専門の先生がいます、といったふうにです。
毎年のことですので、この黒ずみの正体を是非明らかにして安心?したいのです。

Aベストアンサー

♯1です。

すみません、
「この時、細菌が生えにくいように最近には効くがカビには効かない抗生物質を添加することが多いです。」
は誤植でした。
正しくは、
「この時、細菌が生えにくいように細菌には効くがカビには効かない抗生物質を添加することが多いです。」です。

>また少しくらいは食しても大丈夫なのでしょうか。

薄皮をむいた時にカビがなければそのまま食べて問題ない場合が多いです。
ただし、その際も、ゆでるなどしたほうが万一毒が混入している場合に毒素が薄まりより安全です。
保証はできませんけれど…。

Q昼の長さ、夜の長さ(時間)

素朴な疑問です。
二十四節気の中に春分・秋分、夏至・冬至などの言葉があり、昼と夜の長さが同じだとか、昼が最も長い、夜が最も長いなどと言われます。
ある日付においての、この「昼の長さ」・「夜の長さ」というものを計算式で求めることはできるのでしょうか?
そういった公式みたいなものはあるのでしょうか?
簡単な方法としては日の出と日の入りの時間の差で求めることはできますが、もう少し高度というか、天文学的に太陽と地球の位置関係から求めるような式はあるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.1です。

>是非とも複雑な式を見てみたいです。

1つの「方程式」のようなものではなく、個別にいろいろな条件を計算して、それを組合せる数値計算だと思います。
#2 さんの挙げられたサイトやソフトを使うのが現実的だと思います。

>また、そういう式がどういった考え方で出来たものなのか解説して頂ければ
尚、嬉しいです。

私にはそれだけの知識や根気がありません。
「考え方」ではなく、現実の「観測結果」の組合せだと思います。

Q時間を5分戻す液体がコップに入ってます。これをコップに使うとどうなる?

時間を5分戻すことができる液体があったとします。これを、元々何も入っていない空のコップに100cc入れて、24時間、コップに入ったまま放置しました。ちなみに、コップの内側は液体が作用せず、外側から使えば作用するものとします。

そして、この液体を、別の容器に移して(液体は作用しません)、それからすぐに元々液体が入っていたコップに液体を使った場合、コップは5分戻って液体が100cc入っていた状態になりますか?

また、もし100ccの状態で戻るのであれば、この作業を繰り返すとコップに入っていた液体は24時間を通り越していずれ空になりますか?

ちなみに、液体は対象を全体とした空間に作用するものとして、この「対象の全体」は都合よく決められるものとしてください。この場合、コップとその液体を入れる空間を、対象の全体としてしまいます。

Aベストアンサー

1番目と3番目は条件提示のみなので、無視。

2番めは、そうなります。条件がそうなるものとしています。

Qテトラエチル鉛の危険性で取扱注意になっていますが昔は有鉛ガソリンで走ってましたね。ところで、ローマ帝

テトラエチル鉛の危険性で取扱注意になっていますが昔は有鉛ガソリンで走ってましたね。ところで、ローマ帝国の滅亡は鉛依存症では?

Aベストアンサー

>ローマ帝国の滅亡
塩野七生さんの大著「ローマ人の物語」をお読み下さい。滅亡は数百年にわたる北方民族の侵入の結果です。

Q古代生物と大量絶滅について

古代生物と大量絶滅に興味をもちました。
独学で勉強したいのですが何から勉強すればいいか教えてください!

Aベストアンサー

ピーター・D・ウォード「恐竜はなぜ鳥にに進化したのか」文春文庫。文庫にしては厚くて難解、大学で化学か生物か地球を習っていないと読んでも理解できないでしょう。
著者に依れば恐竜は既に鳥の構造を持っていたから鳥になるのが自然だった、不運な一部だけが鳥になれなかった。
ですが、その話は1/10以下で、地球の酸素濃度の話しがほとんど。面白い仮説ですが、著者も「ここは議論中」という場所だらけ。


人気Q&Aランキング