今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

私が購入した本に、「有酸素運動は1日1時間以上行うことはすすめない。カラダが慣れてしまい、疲労がためっているのに気付かないケースが多いからだ。脂肪燃焼効果が低くなるし、なかにはいつのまにか骨折してる場合もある。さらにカラダを鍛えたいなら、ウエイトトレーングなどの無酸素運動で筋肉をつけることをおすすめする。」
と、書いてたんですが、実際、どんなもんでしょうか?
有酸素運動を1日1時間以上続けて、効果があった方、教えてください。
また、1時間以上続けて、逆に、脂肪燃焼効果が下がったっていう方もいらっしゃいましたら、教えてください。
今度から、有酸素運動を80分くらいに増やそうかと思ってたのですが、それでもいいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>「有酸素運動は1日1時間以上行うことはすすめない。

・・・、ウエイトトレーングなどの無酸素運動で筋肉をつけることをおすすめする。」

 これはジョギング「中毒」(^^;などに対する警告ではないかと思います。
 と申しますのも、体が運動に耐えられる強度になっていまいのに、「毎日やらないと」「長時間やらないと」という強迫観念みたいなものに囚われてしまい、痛みなどの故障がでても続けてしまう人がいるからです(痛みなどは走っていると、いわゆる脳内麻薬によって自覚症状が緩和されてしまう)。
 きちんと体のコンディションを確認し、整えて運動すれば問題ありません。
 実際には、1時間以上だからといって脂肪燃焼効果が低くなることはありません。これは、有酸素運動を長期間続けると、体がその運動に適応してうまく運動できるようになり、以前と同じペースでは単位時間当たりのカロリー消費が少なくなることと混同しているのではないかと思います。
 心拍数や息の上がり方を基準にして、楽ときついの中間あたりのペースを維持するようにすれば、効果が低下することはありません。
 もちろん80分に増やしてもかまいません。ただ、毎日そんなに時間が割けるか、他の筋トレの時間などが足りなくなってしまわないか、体に無理がこないか、などなどに注意する必要はあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんにちは!
なるほど、強迫観念ですね。まさに、今までの私にピッタリです。
肋骨骨折しながらもトレーングしてたくらいですから(^^ゞ
脂肪燃焼の効果が衰える事はないのですね。
ちょっときつめの程度でやってみるのがいいのですね。
週2回、80分のトレッドミルを行おうと思います。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2004/11/21 15:33

1日1時間以上。


週に何回か?何日置きか?
という事も関係すると思います。
私の場合は
週に3・4日、一時間で10kmのランニングをやっていて、
体脂肪は物凄くあるにも関わらず、
全く脂肪も体重も落ちない・・・
効果が現れない身体になってしまいました。
少ないエネルギーで多く動ける
燃費の良い身体になってしまうのでしょう。
しかも疲労はちゃんと残ってしまう・・・という最悪な身体。

2週間置きにプログラムを
変えてはいかがでしょうか?
1・2週目は2日置きにウォーキング1時間。
3・4週目は4日置きにウォーキング2時間。
など。
そしてやはり、無酸素(筋トレ)を取り入れる事で
身体も大きく変化する!という事もよく理解しておかなといけませんよね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

全く効果がないんですか。
停滞期なんでしょうかね?
エアロビクスにも挑戦しようと思います。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/11/21 10:23

効果的な有酸素運動の時間は、その人の心肺能力によって違います。

心臓や肺に病気がない健康な人は、やはり1時間程度が効果的ではないでょうか?
それ以上運動しても体内の乳酸菌が増えて疲れるだけです。要するに・・・1時間以上は無駄な運動ということになります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、そういう訳なんですね。
無駄な時間になるんですね。
これからは1時間程度にしようと思います。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/11/20 22:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q痩せる有酸素運動、痩せない有酸素運動

今まで有酸素運動は体脂肪燃焼に有効だと言われていたようなのですが、
最近は、有酸素運動はかえって痩せにくい体を作る傾向がある、みたいなことをこちらで読んだりします。

どういう有酸素運動を続けたら痩せにくくなるのでしょうか。
それともやはり、有酸素運動は脂肪を落とすのにかなり有効なのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おはようございます。
それをいっぱい書くのは私ですね^^
あまりに無根拠に、有酸素運動でやせやすい体のベースを作るなどという人がいますので。
あまり勉強しすぎると軽はずみなことは言えないもんですが、幸運にも私はそこまででもないので、信じていることを言わせて頂きます^^
しかし一方で、専門家の意見ではないと言うのも踏まえて、参考程度に聞いて頂けると助かります。本当に、ただの運動不足で運動音痴な暇人ですから、どう受け取るかは質問者さん次第ということで。

さて、実際には有酸素運動で本当に痩せにくくなるか否かは、まだはっきりしていないようです。代謝が落ちるというデータがある一方で、代謝が上がるというデータもあり、その有酸素運動の質や量、そしてどのぐらい長い期間続けたのかなどでも結果は逆転するものだと思われます。質問者さんが気になるように、どんな有酸素運動でそういうマイナス効果があるのかは私ももっと勉強しなければいけません。
しかし、いろんなところから引っ張ってきた一見無関係な話を結び付けていくと、シェイプアップや減量のために良いとされる、一般の人がやるジョギングやウォーキングなどの、緩やかで、かつ長時間の有酸素運動を、毎日習慣化したら痩せにくくなる、と考えられます。

体の原理をいろいろと考えると、代謝が落ちるというのは理にかなっており、少なくともやせ難くなるのが自然で、やせ易くなるような作用は考えられません。
まずホメオスタシスというのは聞いたことがあると思いますが、哺乳類の体には恒常性を保とうとする性質があります。よく、それで食事制限をしたり体重をたくさん落としたりすると、やせにくい体になるなどと言いますね。しかし恒常性ってのは本来そういうことに対して言うものではなく、例えば暑いと汗をかいて体温を下げ、寒いと体が震えて体温を上げようとするなど、生体機能全般に及ぶもので、何か変化があるとそれを戻そうとする働きが必ず起こります。長期的なものにもホメオスタシスと呼んでいいのかどうかは私は存じませんが、とにかく、なにかすればその逆の生理現象が起こるというのには、ほとんど例外はないようです。目に見えるものも、見えないものも含めて。

安静時は人の体は脂質と糖質を半々の割合で代謝しているわけですが、運動強度を上げていくにつれて代謝するエネルギーの総量が上がるだけでなく、糖質の代謝割合があがって行きます。
「緩やかで長時間の有酸素運動の習慣」が減量に良いとされる理由は、このようにあまり激しくない運動のほうが脂質の代謝割合が高いこと、激しい運動は短時間しかできないが、緩やかな有酸素運動は長時間できること、そして歩く、走る、泳ぐなどの運動は多くの方にとって特別なスキルが不要で、実行しやすい(と思われている)ことなどだと思います。

しかしながら先ほど述べたような哺乳類の生理現象を考えれば、脂肪をたくさん代謝するような変化を体に与えれば、なるべく脂肪を落とさない体になるのが自然です。常識で考えても、際限なく脂肪を落としていったら生きてられませんしね^^
また、習慣にしてその運動に慣れていくにしたがって、やはり体が慣れ、あまり脂肪をあまり使わなくなっていくという風にも考えられます。そして実際、ウォーキング・ジョギング・水泳などの強度の低い運動は、日常生活の強度と明確に分けられる差が無く、すぐ慣れるでしょう。仕事上、そういう運動と同じ動作が習慣になっている人もいます。

だいぶ古いですが、ジョギングでの脂肪代謝効果の研究で、週3日程度のジョギングがもっとも脂肪を効果的に落とし、4日、5日と増やしてもそれに見合ったように脂肪が落ちたりはしなかったという報告があります。これは、どんな頻度でジョギングするのが効率よく減量できるかという話で引用されていた話です。しかし裏を返せば、やり過ぎると脂肪が落ちにくく、非効率になることを意味していますね。
1週間単位でこのような代謝の低下があるようなら、長期的に脂肪を落としにくい体質になってもおかしくはないと考えられます。脂肪をいっぱい使う運動は、脂肪をあまり使わない体質を作るわけです。


それ以前に、有酸素運動って本当に運動と言えるのでしょうか?
仮にAさん、Bさんという例を使って説明させて頂きます。AさんBさんは体重も体脂肪率も同じで、共に基礎代謝は1500Kcalだとします。

【Aさんの場合】
毎日車通勤で、仕事もPC入力作業でほとんど座ったままで、800Kcal程度の生活強度だとします。基礎代謝と合わせるとAさんの1日の消費カロリーは2500Kcalということになりますね。
【Bさんの場合】
電車通勤なので駅まで歩きます。仕事の内容も営業なので歩くことが多く、生活強度が高い。それで1200Kcal消費していたとします。そうするとBさんが1日に消費するカロリーは2200Kcalです。

しかし2人とも自分の消費カロリーよりも多く食べていたので、肥満が気になるようになってきました。そこで減量を決意しました。Aさんは運動不足だったので、軽い食事制限と2時間ウォーキングやジョギングをするようにしました。Bさんはただ単に食事制限しました。
この2人はそれぞれ別々の方法を選んだのですが、結果的に、やってることは同じですね。

ゆるやかな有酸素運動ってのは、人が生きて生活している以上もともと為されているわけです。それを2時間程度増やして消費カロリーを上げ、食事の量を増やさなかった場合、カロリー不足です。つまり緩やかな有酸素運動≒食事制限と言えます。歩いたり走ったりしていないAさんがウォーキング・ジョギングするのと、いつも適度に歩いているBさんが極端に食事制限するのと、違いは無いです。ちなみに有酸素運動は1時間とかやり過ぎると筋肉を落としますから、その意味でも代謝は落ちます。
食事制限だけでは痩せにくくなるから、有酸素運動を取り入れようなどというのは、もともと有酸素運動をしている生き物に対して少しおかしな話です。この後、食事制限で減量して行ったBさんは代謝が落ち、停滞します。同じようにAさんも。

ただ、ジョギングやエアロビでも運動後に1時間代謝が上がったというデータはあります。しかしこれは有酸素運動だから代謝が上がったというのは間違いで、有酸素運動なのに代謝が上がったと考えるべき。
緩やかで心拍数のあまり上がらない運動=日常生活に近い運動ではそのような効果は期待できませんし、仮に少し激しかったとしても、やればやるほど体にとって激しい運動ではなくなり、代謝の向上にはストップがかかると思われます。

一方で筋トレなどのレジスタンストレーニング、つまり短時間の無酸素運動では、運動後2時間も代謝が上がったというデータがあります。しかもその負荷の内容は非常に厳密で、ただの筋トレではなく、12回連続でできる筋トレよりは6回の方がよく、休憩時間が5分よりは1分のほうが良く、というとにかくどれだけ激しいかで差が出ます。ですから、筋トレしても代謝は上がらなかったというデータももちろんあります。ただ、いろいろ読む限りでは負荷の高さが大切なようですね。
100回もできる腹筋では代謝が上がる効果などまったく報告されていない以上、もっと緩やかである30分~1時間の有酸素運動に代謝を上げる効果など求められるはずもありません。運動不足であるほど、脂質代謝が高いのです。そういう人は代謝が落ちているのはわかると思います。
普段やらないような、糖質優位の激しい運動をするからこそ、代謝が上がると考えられますね。また、糖質優位の無酸素運動をすると、筋肉がグリコーゲンを蓄えられる量が増えます。つまり食べ過ぎたゴハンが脂肪にならず、筋肉の栄養としてすぐ使われやすい状態になるわけです。

マラソン選手が細いから有酸素運動が良いなどと変なことを言う人がいますが、あまり有酸素運動しない短距離スプリンターだって、恐ろしいほど体脂肪率は低い。しかも筋肉だけが多い。
筋肉をつけるためには脂肪もつくほどオーバーカロリーが必要なので、筋肉の割合を多く、脂肪を少なくするのは簡単にはできないことです。ボディビルダーは減量と増量を繰り返して、選択的に脂肪を優先的に落とし、筋肉をつけて行きますが、見た目が大切でない短距離走者がこのような「ボディメイク」をしているとは考えにくい。単に、無酸素運動や筋トレ中心のほうが、脂肪を選択的に落としていけるということになります。マラソン選手は、脂肪が無い一方で筋肉もそれほどありませんね。

以上、長くなりましたが、
有酸素運動で効率よく減量する場合、
一般的には、まず筋トレや10分程度のインターバルトレーニング(無酸素、有酸素の繰り返し)を行い脂肪を血中に溶かし出し、そして代謝を上げた上で、有酸素運動することだと言います。質問の答えとしてはこれだけでよかったんですかね^^
ただ私個人の経験を踏まえると、そうしっかり分ける必要もなく、とにかくジョグしてウォーミングアップし、筋トレ、ジョギング、適度にダッシュ、疲れたらウォーキング、そしてジョギング、たまにダッシュ、ウォーキングで息を整え・・・合計1時間程度という感じで、自分のその時の体力に合わせて適当に有酸素と無酸素を組み合わせているだけで、普通にジョギングするよりかなり効果が高くなると思われます。
当然、食事制限どうこうではなく、減量のペースも適度な範囲にとどめ、栄養のバランスも気をつけるべきでしょう。

最終的には何事もバランスだと考えられます。カロリー、栄養バランス、有酸素運動、無酸素運動、筋トレ・・・。
そして緩やかで長時間の有酸素運動ってのは常に行っているわけですから、有酸素運動以外を重視することでバランスが取れるということになります。やるならやるで普段やらないキツい負荷を心がけるべきでしょう。そういうわけで便宜上、無酸素運動ばっかり持ち上げましたが、それにばかり注目すると、最初に言ったような体の恒常性がどのような反応を示してくるかわかりません。バランスです。
また、そういう激しい運動ってのは、ジョギングやウォーキングなどの軽い運動で体を慣らすからこそ、無理なくできるもんだというのも忘れちゃいけないですね。

で、私がなぜ専門家でもないのに、こんなに自身ありげに言うからといえば、ここで詳しい方に質問したり本やサイトで勉強する以前から、激しい運動のほうが簡単に痩せられたからです。そしてジョギングでは、そのように痩せられませんでした。気持ち良いですし、走るのは好きなのですが、あまり痩せませんし停滞もしました。そして今まで書いたような無酸素運動や筋トレを取り入れることでもっとスムーズに脂肪が落ちました。10年単位で3回ぐらい減量したことがありますが、3回ともそうでした。
やはり、実感というのは大きいです。
その一方で、ウォーキング1時間、3ヶ月もやってるのに痩せないとか言う人がいますしね。がんばってるのに可哀想になり、専門知識が無い反面、少しでも役に立てればと自由に口を挟んでおります。こまめにハイペースで走りまくったり、筋トレなど激しい運動を加えれば、30分の運動でももっと効果があるのにな~と。
ほかにも、ただ脂肪を落とすだけじゃなくて健康維持や老化防止、ケガ予防、寝たきり予防などにも、特に中高年にとって有酸素運動よりキツい筋トレが大事なんですけどね。その話は省きます。

私の話にも詳しい方から見たら無理のあるところが多数あるだろうと思いますが、専門家の話でさえウソだったりもしますから、それよりは真に受ける人が少ない分、無害です。例えばNo.1さんのように、昔の専門家が書いた本に騙されてしまっている人がたくさんいますよね。30分たたなくても、脂肪は常に燃えています。そうでもなければ、ジョギングしてない人はどんどんブクブク太るじゃないですか^^
専門家や医者など、権威のある人が言うと影響力が大きいので、ウソはさらに有害になりますね。そして、本当にお詳しい方はそのあたりのリスクを常に考えていると思いますので自説に謙虚であり、エビデンスも経験も無いことをなかなか言わないだろうと思います。
なので、いい話ほどなかなか表に出ず、自分で調べて行かないといけないと思います。

おはようございます。
それをいっぱい書くのは私ですね^^
あまりに無根拠に、有酸素運動でやせやすい体のベースを作るなどという人がいますので。
あまり勉強しすぎると軽はずみなことは言えないもんですが、幸運にも私はそこまででもないので、信じていることを言わせて頂きます^^
しかし一方で、専門家の意見ではないと言うのも踏まえて、参考程度に聞いて頂けると助かります。本当に、ただの運動不足で運動音痴な暇人ですから、どう受け取るかは質問者さん次第ということで。

さて、実際には有酸素運動...続きを読む

Q有酸素運動は週3回までの方が良いのか?

教えてgoo!でダイエットについての質問や解答を見ていたら(勉強になります。ありがとうございます)
気になるご回答を発見しました。
有酸素運動についてのご質問へのご回答なのですが

・朝食前、または夕食前の空腹時に行なう
・行なう時間は、30~40分間。
・行なう頻度は、最高で”週3回”までに留める。
(脂肪だけを特別に消費するように行う有酸素運動は、体にある程度のストレスを感じさせてしまうために、脂肪を蓄積し易いホルモンバランスになってしまうからです)
・会話が出来るくらいの強度で、楽に行なう。(220-年齢)×0.6ぐらいの心拍数)

↑の中で、
>・行なう頻度は、最高で”週3回”までに留める。
(脂肪だけを特別に消費するように行う有酸素運動は、体にある程度のストレスを感じさせてしまうために、脂肪を蓄積し易いホルモンバランスになってしまうからです)

とありますが、これは本当なのでしょうか?
何か科学的な根拠があるのでしょうか?

ご回答者様に直接メールできたら良いのですが
そうもできないので、
どなたか詳しいかたご教授ください。

よろしくお願いいたします。

教えてgoo!でダイエットについての質問や解答を見ていたら(勉強になります。ありがとうございます)
気になるご回答を発見しました。
有酸素運動についてのご質問へのご回答なのですが

・朝食前、または夕食前の空腹時に行なう
・行なう時間は、30~40分間。
・行なう頻度は、最高で”週3回”までに留める。
(脂肪だけを特別に消費するように行う有酸素運動は、体にある程度のストレスを感じさせてしまうために、脂肪を蓄積し易いホルモンバランスになってしまうからです)
・会話が出来るくらいの...続きを読む

Aベストアンサー

 全部デタラメですね。

 朝食前または夕食前の空腹時に行なっても、食事後に行っても消費するカロリーは同じで、一日を通してみれば脂肪燃焼効果にはほとんど変わりはありません。以前は空腹時のほうがよいと言われていたこともありましたが、いまは必ずしもそうではないという認識です。ただし、食事直後は消化活動が行われますので、過激な運動は避けたほうがよいとされています。

 行なう時間は30~40分間がよいというのは、根拠がありません。時間を多くかけたほうがカロリー燃焼は進みますよ。以前は脂肪燃焼に20分以上は必要と言われていましたが、いまは訂正されていて、実施した時間の分だけカロリーが消費され、脂肪燃焼に貢献します。

 有酸素運動は「行なう頻度は最高で週3回”まで」というのも根拠がありません。体力に見合った有酸素運動なら、毎日欠かさず行ったほうが、それだけ脂肪が燃焼します。それを生活習慣にしてしまい、毎日やっているのがふつうの毎日の生活にしてしまえばよろしい。有酸素運動を「特別なこと」にするのがいけません。有酸素運動を特別視することはないのです。筋肉を使い体を動かせば何でも有酸素運動になるわけで、掃除・洗濯・片付け・買い物をやればそれも有酸素運動です。

 会話が出来るくらいの強度で、楽に行なうのがもっとも有酸素運動の脂肪燃焼効果がもっとも高いというわけではありません。長い時間続けられる限り、息も絶え絶えになりながらも呼吸が続き、体に酸素を送り込める「カーディオ」領域の有酸素運動がもっとも脂肪燃焼効果が高くなります。マラソンを思い浮かべれば分かります。

 全部デタラメですね。

 朝食前または夕食前の空腹時に行なっても、食事後に行っても消費するカロリーは同じで、一日を通してみれば脂肪燃焼効果にはほとんど変わりはありません。以前は空腹時のほうがよいと言われていたこともありましたが、いまは必ずしもそうではないという認識です。ただし、食事直後は消化活動が行われますので、過激な運動は避けたほうがよいとされています。

 行なう時間は30~40分間がよいというのは、根拠がありません。時間を多くかけたほうがカロリー燃焼は進みますよ。...続きを読む

Qスポーツクラブに行き始めました。どれくらいで効果があらわれるんでしょうか?

運動不足とストレス解消、そしてダイエット(体脂肪率を減らしたいんです)の為にスポーツクラブへ通い始めた20代女です。ここ一年で、7キロ近く太ってしまい、今頃になってあせってます。

私の体型はいわゆる下半身デブで、上半身に比べ下半身は2サイズ大きくないと洋服が入らないぐらいです。

身長160cm、体重60kg、体脂肪率35% なので、下半身デブではなく単なるデブですが…下半身にばかり肉がつくんです(T_T)

スポーツクラブへは、週3回でエアロバイク・ウオーキングを各30分、筋トレ5種類を15回ずつしていくつもりです。他に週一ぐらいでエアロビクス等もしていこうと思ってます。

食事も気を付けていくつもりですが、初心者なものでよくわからないんですが、だいたいどれくらい続ければ、自分の体型が変わったな?とか体重が減ったとか感じるものでしょうか?

あと、下半身の脂肪を燃やす為に筋肉を付けたいんですが、何かいい方法があったら教えてください。(部分やせはできないことは承知の上です…)

初心者で良くわからないもので、アドバイスをぜひいただきたいです。宜しくお願いします。

運動不足とストレス解消、そしてダイエット(体脂肪率を減らしたいんです)の為にスポーツクラブへ通い始めた20代女です。ここ一年で、7キロ近く太ってしまい、今頃になってあせってます。

私の体型はいわゆる下半身デブで、上半身に比べ下半身は2サイズ大きくないと洋服が入らないぐらいです。

身長160cm、体重60kg、体脂肪率35% なので、下半身デブではなく単なるデブですが…下半身にばかり肉がつくんです(T_T)

スポーツクラブへは、週3回でエアロバイク・ウオーキングを各30分、筋トレ5種...続きを読む

Aベストアンサー

そのペースが変わらないなら、1ヶ月ぐらいで多少の効果は見られるでしょうね。ただ、通わない日が週3日有るわけですから、その時どうするかが決め手でしょうね。行かない日はだらだらだと、効果は薄くなります。行かない日も、ストレッチとかウォーキングとか多少体を動かす方が良いです。
それと、スポーツジムだと自分で適当にやることも可能なので、出来たら、最初にスタッフの指導を受けて、メニューを作成して貰うと良いです。そして1ヶ月後とかに再度見て貰って、その後のメニューを決めると効果が出やすいですよ。
おそらく有料になりますが、漫然とやるより効果が出る可能性が高いと思います。

参考までに。

Q運動し過ぎはよくない?

初めまして、ダイエットしている20代前半の女です。

最近有酸素運動(主にエアロバイク)を一日3時間くらいしていて、毎日900キロカロリーくらい消費しています。運動の時間は一度にではなく分けています。汗はかきますがそこまできつくはありません。

食事制限は、お菓子をなるべく我慢して炭水化物を少なく、位のものでいつもの8割位食べてます。それでも運動量が多くなったためなのか自分が元来よく食べるからかいつもよりおなかがすきますが、なんとか我慢して一日1200キロカロリー程度にしています。

そこで少し心配なのが、このように摂取カロリーが消費カロリーと同じ位になっても体に影響ないでしょうか?どこかで基礎代謝より接種カロリーが少ないと危険と聞きますが、私の場合運動した分を兼ね合わせると余裕で基礎代謝より低くなります。


健康には気を使っているつもりなので少し心配です。詳しい方よければ回答お願いします。

Aベストアンサー

女性で900Kcalの運動量はやりすぎではないでしょうか?
運動をすると、筋肉は脂肪とグリコーゲンを同時に燃やします。
エアロバイクのエネルギー消費比率は半々程度ですから、
900Kcalの運動では、450Kcalのグリコーゲンと450Kcalの脂肪が燃焼します。

運動が終わると、身体は筋肉のグリコーゲンを最優先で回復します。
運動後に、ブドウ糖の回復を待っている臓器は肝臓と筋肉ですが、
筋肉の吸収速度は肝臓の2.3倍も速いので、肝臓のブドウ糖を横取りしてしまいます。
そのせいで、運動をすると、お腹がすきます。

運動後にお腹がすくのは、筋肉のグリコーゲンを回復するための
身体の仕組みですから、この空腹は我慢できません。
もしも、この空腹を無理やりに我慢した場合、それは身体の仕組みの上では
絶食したのと同じことになるので、肉体的にも精神的にも悪い影響を残します。
これは身体の仕組みなので、我慢してはいけない空腹です。

添付のグラフは、私の運動中の血流と体温をグラフにしたものです。
このグラフで、私は1日に3回のジョギングをしていますが、
運動中の私の体温と血流は低下していて、運動が終わるとさらに体温と血流が低下します。

普通、軽い運動では、運動中も運動後しばらくの間も代謝が亢進するはずですが、
私の場合は、1日に3回もジョギングをしているので、かえって逆効果になっていることが、
このグラフからわかります。

以上、2つのことから、900Kcalの運動はやりすぎではないかと思いますが、
いかがでしょうか?
20才代の平均的女性の基礎代謝が1200Kcalですから、900Kcalの運動量では、
少なくとも1650Kcal以上は摂るべきだろうと思います。
それよりも、栄養バランスに注意して、栄養の無駄をなくすと空腹感の少ない、
楽しいダイエットができるように思います。

女性で900Kcalの運動量はやりすぎではないでしょうか?
運動をすると、筋肉は脂肪とグリコーゲンを同時に燃やします。
エアロバイクのエネルギー消費比率は半々程度ですから、
900Kcalの運動では、450Kcalのグリコーゲンと450Kcalの脂肪が燃焼します。

運動が終わると、身体は筋肉のグリコーゲンを最優先で回復します。
運動後に、ブドウ糖の回復を待っている臓器は肝臓と筋肉ですが、
筋肉の吸収速度は肝臓の2.3倍も速いので、肝臓のブドウ糖を横取りしてしまいます。
そのせいで、運動をすると、お腹が...続きを読む

Q1日1時間のウォーキングは効果ありますか?

1日1時間のウォーキングは効果ありますか?

自宅から地元の駅まで徒歩で30分程度かかるため、これまで通勤はバスを利用してきました。
しかし、有酸素運動がいいと聞いて、月~金まで毎日往復1時間を徒歩に切り替えてみようと思っています。

有酸素運動と言っても、走るわけではなく、あくまで普通にテクテク歩く程度ですが、これでも効果ってあるんでしょうか。

お詳しい方、ご教示いただければ幸いです。

Aベストアンサー

以前、質問者様と同じように、日常生活の中で普通に1時間ほど(30分×2)歩いてダイエットに役立てば・・・と考え実行していました。

結果としては体重は減りません。
ウエストだけはややすっきりしましたが・・・。
私の場合はかなりの運動不足でしたので、日常的に歩くことが多い方は変化があまりなさそうですね。

現在は、夜に1時間ウォーキングしています。
普通の歩き方ではなく、大股で下腹やお尻、背中に力を入れながら、かなり早く歩きます。
2週間後には、人から後姿が違う!と言われる程引き締まってきました。
ウエストは1ヶ月で5cm細くなりました。

この歩き方で2ヶ月経過しましたが、体脂肪率6%減、体重2.5kg減です。
引き締まったせいか、明らかに見た目に変化があります。

テクテク歩くぐらいだと、生活習慣病対策には効果があると思いますが、ダイエットには効果を期待しないほうが良いと思います。
せっかくですから、大股で筋肉を意識しながら、早めに歩いてみてはいかがでしょうか?

Q筋肉で体重が重くなった後、また減るのですか?

http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1435283

↑あと3キロ体重を落としたいということで質問したのですが、また疑問がわいてきたので質問します。

食事は今のままで、筋トレやヨガをして代謝を良くして痩せるという方法を考えていますが、筋肉がつくと体は重くなってしまうとのこと。その後、体重は少しずつ減っていくのでしょうか。

減量をしたい理由は、体力がないのと腰痛があるので、自分の体が重いと感じるためです(階段を昇っているときなど)もっと身軽になりたいと思います。

夜寝る前にやっている筋トレのおかげで、かなり体力はついてきているのですが、てっとり早くもう少し体重が減れば楽になると思うのです。

体脂肪より体重を減らしたい場合は、筋トレよりも有酸素運動の方が良いでしょうか。

支離滅裂な文章で申し訳ありません。どなたがアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

筋トレを始めて4~5週間目ごろに神経が発達し、パワーが飛躍的に向上します。その際は筋肥大・筋肉の増加はほとんどありません。しかし効率的な筋肉に変わりますので基礎代謝も微増します。筋トレを始めて6~8週間目ぐらいから筋肥大と筋肉の増加が始まります。大きな筋肉へと発達しますので基礎代謝も増えます。この頃から今までの(体重が維持されている)食事をしていても、自然と減ってくるようです。

筋肉を1キロ増やすのにはハードトレーニングと効率的な栄養補給を行っても男性で3ヶ月ぐらいかかります。ですので筋トレを始めて一時的に体重が増えるのは、体が水分を蓄えたり、運動により栄養吸収がよくなったりするためです。

ちなみに脂肪が1キロ燃えるのには約7000kcalのエネルギー消費が必要です。しかも運動をしても、その運動エネルギーが全て脂肪を燃やしてくれるわけではありません。一般的な有酸素運動でも多くて半分から1/3程度だと思います。一生懸命運動しても脂肪を1キロ退治するのに1ヶ月はかかります。

>てっとり早くもう少し体重が減れば楽になると思うのです。
ほとんどの方は時間をかけてじっくりとダイエットをされていますので、あせらずゆっくりダイエットしましょう。特に怪我をされているようですので決して無理をしないでください。倦怠感がある時などは完全に休養することをお勧めします。1週間ぐらい休んでもどうってことはないですから。

なお、有酸素だけで痩せると基本的に基礎代謝も減りますので、筋トレをメニューに加えているのは正解だと思います。
*知り合いに基礎代謝が1500kcalもあった人が有酸素で減量に成功したのですが、基礎代謝が1200kcalに落ちました。そこから筋トレを始めたのですが、基礎代謝がさがってるため、筋トレをしても少しの栄養しか取れなくなり(栄養を取りすぎると太るため)、効率的なトレーニングができず基礎代謝を戻すのに数年かかりました。

筋トレを始めて4~5週間目ごろに神経が発達し、パワーが飛躍的に向上します。その際は筋肥大・筋肉の増加はほとんどありません。しかし効率的な筋肉に変わりますので基礎代謝も微増します。筋トレを始めて6~8週間目ぐらいから筋肥大と筋肉の増加が始まります。大きな筋肉へと発達しますので基礎代謝も増えます。この頃から今までの(体重が維持されている)食事をしていても、自然と減ってくるようです。

筋肉を1キロ増やすのにはハードトレーニングと効率的な栄養補給を行っても男性で3ヶ月ぐらいかか...続きを読む

Q一日30分の有酸素運動で痩せますか?

一日30分ぐらいしか運動出来ないんですど、
30分程度の運動で痩せますか?
女で、今BMI22くらいです。20くらいにしたいです。

痩せた体験談などあればお願いします

Aベストアンサー

有酸素運動は20分越えた辺りからが効率が良い、って言いますよね。
しかし、動いたからには間違いなくエネルギーは消費されますから、痩せるのは間違いないです。
あとは強度と頻度、摂取カロリーとの兼ね合いです。
実際、室内での運動は30分くらいが限度ですよね。
すぐに効果を求めるではなく、気長に続けてください。

Q有酸素運動は毎日しないと脂肪燃焼効果が下がる?

「有酸素運動は毎日しないと体脂肪の燃焼効果が下がる。
1日おきにした場合の効果は90%、2日おきの場合70%、3日おきの場合50%と、
どんどん効果が落ち、1週間おきになると20%程度の効果しか得られない。」

というような情報を、下記のサイトで発見しました。

【失敗しないダイエット ~効率の良い脂肪の燃焼 「運動編」~】
http://www.hanamoku.com/diet/index1-2.html

本当でしょうか?

下記のyahoo知恵袋の内容だと、毎日でなくても燃焼効果は下がらないと
言われている方もいて、どちらもシッカリした内容なのでモヤモヤしています。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1068632285

毎日やった方がいいなら、これから毎日頑張ろうかなと考えています。
詳しい方、ぜひアドバイスお願い致します。







本当にそうなのか、

Aベストアンサー

毎日云々に関しては、毎日出来るのであれば行う、出来なければ出来る時に行うで結構です、脂肪燃焼はトレーニング直後から燃焼しますので、短い時間でも継続されてれば効果が出てきます。

毎日行うと脂肪燃焼率が高くなるとか1週間おきに行うと脂肪燃焼率が低くなるとかそういった事は御座いません。
運動をすれば運動量に比例して脂肪は燃焼されます。

継続される事が必要であり、毎日行って疲労して止めてしまえば効果は得られません、疲れてる時は休んで長期的に継続される事が必要であり効果に繋がります。

Q運動の完全休養日は必要でしょうか?

前回は沢山の有益な回答をありがとうございました。
とても参考になったし自信がつきました。
今回も今さらの素人質問ですが、よろしくお願い致します。

私は昨年9月から食事と運動で12kg減らしています。
運動はジムで筋トレと有酸素とプールで泳いでいます。自宅だとジョギングだけをやっています。

ダイエットをスタートさせた最初の頃は筋トレは別として運動は毎日しておりました。しかしながら、完全休養日を作った方がいいという情報があったので、ここ一ヶ月ぐらいの最近は週1日程度は全く運動をしない日を設定しています。

目標体重まではまだなので頑張って運動をしておりますが、こういう運動の完全休養日は本当に必要なんでしょうか?
体重や体脂肪率の変化は水分変動とかが大きいので減量の効果は全く分からないですが、確かに体は休養した方が楽な感じもします。特に筋トレ2日後を休養日にした方がいいような気がしています。

以上をまとめると、私の質問は、休養日を作った方が減量には効果があるかどうか?ということです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

以前、有酸素運動の頻度と脂肪代謝量の関係を研究した記事を読んだことがあります。被験者をランニングマシーンで30分走らせ、その間の呼気に含まれる二酸化炭素の量を測定。その数値から脂肪がどのぐらい代謝できたか割り出すわけです。

それによると、脂肪の代謝量はランニング週1回から週3回までは頻度を増やすに従って×1、×2と単純に加算されていきましたが、頻度が週4日あたりから落ち始め、運動頻度が週6日と週7日ぐらいの場合を比較すると、消費した脂肪の合計にほとんど差が無くなってきたとの事でした。
やりすぎて痩せてしまわぬように、エネルギーを節約しながら走れる体に最適化されていく人間の適応力、サバイバル能力はほんとに頼もしい限り・・・。

また頻度だけでなく、1回の運動時間も長すぎれば筋肉は分解され、脂肪は落ちにくくなります。原因については内分泌系やら代謝やらスポーツ生理学やら難しいので言及を避けますが、ともかく運動量や頻度が必ずしも脂肪の消費量には結びつかない、場合によってはマイナスにもなり得るようです。

有酸素運動は、毎日頑張ってる割には見合った成果に結びつかないとか、オフの期間は途端に太りやすくて体型が安定しないとか、多くの人が実感している事。体型を絞るのが目的なら、無駄を最小限に抑えたほうがよさそうですね。ちなみに僕の知る限り、熱血運動部だって部活が休みの日はありますよ。


筋トレは筋トレで、短期間でより大きな成果を求めれば求めるほど、1回1回の体力の消耗は大きくなります。週2日も休みを取っていてさえ徐々に体調も優れなくなっていきます。
そうすると、仮に元気なら100kgで10回できるはずのスクワットが80kg×10回が限界になったり、2セット目で集中力が途切れたりと、トレーニングの質が著しく低下します。本来の筋力を出し切れないということは、すなわち手を抜いているのと同じ。もっとまじめにやってる人と比べて筋肥大効果も脂肪分解効果も得られないことになります。今、オフを設けずに継続できているということは、適切な負荷でトレできていないのかもしれません。まだまだ効率を高めることはできると思います。


減量は進むにつれて出にくくなるものですが、効果を出し続けたいなら今後はトレーニングの質にこだわるのをお勧めします。一般的には軽い運動を長時間続けるのが脂肪燃焼に効果的と言われてますが、正しくないどころか最初に書いたように逆の場合も。
実際は強度が高いほど脂質の代謝は上がり、短期間で成果が出せるようになります。

HIITで検索してみてください。
http://www.google.co.jp/search?q=HIIT&ie=utf-8&oe=utf-8&aq=t&rls=org.mozilla:ja:official&hl=ja&client=firefox-a

僕が減量が停滞した時にとった方法は、まずジョギングや水泳を卒業し、坂ダッシュやインターバルランニングを取り入れて運動強度を上げました。そしてウェイトトレーニングを始め、頻度より質を上げる努力をしました。1回1回の強度が高いため疲れが残り、休息を取らざるを得なくなります。それでも、半年で20kgほど贅肉を削り落とす事が出来ました。ゼエゼエ言って死にそうになりますが、自分が見違えて強靭になっていくのもわかりますよ。

いずれ目標体重・体型を達成するでしょうけど、喉元過ぎれば熱さ忘れる・・・。続けなければ維持できいけないのは誰しもわかることですが、痩せたら日常生活が楽しくなって運動に興味が行かなくなります。僕も昔はそうでした。
が、自分の身体能力がまだまだ伸びていくのを知ると、痩せた後も新たな目標が見つけやすくなりますよ。

以前、有酸素運動の頻度と脂肪代謝量の関係を研究した記事を読んだことがあります。被験者をランニングマシーンで30分走らせ、その間の呼気に含まれる二酸化炭素の量を測定。その数値から脂肪がどのぐらい代謝できたか割り出すわけです。

それによると、脂肪の代謝量はランニング週1回から週3回までは頻度を増やすに従って×1、×2と単純に加算されていきましたが、頻度が週4日あたりから落ち始め、運動頻度が週6日と週7日ぐらいの場合を比較すると、消費した脂肪の合計にほとんど差が無くなってきたとの事で...続きを読む

Q内臓脂肪は落ちたが、皮下脂肪が落ちない~!(悲鳴)

こちら厄年の日本男子です。
半年前、思い立ってフィットネスを始めました。筋トレ・エアロバイクをしてます。
最初全く変化がなかったのですが、3か月して急に効果が現れ始めました。内臓脂肪がびっくりするほど落ちたんです。
ところが、皮下脂肪はいまだタプタプしてます。男子たるもの、外見にこだわらず実力をつけることに精進しなければいけないのですが、せっかくここまできたんです。できればなんとかこの皮下脂肪を落としたい。
今やってる筋トレ・エアロバイクを継続するだけで大丈夫でしょうか。ちなみに私は小学生の頃は、肥満児一歩手前でした。
すみません、どうかご回答おまちしております。

Aベストアンサー

こんにちは☆ダイエットコンサルタントのアゲハです。

Patek-pさん、がんばりましたね。
今はどんどん体が変化されるのを楽しんでいらっしゃるのでは?!

ご質問の件ですが、No2さんもお話されたように、
内臓脂肪→皮下脂肪の順番で基本的には落ちていきます。

それプラス、
内臓脂肪と皮下脂肪では落とし方が若干異なります。
内臓脂肪を落とす場合、基本的には有酸素運動
例えば20分以上のエアロバイク、ウォーキング等です。(サプリメント不使用の場合)

皮下脂肪を落とす場合、
(1) 皮下の体温を上げる
この為にフィットネスにあるお風呂などを活用し、体温を上げる

(2) 気になる部分をマッサージする
マッサージすることで皮下脂肪が遊離脂肪酸に変換され、痩せやすい状態になります

(3) 気になる部分の筋力トレーニング
たるみが出ている皮下の筋肉が少ない場合が多いので、そこの部分を鍛える。

フィットネスにはインストラクターがいると思うので、その人を捕まえて、そこの部分を鍛える筋力トレーニング法、とくに、その部分の「等尺性収縮」で行なうトレーニングを教えてもらってください。

「等尺性収縮」は筋肉の量が増えるので、やせたい質にもなるし、見た目のたるみも取ってくれます。

(4)筋力トレーニング後は有酸素運動:エアロバイクで脂肪を燃やす。

この順序、方法で筋肉を増やし、脂肪を燃やせば、痩せてしまった体になると思います。

また、成長期に体が大きい場合、脂肪細胞の数が他者よりも多く、また、脂肪細胞自体大きいので、痩せるまでに若干時間がかかったものと思われます。

でも、効果が出てきているので、続けてがんばってくださいね。

応援しています。

私のHPも痩せる特集をしていますので、時々遊びに来てくださいね☆

こんにちは☆ダイエットコンサルタントのアゲハです。

Patek-pさん、がんばりましたね。
今はどんどん体が変化されるのを楽しんでいらっしゃるのでは?!

ご質問の件ですが、No2さんもお話されたように、
内臓脂肪→皮下脂肪の順番で基本的には落ちていきます。

それプラス、
内臓脂肪と皮下脂肪では落とし方が若干異なります。
内臓脂肪を落とす場合、基本的には有酸素運動
例えば20分以上のエアロバイク、ウォーキング等です。(サプリメント不使用の場合)

皮下脂肪を落とす場合、
(1) 皮下...続きを読む


人気Q&Aランキング