外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

お教え下さい。
サラリーマンで20年(OVER)働いてきましたが、このほど個人契約の仕事をすることになりました。失業保険を受給したことはなく、今回も1ヶ月の差なく仕事が出来そうです。
この先ずっと個人で仕事したら、雇用保険は払い損だったということになりますか?
また、サラリーマン時代は20日締め25日払いだったのが個人では月末締め翌月第一営業日入金となった場合、1ヶ月未満の受給は可能なのでしょか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

雇用保険とは」に関するQ&A: 雇用保険証とは

A 回答 (2件)

 いくら公的なものであろうと「保険」とはそのような性格のものです。

雇用保険などまだいい方で、厚生年金保険など退職後60歳前に亡くなる人は1000万円近い保険料を払っていてもわずかな葬祭料のみで残りはもらえませんし、病院に行くことが少ないからと言って、健康保険の保険料が減免されるわけではありません。日本に長く住んだ外国人が退去するときもわずかな脱退一時金のみで居住者であった間に支払った国民年金保険料が戻ってくるわけではありません。

 労災はちょっと別で、重大な事故を起こせば料率が変化することがありますが、総じて、保険である限りリスクに対する出費であり、それを使わないで済んだこと自体を寿ぐべきかもしれません。支払われなかった老齢年金については国が喜ぶことにはなりますが。

 雇用保険や公的年金保険、公的健康保険は国民皆保険制度の対象です。ある意味強制加入とも言えますが、それだけに生計費の一部とされます。最低限の生活費には課税しないとする憲法の精神から、社会保険料控除として所得税の課税の対象外となっているほどで、裏を返せばそれだけ生活には必要不可欠という認識が必要かと思います。

>1ヶ月未満の受給は可能なのでしょか?

 雇用保険の求職者給付は「仕事をする能力がありながら、仕事ができない」状況にある人が受給対象となります。雇用のもとであろうが、業務委託であろうが、働いた分の給付がいつ行われるかは問題ではなく、仕事ができないという状況の公的認定が給付の判断の材料になります。一週間の失業状態の確定期間、離職理由によっては3ヶ月の待機期間などが手続き上必要になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうでした。国民皆保険制度なんですね。
個人という形態で仕事をする不安と同時に長く付き合うことになる病気も発覚したため、少しでももらえるものがあれば、、というあさましい気持ちになっていたようです。
間を置かずに働ける幸せで満足。

お礼日時:2004/12/13 11:25

20年間、勤めていた会社が倒産等の危機に遭われることがなくお幸せでしたね。



雇用保険とは積立金ではないので、払い損という言葉はあてはまらないです。

受給資格は個人契約の内容が把握できないのでアドバイスしかねます。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雇用保険の損しない方法を教えて!

今、会社を辞めることになり、有給休暇の消化中です。
なのでまだ正式退職ではありません。

でも、仕事は速く探さないといけないし、今探してもまだ在職中・・・
次すぐ探して働くことになったら、失業保険の申請する間もなく無意味になってしまうのでしょうか?
どうすることがいいいいのでしょうか?

Aベストアンサー

雇用保険の失業給付は、その加入期間に応じて支給期間が変わります。また支給期間までの待機期間は退職理由などが加味されます。
雇用保険の加入期間は、原則通算されます。ただし、空白期間が1年未満である必要はあると思いますがね。

ですので、今の会社の加入期間がすぐに消えるわけではありませんので、ご安心ください。
ただ、失業給付を受給してしまうと加入期間はリセットされます。しかし、その場合には一定要件のもとであれば、再就職祝い金が支給されることで、まったくの損にならないようになるでしょう。

失業給付の申請をし、待機期間内で就職できれば通算されることになると思います。

雇用保険は失業給付以外にも保険給付があります。失業給付だけで判断されないことですね。

ちなみに、今受給すると3カ月の支給期間であれば、次の会社で通算されることで6カ月の支給期間になるかもしれません。次の会社だけで失業給付の受給資格に満たなくても、通算されることで受給資格を満たす可能性もあります。

あくまでももしもの時の保険です。損得ではありません。仕事が見つかればできるだけは役職に就くことです。失業給付は直近の給与から支給額を算定しますが、同じだけ出るわけではありませんので、生活レベルを下げなくてはなりませんからね。

雇用保険の失業給付は、その加入期間に応じて支給期間が変わります。また支給期間までの待機期間は退職理由などが加味されます。
雇用保険の加入期間は、原則通算されます。ただし、空白期間が1年未満である必要はあると思いますがね。

ですので、今の会社の加入期間がすぐに消えるわけではありませんので、ご安心ください。
ただ、失業給付を受給してしまうと加入期間はリセットされます。しかし、その場合には一定要件のもとであれば、再就職祝い金が支給されることで、まったくの損にならないようになるでし...続きを読む

Q失業保険をもらっておいた方が得?損?

今年の3月に約7年勤めた会社を辞めました。
話し合いによる円満退社でしたが、私の意向を汲んで病気による会社都合退職という形にしていただきました。
4月~5月現在は失業保険の受給資格は病気を理由に延長しています。
6月1日よりお医者さんより就業可能のお墨付きをいただいたのでハローワークに行き就職活動を始めようと思うのですが、失業保険についていくつか悩んでいます。

・もしも就職活動がうまく行き、6月7日までの間(待機期間中)に次の就職先が決まった場合は失業保険はもらえないのでしょうか?
・待機期間を過ぎ、それでも数日~数週間で就職先が決まった際は就職祝い金(?)が貰えるのですか?
・失業保険、もしくは祝い金を貰った後に次の就職先をすぐに辞めてしまった場合はもう失業保険は貰えないのでしょうか。
・万が一失業保険を貰う手続きをしないで次の職を探した時、その次の職を辞める事になったら7年間分の失業保険は貰えないのでしょうか。

主に後半の2つの件について悩んでいます。
できるだけお金は欲しいのですが、困っているわけでもないので失業保険を貰わずにためておいた方が後々いいならそれでもいいかなと思っていますが、貰わないで就職し、その職を辞めたらリセットされてしまって手当てが貰えないのだったら今のうちに貰っておいた方がいいかなと思いますし……。
長々と質問すみません。
分かる方がいらっしゃったらお答えいただければと思います。

今年の3月に約7年勤めた会社を辞めました。
話し合いによる円満退社でしたが、私の意向を汲んで病気による会社都合退職という形にしていただきました。
4月~5月現在は失業保険の受給資格は病気を理由に延長しています。
6月1日よりお医者さんより就業可能のお墨付きをいただいたのでハローワークに行き就職活動を始めようと思うのですが、失業保険についていくつか悩んでいます。

・もしも就職活動がうまく行き、6月7日までの間(待機期間中)に次の就職先が決まった場合は失業保険はもらえないの...続きを読む

Aベストアンサー

>・もしも就職活動がうまく行き、6月7日までの間(待機期間中)に次の就職先が決まった場合は失業保険はもらえないのでしょうか?

待期期間中に就職が決まれば当然失業給付は受けられません。
ただそれは杞憂と言うものだと思いますよ。
1週間程度で職が決まる人なんて本当に一握りの人です、殆どの人はそういうつもりでも結局職が決まらず、ずるずると時間ばかりが過ぎて気が付けば手続きの期限(退職から1年)を過ぎそうになって青くなるというケースが多いですよ。

>・待機期間を過ぎ、それでも数日~数週間で就職先が決まった際は就職祝い金(?)が貰えるのですか?

再就職手当ですね。
下記をご覧下さい1~9までの要件を満たせば受給できます。

http://www.nararoudoukyoku.go.jp/02seido/03koyouhoken0106.html

>・失業保険、もしくは祝い金を貰った後に次の就職先をすぐに辞めてしまった場合はもう失業保険は貰えないのでしょうか。

再就職手当は申請書を提出後、約1ヶ月の調査期間があります。
少なくともこれ以前に退職すれば再就職手当の受給は無理でしょう。
また下記をご覧下さい。

http://dousuru.fc2web.com/3saisyuusyoku.htm

「3. 受給中に就職して、その受給期間内に再び離職した場合」の「2) 新たな受給資格を得られなかった場合」の(1) にあるように再就職しても運悪く再離職すれば、受給期間内でありなおかつ所定給付日数が残っていればその範囲で再受給することが出来ます。

>・万が一失業保険を貰う手続きをしないで次の職を探した時、その次の職を辞める事になったら7年間分の失業保険は貰えないのでしょうか。

これも上記の「2.基本手当や就業促進手当等を全く受給せずに再就職した場合」の1)にあるように離職日の翌々日から1年以内に再就職した場合、前の会社での雇用保険の加入期間を再就職先での雇用保険の加入期間が通算されます。

>・もしも就職活動がうまく行き、6月7日までの間(待機期間中)に次の就職先が決まった場合は失業保険はもらえないのでしょうか?

待期期間中に就職が決まれば当然失業給付は受けられません。
ただそれは杞憂と言うものだと思いますよ。
1週間程度で職が決まる人なんて本当に一握りの人です、殆どの人はそういうつもりでも結局職が決まらず、ずるずると時間ばかりが過ぎて気が付けば手続きの期限(退職から1年)を過ぎそうになって青くなるというケースが多いですよ。

>・待機期間を過ぎ、それでも...続きを読む

Q失業手当は、貰わない方がいい場合もありますか?

私は、昨年4月末に会社を退職しました。

 ・勤続期間:5年1ヶ月
 ・給与:手取り15万前後
 ・会社都合で退職
 ・失業手当は、貰っていない
 ・現在は専業主婦、26歳
 ・昨年5月~旦那の扶養に入り健康保険被扶養者・国民年金第3号被保険者になっている

退職する際、社内の担当者に
「失業手当は貰わず旦那の扶養に入った方が良い」と言われ、
その通りにしたのですが、これで良かったのか疑問に思っています。

その社内担当者の説明は、
私の勤務期間や給与から計算すると○○円しかもらえないから
健康保険や年金を自分で払っていくより
旦那の扶養に入った方がいいという様な内容でした。

無知でしたので、説明を聞いた時はそういうものなのか~。
と納得してしましたが、後に友人などに聞かれて
貰っていない事を言うと、会社都合で辞めたんだし
何でもらわなかったの?もったいない!
とたくさんの人に言われ続け不安になってきました。

ちなみに、同時に退職した2人に聞いたところ
4年務めた後輩も、社内担当者から、貰わない方がいい、
また就職するなら次の会社での給与の水準が下がる。等いわれて貰っていません。
20年弱務めた先輩は、そういったことは言われず貰っていて、2月まで出るそうです。

その社内担当者は信頼性がない人です。
旦那が、私を扶養に入れる申請書をその人に提出した数ヶ月後に
私が社会保険庁に電話確認すると、私は国民年金第3号になっておらず
数ヶ月の間、未納になっていると言われました。
退職後、こういったこともあったのでとても不安になりました。

もう退職して9か月経ってしまっていますし、取り返しつかないですよね?
遅いとは思いますが、実際どうするべきだったのか知りたいです。

お分かりになる方いらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

私は、昨年4月末に会社を退職しました。

 ・勤続期間:5年1ヶ月
 ・給与:手取り15万前後
 ・会社都合で退職
 ・失業手当は、貰っていない
 ・現在は専業主婦、26歳
 ・昨年5月~旦那の扶養に入り健康保険被扶養者・国民年金第3号被保険者になっている

退職する際、社内の担当者に
「失業手当は貰わず旦那の扶養に入った方が良い」と言われ、
その通りにしたのですが、これで良かったのか疑問に思っています。

その社内担当者の説明は、
私の勤務期間や給与から計算すると○○円しかもらえないか...続きを読む

Aベストアンサー

・失業給付受給の基本的なことは
 再就職を希望して職探しをするに当り、生活的な不安を少なくする為に支給される物であることです
 (本来なら再就職を希望しないなら、失業給付は受けるべきではありません)
 ・・・以上は失業給付に主旨に則った基本的なこと・・

>昨年4月末に会社を退職しました
 ・この場合の、失業給付を受給できる期間は、離職の翌日から1年間なので、今年の4月末まで
  給付所定日数は30歳未満なら120日、45歳未満なら180日です(会社都合の場合)
 ・金額は、>手取り15万前後、なら支給額は17.5万前後でしょうから、失業給付の日額は3500円前後(120日で42万位、180日で63万位:全額受給した場合の参考値、場合により給付延長で30日+になる場合もあり、その場合は+10.5万・・・金額は全て参考値です)

>実際どうするべきだったのか知りたいです
 ・再就職する気があるのなら(パート等でも)受給すればよろしかったのでは
 ・これからでも、手続きは可能です・・但し4月末日までしか受給できませんが
  (ハローワークで手続きをした日から7日間は待期期間になり、その期間は給付の対象外の為
   待期期間終了の翌日~4月末までの期間、所定の求職活動をして認定されれば支給されます)
  (これから手続きをすると、支給されるのは60日強位になるかと思います・・3ヶ月位扶養から外れる必要があるかと思われます)

・失業給付受給の基本的なことは
 再就職を希望して職探しをするに当り、生活的な不安を少なくする為に支給される物であることです
 (本来なら再就職を希望しないなら、失業給付は受けるべきではありません)
 ・・・以上は失業給付に主旨に則った基本的なこと・・

>昨年4月末に会社を退職しました
 ・この場合の、失業給付を受給できる期間は、離職の翌日から1年間なので、今年の4月末まで
  給付所定日数は30歳未満なら120日、45歳未満なら180日です(会社都合の場合)
 ・金額は、>手取り15万前...続きを読む

Q失業手当をもらわないメリットってあるんですか?

4月いっぱいで5ヶ月間働いた派遣の仕事を辞めました。業務減少による契約終了だったのですが、次に紹介をもらった仕事を断ったため自己都合になるとのことです。(条件に不満があったため断りました。自己都合退職になることについては仕方ないと諦めがついています。)
ところで今後は派遣とハローワーク、平行して仕事探しをしようと思っています。そこで失業手当をもらう手続きをしようと思ったのですが、いくつか疑問があります。

1:4月いっぱいで辞めた派遣は5ヶ月しか働いていない。雇用保険には加入していたが、手当支給には加入期間条件が満たされない。その前に働いていた派遣(別会社)では1年半加入(去年の8月まで)。この離職票を持っていけばいいのか?

2:失業手当給付の手続きをしたとして、すぐに派遣の仕事が決まったらどうなるのか?(ハローワークの就職活動で就職したら再就職手当が支給されるんですよね。)失業手当を申請したら給付されなくても加入期間はリセットされてしまう? それなら申請せずにとっておいたほうが得?

以上です。特に2のほうが気になっています。失業手当をもらわないメリットってあるんでしょうか? 雇用保険に関するネット上の情報は片っ端から読んだのですが、情報が多すぎてわからなくなってしまいました。詳しい方、どうか教えて下さい。

4月いっぱいで5ヶ月間働いた派遣の仕事を辞めました。業務減少による契約終了だったのですが、次に紹介をもらった仕事を断ったため自己都合になるとのことです。(条件に不満があったため断りました。自己都合退職になることについては仕方ないと諦めがついています。)
ところで今後は派遣とハローワーク、平行して仕事探しをしようと思っています。そこで失業手当をもらう手続きをしようと思ったのですが、いくつか疑問があります。

1:4月いっぱいで辞めた派遣は5ヶ月しか働いていない。雇用保険には...続きを読む

Aベストアンサー

>1.
 ・前回と今回の、離職票2通を通算すれば要件をクリア出来ますから、失業給付の受給は可能になります
 ・退職理由は自己都合退職ですから、給付制限の3ヶ月が付きます
 ・給付日数は90日になります
>2.
 ・ハローワークで手続後、待機期間が7日間あります
  待期期間終了後、給付制限期間の3ヶ月が始まりますが
 ・給付制限期間の最初の1ヶ月間は、ハローワークを通した就職の場合のみ再就職手当が支給されます
  (最初の1ヶ月は、ご自分で探して就職された場合は、再就職手当の対象にはなりません、2ヶ月目以降は対象になります)
>失業手当をもらわないメリットってあるんでしょうか?
 ・過去の雇用保険の加入期間が、新しい就職先の加入期間に通算されます
 ・失業給付・再就職手当等の受給を受けると、それまでの加入期間は一旦リセットされて、0になります
  (新しい就職先で、新たに加入期間が始まります)
  受給を受けないで、退職後1年以内に再就職した場合は、過去の加入期間は通算されます
  (注:退職後1年以上の間が空いて就職した場合は通算されません)

>1.
 ・前回と今回の、離職票2通を通算すれば要件をクリア出来ますから、失業給付の受給は可能になります
 ・退職理由は自己都合退職ですから、給付制限の3ヶ月が付きます
 ・給付日数は90日になります
>2.
 ・ハローワークで手続後、待機期間が7日間あります
  待期期間終了後、給付制限期間の3ヶ月が始まりますが
 ・給付制限期間の最初の1ヶ月間は、ハローワークを通した就職の場合のみ再就職手当が支給されます
  (最初の1ヶ月は、ご自分で探して就職された場合は、再就職手当の対象には...続きを読む

Q離職票は、いつ頃、渡されるものなのでしょうか

離職票は、いつ頃、渡されるものなのでしょうか
今月末で会社都合で解雇されるのですが、失業保険を申請するときに必要な離職票は、通常、いつ頃、渡されるのでしょうか。
早く申請しないと受給期間に影響してしまうようなのですが・・・。
会社の上司に聞いたのですが、本社の総務でないとわからない・・・と、はっきりしません。
どれくらい待たされたら「早く!」と催促してよろしいものなのでしょうか。
解雇で退職日がわかっているのだから、退職日に離職票を渡してくれたら、一番助かるとは思うのですが・・・。
宜しくお願いいたします。

ジャンルがわからないので、一応、雇用保険繋がりで、質問させていただきました。

Aベストアンサー

離職票は、会社が作成し、会社がハローワークへ提出することで、ハローワークが会社に対して交付することで、あなたに渡せる状態となります。
会社だけでの都合で作成できません。

未来日での手続きは出来ませんし、給与の額を記載するためには退職後でなければ退職日までの計算は出来ません。月給制で固定だとしても推測・予定ですからね。

あなたの手続き日が遅れると、受給期間には影響しませんが、受給が出来るようになる日が遅れることになるでしょうね。

会社の法律上の期限は、退職後10日以内となっています。しかし、10日で処理できる企業ばかりではないと思います。
私の前職は、税理士兼社会保険労務士事務所で、この手の手続きのプロです。私が退職したときの離職票は1ヶ月以上あとに渡されたと思いますね。良い悪いはべつとして、早く発行してくれる会社はあまり聞きませんね。

私の経営する会社では、私が手続きを行うため退職日から数日の間に手続きを行い、本人の希望に応じて郵送・手渡しを行いますね。

Q給付制限期間中にアルバイトをした場合、給付額はどうなりますか?

先日、自己都合退職をし、職安から認定を受けた者です。
給付制限期間が3ヶ月ありますが、この間、求職活動をしている間にアルバイトをした場合、3ヶ月後に給付される失業保険額はどのようになりますか?
当座の生活の為にはアルバイトをせざるを得ないので…。

御教授くださいませ。

Aベストアンサー

snakemenさん、はじめまして。

私も就職活動のため、職安に通っている者です。

回答としては、給付制限中にいくらアルバイトをしても、給付制限期間後の給付額には影響しません。

基本的に職安ではアルバイトを禁止している訳ではありませんよ。
ただ、仕事をしたら (その収入の大小に関係なく) 申告をしなさい、という事です。
(ですから、No.2 の方のご回答には、誤解があると思います。)

給付制限中は、第1回目の認定日の後は、給付制限が終わるまで認定日はありません。
ですから、給付制限終了後の最初の認定日の時に、給付制限期間中の就業状況を申告することになります。

この時に、給付制限期間が満了した日以後もアルバイトをしていると、その仕事をした日については、給付の繰り越しではなく、基本手当の替わりに 『就業手当』 として支給されることになります。
(支給要件に該当しないアルバイトの場合は、ただの繰り越しになります。)

就業手当 (or 早期就業支援金) は、基本手当日額の 30% (早期就業支援金の場合は 40%) しか支給されません。
就業手当の支給要件に該当するアルバイトでは、本人の意思に関係なく就業手当が支給されてしまいますので、意図的な繰り越しはできないようになっています。

また、そのアルバイトが継続的なものである場合、就職したと見なされ、基本手当の給付自体がストップする場合もあります。
(一般に、週20時間以上のアルバイトを 2週間以上継続していると、就職したと見なされるようです。ただし、職安によっても判断が違うようですが。)

給付制限中にまとまったアルバイトをしていた場合は、そのアルバイトが今後も継続するものかどうか、職安での審議の対象になります。
その場合は、行っていたアルバイトが終了したものであることを証明するために、『退職証明書』 の提出を求められることがあります。
退職証明書の書式は、『受給資格者のしおり』 に添付されていると思いますので、会社の担当者に書いてもらっておくといいでしょう。

なお、給付制限中のアルバイト自体が就職したと見なされた場合 (第1回目の認定日が来る前に、アルバイトを開始した場合などは、その時点で就職と見なされることがあります。) は、アルバイトを辞めた後で、再度求職申込みの手続きが必要になります。
その場合でも、給付制限は、当初の期間が満了すれば終了しますので (就職の扱いになっても、給付制限期間はそのまま進行します。)、給付制限の期間が過ぎていれば、改めて手続きをした時点から、直ぐに給付を再開できます。

snakemenさん、はじめまして。

私も就職活動のため、職安に通っている者です。

回答としては、給付制限中にいくらアルバイトをしても、給付制限期間後の給付額には影響しません。

基本的に職安ではアルバイトを禁止している訳ではありませんよ。
ただ、仕事をしたら (その収入の大小に関係なく) 申告をしなさい、という事です。
(ですから、No.2 の方のご回答には、誤解があると思います。)

給付制限中は、第1回目の認定日の後は、給付制限が終わるまで認定日はありません。
ですから、給付制...続きを読む

Q60歳定年で失業保険の受給資格について

あと、2ヶ月で60歳定年を迎える会社員です。
いままで38年あまり失業保険を支払ってきました。
60歳定年になったら失業保険の受給を受けて少しのんびりしようと思っていたのですが
先日、友人より60歳定年は失職するのが最初から分かっているのだから失業保険の受給資格は
無いのでは?と言われたのですが本当ですか?
では、59歳11ヶ月で自己都合退職と、どう?違うのでしょうか?
よろしくご教授ください。

Aベストアンサー

> 60歳定年になったら失業保険の受給を受けて少しのんびりしようと思っていたのですが
制度上、働く意思を示さない(一定期間ごとに規定回数以上の就職活動実績を示す)と給付されません。

> 先日、友人より60歳定年は失職するのが最初から分かっているのだから失業保険の受給資格は
> 無いのでは?と言われたのですが本当ですか?
それは何かの間違い。
他方も書かれて居りますが、定年退職は「会社都合」による雇用保険被保険者資格の喪失。
資格喪失後にハローワークで手続きを行い、説明会に出席し、上で少し書きましたが一定期間ごとに就職活動の実績報告を行うと、失業の認定がなされ、忍耐された日数分の給付額が後日指定口座に振り込まれます。
https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_procedure.html#jukyu

> では、59歳11ヶ月で自己都合退職と、どう?違うのでしょうか?
a 59歳11ヶ月で自己都合退職すると
 1 給付日数は150日
 2 3ヶ月間の支給制限(ハローワークで必要な手続きをした日の7日後から起算する)が課せられるので、失業等給付(所謂「失業保険」)がもらえるのは、退職日の翌日にすぐ職安で手続きしても、退職後4ヶ月目頃からとなる。だからと言って、受給可能期間[1年間]が3ヶ月若しくは4ヶ月延びるわけではないから、ハローワークへ初めて手続きをしに行く日が遅いと、貰える物も貰えなくなる。
b 60歳[誕生日]以降に会社規定による定年で退職すると。
 1 給付日数は240日
   https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_benefitdays.html
    ↑ ここで表示される最初の表で「60歳以上」と「20年以上」が
     交差するマスを見てください。
   ※会社の規定により、60歳到達日前(例えば59歳11ヶ月と20日)に
   定年退職するのであれば、330日になります。
 2 全員に課せられる「待機7日」はあるが、3ヶ月の給付制限は課せられない。
   尚、1日でも早く給付金を受け取る為には、会社経由で渡される離職票を可能な限り早いタイミング(注)で受領し、時間が許せばその足でご自身の住所地を管轄するハローワークに出向くとよいです。
   (注)方法としては
    ・手続き完了したら会社に受け取りに行く。
    ・会社の事務担当者が手続きに行く際に同行する。
    ・事前に大凡の時間を会社の事務担当者と約して手続きが完了後にハローワークで落ち合う。
 3 ご質問者様の「少しのんびりして」と言う意向のみを尊重した場合、本来は『退職日の翌日から1年以内』となっている受給期間を2年間に延長し、最初の1年間程は受給せずに預金等で好き勝手に生活する事も可能。
   http://www.1sitsugyou.com/method/teinen.htm
   http://senior.ojaru.jp/employment/basic.html

> 60歳定年になったら失業保険の受給を受けて少しのんびりしようと思っていたのですが
制度上、働く意思を示さない(一定期間ごとに規定回数以上の就職活動実績を示す)と給付されません。

> 先日、友人より60歳定年は失職するのが最初から分かっているのだから失業保険の受給資格は
> 無いのでは?と言われたのですが本当ですか?
それは何かの間違い。
他方も書かれて居りますが、定年退職は「会社都合」による雇用保険被保険者資格の喪失。
資格喪失後にハローワークで手続きを行い、説明会に出席し、上で...続きを読む

Q定年退職後の失業手当について

基本的な質問で申し訳ありませんが、過去の質問を読んで大体理解できたのですが、改めて質問させてください。

定年を迎え退職し、その後再就職の予定が無い場合、失業手当は貰えるのでしょうか?
もし貰える場合、基本手当の平均日額の算出方法は分かったのですが、その受給期間はどのくらいでしょうか?
 例えば、
退職日直前6ヶ月の賃金合計1,440,000円÷180日=8,000円(平均日額)とすると、
失業手当は何ヶ月間、いくらくらい貰えるのでしょうか?
雇用保険を払っていた期間によると思いますが、10年以上払っていたとして貰える金額の計算方法を教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今現在の定年制度は60歳以上ですので、
早期退職制度をとられていない限り60歳未満ではないと思われますがおいくつの方でしょうか。
一応60歳以上の方として回答しますね。

定年退職後、しばらく休養したいなぁ・・・ということですぐには再就職意思がない場合、
例外的に受給期間を1年から最大1年延長することが可能です。
(退職理由が「60歳以上の定年・定年再雇用後の退職の方」です。)

その場合、退職の翌日から2ヶ月以内にお住まい管轄のハローワークへいき、
受給期間の延長申請を取る必要があります。
その場合、再就職が出来るようになってから改めて受給資格を取るのに
ハローワークへいかれるのがよいと思います。
↓定年退職後の受給期間延長についてのサイト
http://www7a.biglobe.ne.jp/~tsudax99/tebiki/syakaihoken/koureisya_kyuhu.htm

次に、失業給付を受給するとしてどのくらいの期間いくらぐらいなのかということですが、
定年退職は一般受給資格者であり、受給日数は
60歳以上64歳で
被保険者期間10年以上20年未満なら120日
被保険者期間20年以上なら150日になります。
ある程度の期間をもっていますので、もちろん失業認定のため、
28日ごとにハローワークへ行って手続きをする必要があります。
また、就職活動回数によっては失業不認定になり、受給不可能になることもありますので、
何回以上就職活動すべきなのか、
何をしたら1回の就職活動とみなされるのか(PC検索や電話面接確認もみなされるのかどうか)
を説明会時にご確認ください。
確か私の時には初回の説明会時を1回と数える、PC検索は2回で1回と数えるとかだった気がします。

↓一応日数と金額についてのサイト
http://www.koyouhoken.com/kp_r_situgyou.htm
上記サイトに基づいて計算すると
日額は4716円
給付日数は120日
となります。
☆回答2番さんと異なっていますが、2番さんのは45歳以上60歳未満の方として
仮定された場合の金額になっています。
早期退職定年制度など60歳未満で退職された場合は
2番さんの金額をご参考ください。


また、65歳の誕生日の前日以降の退職日ですと、
65歳以上の退職となりますので、
その場合1年以上の被保険者期間は50日分を1時金として受け取ります。
1時金の場合は日額5186円×50日分を受け取ります。
(日額の計算は30歳未満の方と同じです。)

ただ・・・。
60歳~64歳ですと、年金受給が絡みます。
年金受給しつつ、失業給付を受給された場合失業給付の受給期間中は
年金の受給額が減額になったり一部休止になったりします。
↓年金受給しつつ、失業給付を64歳までの人が受給する際必要な書類
http://www.sia.go.jp/sinsei/nenkin/rourei/keizokukyufu.htm
↓年金と失業給付を受給するについての説明サイト
http://www.shakaihoken.org/sumikin/nenkin/rourei/situgyo.html
上記サイトにもありますが、
60歳~64歳は「ある一定期間でもって失業給付を受給する」ので
年金に影響を及ぼしますが、
65以上退職は「一時金でもって失業給付を受給する」ので
年金額に影響はありません。

今現在の定年制度は60歳以上ですので、
早期退職制度をとられていない限り60歳未満ではないと思われますがおいくつの方でしょうか。
一応60歳以上の方として回答しますね。

定年退職後、しばらく休養したいなぁ・・・ということですぐには再就職意思がない場合、
例外的に受給期間を1年から最大1年延長することが可能です。
(退職理由が「60歳以上の定年・定年再雇用後の退職の方」です。)

その場合、退職の翌日から2ヶ月以内にお住まい管轄のハローワークへいき、
受給期間の延長申請を取る必要があ...続きを読む

Q退職後にバイト。失業保険もらえますか?

これまで会社勤めしながら、副業で週末バイトをやっていました。
今回会社を自己都合で退職しましたが、バイトはそのまま継続しています。
バイトといっても週末数時間ですので月2~3万です。
そのままバイトをしながら再就職活動する予定ですが、
もし仕事が見つからなかった場合、このバイトのために3ヶ月後の失業保険がもらえないのかと
ふと思いました。
今からバイトを辞めて失業保険をもらえますか?
本当は3ヶ月無収入になるのは辛いです。
今からでも良い方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

 ちょっと説明が分かりづらかったですね。

 あくまでバイトの縛りが発生するのは申請してからです。
 申請して最初の七日は継続的なバイトをしてはいけにないことになっています。
 この七日が終わって失業手当受給開始までの期間は、月14日、週20時間を超えても構いません。この縛りが発生するのは受給開始からです。
 差し引かれるのは受給開始後のバイトです。返ってくるというか、受給期間が延びる形ですね。

 受給までの期間はバイトの縛りがないとは言え、例えば就職活動もせずに平日朝から晩までみっちり働いていたりすると失業とは認められなくなるので、手当ももらえなくなります。
 この辺の判断は各ハローワークの裁量になっていて、条件が細かく違うようですので、バイトを増やす前に一度問い合わせた方が良いでしょう。

 最初の七日はどの程度以上が継続的と見られるのか、受給までの期間はどういう条件で縛りが無くなるのか、受給期間中の差し引き分の扱いなど。
 失業手当ってあくまで救済が目的ですから、よほどのことをしない限りまったくもらえないと言うことはありませんよ(^.^)

 ちょっと説明が分かりづらかったですね。

 あくまでバイトの縛りが発生するのは申請してからです。
 申請して最初の七日は継続的なバイトをしてはいけにないことになっています。
 この七日が終わって失業手当受給開始までの期間は、月14日、週20時間を超えても構いません。この縛りが発生するのは受給開始からです。
 差し引かれるのは受給開始後のバイトです。返ってくるというか、受給期間が延びる形ですね。

 受給までの期間はバイトの縛りがないとは言え、例えば就職活動もせずに平日朝から晩ま...続きを読む

Q退職後、夫の扶養に入れないと言われました

こんにちは。既婚女性(妊娠3ヶ月)です。

私は8月31日付けで会社を退職する事にしました。
(12年間働いた上での退職です)
退職理由は妊娠・出産の為となっております。

退職の際に会社の人事の方に確認した所、私の勤めている会社は「数年前から任意継続が出来なくなった(制度が無くなった)」と言われました。
その為、退社後は「夫の扶養に入る」か「国民健康保険」「国民年金」に加入するしかない事になりました。

任意継続が出来ませんし、出産は来年3月予定なので「出産育児一時金」はもらえません。
(出産後に35万円の出産手当金はもらえます)

失業保険の受給は働く準備が出来るまで延期する予定です。(2年後くらいを考えています)

という事で、今年の9月1日からは私の収入はゼロです。

それで夫の会社の組合に9月から扶養に入れるか確認してもらった所、「奥さんの源泉徴収票を出して下さい」と言われました。
今手元にあるのは去年の収入である「18年度の源泉徴収」です。
それを見て「扶養には入れません」と言われたそうです。

来年になってまた「源泉徴収を出すように」言われた場合、19年度の源泉徴収を見せる事になりますが、19年度(今年)は8月31日まで働いたので、退職金も合わせるとちょうど130万を超えると思います。
そうなると来年も私は扶養に入れないと言われました。

私は来年は全く無職の状態なのですが・・(失業保険などの給付もまだ受けませんし)扶養に入れないのでしょうか。

「保険」も「年金」も前年度の源泉徴収を見て判断されるものなのですか?

他の方の質問を見ていると、なんだかおかしい気がします。
でも夫が会社で聞くとそう言われるらしく・・。
夫の会社の組合規則が厳しいのでしょうか。

ご回答を頂けると助かります。
宜しくお願い致します。

こんにちは。既婚女性(妊娠3ヶ月)です。

私は8月31日付けで会社を退職する事にしました。
(12年間働いた上での退職です)
退職理由は妊娠・出産の為となっております。

退職の際に会社の人事の方に確認した所、私の勤めている会社は「数年前から任意継続が出来なくなった(制度が無くなった)」と言われました。
その為、退社後は「夫の扶養に入る」か「国民健康保険」「国民年金」に加入するしかない事になりました。

任意継続が出来ませんし、出産は来年3月予定なので「出産育児一時金」...続きを読む

Aベストアンサー

扶養の認定の基準は、その組合独自で持っていますので、それが判断に優先されますが、お書きいただいた内容からは、会社の担当者が組合に尋ねていますので、どこまであなた様の事情が伝わっているかわかりません。
普通、退職してすぐ扶養にできない理由として考えられるのは、
1)失業保険をもらう
2)出産手当金、傷病手当金がもらえる
3)退職金が多い
4)その他不労所得(不動産収入、利子収入等)がある

退職していれば、その後の収入はないので、過去の収入は問われないケースが一般的です。過去に収入があっても、退職した書類(離職票等)を提出すれば、理解してもらえると思いますが、退職後の扶養申請のことだと伝わっているのでしょうか。退職前の状態(現時点)で扶養申請することを相談されれば、当然断られると思います。

決定権者は健保組合であり、会社は手続きの代行機関でしかありません。なので、直接組合に確認されることをお勧めします。
永久に入れないことはないと思います。

>退職の際に会社の人事の方に確認した所、私の勤めている会社は「数年前から任意継続が出来なくなった(制度が無くなった)」と言われました。

任意継続制度は、健康保険法上当然生きています。継続療養制度と勘違いしているのではないでしょうか。これは、あなた様の会社が間違った情報を持っていると思われます。これについても、直接貴方様が入っている健康保険(政管健保なら社会保険事務所、組合健保ならその組合)にご確認されることをお勧めします。任意継続は直接健康保険に手続きしますので、会社に関係なく直接手続きできます。

扶養の認定の基準は、その組合独自で持っていますので、それが判断に優先されますが、お書きいただいた内容からは、会社の担当者が組合に尋ねていますので、どこまであなた様の事情が伝わっているかわかりません。
普通、退職してすぐ扶養にできない理由として考えられるのは、
1)失業保険をもらう
2)出産手当金、傷病手当金がもらえる
3)退職金が多い
4)その他不労所得(不動産収入、利子収入等)がある

退職していれば、その後の収入はないので、過去の収入は問われないケースが一般的です。過去に...続きを読む


人気Q&Aランキング