獣医を目指して浪人一年生です。いろんな大学の案内や募集要項を見ていると、獣医学科の大学院は、獣医学科以外の学部の修士課程を卒業しても入れるみたいなのですが、その場合、獣医師の国家試験はうけられるのでしょうか??獣医師にはなれるのでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 


rei00 です。

 Whyallaさんの書かれている「学力がそれ相当と認められる場合(獣医相当の学力を有する者)」についてです。

 先の「獣医師法」の受験資格には,「次の各号の一に該当する者でなければ、獣医師国家試験を受けることができない。」とあり,「学校教育法に基づく大学(短期大学を除く。)において獣医学の正規の課程を修めて卒業した者」の他に,「外国の獣医学校を卒業し、又は外国で獣医師の免許を得た者であつて、獣医事審議会が前号に掲げる者と同等以上の学力及び技能を有すると認定したもの」と「獣医師国家試験予備試験に合格した者。2 前項第三号の獣医師国家試験予備試験は、外国の獣医学校を卒業し、又は外国で獣医師の免許を得た者(同項第二号に該当する者を除く。)であつて、獣医事審議会が適当と認定したものでなければ、受けることができない。」となっています。

 つまり,日本か外国かは別にして,獣医学部や獣医学科卒業者でなければ,獣医師国家試験は受けられない事になっています。

 これは,他の国家試験の場合も同じだと思いますが,大学院は研究の場であり,獣医師の知識や技術の教育の場ではないからです。つまり,大学院を修了した者は「研究者としての能力」は持っていますが,「獣医師としての知識や技術」を持っているとは限らないので,受験資格としては,それら知識や技術を修得している事(つまり,獣医学部・学科の卒業)を要求しているわけです。
 
    • good
    • 0

Whyallaさんの書かれている「学力がそれ相当と認められる場合(獣医相当の学力を有する者)」というのは、具体的には外国の獣医学校卒業者や獣医師です(よね?)。

    • good
    • 1

多学科からの獣医学科の大学院の編入では、日本の獣医師資格は原則取れないと思います。


ただし、幾つかの例外があると思います。
すなわち、学力がそれ相当と認められる場合(獣医相当の学力を有する者)、国家試験を受けることが出来るはずです。
私の大学では、外国人留学生がチャレンジしていました。ただしかなり難関です。

外国での例では、オーストラリアでは、外国で獣医相当の学力を有する者は、
試験を受け、さらに10ヶ月の実技講習を受け、パスすると獣医師の資格がもらえます。
ただし当然、試験は英語で難関です。

日本の獣医師のレベルは、諸外国と比較して決して高くありません。
また、残念な事に社会的地位も日本ではまだまだ低いです。
短い期間でも、海外で獣医の仕事が経験出来れば、きっとプラスになると思います。
受験勉強がんばってください。
    • good
    • 0

 


 「日本獣医師会」の「獣医学教育」と言うペ-ジ(↓1番目)を見ると,獣医師になる方法が書かれています。

 また,「獣医師法」(↓2番目)の第三章第十二条に,受験資格として「学校教育法に基づく大学(短期大学を除く。)において獣医学の正規の課程を修めて卒業した者」と書かれています。

 つまり,大学で獣医学の正規の課程を修めている必要があります。
 

参考URL:http://group.lin.go.jp/nichiju/about/edu.htm, http://www.normanet.ne.jp/~hourei/h186R/s240601h …
    • good
    • 0

獣医師の国家試験を受けるには、必ず獣医学科でないといけません。


他の学科を出て大学院で獣医学博士の学位を受けることはできますが、獣医師免許とは関係ありません。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q修士課程からの教員免許取得

はじめまして。
私は今春に米国の4年生大学を卒業し、来春から北海道大学の修士課程に進学を予定しているものです。
大学院では文学部に進学をしますが、そちらの研究と併行して一種の高校教員免許(英語)の取得を考えています。

大学のホームページには、修士課程でも教員免許を取得可能と記されていますが、私の場合日本の大学での学部課程の単位を全く持っておらず、実際に修士課程の2年間でどれほどの授業を取らねばいけないのかと疑問に思っております。
これと関連しまして幾つかの質問がございますので、よろしければご教授お願いします。

1)私は日本の大学での単位を全く持っていないので、教職課程への単位の変換などは全くはたらかず、修士課程の2年間で一種免許用の全59単位を履修しなければならないのでしょうか?

2)どのような授業を取らなければいけないのか目安をつけたいので、高校の一種免許状(英語)を取得するのに必要な授業科目名(例えば、「○○教授法」「○○心理学」、等)を教えていただけないでしょうか?

3)大学院文学部での修士課程がどれくらい忙しくなるのかが見当つかず、実際に専門科目の研究と併行して教職課程を修了できるのか、疑問に思っております。同じような状況の経験者の方や、その他一般的な意見・アドバイスがございましたら、どうかお聞かせください。

長文失礼しました。
ご返答よろしくお願いします。

はじめまして。
私は今春に米国の4年生大学を卒業し、来春から北海道大学の修士課程に進学を予定しているものです。
大学院では文学部に進学をしますが、そちらの研究と併行して一種の高校教員免許(英語)の取得を考えています。

大学のホームページには、修士課程でも教員免許を取得可能と記されていますが、私の場合日本の大学での学部課程の単位を全く持っておらず、実際に修士課程の2年間でどれほどの授業を取らねばいけないのかと疑問に思っております。
これと関連しまして幾つかの質問がございます...続きを読む

Aベストアンサー

教員免許を取得されるのであれば、
中学免許と高校免許をセットで取得されることをオススメします。

教員採用試験の実施都道府県によっては、中高一括募集をしているところもあり、
その場合は、中高両方の免許がないと、教員採用試験の願書を提出した時点ではじかれてしまい、受験出来ません。

また、私立の中高一貫校では、中高両方の免許がないと、採用されない場合もあります。

ちなみに、中学免許の科目と高校免許の科目はほとんど重なっています。

・中学&高校共通の科目→教職に関する科目、「英語学概論」「英米文学概論」「英語コミュニケーション」「異文化理解」
・高校免許のみの科目→「高校英語科教育法」
・中学免許のみの科目→「道徳教育論」「中学英語科教育法」「介護等体験実習(校外)」

以上の10単位程度を余分に修得するだけで、
中学免許と高校免許をセットで取得出来ます。

教育実習は、中学か高校のどちらか片方へ平日連続1か月行ってくればOKです。
中学と高校の両方に行く必要はありません。

>1)修士課程の2年間で一種免許用の全59単位を履修しなければならないのでしょうか?

教育職員免許法では、
一種免許を取得するには、59単位のほか、
「日本国憲法」2単位、「体育理論or体育実技」2単位、「英語」2単位、「情報処理」2単位、
も履修しなければならない
と定められておりますので、

全ての合計で、67単位の修得が必要です。

>2)高校の一種免許状(英語)を取得するのに必要な授業科目名

<教職に関する科目名の例>→全て必修
教職論、教育原理、教育心理学、教育行政学、
高校英語科教育法、中学英語科教育法、
教育課程論、特別活動論、教育方法研究論、
生徒指導論、進路指導論、教育相談論、
教職総合演習、教職実践演習、高校教育実習(校外)
道徳教育論→中学免許のみ必修

<教科に関する科目名の例>→中学・高校ともに20単位以上を修得すること
・英語学→英語学概論、英文法、英語史、英語教育論など
・英米文学概論→英米文学概論、英米小説、英文学史、米文学史、英詩研究、聖書の英語、シェイクスピア研究など
・英語コミュニケーション→英作文、スピーチコミュニケーション、ビジネス英語、時事英語、英語表現論など
・異文化理解→英米事情論、アメリカ文化研究、イギリス文化研究、国際関係論など

<教科または教職に関する科目名の例>→中学8単位以上・高校16単位以上を修得すること
介護等体験実習、道徳教育論(高校免許の場合、こちらの単位としてカウント)など

※教育職員免許法では、

「<教科または教職に関する科目>の単位は、
教育職員免許法施行規則に定める規定単位数を超えて修得した<教科に関する科目>や<教職に関する科目>の単位で振り替えても良い」

と定められています。

そのため、例えば、<教科に関する科目>を合計36単位以上修得することで、
<教科または教職に関する科目>の単位を満たす
といったことが可能です。

>3)実際に専門科目の研究と併行して教職課程を修了できるのか、疑問に思っております。

教員免許をお持ちでない方が、
大学院で英語1種免許を取得するには、

大学院修了に必要な大学院の科目の単位のほか、
大学院の付属大学で、1種免許の教職科目と教科に関する科目を履修しなければなりません。(教育実習や介護等体験実習も含む)

※大学院の科目は、1種免許の単位としては、原則として一切使えません。
そのため、それぞれ必要な大学院の単位と、大学の単位を、
全て別々に修得しなければなりません。

そのため、大学院の2年間で、
大学院修了に必要な32単位(修士論文を含む)と、英語1種免許取得に必要な67単位(実習も含む)、
合計99単位全てを修得出来れば、
英語1種免許を取得して、2年で卒業出来ます。

ただし、例えば、
・木曜2限に、英語免許取得に必要な、大学1年の「教職論」と、大学院1年の「英語学特論I」が重なってしまい、どちらか片方しか受けられない。
・金曜4限に、英語免許取得に必要な、大学2年の「教育心理学」と、大学3年の「教育相談論」が重なってしまい、どちらか片方しか受けられない。
といったケースが発生することがあります。

また、例えば、
月曜5限の、大学3年の「高校英語科教育法II」は、
大学2年の「高校英語科教育法I」の単位を修得済の者のみ、履修を許可する。
といった履修制限がある場合もあります。

ですから、大学院卒業に必要な単位と、英語1種免許取得に必要な全ての単位を、2年間で全て修得出来れば、
2年ですんなり卒業出来ますが、

上記のような理由で、取りきれない科目が残ってしまうと、

a)留年し、3~4年かけて、全ての単位を修得する。
b)英語免許を取得せずに大学院をいったん卒業し、
社会人として働きながら、通信制大学で不足単位を追加修得し、
英語免許を取得する。

・・・というどちらかの選択肢を選ぶことになります。

基本的に、大学の時間割は毎年変わりますので、
大学院に入学して、時間割を見てみないと、
英語免許が2年ですんなり取得できるのかどうかは、
誰にもわかりません。

教員免許を取得されるのであれば、
中学免許と高校免許をセットで取得されることをオススメします。

教員採用試験の実施都道府県によっては、中高一括募集をしているところもあり、
その場合は、中高両方の免許がないと、教員採用試験の願書を提出した時点ではじかれてしまい、受験出来ません。

また、私立の中高一貫校では、中高両方の免許がないと、採用されない場合もあります。

ちなみに、中学免許の科目と高校免許の科目はほとんど重なっています。

・中学&高校共通の科目→教職に関する科目、...続きを読む

Q総合学科のものです。GW中に意見発表会の宿題が出ています!経済の学科をとっていて、経済とか農業とか食

総合学科のものです。GW中に意見発表会の宿題が出ています!経済の学科をとっていて、経済とか農業とか食品のどれかについて書いてきてと言われています。そこで、経済が交じったテーマだったら、どんなのがよいですか?

協力お願いします!

Aベストアンサー

最も書きやすいのは中国のここ数年の輸出入データを探し、中国が第二次産業から第三次産業へどの位の速度で移行しているかを論じます。また以前国有だったものが多い巨大企業の動向を集めるのも良いと思います。さらに中国は外需中心から内需中心へ移行しつつあり、それは日本が通ってきた先進国となるには必然的な経済構造変化ですそれを追って下さい。
中国を離れて、タイ国は悲惨な状況にあると言われます、政治に安定をもたらしてきた先王御崩御は非常に不運ですが、経済全体の大問題が「先進国に落ち着く前に少子高齢化が始まった」つまり国家の財政全体が負担に耐えきれなくなった、という問題です。日本では厚労省の前の厚生省の時代徴収した年金の全部を運用せず、利用される宛ての無い厚生施設などを作った愚劣な官僚のため後期高齢者の年金を徴収しなければ無くなりました、日本は異常な国で前大戦で敗北しても、米国の対中国対ソ連政策のおかげで沖縄などに負担を掛けながら経済が破綻しませんでした、それは全体を占領されながら国民は国家経済が破綻した経験が無い事にあります、そのためマイナス金利にもかかわらず、国債が売れるという異常な状況にあます。他の国では国債の価格は大きく変動し時にはそれが原因で内閣が崩壊、大統領が辞任になるのですが、日本では日本人が全く得にならない国債を買い続けています、日本国債を持っている外国人は「趣味」程度、そのせいで大赤字を抱えながら平然としていられるのです、ですがそろそろ限界が近く、国債の償還期限を無くすとか、政府が日銀に国債を売るという禁じ手が議論されています。
経済は、悲しくも笑える学問です。

最も書きやすいのは中国のここ数年の輸出入データを探し、中国が第二次産業から第三次産業へどの位の速度で移行しているかを論じます。また以前国有だったものが多い巨大企業の動向を集めるのも良いと思います。さらに中国は外需中心から内需中心へ移行しつつあり、それは日本が通ってきた先進国となるには必然的な経済構造変化ですそれを追って下さい。
中国を離れて、タイ国は悲惨な状況にあると言われます、政治に安定をもたらしてきた先王御崩御は非常に不運ですが、経済全体の大問題が「先進国に落ち着く前に...続きを読む

Q博士課程での受験について

現在新潟の大学の院で心理学を学んでいます。修士の2年間を終えたら博士課程は東京で、と考えています。博士課程からほかの大学へ行く、というのはあまり一般的でないようですが、狭き門なのでしょうか。自分でも調べていますが、何か知っている方いましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の場合は、大学→大学院(修士)と他大学に進みましたが、事前に希望する大学院の教授にメールで連絡を取りました。また、事前に研究室に訪問すると、他大学からの受け入れの情報や試験の情報、研究室の状況など、表からはわからないような情報を得ることができると思います。

実際、「試験(面接)の際にいきなり、うちの研究室に来たいと希望を出されても、1度も話をしていないのに、『はいそうですか』と受け入れることができないよ」って教授が話していました。すべては自分自身の行動で、狭き門になるか広き門になるか変わってくると思います。

たいしたアドバイスではないので、お役に立っているかどうかわかりませんが、無事に他大学の博士課程に進学できるといいですね。
頑張ってください!!

Q「必修漏れ」の虚偽の課程表提出で学校の責任は?

高校の授業で、世界史などの必修科目漏れが問題になっています。
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200610270201.html
学校側が虚偽の課程表や成績を提出している場合もあるようですが、
教育者の行動としては問題があるように思います。
罰則などはないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>罰則などはないのでしょうか?

文書偽造罪です。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/M40/M40HO045.html#1002000000017000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
行われていない授業を履修したかの様な文章を作ったのですから、法律
違反は明らかです。
ただ、公務員(教員)が大量にかかわっておりますので、実際に法的な
罰則が科せられる可能性は低いと思います。
(降格・減給・訓告程度の処分はあると思いますが)

文部科学省の施策と、受験と言う目前の難題の狭間で行われた犯罪です
ので、情状酌量の余地はあると考えます。

>教育者の行動としては問題があるように思います。

私も教育者として非常に問題があると思います。
定められた決まりの中で行動することを教えるのが聖職者としての教員
の職務です。決められた社会規範を(他の人にバレなければ)破っても
良いと暗黙に教えるのは教員のやることではありません。
間違っている施策ならば、決められた社会規範の中で対抗すべきです。
目先の利益の為に、教育の本質を見失ってはなりません。

>罰則などはないのでしょうか?

文書偽造罪です。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/M40/M40HO045.html#1002000000017000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
行われていない授業を履修したかの様な文章を作ったのですから、法律
違反は明らかです。
ただ、公務員(教員)が大量にかかわっておりますので、実際に法的な
罰則が科せられる可能性は低いと思います。
(降格・減給・訓告程度の処分はあると思いますが)

文部科学省の施策と、受験と言う目前の難題の狭間で...続きを読む

Q専修学校高等課程卒業者に大学受験資格はあるのか否か

僕は、今年の三月に専修学校高等課程を卒業しました。
そこで質問があります。

高等課程を卒業した場合、世間で言う高卒(高等学校卒)とはいえないのでしょうか。
高等課程を卒業し、就職したとします。給料の基準は、中卒者と変わらないのでしょうか。

また、wikipediaには高等課程卒業者は専門課程へしかいけないということが書かれていたと思うのですが、それは本当でしょうか。
それとも大学によって違ったりするのでしょうか。

Aベストアンサー

 文部科学省HP内の、「大学入学資格について」をリンクします。
 (7)の項目に該当する可能性があります。学校名一覧もリンクされていますので、ご確認ください。

 なお、世間や企業の判断は、それぞれで、一律のものはありません。

参考URL:http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shikaku/07111314.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報