すみません、どなたか教えてください.問題文の概略を書きます.

P社は耐用年数3年の機械に投資します.
機械は2年目で運転コストが30、000円
   3年目で運転コストが20、000円節約でき
資本コストが14%で 現在価値が 1年目で0.88
                2年目で1.65
                3年目で2.32です.
この場合の節約した現在価値は62、900円になるそうです.

節約額の現在価値の答えをみると、
       30、000X1.65=49、500と
       20、000X(2.32-1.65)=13、400から
なるそうですが、なぜだか、わかりません.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

補足拝見いたしました。


問題が違っていたようですから、多分解決したと思いますが、老婆心ならぬ老爺心にて,蛇足ながら、説明いたします。判っているのに余計なことを申し上げることになることとでしょうがお許しください。

資本コスト14%としますと、(通常、このような計算は、投資を、0年目に行い、稼動を1年目からとして計算します。つまり、0年目が現在です。)
 1年目の節減分の現在価値は、1年目の節減分の価値1に対して、1/1.14=0.88   (これを現価率といいます。)
2年目の現価率は、1/1.14^2=0.77
3年目の現価率は、1/1.14^3=0.67
したがって、
 1年目の節約額 30,000円の現在価値は、30,000x0.88=26,400円
 2年目の節約額 30,000円の現在価値は 30,000x0.77=23,100円
 3年目の節約額 20,000円の現在価値は 20,000x0.67=13,400円
この3つを合計して、節約額の現在価値は 62,900円となります。

さて、問題の中に使われている現在価値の数字 0.88、1.65、2.32 は、各年同額を、現在価値に戻して累計した現価率を、示しています。つまり、この係数は、均等額で月賦返済する場合などの計算に使用されるものです。(この係数を何といったか忘れましたが、問題にこのあたりの詳しい定義、説明が無いこと甚だ不都合です。)
1年目の 0,88 は上の現価率の数字そのままですが、2年の 1.65、3年の 2.32 は、1年目からの累計を示しています。すなわち、
 2年目 0.88+0.77=1.65
3年目 0.88+0.77+0.67=2.32
です。
これを念頭において見れば、次のように理解できます、
回答の式の1つ目、30,000x1.65=49,500 は、30,000円、2年分の現在価値の累計です。2つ目 20,000x(2.32-1.65)=13,400 は、3年目の 20.000円 のみを、3年目の現価率を使って、現在価値に直しています。この2つの合計が 62,900円 になります。

仕事で、このような計算をしていたのは、35年以上前でしたので、用語など間違えているかも知れず、悪しからずお許しください。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました.回答を読んでいくうちにすんなり理解できました.問題文を間違って解釈してしまったようです.また、なにかありましたらよろしくお願します.

お礼日時:2001/08/06 12:44

答から考えて、ご質問の中で3行目に「機械は」に次ぎ「2年目」との間に、「1年目及び」の記述が抜けていると想像いたします。

これなら、節約した現在価値が 62,900円になります。いかがでしょうか。ご理解がいかないようなら、計算を説明いたします。補足にてご連絡ください。

この回答への補足

さっそく回答いただいてありがとうございます.調べましたところそうでした.お世話になります.

補足日時:2001/08/03 16:55
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1-0.37×(1-a)=0.9 がa=0.729....となる理由

1-0.37×(1-a)=0.9 がa=0.729....となる理由
を教えてくださいよろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

1-0.37×(1-a)=0.9

これを展開して整理すると
1-0.37+0.37a=0.9
0.63+0.37a=0.9
0.37a=0.9-0.63
0.37a=0.27
  a=0.27/0.37=0.729729…

Q高校01年数I 外接円の半径の求め方!  明日提出なんです...

a=8,b=5,C=60°の三角形ABCについて次のものを求めよ。
01,△ABCの面積S
02、cの値
03、内接円の半径r
04、外接円の半径R

↑がさっぱりわかりません…(´・_・`?)
おしえてくださーい!!(・人・;)

自分なりにやってみると
01、10√3
02、7
03、√3
04、?

明日提出なんです…
ほんとに分からないんです。

Aベストアンサー

01,02,03の回答はあってますよ!
04は、a/sinA=b/sinB=c/sinC=2R(Rは外接円の半径)の公式に当てはめます。
なので、2R=7/sin60°
よって、R=7√3/3

Q1日目は1円、2日目は2円・・・の式

こんにちは。数学にはトンチンカンな男です。先日バイトの友人が毎日倍々のお金をもらうと1ヶ月後にいくらになるか?という問題を出してきました。1日目は1円もらい2日目に2円、3日目に4円という具合です。公式があるそうなんですがさっぱり検討がつきません。ご存じの方いましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

1たす2の2乗たす2の3乗・・・となります。高校生ならばこれは,初項1,公比2の等比数列だとわかります。仮にn番目まですべて足すとします。
ここから公式です.初項A,公比Rとしますと、
A(1-Rのn乗)割る1-Rです。だから,十日まで足すとすると,nが10になります。それで、Aが1、Rが2です。すると、
1(1-2の10乗)割る1-2=(1-1024)割る(-1)=1023です。
 だから,足したい日にちをnに代入して計算すればいいです.ほかに、これではどうでしょう。1+3+9+27+・・・なんでいうのは、これも、Aが1、Rが3
nはじぶんできめてください。これでできます。
                   
                   
             
                
          

Qx[1]・x[2]・…・x[n]=1 ならば x[1] + x[2] + … + x[n] ≧ n

x[k]>0 (k=1,2,…,n)とする。

このとき、
x[1]・x[2]・…・x[n]=1 ならば x[1] + x[2] + … + x[n] ≧ n

と予想しましたが、証明できるのでしょうか?

また、
x[1] + x[2] + … + x[n] = 1 とすると、x[1]・x[2]・…・x[n] に関する何らかの不等式はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

そのまま相加相乗平均ですね。

( x[1] + x[2] + … + x[n])/n≧(x[1]・x[2]・…・x[n])^(1/n)=1
x[1] + x[2] + … + x[n]≧n

反対も同じです。

1/n≧(x[1]・x[2]・…・x[n])^(1/n)
x[1]・x[2]・…・x[n]≦(1/n)^n

Q(aのx乗−3)(aのx乗+8)の計算方法は、 =a^x × a^x − 3a^x + 8a^x +

(aのx乗−3)(aのx乗+8)の計算方法は、

=a^x × a^x − 3a^x + 8a^x +(−3)8

=a^x^2 + 5a^x −24

であっていますか?

Aベストアンサー

(a˟)ⁿ=a˟ⁿ=aⁿ˟ [ 例:a³˙²=a²˙³=a⁶ ]

このまま展開しても良いけどa˟=yとでも置けば
(y-3)(y+8))=y²+5y-24

y=a˟に戻すと
(a˟)²+5a˟-24

(a˟)²=a˟²=a²˟

∴a²˟+5a˟-24


人気Q&Aランキング

おすすめ情報