ちょっと変わったマニアな作品が集結

将来、TPPの影響で日本にはニュージーランド産の牛乳が大量に輸入されると聞きました。
しかし、ニュージーランドから日本までは距離が約一万キロ近くあります。
濃縮還元出来ない牛乳を一万キロも輸送していては膨大な時間と輸送費が必要になり、実現は不可能かと思うのですが、この辺りどうなると思いますか?

A 回答 (4件)

国内ではJA全農が価格と供給量をコントロールしており、その影響で乳製品の製造に問題があり、バター不足などが起こっています。

原乳の自主流通を行っている事業者や生産者もいますが、JAと農水省や自治体によって陰に日向に妨害が行われています。
それに比べれば、乳製品の形でニュージーランドから輸入すれば十分価格競争力があります。
    • good
    • 0

日本の食品表示で牛乳と名乗れるは、成分無調整の生乳だけ。


要するに、自由化されるのは乳製品です。

牛肉と乳製品のTPP合意内容は、関税を38.5%⇒16年掛けて9%に
セーフガードを設け、輸入枠を超えると税率の引き上げ
など、国内供給に影響がない範囲での合意内容です。
    • good
    • 0

生乳は無理でしょう。

牧場から工場まで基本はトラック輸送、北海道から本州へはRO-RO船(トレーラーを運ぶ専用線)使い3日以内に運ぶそうです。

TPPで増えるのは加工品です。今だって粉乳やバター・チーズといった製品の形で入ってきています。
    • good
    • 0

ニュージーランドから原乳その者を日本に輸送していたら、直に腐り使い物にならないでしよう。


原乳を全脂粉乳(固形)袋詰めにして、コンテナーに積み込まれて日本に送られてきます。
コンテナー輸送です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング