「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

給与所得の源泉徴収票の見方についてよろしくお願いします。支払い金額298万 給与所得控除後の金額198万
所得控除の額の合計額130万 源泉徴収税額30900円
社会保険料等の金額50万 生命保険料の控除額 41080円
新生命保険料1080 介護医療料の金額84524

なのですが還付金の計算を教えてもらえないでしょうか。よろしくお願い致します

A 回答 (2件)

あなたの「給与収入298万円」に対する、正しい所得税は「源泉徴収税額30900円」です。


この金額は、毎月の給与等から引かれていた、源泉所得税(1月から11月(年末手当も含む)と今月で調整された金額)を清算した結果が、30900円となります。
つまり、今年1年間の給与等の明細書の、源泉所得税を12月分の給与以外の全てを足して、30900円との差額が還付か追納かのいずれかになる筈です。
書かれた金額からすると、恐らくは配偶者がいると思いますけど。(税扶養の対象となる人が1人いる筈です)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2019/12/20 06:01

源泉徴収票では、分かりません。


源泉徴収票は、年末調整した結果が記載されているだけです。
源泉徴収税額の30,900円
が、年間の所得に対して課税される所得税です。

今年1~12月までの、給与・賞与明細から
引かれている、所得税の合計が
30,900円より多ければ、その分還付され、
30,900円より少なければ、その分さらに徴収される
わけです。

ご質問に提示いただいた金額が想定すると、
扶養家族が1人いることが推測されるので、
毎月の給与から引かれる所得税が、
3,500円程度あり、
年間で源泉徴収された金額は、
ざっと4.2万弱。
年末調整で
30,900円となったので、
還付額1万円ちょっとではないかと
想像できます。

但し、今年、結婚したとか、
扶養家族が、減った増えた
といった変動があると、
全く計算は合わなくなります。

明細を添付します。
左下の赤字が還付額です。

いかがでしょう?
「給与所得の源泉徴収票の見方についてよろし」の回答画像1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

明細付きで詳しく教えて頂いてありがとうございます!助かりました。

お礼日時:2019/12/19 19:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング