ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

修正資本主義と社会主義、どちらが富裕層は嫌がりますか?

A 回答 (2件)

そりゃ社会主義ですよ。



ソ連や中国で社会主義革命が興たとき、
富裕層は殺され、あるいは国外に逃亡
しました。

国外に逃亡したのが、ソ連では白ロシア
と言われる人々です。

修正資本主義は、寄付を強要されるとか、
累進課税を課される、といった程度です。

全財産や命まで奪われてしまう社会主義とは
比べものになりません。
    • good
    • 0

社会主義です。

徹頭徹尾、官製管理経済だからです。個人の資本で商売が許されないからです。そもそも私有財産が認められないので、金持ちは、国家から没収されないように、海外に財産を隠す必要があります。一方、修正社会主義は、日本の経済です。市場経済を行いつつ、不況の際には財政出動したり、経済格差をなくすときは、累進課税制度=金持の税率を高め、貧困層の税率を下げたり、免除したり、福祉サービスで生活を豊かさへと補ったりする、機会の平等ばかりでなく、結果の平等にも、行政が力をいれる管理経済です。どちらかといえば富裕層は社会主義を嫌い、修正社会主義を選ぶでしょうね。社会主義の歴史的事例で言えば、かつてのソ連、あるいは現在の中国です。修正社会主義は、日本が典型的事例です。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング