kw乳酸菌が、アレルギー予防(アトピー性皮膚炎)に、いいとききました。
キリンビバレッジのノアレ(タブレット)を勧められましたが効果は、どのようなものでしょうか。
 カルピス社、L-92乳酸菌の花粉症、アレルギー性鼻炎の臨床効果は実証されているそうですが、これらで、体質改善は、望めますでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

乳酸菌の効能は2つあります。


乳酸菌が腸内で増え、腐敗菌やカンジダ菌などの活動を妨げること、ある種の乳酸菌の構造成分が、腸管の免疫系を刺激することです。

どちらもアレルギー症状に効果があります。
ただ、乳酸菌でアレルギーが治るとは考えられません。ある程度の、或いは多少の、効果があると考えたほうが良いでしょう。

アレルギーを改善する可能性のあるものは、オリーブ油、魚油、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、グルタミン、グルタチオン、消化酵素、乳酸菌、ビフィーズ菌、にんにく、人参ジュース、高麗人参、軽い運動、ストレス緩和、などです。

反対に悪化させる可能性のあるものは、栄養不足、消化不良、砂糖を含む菓子や清涼飲料のとりすぎ、カンジダ菌、リノール酸、リノール酸を加熱してできる油などです。
前者を増やし、後者を減らすのが体質改善につながります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました。やはり多少の効果なのですね。ドラックストアにいき、乳酸菌と、ビール酵母でどちらにしようか迷い、結局、かわずに、飲むヨーグルトだけ買って帰ってきました。酵母は、料理に使い、熱が加わってもビタミンは、有効なのでしょうか。
 これまで、しそ油、十二雑穀などを試しましたが、すぐに効くというものでは、ありませんでした。グルタチオンは、初めて効きました。これから調べてみようと思います。また、お聞きするかもしれませんが、よろしくお願いいたします。わかりやすいお答え、本当にありがとうございました。

お礼日時:2004/12/30 18:22

私自身アトピーなので非常に興味のあることですね。



たしかに腸内細菌のバランスが体質に大きく関係していると言うことは聞いたことがあります。今、ためしてガッテンで以前放送されていたものを思い出したので下記HPで確認してみてください。可能性がありそうです。

私自身、この放送を見てカスピ海ヨーグルトを山ほど食べていたら少しアトピーの症状が落ち着きました。しかし、肌の手入れをして『掻かない・気にしない』と言うのが一番効果がありました。何かに集中すること(自分の趣味など苦痛でないもの)でかゆみが気にならなくなりますよ。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2003q3/20030 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q乳酸菌と乳酸菌飲料について

乳酸菌飲料の多くが、乳製品だと思うのです。

多くの会社が出している乳酸菌飲料(食品)で利用されているような、乳酸菌って水の中ででも生きられるのですか??

すごく、変な質問で申し訳ないのですが、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

酸素は無くても生きられます、が。栄養(グルコース)が無いと菌は乳酸を生産することができず、その過程で生じるエネルギーも得られません。なので水中でも生きられるかもしれませんが、生き続けることはできないと思われます

Qカルピスやヤクルトなど、乳酸菌ジュースについて

カルピスやヤクルトなどのジュースに含まれる安定剤は何でしょうか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

問合せてみたらいかがでしょう。
http://www.fujioil.co.jp/fujioil/product/soy_index5.html

Q乳酸菌の効果

乳酸菌・乳酸菌シロタ株などの効能がいろいろ、言われていますが、
製品になるときの処理(熱など・・・)で、菌は死滅しているので効果は
ほとんどないという人がいますが、どうなのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

乳酸菌、ビフィズス菌などの効果というのは生きて腸に届くからあるのではなく、菌が分泌する代謝物や菌体成分に効果があるとされています。菌が生きて腸に届けば、腸の中で活動して代謝物を増やすので、もちろん効果が期待できます。しかし、ヨーグルトやサプリなどで口から入れる菌類はそのままずっと腸に生息するわけではありません。1~2日もすると大体死ぬとか、便として体外に排泄されてしまいます。特保のヨーグルト、サプリ、乳酸菌製剤などには毎日摂取するように書かれているのはそのためです。

乳酸菌の働きに関して書かれたある製薬会社のサイトです。

http://www.daiwa-pharm.com/info/mitsuoka/6459/

というわけで、敢えて殺菌して菌体成分や菌の代謝物を濃縮し、より高い効果を期待したサプリもあります。生菌と死菌のメリット・デメリットを説明したあるサプリメーカーのサイトです。

http://cogconcept.jp/?tid=2&mode=f6

Q乳酸菌をとりすぎると逆効果?

お腹がすぐに張ってしまうので乳酸菌を摂るためにヨーグルトを毎日朝晩食べてます。
ただ、買う場所がいつも違うのでヨーグルトの種類も毎回変わってしまいます。そのためか、最近は余計お腹が張ってしまっている気がします。あと、たまにビオフェルミンも飲んでいます。漬物などの発酵食品もよく食べます。ちなみに食物繊維も毎日欠かさずたべます。
人と比べると乳酸菌の摂取量はだいぶ多いと思います。でもお腹の張りが以前より増しています。やはり乳酸菌の過剰摂取が原因でしょうか。何かアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは!

 腸内細菌は、好気性菌(酸素を必要とする乳酸菌・・・)と嫌気性菌(酸素を必要としない大腸菌・・・)が存在し、健全にバランスしている状態がベストとされます。 

 このバランスが確保されていれば、有害な菌が腸に入ってきても、これらの健全な腸内細菌が存在するため繁殖することができず、体外へ排出されます。

 ところが、過食により消化不良がおきると、腸内で食物が腐敗し、大腸菌が増えることにより、この腸内バランスが崩れ、いろいろな問題が生じます。また、乳酸菌が増えても、同じようにバランスが崩れます。

 本来、少食することにより、自然に腸内細菌はバランスしていくのですが・・・。

 ちなみに、食物繊維を摂取すればよいというわけでもないようです!
 食物繊維は、主として嫌気性菌(大腸菌)によって分解され、酢酸、酪酸などの短鎖脂肪酸となって吸収されますが、やはり食物繊維が多いと、腸内細菌のバランスが崩れます。

 食物繊維を多く食べると、多くのガスが発生し、お腹が張ります。また消化不良の食物が腸に到達すると、大腸菌の餌となり、大量の有害ガスを発生し、大腸癌等の原因ともなるとされています。

 なにごとも適度にバランスよく!(^^;

 

 こんにちは!

 腸内細菌は、好気性菌(酸素を必要とする乳酸菌・・・)と嫌気性菌(酸素を必要としない大腸菌・・・)が存在し、健全にバランスしている状態がベストとされます。 

 このバランスが確保されていれば、有害な菌が腸に入ってきても、これらの健全な腸内細菌が存在するため繁殖することができず、体外へ排出されます。

 ところが、過食により消化不良がおきると、腸内で食物が腐敗し、大腸菌が増えることにより、この腸内バランスが崩れ、いろいろな問題が生じます。また、乳酸菌が増...続きを読む

Q納豆菌 乳酸菌 加熱OK?

キムチを加熱すると身体に良い菌が死滅すると聞き、それでは納豆は?と気になっています。

ネットで調べてみたのですが、納豆は100度くらいなら大丈夫というものも加熱は避けるべきというものもありました。お味噌汁に入れるくらいなら問題ないのでしょうか?

キムチや納豆のように身体に良い菌があるもので、加熱しないほうがいい食品が他にもあったら教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

納豆菌は熱に強い胞子というものを形成しますので、100℃で数分間加熱しても生存が可能です。
そのため、一般的な乳酸菌よりは、腸まで届きやすいと考えれています。
しかし、納豆には血栓を溶かすナットウキナ―ゼなどの酵素が含まれており、これは、加熱すると失活し働かなくなってしまいます。
そのため、納豆は加熱せずに食べた方がいいかと思います。

>身体に良い菌
腸内環境を整える菌のことをプロバイオティクスといいますが、代表的なのは乳酸菌ですね。腸まで届くのはわずかで、ほとんどが腸に定着せず短期間で流れてしまいます。しかし、継続的に摂取しつづければ、腸内の悪玉菌の生育を抑制できると思います。
これを含んだ代表的な食品は納豆、ヨーグルト、漬物などの普通なら加熱しない発酵食品だと思います。


参考までに

納豆について
http://finedays.org/natto/index.html

プロバイオティクス
http://homepage3.nifty.com/probiotics/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報