現代の新卒者の資格習得率はどれくらいなのでしょうか資格をもっていると有利といいますが、もう何年も前から言われ続けていますよね?就職活動をする若者のほとんどが有資格者だとすると、この説は崩れるのではないでしょうか。

 此処数年の新卒者の有資格者と無資格者の割合、有資格者ならどのような資格が多いか。

 また、ひとつの分野に絞った違う資格をいくつかもっているのと、とりやすい簡単な資格を多岐にわたってもっているのとでは、どちらがいいのでしょうか。ただし就職活動をするさいに特にどうしてもこの分野の仕事がしたいというものがないものとします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私の知り合いで色々な分野にわたって資格を持っている人がいますが、(旅行取り扱い主任者、英語検定、日本語講師、秘書検定、ワープロ、TOEIC)会社、希望ポジションによって資格に入れる入れないをわけています。

今秘書なので旅行…は入れないと思います。全部載せると飽きやすい人間とか、資格さえとっておけばいいやと考えている=何も考えてない人間、と思われる可能性があるからです。必要だと自分で痛感すること(英語、パソコン、その他は何か学びたいことがある場合の専門的なもの)の資格を取り、やみくもに取らない方が印象はいいのでは?と思います。
    • good
    • 0

新卒者の資格所得率に関しては資料を持ちあわせていないのでわかりませんが、いわゆる超一流大学卒なら資格は何も要りません。

しかし、奪るなら文理系問わず英検2級以上(日常会話ができれば尚可)は持ってた方がよいでしょう。
    • good
    • 0

タイトルをつけて、もう一度投稿されることをお勧めします。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング