システムメンテナンスのお知らせ

最近まで隣国アゼルバイジャンと戦争していたアルメニアですが、今月になってロシアのプーチン大統領の調停のもとアゼルバイジャンと和平交渉しましたが、パシニャン首相は自国民の意見も聞かず勝手にアルメニアにとって不利な条件で停戦合意したため、アルメニア国民はパシニャン首相に対し激しく怒っています。
アルメニア国民はパシニャン首相に対しどーすべきでしょーか?
国家反逆罪にて死刑にすべきでしょーか?

gooドクター

A 回答 (1件)

>アルメニア国民はパシニャン首相に対しどーすべきでしょーか?


終戦協定を有利に進めれるよう応援し、可能であればアゼルバイジャンと国交を結び、経済的な結びつきを強くする。加えて、将来的にアゼル側の占領地にある元住民の財産の引き揚げ、及び少額の賠償金でも取れるなら更に良い。

>国家反逆罪にて死刑にすべきでしょーか?
いいえ。
それを行ったら、ロシアの直轄地となって民族派は殲滅されて、次の戦争の種すら存在しなくなるので、次の戦争の為に経済の立て直しや難民問題の解決を行うべきでしょう。

アゼルバイジャン側は、アルメニアからロシア軍が撤退する状況を願っているので(アルメニアが消滅すれば、将来の憂いがなくなる)、わざわざ敵に塩を送る必要はないかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2020/11/17 19:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング