人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

特攻の父、大西中将の「(特攻は)統率の外道」という言葉の意味をおしえてください。大西中将は何を言おうとしていたのですか。
私は特攻にかける大西中将の狂気のようなものを感じるのですが。

A 回答 (6件)

命令する者が。

絶対死んで来い

なんて命令できるわけが無い

それをあえてさせる訳だから

上官にあらず

五十六が特潜で許可したのは生還できる方法が

確保されたから

それまでは絶対に許可しなかった。

特攻の父も間違っている

マバラカットに着任する前彼は軍需省にいた

すでに特攻は決定 源田実が決定したとも言われる
    • good
    • 0

大西中将は、所詮中将でしかありません。


軍人ですから、上官の命令に従うのみです。たとえ自分がアメリカとの開戦や中国との戦争の拡大について反対であろうと、決定権があるわけでもありません。
自分が、講和を望んだとしても、決定権はありません。 
そうなるように望むのみです。
軍人である以上「統率の外道」という言葉を、上官に対しても、下に対しても使えません。自分に言うしかありません。
どんなに自分が国と国民を守ろうとしても、軍人である以上命令に従うのみです。
しかも、自分が航空戦術のプロであるにもかかわらず、そういう戦術を取らざるを得ないのは、屈辱以外の何物でもないです。
そういう思いは、上には伝わらないみたいです。
狂気であれば、自ら「統率の外道」とは言いません。
    • good
    • 0

日本の不幸は第2次世界大戦まで敗戦という事を知らないか知らされていなかった事です。


従って皇軍不敗の信念を持つ軍部は戦争終結の仕方を知らず、戦い続けるしかなかつたのです。
航空攻撃で爆弾や魚雷を命中させるには高度の技術と運が必要で、成功率は低いものです。
従って陸戦での肉薄攻撃のように肉薄して自爆攻撃する手段を航空攻撃にも応用しようとしました。
これなら人間が最後まで目標をとらえて操縦するので命中率は高いと考えたのです。
ところが当時は既にベテランパイロットの損耗甚だしく、訓練も不足で水平飛行や緩降下飛行がやっとで、目標に接近中に撃墜される事が多く実際の成功率は数%位だったといいます。
大西中将はそれらを知りながら、なお特攻攻撃しか手段がなかつた当時の指揮官としてその空しさを表現したものでしょう。
    • good
    • 0

 大西が初の航空特攻の命令を下した人物であり、「統率の外道」は自らが舵を切ったとも言える戦術の特攻への傾注(彼自身戦争末期にはとんでも無い特攻計画を推進しようとしてしまうわけですが)に対する大西の作戦と自身に対する評価と解しています。



 ここで、「外道」という言葉を調べると
(1)〔仏〕 仏教以外の思想・宗教。また、その信者。特に、釈迦の同時代に存在した教説をさす。六師外道や九十五種外道など。
⇔一道(4)
⇔内道
(2)真理に反した説。また、それを説く人。邪道。
(3)人に災厄をもたらすもの。悪魔。また、邪悪の相を表した仮面など。
「金毘羅童子と作て、―諸魔を調伏し/読本・弓張月(拾遺)」
(4)人をののしる言葉。
「悪魔―め、人の陰徳のさまたげをして/滑稽本・七偏人」
とあります。まちがった方法という意味の他に、仏教用語から「悪魔」といった意味が付加されていることがお判り頂けると思います。
 ただ、まちがっているばかりではなく、「使用者もゆくゆくは地獄に堕ちる」といった言外の悔悟もあるのではないでしょうか
    • good
    • 0

No1です。



後々詳しい説明くるかなぁと思っていたのですが、ないので追記します。

統率の外道 で検索すると色々でてきますが、自分の作戦を非難した言葉ですね。特攻を推し進めた人も、これでいいのかと悩んだわけですね。責任を取って割腹だそうですから。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~k_yasuto/2_keii/touj …
    • good
    • 1

狂気じゃなくて、狂気を承知の上という意味。

だめな戦略という意味ではないでしょうか。
兵を統率して戦う意味は、いかにこちらの損害をなくすかですが、特攻は完全な消耗戦と自殺ですから。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカーチス・ルメイ少将が受勲した理由

太平洋戦争末期に米軍が実施した東京大空襲の責任者カーチス・ルメイ少将に、何故勲一等旭日章が授与されたのでしょうか。航空自衛隊の育成に貢献したとの理由だけではないような気がします。

Aベストアンサー

この事実は、今でも「米国で笑い話」になっています。
昔も今も、米国の機嫌を取りたかったのでしようね。

東京大空襲・広島長崎原爆投下は、無差別攻撃・虐殺として国際法違反なんです。
ところが、当時の日本政府は「謝罪・賠償を放棄する」事を決定。
この決定を米政府に伝えたところ「証明が欲しい」と命令されたようです。
米政府も、国際法違反を認識していたのでしようね。
そこで、当時の責任者に「勲章」を与えたのです。
米国では「原爆投下は、日本を救った」との確定した認識があります。
この認識を「日本も認めた」事になっているのです。
一般市民を無差別攻撃で虐殺した本人に「勲章」を与えているのですから。
「今度は、広島・長崎に原爆を投下したB29乗組員に勲章」という笑い話もあります。

中国から「女(秘書)と金」を受け取った故総理大臣。
温家宝首相来日で、300億円支払いを密約した○○党議員。
国民の生活よりも、議員本人の生活・名誉を優先する政治家が多いのです。


人気Q&Aランキング