大変初歩的な質問で申し訳ございません・・・
初心にかえるの「かえる」という漢字は
「返る」「帰る」のどちらが正しいのでしょうか?
どなたか教えてください!!

A 回答 (8件)

両方とも正しいと思います。

わたしが職業柄、参考にしている「記者ハンドブック」では、「初心に返る」「初心に帰る」両方の表記が載っています。こういう場合、ひらがなで書くことが多いですね。実際、ある辞書では「初心にかえる」とひらがな表記されています。
「帰る」はおもに人が主体の場合、「返る」はおもに物事に使うのですが、「初心にかえる」はどちらとも言い切れない意味合いが強いからではないでしょうか?
    • good
    • 3
この回答へのお礼

Pingaさん、ありがとうございました。
私は「返る」だと思っていたのですが、IMEで変換すると
「帰る」と出ていたので、混乱してしまったんです。
一応、両方とも表記があるんですね。
ちなみに「記者ハンドブック」というのは、本屋さんで販売されているものなのでしょうか?

お礼日時:2001/08/22 16:09

お礼を読ませていただきました。


「記者ハンドブック」は共同通信社が発行していて、大きな書店なら置いていると思います。ネット書店でも販売しているところがありますよ(たとえば↓こんなところ)。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4764104 …
あと、直販もしているようです。
http://www.kyodo.co.jp/cgi-bin/isbn.cgi?isbn=ISB …
最新のは第9版ですが、わたしが持っているのは第8版です。

参考URL:http://www.kyodo.co.jp/cgi-bin/isbn.cgi?isbn=ISB …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

Pingaさん、早速のご回答ありがとうございました!!
ぜひ、購入して日々文章を書く際に利用しようと思います。
ご丁寧に有難うございました!

お礼日時:2001/08/22 17:12

「初心に返る」が正しいでしょう。

辞書にもそう書いてありますし。

「帰る」を使うのは、本来居た場所に戻るときですね。
移動を表すといいますか...

他に「還る」というのもありますが、あまり使われないようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Methylnさん、ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/22 16:10

同源の言葉ですが、意味的に「返る」の方が適切だと思います。


「帰る」は不適切だと思います。

ただ、「初心にかえる」のほうがより適切だと思いますが、どうでしょう?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

sightさん、ありがとうございました。確かに、ひらがなが無難ですね。

お礼日時:2001/08/22 16:07

返るとは元の状態に戻す意味ですから「初心に返る」が正しい書き方だと思います。


帰るは出発点にかえること、つまり具体的に帰るところがある場合を指すと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。churaさん、ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/22 16:06

「返る」です。


”我に返る””童心に返る”なんかはこっちです。

「帰る」とは、物理的に場所の移動を伴う時に使うのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

DEMERARA151さん、ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/22 16:05

IME2000で「かえる」を変換すると、例として


「初心に帰る」と出てきました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

glimlachさん。ありがとうございました。私も、IMEで変換するとこの例が出てしまって、混乱してるんです。

お礼日時:2001/08/22 16:05

「初心に返る」です。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

sydneyhさんありがとうございました!

お礼日時:2001/08/22 16:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「申し訳ございません。」は正しい表現?

よく「申し訳ございません」という言葉を耳にしますが、
これは日本語として正しい表現なのですか?

「申し訳ありません」とどちらが良い表現なのでしょうか?

Aベストアンサー

【申し訳】が「ある」「なし」、「あります」「ありません」、
「ございます」「ございません」で言葉が成り立っているのではなく、
【申し訳な・い】というひとつの言葉ですので、
「【申し訳な・い】ことです(ことでございます)」
「【申し訳な・い】ことになった(ことになりました)」
「【申し訳な・く】思った(思っております)」
「【申し訳な・さ】でいっぱいです」
などと表現出来るかと思います。
ちなみに、「【申し訳】がある・あります・ございます」のような言い方はないと思います。

最近は誤用がひとり立ち(?)すると認めることにするきらいがありますが、
【申し訳】を独立させて「有・無」で表現する言葉を作れば、
「ございません」も「ありません」も、全部OKのような気もしますが、
やっぱり「【申し訳】あります(ございます)」は無いですネ。
さて、誤用がどの辺からOKなのか不明です。

ま、他人の事はともかく、気付いた事を得したと思って、
自分だけ正しく言うように気をつけて居れば良いのではないでしょうか。

似た言葉で、
○「かたじけない」はあるけど、×「かたじけある」なはい。
これも同様で、時代劇でも「【かたじけない】事でござる」という台詞は
耳に馴染みますが、「【かたじけ】ござらん(ござる)」は馴染みません。
もし出てきたら誤用でござるかも知れません(小笑)。

【申し訳】が「ある」「なし」、「あります」「ありません」、
「ございます」「ございません」で言葉が成り立っているのではなく、
【申し訳な・い】というひとつの言葉ですので、
「【申し訳な・い】ことです(ことでございます)」
「【申し訳な・い】ことになった(ことになりました)」
「【申し訳な・く】思った(思っております)」
「【申し訳な・さ】でいっぱいです」
などと表現出来るかと思います。
ちなみに、「【申し訳】がある・あります・ございます」のような言い方はないと思います。

...続きを読む

Q「申し訳ありません」と「申し訳ございません」?

手紙や葉書、メールや日常会話などで、よく耳にする「申し訳ありません」と「申し訳ございません」、いったいどう違うのですか?教えてください。

Aベストアンサー

「あります」と「ございます」の否定ですね。
「あります」と「ございます」についての質問の答えがありますから、それを参照なさるとよいでしょう。
→ http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1416546789

Qどうけいをとる・・・正しい漢字と正しい使い方を教えてください。

こんにちは。
例えば「2箇所に書類を出す場合、一言一句
違わないように、どうけいをとる」というふうに
ぼくは使っていましたが、正しい漢字と正しい使
い方を教えてください。

Aベストアンサー

No.3回答の「同期をとる」の聞き間違いあるいは誤記憶あるいは誤用説に一票。
このような「どうけいをとる」ということばは聞いたことがありません。

私は「同期をとる」というのはかなり理系学問または技術的な専門語だと思っていました。それが比喩的に事務や文書の世界に取り入れられたのではないでしょうか。
ぴったりタイミングを合わせるという意味で「同期をとる」です。
同期電動機,同期信号などということばがあります。

変更が度々行われるので,何日の何時何分現在のデータというように(二つのものの内容に)ズレが無いようにあわせることをいうのではありませんか?

自信なしの推測です。

Q「玄関の鍵をかえて表札も旧姓へかえた」の「かえた」

「離婚した姉は、玄関の鍵をかえて、表札も旧姓へかえた」

という文章の二つの「かえた」は、どの漢字がふさわしいですか?

「変えて、替えた」?「変えて、換えた?」「変えて、変えた?」
「換えて、変えた」? などなど、色々と考えてしまうのですが。

Aベストアンサー

横入りすみません。

変える=変化、変更
位置が変わる、色が変わる、生まれ変わる、住所が変わるetc.

換える=AとBを交換、換金、置換、転換など
言い換え、置き換え、取り換え、乗り換えetc.

替える=前の物事をやめて別の物事にする、新しいものにする
入れ替え、移し替え、買い換え、額を掛け替える、詰め替え、並べ替えetc.

以上、『記者ハンドブック』から(用例は一部抜粋)。

鍵も表札も、前のものをやめにして、新しいものにする(付け替える)ですから、「替える」がふさわしいということになります。

「変える」は「チェンジ」「変更」なので「鍵を変える」でもよさそうに思えますが、この「変」はどちらかといえば、「そのものが別のもの(違った形)にかわる」の意味合いが強いと思います。

○○隊員がウルトラマンに「変身」するのは、隊員が姿を変えてウルトラマンになるので「身を変える(変身)」なわけです。
鍵の場合は、鍵自体は何にも変化しません。「鍵をかえる」のは、人間が別の鍵を持ってきて「付け替える」のであって、今ある鍵が「しゅわっち」と叫んで全然別の鍵に「変身」してくれるわけではないので、「替える」の方がふさわしいということになります。

こういう言葉の使い分けは、ネットの検索結果はあまりアテになりません。
日本語変換ソフトが一番最初に出した変換結果を、何も考えずそのまま使う方が多いからです。
間違えて使っている方が多ければ多いほど、Googleの予測変換も間違ったものがトップに来ることになります。

先に挙げた『記者ハンドブック』とか、「用字用語辞典」といわれるものを見るのが確実だと思います。
それでも使い分けに迷うことは多々で、今、ここまで書いておいて、「鍵を換える」では何故いけないのか、という疑問に突き当たりました。

とりあえずこの回答はこの回答として、「鍵を換える」にすべきかどうかもう少し考えてみます。

横入りすみません。

変える=変化、変更
位置が変わる、色が変わる、生まれ変わる、住所が変わるetc.

換える=AとBを交換、換金、置換、転換など
言い換え、置き換え、取り換え、乗り換えetc.

替える=前の物事をやめて別の物事にする、新しいものにする
入れ替え、移し替え、買い換え、額を掛け替える、詰め替え、並べ替えetc.

以上、『記者ハンドブック』から(用例は一部抜粋)。

鍵も表札も、前のものをやめにして、新しいものにする(付け替える)ですから、「替える」がふさわしいということになりま...続きを読む

Qお客様のお力添えが出来ず誠に申し訳ございません?

当方、自社で開発している製品を対企業に販売・提供している企業にて、
導入の相談や導入後の操作方法についてのサポートを行っている部門に
所属しております。

先日のことですが、その相談窓口に新規顧客から「こんな事をしたいが、おたくの
製品で実現可能か」という旨の問い合わせメールがありました。

その内容は自社製品では実現不可能な要望で、代わりとなるご提案も
難しい事柄が書かれていました。
その回答メールを私の先輩が作成したのですが、読んでみると何かしっくりと来ないんです。

-----------------------------------------------
本件ではございますが、残念ながら○○○(製品名)では、×××する事は出来ません。

また、弊社にてご提案できる代替案が見つからない状況です。

お客様のお力添えが出来ず誠に申し訳ございません。

<署名ファイル>
-----------------------------------------------

全体的に「突き放してる」感があるように捕らえてしまったのですが、
特に「お客様のお力添えが出来ず誠に申し訳ございません」と言う表現が
よく分かりません。
単に「お力添えが出来ず~」なら理解できるのですが、「お客様のお力添え」となると
違和感というか、なんというか。

先輩はいつも自分が正しいと思っている人で、誤字一つ認めようとしない性格です・・・。
なので本人から意図を聞き出したり、こちらから指摘をする事はできません。

この言い回しって合っているんでしょうか??

当方、自社で開発している製品を対企業に販売・提供している企業にて、
導入の相談や導入後の操作方法についてのサポートを行っている部門に
所属しております。

先日のことですが、その相談窓口に新規顧客から「こんな事をしたいが、おたくの
製品で実現可能か」という旨の問い合わせメールがありました。

その内容は自社製品では実現不可能な要望で、代わりとなるご提案も
難しい事柄が書かれていました。
その回答メールを私の先輩が作成したのですが、読んでみると何かしっくりと来ないんです。

----------...続きを読む

Aベストアンサー

「お力添え」という言葉は、「お客様がしてくださる助力になるような行為」のことなので、
「お客様のお力添え」という語句だけ見れば間違っていないと思います。

問題は、
このメールで言おうとしていることが、
「私どもがお客様に対して、お客様の望むようなものを提供できない」
ということを謝罪するものだということです。

すると、
「お客様のお力添え」では、力添えする主体が間違っています。
自分たちを主体にするなら、
「お力添え」ではなく、「お役に立つ」かなあと思います。

「お客様のお役に立てず申し訳ございません」

でどうでしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報