教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

27歳で大腸癌の可能性はありますか? 体調は良好なのですが1ヶ月ほど前から細い便と下痢を繰り返しており先日大腸カメラをやりました。検査前から結果は後日話しますと言われており、検査後に組織細胞はとりませんでしたと伝えられました。
最初はとらなかったということは大腸癌の可能性は低いのでは?と思ったのですが下痢はまだ続いているし癌だと明らかに分かるものは組織細胞はとらないと言う意見を聞いて自信がなくなってきました。
今、とても怖いです。
癌だったら…とそればかり考えてしまいます。
どうか皆様の意見を聞かせてください。

gooドクター

A 回答 (3件)

多分、過敏性腸症候群ですよ。



過敏性腸症候群とは、過敏性大腸炎、過敏性腸炎とも呼ばれています。主として大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称で、
腫瘍(ガン)、炎症性腸疾患のような病気がないのに、腹痛、便秘、下痢が起こる病気です。

消化器科受診患者の半数近くを占めていると考えられる程多い疾患ですが、種々の検査で異常が見られないために適切な治療が施されないことが少なくありません。

症状は
以下の3型に大きく分類されます。

便秘型:腹痛があり、便意があっても便が出にくく、ウサギの糞のような便が出ます。

下痢型:慢性の下痢がつづき、便に粘液が混ざることはありますが、血便はなく、また下痢による体重の減少は見られません。食事毎に下痢が発生することが一般的です。

下痢便秘交替型:下痢の症状が数日つづくと、便秘の症状が出て、コロコロした便や細い便が出るといった症状が繰り返されます。

原因は

仕事の前や、月曜日の朝など、不安や精神的ストレスが加わる時に症状が出やすい病気です。つまり、脳が不安や精神的圧迫などのストレスを受けると自律神経を介してストレスが胃や腸に伝達され胃腸の運動異常を引き起こし、腹痛や便通異常が発生します。

一方、就寝中や休みを控えた週末あるいは楽しいことに熱中してストレスから解放されているときには症状があまりでません。比較的神経質で、性格が内向的、精神的に不安定な人によくみられます。小児から高齢者まで広くにみられ、やや女性に多い傾向があります。
    • good
    • 0

食事内容に問題が無いとして、市販薬なら



★セレキノンS 20錠 [第2類医薬品]
●セレキノンSは、消化管運動調律剤トリメブチンマレイン酸塩を有効成分とし、過敏性腸症候群(IBS)の症状を改善するお薬です。
●IBSは、ストレスなどによって腸が過敏になり、腸管運動機能に異常が生じることで発症・増悪します。
●トリメブチンマレイン酸塩には、腸の動きを正常化する作用があります。そのため、下痢型、便秘型、混合型などのいずれの病型のIBSに対しても効果を発揮します。

もちろん、医師と相談してください。
    • good
    • 0

現在、日本のがん治療は、50年も遅れており、病院に行かない方が


長生きの傾向にあります。
ユーチューブで、最近の癌治療を勉強してください。
手術も、抗がん剤も、放射線も、使わないそうです。

直せない病院に居ないで、自宅で静養、毎日熱めの長風呂に、通年電気式毛布高め設定で寝る
体温上げると、治る例が多い。ユーチューブで検索を勧める。

自分でできる温熱療法!【札幌 谷井治療室】
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング