マルシェル新規登録で5000円分当たる

織田信長が今川義元を破ったのは、桶狭間なんでしょうか?それとも田楽狭間なんでしょうか?
この二つは同じところですか?

調べてみるといろんな説があるので、ホントのところを教えてください。
(できたら出典も教えてもらえると嬉しいです)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

桶狭間古戦場と呼ばれる所は2カ所有ります。


http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=35.3.10.813&el=136. …

明治37年6月の陸軍参謀本部「日本戦役」によると、

『この役の勝敗を決したる地は田楽狭間にして桶狭間に非ず。然れども桶狭間の名、既に膾炙(かいしゃ:広く知れ渡ること)す。故にこれに従う』

とあり、この合戦の勝敗を決めた場所は、桶狭間(右上の名古屋市緑区有松町桶狭間)ではなくて、田楽狭間(左下の方の愛知県豊明市栄町南舘)です。しかし、一般には既に『桶狭間の合戦』で世間に広く知れ渡っているのでこのまま桶狭間の合戦という名前にします。と言うことですね。

司馬遼太郎さんの『国盗り物語』では、

『因に 後世この決戦の場所を桶狭間と言い習わしているが、地理を正確に言えば「田楽狭間」である。桶狭間は田楽狭間よりも1キロ半西方にある町でこの合戦とは直接関係ない』

と書かれてます。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

yukky-さん、御礼が遅くなってすいません。

●「桶狭間の名、既に膾炙す。故に、、、」ですか。なんとザックバランな。千葉にあっても東京ディズニーランド、みたいですね。

地図を付けてくださってありがとうございます。愛知に行ったら地図を頼りに、先ず豊明市の方から訪ねてみようと思います(でもきっと石碑とか無いんですよね)。

●『国盗り物語』では、、、
これは私も読んだことがあります。というか、この本が僕の疑問の出発点です。長年放ったらかしにしていた疑問が、ムクムクと頭をもたげて質問するに至りました。

ホントありがとうございました。かなりすっきりしました。

お礼日時:2005/03/07 15:14

桶狭間か田楽狭間か、という話では藤本正行という方が『信長の戦争―『信長公記』に見る戦国軍事学』(講談社学術文庫)という本を出しています。

もともとこの本は『信長の戦国軍事学』という題で洋泉社から出されていたもので、司馬遼太郎も採用している田楽狭間への奇襲説を否定し、『信長公記』の記述からは「おけはざま山」への攻撃だ、としています。他の方も書かれているように『田楽狭間』説は小瀬甫庵の『信長記』により、それを明治の陸軍が採用したものです。
まづは上記のご本を読まれて、ご自分で判断されると良いかと思いますよ。

この回答への補足

みなさんありがとうございました。

いろいろ説があるのは結局のところ変わらないのですが、質問させていただく前よりかなり自分の中で整理できた様な気がします。

皆さんの回答を拝見していると、やはり『信長公記』と『地名』と『陸軍』がキーのようですね。いろいろ文献も教えていただいたので、自分でもいま少し調べてみます。

ありがとうございました。

補足日時:2005/03/07 15:53
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Mock_Hatterさん、ありがとうございます。

『信長の戦争』早速読んでみます(文庫、ってところがありがたいです)。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/07 15:52

 『桶狭間(現在の名古屋市緑区から豊明市にかけてで、中京競馬場から歩いて10分ぐらいだったと思いますが)』は基本的に『田楽狭間』と同一とみて良いかと思います。



 というのは現在の『桶狭間』の戦史研究(両軍の配置図、桶狭間の地形)は明治の陸軍参謀本部の古戦史研究を基にしているのですが、この時、参謀本部がその当時の地名である『田楽狭間』という地名を使ったとのことです。
 参謀本部の作った地形図は、どうやら小瀬甫庵の『信長記』を下敷きにしているようなのですが、史家の間ではこの本の史料的価値は低いと見られていて、陸軍の古戦史分析と『信長公記』の記述に大きく矛盾するというところがあるそうです。

 徳川の初め、まだ桶狭間役を見聞した古老が生きていた時に、尾張徳川家ではその見聞きを行い一枚の地図を作っています。今、名古屋市蓬沢文庫に残る『桶狭間図』がそれで、史料の少ないこの合戦の有力証拠となっているとのことです。

 NHK出版協会 『歴史への招待第七巻 風雲児織田信長』
 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

juntさん、ありがとうございます。御礼が遅くなってすいません。

なるほど信長公記の記述のあやふやさと、地名の変遷が重なって、正確に特定できないということのようですね。
『歴史への招待』は実家に在ったような気がします。早速送ってもらいます。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/07 14:52

太田牛一の「信長広記」によれば、


「御敵今川義元は四万五千引率し、おけはざま山に人馬の息を休めこれあり。」
となっていますが。

おけはざまは山なので、その一部に田楽狭間があるような印象をうけますが、ホントのところはどうなのでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hiro-2005さん、ありがとうございます。

桶狭間は「山」なんですか。雨の降りしきる中、信長軍が山の上から襲い掛かったようなイメージを持っていたので、ちょっと驚きました。

ありがとうございました。御礼が遅くなってすいません。

お礼日時:2005/03/07 14:41

どうも、こんにちは。


何の本かは忘れましたが以前読んだ歴史の
本には、桶狭間の中の田楽狭間という限定
された場所という風に書いてあるのを見た事が
あります。 真実は誰にも分かりませんが、
こういうのを想像するのって面白いですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

icebomさん、ありがとうございます。

実は近々愛知県に行くので、桶狭間に行ってみようと思っています。全然違うところで「ここかぁ」なんて物思いに耽っていたら間抜けだなと思って、正確なところを教えてもらおうと思っています。

ありがとうございました。御礼が遅くなってすいません。

お礼日時:2005/03/07 14:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本日天気晴朗ナレドモ波高シ……は何故名文なのか?

東郷平八郎が丁字戦法を使ってバルチック艦隊を破った時、
秋山参謀という人が東京にこんな打電をしたそうです。

「敵艦見ユトノ警報ニ接シ 連合艦隊ハ直チニ出動 コレヲ撃滅セントス、
本日天気晴朗ナレドモ波高シ」

高木彬光先生の歴史小説の中で「名文中の名文」と謳われていましたが、
どうもしっくりきません。

だって、単なる指令と天候を伝える平叙文じゃないですか。
これだけシャープに必要なことをまとめた、ということが
賞賛されているのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

この電文はロシアの大艦隊を迎え撃つ前に打電されたものです。大国ロシアを相手に小国日本が寄せ集めの軍艦で海戦を挑む直前の決意を示したものです。

名文として後に有名になったのは
1.先ず海戦に勝ったこと。(負けたら名文も残らない)しかも世界が驚く一方的といってもいいくらいの勝利をおさめた。
2.これから出撃します。と短く報告すると同時に海の実戦経験者だけに分かる短い言葉で、これから起こる戦闘がどのようなものになるかをうまく伝えているからです。

つまり、兼ねて準備していた連合艦隊は予定どおり、故障艦も脱落艦もなく、直ちに出撃し敵を撃滅することを前文で伝えています。後半の天気の文章も海軍の現場の人にはいろいろな情報を伝えています。即ち、本日は天気に恵まれ海上の見通しは非常に良い。砲撃戦に理想の天気である。しかし、海上には高波が見られるので、魚雷艇などを使った細かな作戦を実行するには難がある。本日の戦いは砲撃で決着がつくだろう。

ようやく近代国家の仲間入りをしたばかりの日本の存亡を賭けた戦いを前にして、七、五調の短い電文でこれだけの情報を送れるのは名文でなければ出来ません。しかし、これが決意表明ではなく作戦の変更や指示を仰ぐ電文であれば、決して名文とはいえないでしょう。読む人によって理解が異なるような文章は戦時に使用すべきではないでしょう。やはり戦争に勝ったということと決意表明の電文だったからこそ後世まで語り継がれたのでしょう。

この電文はロシアの大艦隊を迎え撃つ前に打電されたものです。大国ロシアを相手に小国日本が寄せ集めの軍艦で海戦を挑む直前の決意を示したものです。

名文として後に有名になったのは
1.先ず海戦に勝ったこと。(負けたら名文も残らない)しかも世界が驚く一方的といってもいいくらいの勝利をおさめた。
2.これから出撃します。と短く報告すると同時に海の実戦経験者だけに分かる短い言葉で、これから起こる戦闘がどのようなものになるかをうまく伝えているからです。

つまり、兼ねて準備していた連...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q懲役刑と禁固刑の違い

ニュースで良く耳にする「懲役」と「禁固」とはどう違うのでしょうか?
禁固刑はずっと牢屋に閉じ込められて一切外には出れないのでしょうか?
この犯罪は懲役刑、この犯罪は禁固刑と犯罪によって決まるのですか?
わたしなら、牢屋に閉じ込められるくらいなら禁固刑三ヶ月なら、ある程度自由のある懲役刑1年くらいの方がまだマシです。

独り言のような疑問なのでおヒマな方、回答おねがいします。

Aベストアンサー

処遇の内容については皆さんお答えのとおり
刑務作業(要は強制労働)の有無のちがいです。

懲役刑は軽蔑すべき犯罪を故意に行った「破廉恥犯」に課されますが
禁固刑は政治犯など、自分の政治的信念に従って「正しいこと」と信じて行動した結果が犯罪になった場合、また過失犯など「非破廉恥犯」と言われる場合に課されます。

禁固受刑者で作業をしない人は1%にも満たないそうです。ほとんどの禁固受刑者は自ら望んで刑務作業(請願作業といいます)をします。

と、大学で習いました

Q信長・秀吉・家康のホトトギス

上記三人の人柄をホトトギスを用いて表現した文句は有名ですが↓

信長「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」
秀吉「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」
家康「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」

これらは彼らの人柄をわかりやすく例えるために後世に詠まれた、とこのサイト内の他の質問から知りましたが、これらを考えた「誰か」というのは特定の人物として存在するのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

作者不明だそうです。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~gokuh/ghp/think/zakki_08.htm

Q戦国時代の「禄高100貫」とは?(大河ドラマ風林火山を見て)

先週の大河ドラマ「風林火山」で、今川家重臣の食客として駿河にいた山本勘助を、家督を継いだ武田晴信が「禄高100貫」で招くという話がありました。

山本勘助については確実な史料はほぼ皆無、全てフィクションと承知していますが、禄高100貫とは江戸時代以降の石高制で表現すると何石くらいに当たるのでしょう?勘助を庇護していた今川家重臣が「お前のような素浪人に武田家が禄高100貫とは信じ難い」と言う所からして「100貫=1,000石 程度」かなと思いますがどんなものでしょう。

Aベストアンサー

室町期の貫高は時代により変り、一概にはいえないのですが、
北条氏康時代の「小田原衆所領役帳」によると、平均七貫に一人の軍役(例えば、284貫の所領の宇津木兵庫助は軍役36人)になっています。
江戸幕府の軍役は50石で一人ですが、戦国時代は20~40石で一人、平均して30石で一人と推定されます。(戦前の陸軍参謀本部)
従い一貫は約4石で、勘助の初任給は400石相当のようでなかなかの高給です。
当時所領500貫(2000石)は重役でした。

Q三味線は猫の皮を使うと聞いていますが、では、この猫はどこで調達するので

三味線は猫の皮を使うと聞いていますが、では、この猫はどこで調達するのでしょうか?その辺にいる野良猫でも捕獲するのでしょうか。それとも猫のブリーダーのような人がいて皮の状態の良い猫を使うのでしょうか? 動物愛護保護法に抵触することも無いのでしょうか?

Aベストアンサー

さすがに最近は合成皮などが多くなっているでしょうが、高級品は猫の皮も使います。
しかも、若くて妊娠経験のない雌猫が最高級品と聞いています。
野生の猫では品質に問題も有りそうです。

「動物愛護保護法に抵触」
これは、他の動物に対する偏見に成りませんか。
牛や豚だって当然動物です。
鰐皮やダチョウ皮など、他の動物の皮も利用されています。
ミンクなどは、毛皮を取るだけに飼育されています。
可愛いモルモットも、医薬品開発のために命を投げ出してくれています。

昔は、鯨の頭の中にある油を取るだけのために、アメリカなどは鯨を絶滅に追い込むほど乱獲し、その肉や骨などは海に放置していました。
アホウドリだって、羽布団の中身にするために沢山命を落とし絶滅の危機に至っています。
その不幸な経験を生かして、動物の保護や命を無駄にしないための「動物愛護保護法」が制定されました。
しかし、それはあくまでも動物を虐待したり無駄に命を奪うことを禁止する物であって、人間のために利用することを禁止する物ではありません。

人間が快適に生活し、健康に生きて行く上で生物の命の恩恵を受けないわけには行きません。
すべての食料品や生活用品は、必ず他の生き物の恩恵を受けていることを理解し、その生き物に報いるために無駄な消費をしないように心がけ、常に感謝する気持ちを忘れないようにしたい物です。

さすがに最近は合成皮などが多くなっているでしょうが、高級品は猫の皮も使います。
しかも、若くて妊娠経験のない雌猫が最高級品と聞いています。
野生の猫では品質に問題も有りそうです。

「動物愛護保護法に抵触」
これは、他の動物に対する偏見に成りませんか。
牛や豚だって当然動物です。
鰐皮やダチョウ皮など、他の動物の皮も利用されています。
ミンクなどは、毛皮を取るだけに飼育されています。
可愛いモルモットも、医薬品開発のために命を投げ出してくれています。

昔は、鯨の頭の中にある油を取る...続きを読む

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q織田「上総介」信長について

「上総介」は正式に得たものですか、それとも自称ですか。
また、いつ頃から使い出したのでしょうか。
また、上野や常陸ではなく上総としたのには理由があるのでしょうか。

どの点でも結構ですからご存知のところを教えてください。

Aベストアンサー

 永禄十一年の従五位下弾正少忠、元亀元年の正四位下弾正大弼、天正二年の従三位参議は、系図纂要に記事があり、位がきちんとついているので正式の叙官です。また天正三年の権大納言以降は公卿補任で確認できますので、これも同様。
 それ以前に信長は上総介(天文十八年)、尾張守(永禄九年) を名乗っていましたがこれは両者とも自称であろうといわれています。なぜ上総なのかはよくわからない。特に近親や先祖で上総介を用いた人もいず(織田家ではだいたい当主になってからは弾正忠、ついで備後守を称する)、根拠は不明です。弾正忠、備後守までの中継ぎということ、本家筋の織田家(守護代)は大和守、伊勢守を通称していること、などから、(1)受領系統の名前が穏当(当時の風潮としても受領名のほうが人気が高かった)、(2)備後、大和、伊勢クラスの国とつりあいをとった(上総、大和、伊勢は上国で守が従五位上、介が正六位下――ただし信長は最初知らずに守を名乗っていたので宗家並みのつもりだったのかもしれない――、備後は大国で守が従五位上)、などの理由によるものではないでしょうか。ちなみに上野、常陸も上国です。

 永禄十一年の従五位下弾正少忠、元亀元年の正四位下弾正大弼、天正二年の従三位参議は、系図纂要に記事があり、位がきちんとついているので正式の叙官です。また天正三年の権大納言以降は公卿補任で確認できますので、これも同様。
 それ以前に信長は上総介(天文十八年)、尾張守(永禄九年) を名乗っていましたがこれは両者とも自称であろうといわれています。なぜ上総なのかはよくわからない。特に近親や先祖で上総介を用いた人もいず(織田家ではだいたい当主になってからは弾正忠、ついで備後守を称する...続きを読む

Q斎藤道三についてですが・・・

単純な質問で申し訳ないのですが、最近時代小説にハマってしまい司馬遼太郎先生の国盗り物語を読んでいます。そこで、どうしてもわからない熟語が出てきてしまって、気になってしょうがないので教えてください。
斎藤道三の旗印の「二頭波頭」ってなんて読むんでしょうか?知ってる方がいらっしゃいましたらお願いします。

Aベストアンサー

NHKの大河ドラマか何かでニトウナミガシラと言っているのを聞きました。画面下にテロップが出て二頭波頭、道三の旗印、みたいなのが出ていましたし間違いないと思います。


人気Q&Aランキング