親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

こんにちは(^^)

『赤いろうそくと人魚』という児童向けの本がありますが、小学生の頃読んでめちゃめちゃ暗い気持ちになった記憶はあるのですが、内容はスッパリ頭から抜けてしまいました・・。
軽くで構いませんので、内容を教えていただけないでしょうか?

よろしくお願いしますm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

既にいろいろ回答が出ていますが、ここのあらすじがわかりやすいかもしれません。


http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0073.html
娘が最後に残した赤いろうそくを買った女が母親であることは言うまでもありません。
うちの実家になぜかこの絵本があり(貰い物らしい)、うちの娘が「読んで~」と言うのですが、嫌なのでいつも逃げてます。しかもカップリングが「ごんぎつね」と「泣いた赤鬼」。勘弁してくれ~(苦笑)。

参考URL:http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0073.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは(^^)
分かり易いあらすじありがとうございました!
私もこれと『ごんぎつね』が出てきたら泣くかも(笑)
子供にトラウマを残しますよね(~o~)

お礼日時:2005/03/08 21:36

「赤いろうそくと人魚」と検索するだけでも色々見つかりますよ。



小さい頃読んで怖かった…、大人向けとも言えるのではないでしょうか。
個人的には↓のyokoさんの読後感がとても近いのでは。
http://blog.so-net.ne.jp/yoko_elegance/2005-01-07
アマゾンのページにも分かりやすいあらすじがあり、カスタマーレビューの
それぞれの方の感想もたいへん興味深く読めます。

よろしければ覗いてみて下さい。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4039651 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは(^^)
悲しいですね~・・
子供が読むにはきついかもしれないですね~・・・
思い出しました!
ありがとうございましたm(__)m

お礼日時:2005/03/08 21:34

北方の、冷たく暗い海の岩の上で、女の人魚が考えていました。

「人間の住む町は、明るくにぎやかで、美しいと聞いている。人間は魚よりけものより、人情があってやさしいと聞いている。一度手に取りあげて育てたなら、決して捨てたりしないと聞いている。さいわい自分達は人間そっくりだから、人間世界で暮らせるはず。せめて自分の子供だけは、人間の世界で育て大きくしたい」と―女の人魚は決心すると、波の間を泳いで、陸の上に子を産みおとしました。人魚の赤ん坊はろうそく屋の老夫婦に拾われ、育てられて、美しい娘となり、一生懸命家業を手伝って繁盛して、幸せになったかにみえたのですが、悪い香具師が差し出す金に目がくらんだ二人は人魚を売り飛ばしてしまいました。

悲しいお話ですね。。

参考URL:http://www.kashi-no-ki.co.jp/kagee2/ningyo.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは(^^)
悲しいですね~・・
子供が読むにはきついかもしれないですね~・・・
思い出しました!
ありがとうございましたm(__)m

お礼日時:2005/03/08 21:32

http://www.choryo.jorne.ed.jp/area/ogawa.html
小川未明の作品ですね~
物悲しい気分になる作品でした。
URLに紹介ありますので確認してみてください
では
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは(^^)
結構トラウマです・・・
こんな話だったとなんとなく思い出しました!
ありがとうございましたm(__)m

お礼日時:2005/03/08 21:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「赤いろうそくと人魚」が教科書に載っていたかどうか

小川未明の「赤いろうそくと人魚」で卒業論文を書いているのですが、この作品が教科書に載っていたかどうかがどうにもわかりません。
少なくともあまり大々的には載っていなかったようです。
教科書で読んだと記憶しておられる方がいらっしゃいましたら、いつごろに習ったかなど少しでもわかることでかまいませんので教えてください。

もしくは、教科書について効率のよい調べ方がありましたら、教えていただけると大変助かります…。

Aベストアンサー

国立教育政策研究所で外部機関向けに提供している「教育情報データベース」に「小学校国語教科書に掲載された作品に関する情報」のデータベースがあります。説明に「教科書研究センターが作成管理」、と書かれているので同じデータベースかもしれません。利用機関も公開されていますので、ご自分の所属大学図書館で利用可能かどうか確認してみてください。
http://www.nier.go.jp/homepage/jouhou/database.html

教科書研究センターのデータベースは1800冊のうち398冊と書かれているので網羅されているわけではないようですね。

また、大阪府立国際児童文学館のサイトに1992年以降の作品リストがあります。
http://www.iiclo.or.jp/data/mukogawa_1992.html

図書として出版された「教科書と児童文学」の過去のリストでは検定年全てを網羅しているわけではありませんので、こちらも完全な情報にはならないようです。
本は現在でも入手可能ですし、全国の大学図書館等でも所蔵されています。
http://webcat.nii.ac.jp/cgi-bin/shsproc?id=BN13357098

国立教育政策研究所で外部機関向けに提供している「教育情報データベース」に「小学校国語教科書に掲載された作品に関する情報」のデータベースがあります。説明に「教科書研究センターが作成管理」、と書かれているので同じデータベースかもしれません。利用機関も公開されていますので、ご自分の所属大学図書館で利用可能かどうか確認してみてください。
http://www.nier.go.jp/homepage/jouhou/database.html

教科書研究センターのデータベースは1800冊のうち398冊と書かれているので網羅されているわけで...続きを読む


人気Q&Aランキング