父(69歳)が6月28日に未破裂動脈瘤の開頭手術を受けました。
その後1ヶ月してから、慢性硬膜下血腫と先生から言われました。
そして今日(8月27日)いきなりあさって水を抜く手術をすると言われました。
これは、1度抜くともうたまらないのでしょうか?
また、手術をして慢性硬膜下血腫になることはあるのでしょうか?
教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

一般にはNo.2の方の書かれているとうりですが、血腫の量によって緊急の手術がひつような場合からそのまま経過観察する場合までさまざまです。


私自身、執刀医として約200例の未破裂脳動脈瘤の手術経験がありますが、数例の方に慢性硬膜下血腫が起こりました。そのうち手術が必要となったのは2例です。残りの方は自然消失か、血腫が少量で変化なく治療をしていません。手術が失敗とか、不充分な治療とかではなく、原因がはっきりしませんが時に起こりうる病態と考えてください。
主治医が手術が必要と判断されたのでしたら、ためらわず手術を受けられたほうがよいと思います。動脈瘤の手術よりずっと簡単ですので。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。
mikujetさんの200例の2人というのをみて、ホント父はついてないな...という感じです。おまけに左の手術で右にたまったのですから...
8月30日に手術を受け今、管をつけているところです。
精神的にまいっているようで、また たまらないように祈るだけです。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/02 00:01

私の父が(72歳)同様の病気にかかり、手術をしました。

水がたまると痴呆のような症状が出て本当に慌てました。手術前、主治医から再び水がたまる確立は20パーセントくらいありますと言われていましたのである程度覚悟をしていましたが本当に約1ヵ月後、再び水がたまってしまい、手術を受けました。その後現在に至るまで(1年経ちました)再発はなく、元気に過ごしています。手術自体も簡単で危険はないようです。ただ、患者やその家族にとっては不安はつきもの。主治医の先生としっかり話をし、納得した上で治療を受けることが大切です。ご心配でしょうが頑張ってくださいね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

1ヶ月で、またたまったんですね。ちょっとショックですが、その後お元気と言うことなので、少しほっとしました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/02 00:07

futukayoi先生の詳細な回答がありますが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「慢性硬膜下血腫」
この中で特に「原因と危険因子」「症状」「治療」「予後と転帰」「合併症」と関連リンク先を参考にしてください。

http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(脳ヘルニア)
この中では特に「原因と危険因子」「治療」「予後と転帰」と関連リンク先を参考にしてください。

ご参考まで。

お大事に。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 2

普通慢性硬膜下血腫の患者さんは1ヶ月位前に頭を強くぶつけたなどの既往があってその際の細かい血管の損傷で少しずつ出血していたものが溜まって脳を圧迫し、ぼけと似たような症状をきたしてくるといった方ですが開頭手術の後のじわじわした出血でももちろん起こり得ます。


脳というのは豆腐に似た組織である程度まで圧迫されて崩れてしまう(脳ヘルニアとなることをよくこういって説明してます)と元に戻らないのでそうなる前に急いで血腫をとらなければならないわけです。
慢性に圧迫された場合、脳はかなりの変形を来すほどであっても脳ヘルニアを起こしていないことが多く、見つけたらとにかく緊急手術です。
いきなりあさってとおっしゃっておられますがCTを見ないと何ともいえませんがむしろあさってまで脳ヘルニアを起こさないでいられるか?の方が心配な病気だと考えます。
再発の可能性ももちろんありますが手術しないで手遅れになると命に関わる病気なのです。
手術自体はそれほどの侵襲ではなく穴をあけて中を洗ってくるだけです。
主治医の先生によくお話を伺って早めに治療成さってください。
mogooさんのお父様の健康をお祈りもうしております。
    • good
    • 0

専門家(医師)でなくて恐縮ですが、以前に家族が同病に罹った際に先生から詳しく話を聞いた経験があるので…。



慢性硬膜下血腫は、脳のまわりを包む硬膜に血を含んだ袋ができてしまい、それが徐々に大きくなる病気です。
血は袋のまわりの毛細血管からじわじわと浸みだしてきます。
そのため、脳内出血のように急性の症状になることはありません。

「一度抜くともうたまらなくなる」というのはちょっと不思議ですが、これは血腫(血の袋)自体が血管を圧迫しているために血がにじみ出てくるので、血腫自体を取りのぞいて脳圧が正常値まで下がれば血の浸出も自然に止まる、とのことでした。
(まれに再発することもあることを念のため書き添えておきます)

硬膜下血腫は衝撃などによって脳のまわりの血管が傷つくことによって起きます。
脳手術のあと、患部の治癒が順調でない場合起きてしまうこともあるそうです。

以上、あくまで素人の聞き書きの範囲でご説明しました。
現在の医療はインフォームド・コンセントが原則なので、担当医の方に不明な点はどんなことでも質問して、疑問を解消してから臨まれることをおすすめします。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q慢性硬膜下血腫手術後気をつけることについて。

2週間前に、慢性硬膜下血腫の手術を受けました。
退院してきましたが、寝ていると良いのですが、起きて動いていると、時々頭が痛いことがあるのですが、これは、回復途中の痛みかなともおもうのですがどうでしょうか?
再発の可能性も10%あるそうですが、手術後気をつけること、してはいけないことなどありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

>回復途中の痛みかなともおもうのですがどうでしょうか?

緊張性頭痛も生じやすい状態です
具体的なところはその情報量ではわからんです

>手術後気をつけること、してはいけないことなどありましたら、教えてください。

何よりも頭部を打撲しないことです
揺することも少ないほうがよい
食事等は普通のバランスで充分量を摂取してれば特に問題ない

Q未破裂の脳動脈瘤について

先日、実母に脳動脈瘤が発見されました。
部位は左末梢性前大脳動脈瘤だそうです。

カテーテルを入れた結果判明しました。母のものは、形が少しいびつらしく、結構大きいので手術した方が良いと言われました。
検査結果報告でその様に言われたので、具体的に大きさは何ミリなどは聞いていません。

しかし、私が色々調べてみると大きさや年齢によって、手術が必要かどうかが違っているようです。

私の母は、ちょうど70歳です。手術はかなり怖いようですが受けるつもりでいます。
私が心配なのは術後の変化であって、後遺症が残る場合もあるとのことです。実際にそのような話も見ました。
高齢なので後遺症が残りやすいのではと懸念しています。私の子供もまだ2歳ですし、まだまだ元気でいて欲しいと思うと、手術が必要かどうかさえも考えてしまいます。

家族で同じような経験されている方がいらっしゃればお話伺いたいです。また、アドバイス等お願いします。

Aベストアンサー

私は以前、脳外科で看護師をしていました。
未破裂の動脈瘤で手術をするかどうかということは、しばしば問題になります。
手術するにせよ、しないにせよ、どちらも大きなリスクを抱えているからです。

数年前読売新聞の記者の方が、たまたま検査したら未破裂の動脈瘤が見つかり、さんざん悩んだあげく手術に踏み切った、という記事が連載されていたことがありました。
私は非常に興味深く読んでいたんですが、その人の病状だけではなく、考え方にも左右されるものだと思いますし、簡単に答えが出せるわけではないと思います。

私が脳外科にいた頃も、本当にいろんな未破裂動脈瘤の患者さんがいました。
悩んだあげく手術をして元気に帰っていった人、残念ながら後遺症が残ってしまい、リハビリを続けていた人、手術の際の気管内挿管をするときに血圧が一気に上がり、そのときに動脈瘤が破裂してしまい、手術後の意識回復のないまま数日後に亡くなった人・・・。

自分だったら、自分の親だったら手術をするか、という質問を自分に向けられても、私はすぐに答えを出せないと思います。

全くアドバイスになっていないかもしれませんが、いろんな方のお話を聞いて、結局は家族で決めるしかないことです。
どちらを選ぶにせよ、選んだ以上は後悔しないことが大切だと思います。
どちらを選んでも、家族の皆さんでの協力が必要になってきます。
月並みですが、がんばってください。

私は以前、脳外科で看護師をしていました。
未破裂の動脈瘤で手術をするかどうかということは、しばしば問題になります。
手術するにせよ、しないにせよ、どちらも大きなリスクを抱えているからです。

数年前読売新聞の記者の方が、たまたま検査したら未破裂の動脈瘤が見つかり、さんざん悩んだあげく手術に踏み切った、という記事が連載されていたことがありました。
私は非常に興味深く読んでいたんですが、その人の病状だけではなく、考え方にも左右されるものだと思いますし、簡単に答えが出せるわけで...続きを読む

Qチョコレート脳腫で手術を受けた事のある方

先日病院でチョコレート脳腫と診断され(片方のみ約6cm)、その病院では腹腔鏡での手術が可能なので、手術を申込しました。

そこで今ふと・・・「手術って卵巣を取られちゃうの?」と思い、一気に不安になりました。
(既婚・子供なし・手術後妊娠希望)

チョコレート脳腫の手術というのは程度により人それぞれだとは思うのですが、6cmくらいで腹腔鏡での手術の場合は、どんな手術内容なのでしょうか?
卵巣摘出・卵巣の中にたまった血液を吸い出す?!・血のたまっている所を切除・癒着している所を切除 等など・・・。

今度病院に行くのは3ヶ月後なので、不安を取りたいです。

腹腔鏡で手術された方、どんな手術内容でしたか?
(開腹手術の方でも、手術の内容を教えて下さい)

卵巣はそのまま残してもらえていますか?

ご意見宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私も半年前に全く同じ病気で腹腔鏡手術を受けました。11cmと大きく、貧血治療を早急に進め、診断を受けて2ヵ月後に入院&手術をしました。
1週間の入院。病室の半数は同じような病気の方でした。それだけ多いということですね。自分が明日どんな状態になるのか周りを見れば見通しがたち不安は解消されます。初日から食事制限がスタート。お腹の中を空っぽにするためです。手術直前には浣腸により全て出しきり、その直後に麻酔注射を打って眠りにつきます。手術時間は癒着の度合いによって様々です。私は癒着がひどく5時間でした。でも、私の前の人は2時間でした。術前説明で状態によっては左卵巣摘出と言われましたが結局残りました。翌日は傷よりもガス(お腹を膨らませるため)が体中に残っているため、息をするのも痛かったですがそれも数日の辛抱です。回復の早い人は翌日から歩きます。それと同時にトイレも自分で行けます。少量の生理のような出血は2,3日ありました。大事なのは執刀医の腕!これが全てだと思います。婦人科内視鏡学会や子宮内膜症のホームページできちんと調べて知識を得ることをお勧めします。そして、3ヵ月後の受診に備えて日々の状態、質問事項をまとめておくと良いと思います。手術をして、少しは楽になりましたが生理はやっぱり不順&重いです。でも、自分の体を気遣うようになりました。不安な気持ちお察しします。どうかお大事にしてください。

私も半年前に全く同じ病気で腹腔鏡手術を受けました。11cmと大きく、貧血治療を早急に進め、診断を受けて2ヵ月後に入院&手術をしました。
1週間の入院。病室の半数は同じような病気の方でした。それだけ多いということですね。自分が明日どんな状態になるのか周りを見れば見通しがたち不安は解消されます。初日から食事制限がスタート。お腹の中を空っぽにするためです。手術直前には浣腸により全て出しきり、その直後に麻酔注射を打って眠りにつきます。手術時間は癒着の度合いによって様々です。私は癒着がひ...続きを読む

Q白内障手術後の眼内レンズ入れ替え手術

一ヶ月前に白内障手術をしましたが、眼内レンズの度数があわないので眼内レンズの入れ替え手術を希望しています。
手術を受けた病院では眼内レンズ入れ替えの手術は行っていないとのことでしたので
関西か関東で眼内レンズの入れ替え手術を行っている病院をご存知の方がおりましたら教えてください。
また、眼内レンズ入れ替えの手術を受けられたことがある方は、その手術方法などについて教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

関東では、
 日本赤十字医療センター(東京都渋谷区)03-3400-1311(代)
 武蔵野赤十字病院(東京都武蔵野市)  0422-32-3111(代)
 北里大学病院(神奈川県相模原市)   042-778-8111(代)
で、行っているそうです。ただし、診察をする必要がありますから、
紹介状を書いてもらって下さい。詳しくは電話でお問い合わせ下さい。

Q手術前と手術後の医師へのお礼金について

家族の者が胃がんのため胃の一部の摘出手術を受ける予定です。
大手術ですから、手術前と手術後に先生にお金を渡すのは暗黙のルールでしょうか?
なお、お金を支払う場合は、どれくらいの金額でどのタイミングで渡すべきでしょうか?また、現ナマより小切手の方がいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いわゆる「心付け」はお断りする病院が多いです。

万が一、失敗したときに大いに揉めることになるみたいです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報