高速液体クロマトグラフ(HPLC)で内部標準法を採用したいと思っているのですが、
内部標準としては何が一般的なのでしょうか?
HPLCに詳しくないので、ご存じの方、是非、お願いいたします。

今後の一般的な知識としても欲しいのですが、現在、欲しいと思っているのは
 カラム:ODS系(ex.shim-pack CLC-ODS)
 移動相:MeOH/リン酸緩衝液系
で用いれるものです。

是非、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

基本的なところはNO.1で答えられているとおりですが、ピークの理論段数やシンメトリー係数なども問題でしょうし、当然検出波長で吸収をもつ物質が前提となります。



参考までに、UV検出器で、質問されている条件において、測定波長が254nm付近と仮定すると、パラオキシ安息香酸エステルなど汎用されているようです。
パラオキシ安息香酸、同メチル、エチル、プロピル、ブチルなどは、ご質問の条件において、保持時間が遅くなっていきますので、わりと使いやすいと思います。
保持時間が近すぎる場合でも、移動相のpHを変えたり、メタノールをアセトニトリルにかえるだけでも、分離はかなり異なってきます。
内標準物質を設定する上では、予め移動相を決定しておくのではなく、内標候補のいくつかから、さらに移動相条件を変えていって分析条件全体を設定する方法が一般的だと思います。

経験則上、割と有効な方法を
 水/MeOH系では、有機溶媒の量を移動相の比率で10%増やすと、保持時間は約半分になります。アセトニトリル系だと約1/2~1/3になります。もちろん移動相のpHにも影響されますが、大体当てはまるので、内標を探すときの保持時間調整に使えます。

ぴったりした分析条件が見つかったときってうれしいもんですよ。
    • good
    • 0

基本的には、測定されるものと反応しないもの、ピークがかぶらずに検出器で検出されるものでしたら何でもいいと思います。

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエラーはでないが数値がおかしい(BMI値計算プログラム)

今以下のようなプログラムを製作中なのですがどうしてもうまくいきません;

(1)ユーザに身長と体重を入力してもらう
(2)(1)の値からBMI値を計算し、その結果から「太りすぎ」などの判定を表示し
(3)身長・体重から計算した標準体重と現在の体重との差を表示する

問題は以下です。
・身長と体重の数値を変えても結果(BMI値)は毎回同じで、
100万台の桁違いな数値がでる;(しかし「太りすぎ」などの判定は変化する)

どこがおかしいのかチェックするために(1)の部分のあとに改めて身長と体重を
表示させてみたところ、そこからすでに数値が変なことになっていたので、
おかしいとしたら(1)のscanfなどの部分か型宣言だと思うのですが…

回答よろしくお願いします;;

プログラム
------------------------------------------------
/* bmi.c */
#include <stdio.h>

main()
{
int sintyo, taizyu;
double sintyo2, bmi, hyozyun, sa;

//入力
printf("身長(cm)を入力してください\n");
scanf("%d", &sintyo);
printf("体重(kg)を入力してください\n");
scanf("%d", &taizyu);

//※チェック(身長・体重)
printf("%d\n", &sintyo);
printf("%d\n", &taizyu);

//計算
sintyo2 = sintyo / 100; //cm→m
bmi= taizyu / (sintyo2 *sintyo2); //BMI値計算
hyozyun = (sintyo2 *sintyo2) * 22;//標準体重
sa = hyozyun - taizyu;

//※チェック(BMI値)
printf("%d\n", &bmi);

//出力
if(bmi>=25)
printf("BMI値:%f\nあなたは太りすぎです\n", &bmi);
else if(bmi>=23 && bmi<25)
printf("BMI値:%f\nあなたは太りぎみです\n", &bmi);
else if(bmi>=21 && bmi<23)
printf("BMI値:%f\nあなたは標準です\n", &bmi);
else if(bmi>=18.5 && bmi<21)
printf("BMI値:%f\nあなたは痩せぎみです\n", &bmi);
else
printf("BMI値:%f\nあなたは痩せすぎです\n", &bmi);

if(sa>=0)
printf("標準体重:%fkg\n標準体重を+%fkgオーバーしています\n",&hyozyun, &sa);
else
printf("標準体重:%fkg\n標準体重より-%fkgです\n",&hyozyun, &sa);

return 0;
}

結果(身長160、体重50で入力)
------------------------------------------------
身長(cm)を入力してください
160
体重(kg)を入力してください
50

1310600 (←身長チェック 以下3つの値は不動です;)
1310596 (←体重チェック)

1310580 (←BMI値チェック)

BMI値:0.000000
あなたは太りすぎです
標準体重:0.000000kg
標準体重より-+NANkgです

今以下のようなプログラムを製作中なのですがどうしてもうまくいきません;

(1)ユーザに身長と体重を入力してもらう
(2)(1)の値からBMI値を計算し、その結果から「太りすぎ」などの判定を表示し
(3)身長・体重から計算した標準体重と現在の体重との差を表示する

問題は以下です。
・身長と体重の数値を変えても結果(BMI値)は毎回同じで、
100万台の桁違いな数値がでる;(しかし「太りすぎ」などの判定は変化する)

どこがおかしいのかチェックするために(1)の部分のあとに改めて身長と体重を
表...続きを読む

Aベストアンサー

ザッと見ただけですが…。

> //※チェック(身長・体重)
> printf("%d\n", &sintyo);
> printf("%d\n", &taizyu);

sintyoのアドレス値とtaizyuのアドレス値を出力しています。
& は、不要です。

> //計算
> sintyo2 = sintyo / 100; //cm→m

int型のsintyoをint型の100で割った結果、小数点以下を切り捨ててsintyo2に代入してしまっています。
これでは、正確なBMI値を求められません。

身長と体重を入力する際、整数値でよいのですか?
身長172.5cmとか、体重62.4kgなんていう入力があってもよいのではないでしょうか。

QHPLCでの内部標準とは

HPLCでの分析初心者です。
サンプル抽出時に、内部標準を加えることによって何が変わるのですか?基礎的なことだと思うのですが、難しくてよくわかりません。すみませんが、わかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

Text 形式しか使えないので、ちょっと書きにくいんですが、その点は堪忍してください。

まず Recovery Rate (回収率) から説明したほうが、わかりやすいと思うのでそちらから。また一般論にすると、却ってややこしくなるかもしれないので、具体的な数値を使います。ご自分で一般化してください。

Matrix: Plasma 1 mL を使う
Analyte: Ci mg/mL
I.S.: S mg を 1 mL の Matrix に加える。

ここで、検量線は、0 から始まり、数 Points の濃度にしますね。これを処理して、最終的に HPLC に Load するために調製した溶液 (processed sample) を 200 microL にするとします。

I.S. が、100% 回収できたとすれば、processed sample 中の絶対量は、S mg/ 200 microL = 5S mg/mL になりますね。このうち 20 microL を HPLC に Load するとすれば、I.S. は、0.5S mg 入ることになります。これに対応する Response (Ri) が、観察される筈です。

実際には、抽出過程でのばらつきがあるため、観察される Response は、Sample により R'i のようにばらつくはずです。この R'i / Ri を絶対回収率 (Absolute Recovery) と言います。

同じように、検量線の場合は、加えた Ci は既知ですから、同じように Absolute Recovery を求めることができます。

次に、各 Sample 内での、Analyte と I.S. の関係を考えます。Matrix 中には
 Analyte Ci
 I.S. S
入っていますね。この両者の、抽出などの過程で生じる Absolute Recovery が、一定値 (多少のばらつきはありです) a だったとすれば、processed sample 中には、
 Analyte aCi
 I.S. aS
となるので、量は変化しますが、Analyte / I.S. の比は、一定になります。そこで、上げられた例のように、aS に由来する Response のばらつきは a に依存するので、Response がばらばらになることはありえます。ここで、Analyte の Absolute Recovery が、常に I.S. のそれに等しいのであれば、Analyte の Response も aCi になるので、Analyte / I.S. は、もともとの Matrix 中の比と同じになるので、検量線が、きれいに引けることになります。

これがまさに内標準法を採用する一つの目的です。検量線は、添加した濃度 (Concentration added) に対し、HPLC で得られる Analyte と Internal Standard の比 (Ratio of onserved Value) を回帰して、求めます。

これとは別に、絶対検量線法というのもあって、これは Analyte の Response そのものを回帰します。挙げられた例をこの方法で回帰したときには、ろくな検量線にはなりえませんね。これは Sample ごとの、Absolute Recovery のばらつきが大きいのです。このようなときにも、同じような Recovery を示す I.S. を用いることで、補正しているのです。


さて、もうひとつの方というのは、ここまでの話でお分かりのように、Analyte / I.S. が一定である、ことをまず証明、
 具体的にはある狭い範囲での直線性を確認します。
した後、単独の試料に一定量の I.S. を加え、分析。Response の比から、濃度を出してしまうものです。これは、単なる溶液になっているなど、Matrix が単純な場合用いる方法です。予想値が高い場合は、希釈する程度の操作で済むときに使います。実際の使用例は、動物に薬物を投与するときの溶液 (正式な用語は、被験物質調製混合物) の濃度検定 (きちんとした濃度でなければ投与量が計算できませんから)、被験物質調製混合物中の被験物質の安定性 (調製した後一定条件下で保存している間に壊れないかどうか) を調べるときに用いています。No. 2 が言われているのは、これに相当します。

参考に挙げたのは、FDA の正式 Document で英語ですが、実際にどういう目的で用い、どういう処理をするか、判定基準も含めて、きちんと記載しています。可能であれば、一度読んでみてください。検量線の処理方法などは、世界的に authorize されているのはこの文書だけです。

参考URL:http://www.fda.gov/cder/guidance/4252fnl.htm

Text 形式しか使えないので、ちょっと書きにくいんですが、その点は堪忍してください。

まず Recovery Rate (回収率) から説明したほうが、わかりやすいと思うのでそちらから。また一般論にすると、却ってややこしくなるかもしれないので、具体的な数値を使います。ご自分で一般化してください。

Matrix: Plasma 1 mL を使う
Analyte: Ci mg/mL
I.S.: S mg を 1 mL の Matrix に加える。

ここで、検量線は、0 から始まり、数 Points の濃度にしますね。これを処理して、最終的に HPLC に Load するため...続きを読む

QBMI値についての質問です。

BMI値は以下のようにして算出するといわれています。

 BMI値=体重(kg)/身長(m)の2乗

どうして身長を2乗するのでしょうか??統計的に分析した結果からこのような式が導き出されたのでしょうか?知っている方がいましたら是非教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

>どうして身長を2乗するのでしょうか??

相似な物体の長さが2倍になると体積は4倍になるから。
(比重が同じなら重量も4倍)

同じスタイルで身長が違う場合を計算したり出来る。
163cm65kg、体脂肪率8%の山本"KID"徳郁選手のBMIは24.46だから
180cmだったら79kgで体脂肪率8%ぐらいなら
ほぼ同じスタイルに相当するな、とか計算できる。


統計とかでなく、単純な数学の問題。

QShimadzuのShim-pack IC-A3とShim-pack

ShimadzuのShim-pack IC-A3とShim-pack IC-C3を用いてイオンを定量しています。
移動層は陽イオンの場合は2.5mmolのシュウ酸、陰イオンの場合は8.0mM p-ヒドロキシ安息香酸
と3.2mM Bis-Trisと5mMのホウ酸を混ぜたものです。

実験終了後、これらのカラムを3日ぐらい使わない時には水で内部を洗浄してから取り外したほうがいいのか、移動層が満たされた状態で取り外したほうがいいのか、どちらがいいのかを教えてください。

いくら両側に栓をしているとはいえ、少しずつ水が蒸発していくので水で洗浄してからの方が塩が析出しなくていいのかなと思うのですが。。。。どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

>いくら両側に栓をしているとはいえ、少しずつ水が蒸発していく
そんないい加減な栓の仕方は問題外です。完全に密封して下さい。今はプラ製の手で締められ、かつ何百気圧にも耐えられる栓を安く入手できます。

QBMI値が低いのに体脂肪率が高いです

30代女子◆身長158cm,体重44kg,体脂肪率23%です。
久しぶりに体脂肪率を測ったら,2%くらい上がっていて,
体重が変わってなかったのに体脂肪率だけ増えていました。
確かに,お腹周りや二の腕の脂肪が気になっていて,下腹ぽっこりのおばさん体型になってきています。

ただ,最近体調を壊して病院にかかった時に,その体調不良の原因として
「BMI値が少し低いのでもう少し増やした方がいい」と言われました。

BMI値が低いのに体脂肪率が多いのは,やはり筋肉量が少なく脂肪が多いってことですよね?
体脂肪を減らしてスマートで凹凸のとれたカラダにするには,どういった食事やトレーニングが必要でしょうか?
アドバイス等よろしくお願いします!

Aベストアンサー

 身長158cmで体重44kgは間違いありませんか。これで行くとBMIは17.6で日本人の標準範囲を割っており、すごく細身の格好いいスタイルであってもいいはずです。
 ですが、体脂肪率が23%もあるとは、ちょっとビックリです。BMIとのバランスが非常に悪く、スラリとした格好いい体つきのはずが、あちこち皮下脂肪がたまってブヨブヨしていて「下腹ぽっこりのおばさん体型」というのは、さもありなんと頷けます。
 皮下脂肪だけではなく、下腹ぽっこりは内臓脂肪もたまっていることを物語っています。痩せているはずが隠れ肥満になりかけている可能性もあります。
 BMIが17.6の女性には、体脂肪率も女性の標準範囲(18%~28%)の下限になっているのがバランスしていると考えられます。
 とはいえBMIは標準範囲を割っているので「BMI値が少し低いのでもう少し増やした方がいい」といわれるのは当然で、体重、とくに筋肉量を増やさなければなりません。
 体脂肪を減らしてスマートで凹凸のとれた体にするのには、まず栄養バランスよく3食きちんと食べ、そうした中でも炭水化物(ご飯、パン、麺類など)は控えめにし、タンパク質を積極的に摂ることです。加えて運動、とくに筋トレを取り入れるべきです。筋トレは自己流ではなく、半年でもいいからスポーツジムの会員になって適切な指導を受けながらやることですね。

 身長158cmで体重44kgは間違いありませんか。これで行くとBMIは17.6で日本人の標準範囲を割っており、すごく細身の格好いいスタイルであってもいいはずです。
 ですが、体脂肪率が23%もあるとは、ちょっとビックリです。BMIとのバランスが非常に悪く、スラリとした格好いい体つきのはずが、あちこち皮下脂肪がたまってブヨブヨしていて「下腹ぽっこりのおばさん体型」というのは、さもありなんと頷けます。
 皮下脂肪だけではなく、下腹ぽっこりは内臓脂肪もたまっていることを物語って...続きを読む

QHPLC用緩衝液の作成方法に関して

HPLCで用いる緩衝液に、有機溶媒が含まれている場合の作成方法で困っています。

一般的に、緩衝液を作成し、pHを調整してから、そこに別のメスシリンダーで計量した有機溶媒を加えるということは把握しています。

例えば、「20mM KH2PO4/K2HPO4バッファー,pH7.0/メタノール=40/60」とあった場合、20mmolの塩を溶かしたpH7.0の緩衝液1Lを作成し、そこから400ml分取してメタノール600mlと混合するのか、それとも、20mmolの塩を溶かしてpH7.0に調整した緩衝液を400mlにメスアップし、そこに600mlのメタノールを加えるのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ほとんどの人は,前者です。

QBMI値18は太ってる方ですか?

BMI値が18なんですけど、太ってるほうですか?
水泳、バドミントンなど色んなスポーツをしているので、筋肉太りなのかもしれないんですが、鏡などで見ると足がすごく太い気がするんですけど...。

Aベストアンサー

>BMI値が18なんですけど、太ってるほうですか?

 BMIはご存知と思いますが、身長・体重から割り出される健康の指標で、健康とされるのは18.5~25(未満)です。健康面から言えば、BMI=18は若干低体重で、増量すべきです。

 しかし、BMIはプロポーションは何も保証しません。ちなみに、下半身が太いとお悩みの女性は、このカテで多く頻出質問です。
 傾向として、BMIが低いのに、下半身が太すぎるとご不満の女性は、上半身が痩せすぎのケースが圧倒的といっていいくらい多いです。

 きちんと適正に重い負荷で、正しく筋トレ(食事管理や睡眠確保を含む)をする女性は、BMIは高いですが、BWHなどを含むサイズは、細くありたいところは締まっており、ボリュームが欲しいところはしっかりしています。実際に見た感じも上半身下半身バランスよく、いかにも女性的なラインです。そして全体的な印象はスリムです。

 水泳やバトミントンでいくら息が上がっても、適正な筋トレほどの負荷は筋肉にかからず、筋肥大はほとんどありません。適正な筋トレですら女性を細くするのに、それらのスポーツで筋肉太りするはずがありません。そもそも女性は筋肥大が大変難しいのです。

 本当にサイズを計って太いなら皮下脂肪のせいです。しかし少なからぬケースでは、細すぎの人と見比べて、自分が太すぎると思っているものです。実際、計っても見ずに「気がする」だけですよね。

 何かをどうにかしたい、と感じたら、気がするといったあいまいなことではなく、取れるデータはきちんと取り、合理的な解決策を模索すべきです。

 この場合ですと、きちんとサイズを計り、できれば知り合いとサイズを比べあったり、それが気が引けるなら、細い人だけでなく、いろいろな人の足を良く見るなどしなければいけません。

 決して、たとえば「本気で脚痩せしたい貴女へ」などと謳うネット広告などに騙されないことなども大事です。もちろんそういった業者の手先であるブログ主や口コミサイト、ツイッターつぶやきなども無視しなければいけません。

>BMI値が18なんですけど、太ってるほうですか?

 BMIはご存知と思いますが、身長・体重から割り出される健康の指標で、健康とされるのは18.5~25(未満)です。健康面から言えば、BMI=18は若干低体重で、増量すべきです。

 しかし、BMIはプロポーションは何も保証しません。ちなみに、下半身が太いとお悩みの女性は、このカテで多く頻出質問です。
 傾向として、BMIが低いのに、下半身が太すぎるとご不満の女性は、上半身が痩せすぎのケースが圧倒的といっていいくらい多いです。

 きちんと適正に重い負...続きを読む

QHPLCのリン酸(トリエチルアンモニウム)緩衝液(pH6.8)の調製

 HPLCの緩衝溶液;リン酸(トリエチルアンモニウム)緩衝液(pH6.8)の調製法を教えてください。
 核酸関連の物質(ATP,ADP,AMP,IMPなど)をHPLCで分離させるために,島津の分析ガイドに掲載されている方法を用いています。その移動相なのですが,100mMリン酸(トリエチルアンモニウム)緩衝液(pH6.8)との記載です。
 とりあえず,考えつく方法で緩衝溶液を調製しました。リン酸溶液にトリエチルアミンを少しずつ加えてpH6.8に調整した後,リン酸濃度が100mMになるように定容しました。
 この緩衝溶液とアセトニトリルを100:1の割合でを用いて分離を行いましたが分離が上手くいきません。緩衝溶液以外の部分は設定を完全に合わせてあるので,緩衝溶液以外に原因が考えられません。
 ご指導の程よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

私も同じアプリケーションを使って分析していると思います。同じように迷いました。
そしてコールセンターに問い合わせ、得られた回答です。
リン酸6.8ml、トリエチルアミン20.9mlを1Lに定容するんだそうですよ。

QBMI値の求め方について

BMI値は体重÷(身長×身長)で計算出来るみたいですが、この式を見て疑問に思ったことがあります。
この式が体重に比例し身長に反比例する式だというのは分かりますが、何故か身長を2乗させています。
どうして身長を2乗するのでしょうか?

Aベストアンサー

BMIは、別名ケトレー指数とも言われ、ベルギーのアドルフ・ケトレーという学者によって考案されました。
そもそもは、人間の犯罪率や結婚率、自殺率などを統計的法則がないかを見出す研究をしようとしていました。そこで、まず、平均人(正規分布の中心に位置する人)を求めることにしました。
このとき、体重と身長を測定し相関関係を見出したところ、体重/(身長)^2という指数を発見したのです。
本来ならば、体積は長さの3乗に比例するので、身長の2乗はおかしいのですが、成人になるにつれ、頭部の重量比率や筋肉などにより、3乗に比例しなくなってしまうため、2乗にすると、ほぼ比例関係になるわけです。
乳幼児の場合は、体重と身長は3乗に相関があり、ローレル指数が用いられています。

Q緩衝溶液について HPLC など

HPLCなどで緩衝溶液を使うと思います。

緩衝溶液とは、定義として弱酸と共役塩基だと思います。
たとえば酢酸と酢酸ナトリウムの混合液など。

つまり「2つ」の化合物を入れて完成するのが定義だと思います。

しかしHPLCでは、ギ酸アンモニウムなど塩だけを入れても緩衝液と言っているような気がします。

このように、ギ酸アンモニウムや、ギ酸、酢酸、うすめのTFAなど「1つ」の化合物を入れただけでも、緩衝液と言うのでしょうか?そして緩衝能はあるのでしょうか?

よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

ギ酸アンモニウムや酢酸アンモニウムは弱酸と弱塩基から成る塩は,強くはないですが緩衝能がありますので,まあ,緩衝液といってもいいでしょう.緩衝液は弱酸と共役塩基 (弱塩基と共役酸) の組み合わせというより,酸なら非解離体の酸と解離体の酸根イオンが,どちらもそれなりの濃度で存在するということに意味があります.その意味では,たとえば酢酸アンモニウムなどは,緩衝力をなんとか出せる範囲内にあるとはいえます.
ギ酸単独,酢酸単独を緩衝液というのは間違っています.ただし,溶離液に緩衝液を使うことが多いために,溶離液を緩衝液と呼ぶ悪習がついてしまったというのもありそうです.あと,液クロの場合は試料濃度も薄いので,ほんとうは緩衝力などはほとんど必要なく,液の pH が再現的に決まるような組成であれば十分という場合が多いということはあるでしょう.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング