オランダとオランダ東インド会社が興隆したのは、いつ頃からいつ頃までだったのでしょうか。
参考になるHPや、文献なども教えていただけるとありがたいです。

A 回答 (1件)

オランダがスペインの圧政からようやかく独立(1581年)し、スペインやポルトガルに遅れは取ったもののアジアの胡椒などを求めてジャカルタに現れたのは1596年でした。

オランダ人はスペイン人やポルトガル人があまり注目していなかったジャカルタに総督を置き、東インド会社(VOC)の商館を開き貿易を始めました。VOCの最盛期には日本の産物も買い付けてオランダに輸出していました。もっとも成功したのが日本製陶磁器(VOCのマーク入り)でした。

1789年フランス革命が起こり、1795年革命軍はオランダに侵入し革命政府を樹立しました。新政府はVOCを特権商人の集団として解散を命じました。軍事力を持った世界最大の商社オランダ東インド会社はこうして幕を閉じました。
詳しくは参考URLを見て下さい。

参考URL:http://www4.justnet.ne.jp/~eden/Hst/indonesia/or …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。学校の卒業論文をやってるんですけど、とても役に立ちました。参考URLにアクセスして、早速プリントアウトしました。

お礼日時:2001/08/31 13:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q五十音順は誰がいつ制定

あいうえおの五十音順ですが、
江戸時代の宝暦年間の本にでてきておどろきました。
五十音順は誰がいつ制定したものでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

僕の考えですが五十音順が確立するには少なくとも4つの過程があったと思います。

1。漢字から仮名へ。
    万葉仮名(=漢字)の奈良時代から、仮名書きの平安時代へと移る過程で、仮名を全部一度だけ使うと言う副産物が出来ます。例は「あめつちの歌」「太為爾(たいに)の歌」「いろは歌」など。

2。頭の子音と、残りの母音とに分ける
    「か」は、 k という子音と、a という母音に分けられる訳です。平安中期の醍醐寺本『孔雀経音義』には「キコカケク」「シソサセス」とあり、これで同じ子音の音節を、母音の同じ順序に並べたことで、中国音韻学の「反切」の影響が見られ、明覚(1056-1101)が書いた本に『反音作法』というのがあるのでも分かります。

3。アカサタナの横の順
    これはサンスクリットの喉の奥から前に進むと言う子音の順、次に流音(ラ行)や半母音(ヤ行とワ行)の順に従っています。

4。アイウエオの縦の順
     これもアイウの三大母音を前に、グナ(エ音)ブルディ(オ音)を後に、というサンスクリットの順にしたがっています。

     高野山の心蓮(?-1181は『悉曇口伝』『悉曇相伝』などという悉曇学(=サンスクリット学)の著書で知られ、多分3と4の順序を決めるのに一役買ったと思われます。

    このように見て参りますと今日の五十音図は12世紀の終わりには出来上がっていたのではないかと思います。

僕の考えですが五十音順が確立するには少なくとも4つの過程があったと思います。

1。漢字から仮名へ。
    万葉仮名(=漢字)の奈良時代から、仮名書きの平安時代へと移る過程で、仮名を全部一度だけ使うと言う副産物が出来ます。例は「あめつちの歌」「太為爾(たいに)の歌」「いろは歌」など。

2。頭の子音と、残りの母音とに分ける
    「か」は、 k という子音と、a という母音に分けられる訳です。平安中期の醍醐寺本『孔雀経音義』には「キコカケク」「シソサセス」とあり、これで同じ子音...続きを読む

Q東インド会社の名前の由来 何故東インド?

先日、東インド会社の東インドとは「インドの東」という意味ではなく……というようなことを
聞いたのですが、肝心の本来の意味が思い出せません。
今すぐ知る必要があるというわけでもないのですが気になって仕方ありません。
どなたか教えてください。

ちなみにその時にとったメモでは
西インド諸島⇔東インド(インドの東という意味ではない)
とあったのですが、ここまで書いてあってもさっぱり思い出せません。

Aベストアンサー

大航海時代以前、ヨーロッパ人が憧れたインディアス(インド)とは、現在の南、東南、東アジア全域を含む地域を指しました。当然、アメリカ大陸は知られていませんでした。

15世紀末にコロンブスが新大陸に到達した時、そこをインディアスと勘違いし、16世紀になってヨーロッパ人による探検がすすんで、未知の大陸と判明しました。アメリゴ・ヴェスプッチの名前が付けられたのは有名な話ですね。

そのような事情から、本来のインディアスと新大陸を区別する必要が生じました。その結果、南、東南、東アジア全域は東インド、新大陸が西インドと呼び慣わされることになりました。

英・蘭・仏の東インド会社、蘭・仏の西インド会社の活動範囲は、喜望峰とマゼラン海峡が境目になります。つまり、喜望峰の西側(アフリカ大陸西岸含む)から新大陸の西岸は西インド。新大陸東岸から喜望峰東側(アフリカ大陸東岸を含む)までが東インドと名付けられました。

QExcel関数で、名簿を五十音順に並べ替える。

Excel関数で、名簿を五十音順に並べ替える。

宜しくお願いします。
元の名簿は、登録順に並べられています。

元の表を参照し、五十音順に並べた表をExcel関数で出来るでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは!
一例です。
↓の画像で説明させていただきます。
Sheet1のデータをSheet2に五十音別に表示するようにしています。

Sheet1に作業用の列を2列設けています。
作業列D2セルに
=IF(A2="","",PHONETIC(A2))
E2セルに
=IF(D2="","",COUNTIF($D$2:$D$1000,"<"&D2)+COUNTIF($D$2:D2,D2))

という数式を入れ、D2・E2セルを範囲指定し、オートフィルで下へずぃ~~~!っとコピーします。
(E列の数値はD列が空白でも数式が入っていればカウントしてしまいますので、
かなりかけ離れた数値になると思いますが、あまり気にしなくてOKです。)

そして、Sheet2のA2セルに
=IF(B2="","",ROW(A1))

B2セルには
=IF(COUNT(Sheet1!$E$2:$E$1000)<ROW(A1),"",INDEX(Sheet1!A$2:A$1000,MATCH(SMALL(Sheet1!$E$2:$E$1000,ROW(A1)),Sheet1!$E$2:$E$1000,0)))
という数式を入れ、列方向(画像ではD2セルまで)オートフィルでコピーします。

最後にA2~D2セルを範囲指定し、D2セルのフィルハンドルでオートフィルで下へコピーすると
画像のような感じになります。
これで、Sheet1のデータに増減があってもSheet2にちゃんと反映されると思います。

尚、数式はSheet1の1000行目まで対応できるようにしていますが
データ量によって範囲指定の領域はアレンジしてください。

以上、長々と失礼しました。
参考になれば良いのですが・・・m(__)m

こんばんは!
一例です。
↓の画像で説明させていただきます。
Sheet1のデータをSheet2に五十音別に表示するようにしています。

Sheet1に作業用の列を2列設けています。
作業列D2セルに
=IF(A2="","",PHONETIC(A2))
E2セルに
=IF(D2="","",COUNTIF($D$2:$D$1000,"<"&D2)+COUNTIF($D$2:D2,D2))

という数式を入れ、D2・E2セルを範囲指定し、オートフィルで下へずぃ~~~!っとコピーします。
(E列の数値はD列が空白でも数式が入っていればカウントしてしまいますので、
かなりかけ離れた数値になると思いますが、...続きを読む

Qオランダがなぜ東インド会社?

先の
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=786034
の回答で、不思議の思ったのですが、
オランダがなぜ東インド会社を設立できるほどの
航海術を持っていたのでしょうか?

 私の認識だと、商業航路の確立には経度の
高い測定技術が必要で、それがなかったために
15世紀にコロンブスは経度方向の位置を把握
しきれず、自分がたどり着いた土地をインドと
思い違いをしたはずです。
 経度方向の測定には精度の高い天体観測データ
が必要だったったため、各国が国立天文台の設立に
乗り出したわけですが、高い観測技術を持っていたのは
イギリスだったことが、今日グリニッジ天文台が
世界標準になっている由縁です。
 そう考えるとオランダがイギリスにならんでいる
理由がよくわかりません。

Aベストアンサー

ご質問の中の「経度測定」に関して以下がご理解の一助になれば幸いです。

グリニッジ天文台設立は1635年です。
イギリス政府が経度を測定するための信頼できる時計の発明者に対して2万ポンドの賞金を出すことにしてクロノメーターを求めたのが1713年。
一介の機械工ジョン・ハリスン(1693-1773)が、求められる精度の時計を発明したのが1735年(ただし、ただの機械工に巨額の賞金を与えたくなかった議会はそれを認めず約40年後にしぶしぶ支払う)です。

これに対して、英の東インド会社設立は1600年、オランダのそれが1602年、フランス東インド会社の設立も1604年であり、グリニッジ天文台設立より30年以上も前です。つまり、当時の航海術に関して言えばapple-manさんのいう「経度の高い測定技術」は不必要であったわけです。(もちろん、それなりの精度はあったはずですけれどね。)

なお、蛇足ですが#2の解答の中の「オランダはスペインの占領下」という表現は誤解を招きやすいと思います。当時のスペイン・ハプスブルク家の所有する領土の一部としてネーデルランド(オランダとベルギー)があったのであり、占領という言葉は不適切であると思うのですが・・

また、オランダがスベインから独立するまでの経緯を簡単に書けば独立戦争の開始は1568年であり、1581年に独立宣言。1588年の英とのアルマダの戦い(英はオランダ独立を支援しスペインは後援者の英を叩こうとした)にスペインが敗れ、1609年の休戦条約でオランダ実質的独立、1648年のウェストファリア条約で名目的にも独立、国際社会で独立国家と認められます。

ご質問の中の「経度測定」に関して以下がご理解の一助になれば幸いです。

グリニッジ天文台設立は1635年です。
イギリス政府が経度を測定するための信頼できる時計の発明者に対して2万ポンドの賞金を出すことにしてクロノメーターを求めたのが1713年。
一介の機械工ジョン・ハリスン(1693-1773)が、求められる精度の時計を発明したのが1735年(ただし、ただの機械工に巨額の賞金を与えたくなかった議会はそれを認めず約40年後にしぶしぶ支払う)です。

これに対して、英の東インド会社設...続きを読む

Q五十音順の並べ方教えてください。

エクセル2007での五十音順の並べ方を教えてください。
調べましたがわかりませんでした。。

社名を五十音順にするには、前(株)(有)だったり、後(株)(有)だったりします。
それを含めず五十音順にすることは可能なのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。お礼の投稿ありがとうございました。

残念ながら、ひらがなとカタカナの混在では、PCがJISで認識しているので無理だと思います。
もう一手間かけて、ふりがなのデータを作りひがなかカタカナに統一して並べ替えるしかないと思います。

Q日本は昔鉱山資源が豊富だったのですか? もしそうなら、いつ頃から[資源のない国]と呼ばれるようになっ

日本は昔鉱山資源が豊富だったのですか?

もしそうなら、いつ頃から[資源のない国]と呼ばれるようになったのでしょう…?

Aベストアンサー

今でもたくさん鉱物資源が埋まっていますが、地中深く掘らなければならず、コストを考えると海外から輸入した方が安くなるので掘らなくなったのです。

Q正しい五十音順について

新入学児童の名簿を男女混合五十音順に作成しました。名字が
「あがつま」と「あかま」では、後者が先のように思いますが、
エクセルやアクセスでは、ソートすると、前者が先になります。
正しい五十音順とは?(または、一般的な・・・。)

                          以上

Aベストアンサー

皆さんの回答にもある通り,もともと国語辞典などの五十音順では,濁点・半濁点はすべて無視して一旦並べ,同順位になった時は清音→濁音→半濁音と並べる,というルールでした。
「か」と「が」を別字とみなして,「あか…」がすべて済んでから「あが…」が来る,という並べ方は,コンピュータによるソーティングが行われるようになってからでしょう。
(文字コード値が「か」<「が」<「き」…なので,単純に1文字ずつコード値をキーとしてソートすればよく,アルゴリズムが簡単になる。)
この方式を単純比較方式と呼ぶことにすると,Excelは当初上,単純比較方式だったのが,Excel97からは伝統的な方式になったということですね。

osioさんは単純比較方式のほうが自然な五十音順だと感じていらっしゃったようで,興味深いものがあります。
コンピュータ関係の業務の経験を相当お持ちなのかなと推察しました。

国語辞典と百科事典とでは,伝統的に長音の扱いに差があるようで,たとえばコーヒーを国語辞典ではコオヒイとみなして,百科事典ではコヒとみなして,排列しているものが多いようです。

文字列のソーティングのアルゴリズムをきちんと記述したものに,JIS規格の,X4061-1996「日本語文字列照合順番」(1700円+税)があります。
いわゆる電話帳順(読みを優先させつつも,同じ漢字は先にまとめて並べる)についても述べられていて,
文字列のソーティングの奥深さの一端を垣間見ることができます。
何だかまとまりませんがこのへんで。

皆さんの回答にもある通り,もともと国語辞典などの五十音順では,濁点・半濁点はすべて無視して一旦並べ,同順位になった時は清音→濁音→半濁音と並べる,というルールでした。
「か」と「が」を別字とみなして,「あか…」がすべて済んでから「あが…」が来る,という並べ方は,コンピュータによるソーティングが行われるようになってからでしょう。
(文字コード値が「か」<「が」<「き」…なので,単純に1文字ずつコード値をキーとしてソートすればよく,アルゴリズムが簡単になる。)
この方式を単純比較方...続きを読む

Q東インド会社

東インド会社


高校生で世界史Bを勉強中です
今17世紀の危機から三十年戦争を復習しました

その中でオランダ・イギリス・フランス が東インド会社を設立とか再建したと教科書にあります(他の国もあれば訂正お願いします)

(1)東インド会社の設立の意図はなんですか

(2)いつの間にこれらヨーロッパ諸国はインドに進出したのでしょうか
それに東インドだけに3国が領土を分かち合うなんて、なぜ出来たのでしょうか(三十年戦争で戦っていたのに…)

(3)なぜ寄ってたかって、3国が同じように同じ名前で設立したのでしょうか

(4)東インド‘会社’とありますが、本当の会社、つまり企業なのですか

(5)ひょっとして、各国の重商主義となにかしら関連がありますか

どなたかご説明お願いします
ちなみに受験生です…(-_-#)

Aベストアンサー

1)
国王の特許をもらって、事業をしまっせ!という宣言のようなもの。
まぁオランダは、国王がいませんが、国家公認というような意味。

事業の主体は、貿易です。
とはいえ、国家が軍事力で守ってくれないので、自分で軍事力を持っていたりしますし、貿易の中には、海賊活動もあります。

2)
インド=海外という意味です。西インド会社なんてのもありました。
イギリスには、モスクワ会社なんてのもあり、これはロシアとの貿易のための(特許を得た)会社。

スウェーデンにも、デンマークにも、ありました。主業務は貿易で、商人が国家から承認されて貿易に行っているだけですので。あるいは、貿易を特許で認めて、利益を国家に払え(=戦費にします)という構造でもあります。

3)
イギリスの親分が イギリス王
フランスの親分が フランス王
スウェーデンの親分がスウェーデン王
と、名乗っているのに対して、どうして、みんなが寄ってたかって同じ 王となのるんですか?と聞くようなものです。
A 国が B地区で 貿易をしている組織 となれば似たような名前になる。

4)
というか、オランダ東インド会社から、会社という組織は生まれた。
1)で書いたような、軍事関係は国家がやってくれるからいらないや・・・とか加減乗除して生まれたのが近代的な意味での会社。

5)
フランス東インド会社などは、「オランダのやり方いいねぇ、もうけるためにやりましょう」というので始まっていますので、重商主義の一環ではあります。

1)
国王の特許をもらって、事業をしまっせ!という宣言のようなもの。
まぁオランダは、国王がいませんが、国家公認というような意味。

事業の主体は、貿易です。
とはいえ、国家が軍事力で守ってくれないので、自分で軍事力を持っていたりしますし、貿易の中には、海賊活動もあります。

2)
インド=海外という意味です。西インド会社なんてのもありました。
イギリスには、モスクワ会社なんてのもあり、これはロシアとの貿易のための(特許を得た)会社。

スウェーデンにも、デンマークにも、ありました。...続きを読む

QPsMemoで[五十音順]をウッカリ押してメモを五十音順に並べ替えた後元に戻す方法はありませんか?

PsMemoで[五十音順]をウッカリ押してメモを五十音順に並べ替えた後元に戻す方法はありませんか?

Aベストアンサー

そのソフトは知りませんが、とりあえずCtrl+Zを押してみては。

Qイギリス東インド会社とイギリスの経済

イギリス東インド会社について調べているのですが、この会社がイギリスの経済に及ぼした影響で具体的にどんなことが考えられますか?

あと、この会社とイギリス政府の政策の関係なんか詳しく知っていらっしゃる方がいたらぜひ教えてください!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

イギリス東インド会社についてどこまで調べられたのかがわかりません。
簡単なことならばwebでも見えます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%A4%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%96
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E6%9D%B1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E4%BC%9A%E7%A4%BE#.E4.BC.9A.E7.A4.BE.E7.B5.84.E7.B9.94.E3.81.AE.E5.A4.89.E8.B3.AA
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E5%B8%9D%E5%9B%BD#.E3.82.A2.E3.82.B8.E3.82.A2.E9.80.B2.E5.87.BA
本を読むのが一番良いと思います。
http://www.hmv.co.jp/artist_%E5%B0%8F%E9%87%8E%E5%8A%9F%E7%94%9F_200000000396055/item_%E3%80%88%E5%B8%9D%E5%9B%BD%E3%80%89%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9-17%E4%B8%96%E7%B4%80%E3%81%AE%E5%95%86%E6%A5%AD%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%81%A8%E6%96%87%E5%8C%96%E3%81%AE%E8%AB%B8%E7%9B%B8_3215089

イギリス東インド会社についてどこまで調べられたのかがわかりません。
簡単なことならばwebでも見えます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%A4%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%96
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E6%9D%B1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E4%BC%9A%E7%A4%BE#.E4.BC.9A.E7.A4.BE.E7.B5.84.E7.B9.94.E3.81.AE.E5.A4.89.E8.B3.AA
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E5%B8%9D%E5%9B%BD#.E3.82.A2.E3.82.B8.E3.82.A2.E9.80...続きを読む


人気Q&Aランキング