親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

私は免許をとって約1年なのですが曲がる時に不安があります。それは山道に行けばあからさまにわかります。運転を変わってほしくなることも多々で困っています。山道で前の車と同じ速度ぐらいで走っているのですがブレーキランプが点燈する時間が私より短いのにどんどん離されます。しかも友人の運転のときとは違い明らかに重力が大きくかかっています。よく曲がるまでにスピードを落としきると言いますが、ハンドルを切るときにはブレーキって離してるものなのですか?もうよく分からなくなっていて困っています。決してブレーキを踏む力が弱いというのではないと思います。そこでブレーキの踏むタイミングと離すタイミングを教えてください。あとハンドルはゆっくり切った方がいいとよく言いますが、山道のようなカーブでもある程度ゆっくり回すのでしょうか?当然普段より早く回さなければいけないのはわかっていますが、ハンドリングにも問題があるような気がします。早く回しすぎているような気がします。どうかハンドリングの面からもアドバイスを下さい。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (16件中1~10件)

40代。

男性。

御質問者様は御車を運転して日がまだ浅いので安全第一の運転を先ずおすすめします。それから徐々に上手な運転を身につけていけば良いと思います。

以下にあげた項目を実践する前に、安全な道で多少なりとも練習をしてください。安全が第一です。

1.カーブの見極めが大切です。

カーブのRの様子、坂道の上がりか、下りかで、通過できる速度を見極めます。進入スピードはその見極め速度に落として進入します。
よくカーレースではスローイン・ファストアウトといいますが、抑えたスピードでカーブを進入し、アクセルをジワーと踏んで加速しつつカーブを抜けていくことが重要です。
カーブ中にアクセルを踏んで駆動をタイヤにかけることにより、安定した姿勢で回ることが出来ます。

2.坂道ではAT車はDレンジ以外に、2レンジを使用する。

Dレンジでは、アクセルワークによるエンジンブレーキがききません。2レンジにレバーを入れると2(2速:セカンド)ホールドになりエンジンブレーキが使用できます。ブレーキによるスピード調整より、きめ細かな調整が出来ますので坂道の上り、下りに効果があります。

3.ハンドルの切り方

ハンドルは、カーブに合ったR(半径)にあわせて切っていく(回す、戻す)ものです。

スピードをあげたから早く切るとかの思いこみは大変危険です。

スピードをあげればあげる程、ハンドルの切り角は小さくなるのが普通です。高速道路で、手でVサインを作った人差し指と中指の角度だけさっと切って御覧なさい。車体が急激な姿勢変化で方向を変えるでしょう。スピードをあげればあげる程ジワーと挙動を確かめながらハンドルは切る物です。

4.カーブの進入に際して、前輪荷重をかける。
  (上級者向け1)

カーブでの進入で車を曲げやすくするため、ブレーキを少し残して進入します。操舵である前輪に車の重心を移動して荷重をかけグリップ力をあげます。これにより速いスピードでも鼻先を曲げカーブを抜ける事が出来ます。

5.カーブに際してブレーキのかけ方
  (上級者向け2)

カーブを進入するにあたってのブレーキのかけ方は、「すっと踏んで」「ぐっとかけ」「ジワーと抜く」です。
最初の、「すっと踏んで」は前輪に荷重を移動させる物です。いきなりハードブレーキングをしますとタイヤがロックするためです。
「ぐっと踏んで」はその荷重でグリップが増したタイヤに本ブレーキをかけます。「ジワーと抜く」は挙動を確認しつつ鼻先を曲げ、カーブでの加速体制の準備です。

御参考になれば幸いです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

まずこの場をお借りしてみなさんにお礼申し上げます。大変丁寧にみなさん回答して頂きすごく前向きに運転できるようになりました。大変感謝しております、本当にありがとうございました。

extさま、本当に分かりやすく丁寧に説明していただきありがとうございました。カーブを見極める力をもっと養っていきたいと思います、エンジンブレーキも見極めて使っていこうと思います。ハンドルも確かにゆっくりかけなければいけませんね。前輪荷重も分かりやすい説明ありがとうございました。最後のブレーキに関する説明には本当に感謝しております。私の一番の問題はブレーキでした。「ぐっとかけ」という部分が抜けてました。後ろに追突されるのではと思い強く踏んでいなかったようです。踏んでるつもりでもほとんどブレーキがかかっていなかったようです。このブレーキを実践するようになってから私の不安も一気に解決しました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/03/24 13:40

初めまして。

ある所の交通機動隊員です。
ご質問の件、運転は初級を前提に回答させて下さい。

基本はカーブに進入するまでに、貴方が安全と思う
所まで減速する事。減速完了後、一呼吸置いてカー
ブに入る程度のタイミングですね。

カーブに入ってからは、なるべく進入時の速度を維
持して下さい。ハンドルを切ると抵抗が増えますか
ら、その分だけ、僅かにアクセルを開けるだけ。

カーブの先が見えて、絶対に大丈夫と確信を持った
ら、ここで初めて、貴方自身が不安に思わぬ範囲で
加速して下さい。

通過中は自車のラインに気を配りましょう。なるべ
く車線の真ん中を維持。センターラインを跨ぐ事は
絶対禁止です。

以上をもう少しスマートに行うには、貴方なりに、
車を進ませるべきラインを考え、その仮想ラインに
沿って走る様にする事です。

これが出来てから、スローイン・ファストアウトを
身につければ良いのです。これとて、公道上では、
スローイン・(心持ち)ファストアウトなのであっ
て、ガバッとアクセルを開ける必要はありません。

ましてや、ヒールアンドトゥなど、レース以外では
必要無し。単なる自己満足ですな。そんな運転は、
ハタで見ると暴走と変わり無しです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

交通機動隊員の方にまでお返事いただけて大変ありがたく感じております。仮想ラインとはなるほどと言う感じです。大変勉強になります。やはり原則が大事ですよね。最も大事なことは事故を起こさないことなので速さにはこだわらずこれから運転していきたいと思います、本当にありがとうございました

お礼日時:2005/03/24 13:21

 質問者様がどのように走りたいのか、つまり、スポーツ走行がしたいのか法規走行をしたいのか、が明確ではないのですが、私は質問者様が法規走行の範疇で困っているとお見受けしましたのでそちらの話を中心にさせていただきます。

はずしてたら、ごめんなさい。
 >ブレーキランプが点燈する時間が私より短いのに~
 当然だと思いますが…制動力が前車と自車で同じとすると、長くブレーキを踏んでいる質問者様の方がカーブへの進入速度(おそらく脱出速度も)が遅くなりますよね。
 >友人の運転のときとは違い明らかに重力が~
 急ブレーキであるか、操作が荒いです。レース風に言えば「ブレーキングで突っ込む」状態だと思います。つまり、進入速度が速いのに、ブレーキタイミングが遅いのです。車に乗って一年ならば、まだ前車について行こうとするより、余裕を持って丁寧なブレーキングを心がける方が良いと思います。この重力が横方向、つまり遠心力によるものならば、オーバースピードによってハンドルを早く切らなければならないという弊害によると考えられるでしょう。
 >ハンドルを切るときにはブレーキって離してるもの~
 先の皆様の仰るように、コーナーアプローチ程度までかけているのが一般的とは思いますが、先述のとおり車に乗って一年ならば、減速・操舵・加速を完全に分けて行うのもまたアリかと思います。慣れてきたら少しずつオーバーラップさせればよいです。また、コーナリング中に踏むのは避ける(避けられるような運転をする)のが常識です。
 >ハンドルはゆっくり切った方がいい~
 先述のとおり、ハンドルを早く切れば大きな遠心力がかかります。快適性を求めるのならば、出来るだけゆっくりと切った方が望ましいといえるでしょう。実現するためにはやはり適切な進入速度まで減速できなければなりません。
 >早く回しすぎているような~
 二通りの捉え方があるのですが
・ハンドルを切るタイミングが早すぎ
・ハンドルを切る速度(角速度)が速すぎ
前者ならば、アウト・イン・アウトやクリッピング・ポイントを考える前にセンターキープで通過できるようにして下さい。後者ならば、進入速度をもっと落としてセンターキープで通過です。

 状況に合う正確さを持つ操作は多くの経験を必要とします。今はまだ甘んじてゆっくり丁寧に走ってみてはいかがですか。頑張ってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ブレーキランプが点燈する時間が私より短いのだから早いのは当然ですよね。とても分かりやすく的確なところを着いていただきどのようにしていけばよいか道が開けた気がします、本当にありがとうございました

お礼日時:2005/03/24 13:16

No12さん


ヒール&トウはシフトダウン時のエンジン回転数をあわせる技術ですよ。
普通はつま先でブレーキ、かかとでアクセルを煽りますね。
    • good
    • 1

私も免許を取り立ての頃、カーブが苦手で色々難しいことを考えたり、ドライビングテクニックなどネットで検索して読んだりしました。



しかし今思うのは結局は数をこなすことだなと思います。普通の車、普通のタイヤ、普通のスピードでスピンすることはまず無いでしょう。しかし対向車線にはみ出す事は十分ありえますね。

自分が安心して曲がれる速度で(たとえ遅くても)、確実にカーブを曲がる、の繰り返しでそのうち悩むこともなくなると思います。

私の場合は、アウトインアウトの最初のアウトは無しで、イン-アウトを意識して曲がってます。
ブレーキはカーブの手前から軽く踏んでスピードを落とします。ハンドルは最初に多めに切って、戻しながら曲がると曲がりやすいような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変うれしいご意見ありがとうございます。私と同じように苦しんでいた人もいたなんて。数をこなせばという言葉に少し希望をもてた気がします。本当にありがとうございました

お礼日時:2005/03/24 10:02

さすがにこういう質問には、答える方が多いですね。


皆さん漫然と坂道を走っているのではなく、ちゃんと、それなりの理論を実践し、身につけて安全運転をされているということでしょうね。

登り坂は、ヘタでも上れますから、下り坂の場合、先輩から3つのポイントを教えてもらい、実践しています。

まずは、「スロー イン ファスト アウト」
スピードを出したままカーブに差し掛かると、ふくらんでカーブを曲がりきれずに転落とか、そこでブレーキを踏むと後輪がスリップして1回転、
従って、カーブに差し掛かる前に充分にスピードを殺すということです。ここではフットブレーキよりむしろ、エンジンブレーキです。ATの2Lとかヘアピンカーブでは1Lもありえます。回転計がついている車では、エンジン回転数がレッドゾーンに入らないよう注意できます。
カーブの先が見えたら、こんどはアクセルです。スリップしかかった車も、アクセルと同時にスリップが止まります。

次が、「アウト イン イン アウト」
対向車の動向に注意しながら、なるべく回転半径を大きくとって危険を防止しながらカーブに入り込み、先が見えてスリップの危険が去ったら、素早く最短距離を行くということです。この走りは、F1レースなどのカーブでの軌跡をみると、どういうことかすぐにわかります。

最後が、「ヒール & トウ」
これは、カーブに高速で差し掛かる際にブレーキを踏む、しかしブレーキを踏むと、スリップしますので、それを押さえるために、駆動輪にエンジンの力を伝えて、スリップを防止するという、技術です。
制限速度を守っている限りは、この技術は不必要なのですが、一流のレーサーは、かかとでブレーキを踏みながら、つま先でエンジンを吹かしている、ということをやっているのです。スピードと、スリップのジレンマを、こういう技術で解消しているのです。

以上の3つは、車の力学に合致して、非常に理論的ですよね。これを頭にいれて、練習してみてください。

でも、対向車に注意、実力にみあった速度でカーブに差し掛かるの2点だけは、絶対に忘れないように、死んではなんにもなりませんぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

スロー イン ファスト アウトですね。そおか、その辺りでアクセルを踏み始めたらいいんですね。勉強になりました。アウト イン イン アウトもできれば意識していきたいと思います。ヒール & トウは難しいテクニックですね。とても一般人には出来ませんね。F1の人たちはこの技術を使っているとは勉強になりました。本当にありがとうございました

お礼日時:2005/03/24 09:59

質問者さんの希望に沿う回答ではないのですが。



コーナリングは天性の素質が大きく作用する領域だと思います。
皆さんの回答を見てピピッとその情景が浮かんで来たら上達するかもしれません。が、頭で理論で考えようとするのでしたら、早く走ろうとは思わない方が無難です。

子供の頃、或いは今でも曲がりくねった山道を自転車ですっとばした事がありますか?
進入速度、ブレーキング、コーナリングライン、脱出速度、次のコーナーへのライン取り等、普通の山道で普通に速い人は子供の頃、鼻水垂らしてチャリンコ漕ぎまくっていた人かも知れません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

確かに天性の才能はあるかもしれませんね。私も小さいときはしょっちゅう自転車に乗って遊びに行ってました。天性の才能は無いにしろ普通の運転が出来るように頑張ります

お礼日時:2005/03/24 09:53

めちゃくちゃ簡単に言います。

とにかく減速しろ

今のスキルでブレーキを遅らせたら120%遅くなるのは間違いない。最悪、事故る可能性が高い
ブレーキを遅らせれば速く走れると思っているのならばその考えは捨てる事
ブレーキを踏むタイミングや量、抜くタイミングや量、全てはブレーキで決ると言っても良いほど奥が深いんだけどイキナリそんな事を言われても無理なんでとりあえずその辺は考えなくても良い

兎にも角にも第一段階は十分にスピードを落とせるようになる事。もっと解り易く言えば"こりゃちょっと遅いだろ…"ってくらいで丁度イイ。この段階では進入速度を上げようなんて行為は絶対にしない事
ちゃんと減速ができているならば余裕をもって旋回できたはず
ここまでちゃんとできていればコーナーも半ばに差し掛かった頃には足がアクセルに移せると思う
そしたらココからはアクセルをガッ!と入れて加速して行けば良い
進入はゆっくりと言ったが加速は別。バシっと踏んで加速させて行こう
↑これをしたい為に(=速く走れる)ゆっくりな進入が必要なんだけど…ちょっと難しくなって来たかな?
これが全部できたらスムーズ、速い、安全なコーナリングになっている

進入でのブレーキ量だがもしコーナー途中でブレーキを踏み足したりハンドルを切り足したりするようならそのコーナーは失敗だと思ってしまっても良い。もっとレベルを下げてより遅い進入で挑戦しよう
逆にブレーキもハンドルも一定のまま微調整なしに曲れたのなら成功と捉えてしまっても良い
後は反復練習して加減を身に付けて行こう

ハンドルは車速が上がると早く操作したくなるがこれも逆。基本的に速度が上がれば操作はゆっくりにした方が間違いない
そしてゆっくりではあるが場面ごとで正確で的確な操作が要求されるようになる

まずは"こりゃ遅いだろ…"ってとこから全ては始まる
    • good
    • 3
この回答へのお礼

確かに事故を起こすことは最悪ですよね。スピードにこだわる前に安全を最優先するべきですよね。バシバシッと言って頂いて何か頑張っていこうと前向きにさせて頂けました。ゆっくりな状態から正確な運転を作り上げていきたいと思います。本当にありがとうございました

お礼日時:2005/03/24 13:27

No.4です。



若いときは峠族でした。国内B級をとり走っていました。

御参考になれば幸いです。
    • good
    • 1

3番のものです・・・



4番の方へ・・・脱帽です・・・・
ここの所FFから4駆に乗り換え、ちょっと
荷重の仕方に悩んでおりました

4,5の所の説明・・「すっと踏んで」「ぐっと掛け」「ジワァーと抜く」ですか・・・練習致します。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコーナー(峠道)で上手に運転する方法

コーナー(峠道)で上手に運転する技術をどなたか教えて下さい。
いつブレーキを離すのか?
いつアクセルを踏み込むのか?
サーキットではなく、日常の運転にもきっと上手・下手があると思います。
調べていると、荷重移動やアクセルで曲がる、
といった言葉が出てきますが、
日常の運転にもそういうことを意識したほうが良いのかどうか。
少なくとも
オーバースピードで突っ込み
惰性で曲がり終えるというのはダメだと思いますが。

ちなみに車はマークXに乗っています。
またドリフトなどには興味ありません。
安全に速く走れるようになりたいと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

スムーズに峠道を流すということでよければ、直線でのスピードを抑えて極力加減速をしない方が良いです。コーナリング速度が限界を超えなければ、挙動が乱れるのは減速と加速の時です。
そして、一番大事なのは走行ラインです。
コーナーリングに入ったら舵角を一定のまま旋回するラインをイメージして、何度か走ってハンドルを固定して旋回できるラインを見つければ、安定してスムーズに走れます(コーナリング中に舵角を修正すると挙動が乱れやすい)。
下りの場合は、クリッピングポイント(一番インに近づく点)を少し奥に取ると余裕が出ます。
勾配が急な上りの場合は、クリッピングポイントを奥に取ると失速しすぎてしまうので、アクセルに軽く足を乗せて理想のラインに乗るようにアクセルを微調節すると良いです。
途中からRがきつくなるコーナーでは、2つのコーナーが連続した複合コーナーとしてイメージして、手前のクリッピングポイントを通過したあと、奥の2つ目のクリッピングポイントに向けてハンドルを切り足して旋回すると、ヒヤッとすることなくスムーズに回れます(切り足しのときに舵角をミスして修正すると挙動が乱れるので注意)。

自分はS2000なのでマークXの旋回性能はわかりませんが、直線を40km/h程度に収めておけば、エンジンブレーキだけできれいなラインで旋回できるかもしれません。(ヘアピンはしっかり減速)
コーナーの侵入と脱出で加減速が少なくてすめば、コーナー進入時に余裕ができ、安定した走行ラインに乗せられます。コーナーリング中に失速してアクセルを踏み足すというのが一番危ないです(横Gがかかっている時の加速のコントロールは難しく、挙動が乱れやすい)。
コーナー進入前にシフトダウン(ATだと2速か+-のスポーツモード?)してエンジンブレーキをかけておくことも重要です。コーナーリング中の挙動が安定します。

スムーズに峠道を流すということでよければ、直線でのスピードを抑えて極力加減速をしない方が良いです。コーナリング速度が限界を超えなければ、挙動が乱れるのは減速と加速の時です。
そして、一番大事なのは走行ラインです。
コーナーリングに入ったら舵角を一定のまま旋回するラインをイメージして、何度か走ってハンドルを固定して旋回できるラインを見つければ、安定してスムーズに走れます(コーナリング中に舵角を修正すると挙動が乱れやすい)。
下りの場合は、クリッピングポイント(一番インに近づく点...続きを読む

Q山道って、このくらいのスピードで走れなきゃダメなんですか?

ある山道(制限30km/h)で必ず煽られるのですが、今日は車列の最後尾で追いかけてみました。

そうしたら制限速度なんてとんでもない。ちょっと直線があれば70km/h程度出します。道が狭いので、対向車が来るたびに強い恐怖を感じます(頼む!ぶつからないでくれ!と)。カーブもあまり減速しないので、すごい遠心力を感じますし、タイヤも高い音で鳴ります。

そんな走り方だったので、途中で懲りていつもの走り(制限+10程度)に戻りました。そうしたら1分もしないうちに後ろから別の車が来て、ハイビーム攻撃されました・・・。

しかし、車列はいわゆる走り屋の車ではなく、車列にいるのはワゴンや営業車、軽といった、ごく普通の車です。
それを考えると、山道ってこのくらいが常識なのだろう、そしてそれができない私は運転の技量が不足しているのではないか。そんな風に感じてしまいました。
どう思われますか?

Aベストアンサー

人それぞれ 自分のペースがあります。
当然そのペースは人それぞれ違うので、直線で速い人やカーブで速い人、速度も常に一定速ではなく臨機応変に変則(変速)して、追い着いたり追い着かれたり 平均して同じペースになると車列が形成されますね。

ただ単に そう言った速い速度で走る人と比べて、質問者様の走行ペースは違う ただそれだけの事です。
劣等感など感じる必要はありませんよ。

技量という言葉を使うなら
後方から来た速い車を安全な所で速い時点で先に行かせてあげる。
慣れると、速い車が追い着き 減速させずに追い抜かせてあげれるようになります。
すると 追い抜いて行った方も、先に行かせた方も 気分良く走行出来ます。
これも技量 私はそう思います。

QAT車のSとLはどう時使うの?

免許はAT限定ですが、教習所ではP、N、R、Dしか教わってなかったですね。SとLについては教官に聞きましたが、あんまり使わないって言われました。

最近MTの運転方法などいろいろ車について調べて、やはりSとLエンジンブレーキがより聞くみたいので、減速の時に有効かなと思いました。

後教本に上り坂ではSって書いてありますね。

果たして、実際はSとLは使いますか?

Aベストアンサー

私の車はカローラフィールダーです、SとLですが、車種によりS=2とL=1と言う表示もあります。

あくまで私の場合ですが、Lはまず使わないでしょう、1回2回は使った事あります、街中ですごい急な雪の積もった坂道で、本当に怖かったです、雪道でブレーキは怖いので初めてLを使いました、スタッドレスですが無事に滑らずおりれました、上る時は下見無いから怖くなんだよね。。。上れたんだから降りれると思ってましたが、下を見るとやはり怖いw。

Sは山道で使いますね、上る時はDでは何度も変速するのでSで固定して上って行きますね、パワーもDよりは楽に出ますしね。
降りるときはエンジンブレーキ効かすためにSに入れたりはします。
Dで頻繁に変速されると乗ってる人も疲れると思うしね、運転も疲れる。

何時どの様に使い分けるかは、人それぞれだろうし、車種の排気量によっても変わるだろうしさ、こう言う使い方だ~っと確定は難しいと思うよ、私の車は1500ですから、Dで六甲山なんてしんどいけどSなら結構楽に上がって行けるだよね、車にパワー無いからね仕方ないと思ってます。
結構雪道も走るけど、SやLは雪道だからと言って殆ど使った事ないかな、勾配で怖い時はSやLでエンジンブレーキ効かしたりするぐらいかな、まあ街中や高速では使わないわな。

峠や雪の絡んだ勾配で使う物と思って良いんじゃないかな、質問者様が使ってみて、旨く使う分けて、楽な運転や同乗者の事を考えた運転をしたら良いんじゃないかな。
Sでも60~70km程度でるからね、燃費悪そうだけどw相当な急勾配でないと使わないけどね。

試しに使って見ると良いと思うよ、使わないと比較出来ないからね。

私の車はカローラフィールダーです、SとLですが、車種によりS=2とL=1と言う表示もあります。

あくまで私の場合ですが、Lはまず使わないでしょう、1回2回は使った事あります、街中ですごい急な雪の積もった坂道で、本当に怖かったです、雪道でブレーキは怖いので初めてLを使いました、スタッドレスですが無事に滑らずおりれました、上る時は下見無いから怖くなんだよね。。。上れたんだから降りれると思ってましたが、下を見るとやはり怖いw。

Sは山道で使いますね、上る時はDでは何度も変速するので...続きを読む

Q峠や山道で速い運転者

道が曲がりくねっていてすれ違いにも苦労するような、そして、制限速度も40のような所でも速い車っていますよね。私が道路状況に合わせて運転していても(ファミリーカーです)いつの間にか後ろにつかれていたり。もちろん、譲れそうな所で左に寄せて先に行ってもらいます。急ぎたい人はお先にどうぞってことで。

そこで、質問ですが、なぜスピードも出しにくそうな狭い道であんなに急ぐのでしょうか?
私もスピードを出すことはありますが、それは高速道路や自動車専用道路・見通しが良く大型車同士が余裕ですれ違える道路に限ってのことです。

ふと疑問に思いましたので、質問させていただきました。

Aベストアンサー

安全に対するアプローチの違いでは?

山道は加速と減速にメリハリをつけて、
タイヤにしっかりと荷重を掛けて走るほうが、
安全かつ簡単に走らせることができます。
そのためには、道路状況を把握する必要があるため、
次のことを常に確認しながら走っています。
・2~3つ先のカーブまでを地形から読む。
・先行車の動きから先の状況を読む。
・カーブミラーの向きやガードレールの設置状況、
 対向車のスピードからカーブの曲がり具合を読む。
・音で回りに飛ばしているクルマやバイクが居ないことを読む。
・路面の汚れ具合から大型トラックが日常的に走る道かを読む。

そしてそのようにして走った場合、
カーブの中でのスピードはファミリーカーと
同じ程度でも、加速と減速のマージンで
簡単に追いついてしまうのです。

ファミリーカーの多くはスピードを出していませんが、
運転にメリハリがないためクルマが曲がってなく
結果、カーブの中でハンドルを切り足したり
ブレーキを踏んだりと危険な操作をしています。
また漫然と運転している人も多くいます。
いつも危ないなぁと思っています。

Q卒業検定に落ちた人!

卒業検定に落ちた人!
(ペーパー試験じゃなくて、実技の方)

どの理由で落ちたか教えてください。
あと10日程で、卒業検定です。
参考にさせてください。

Aベストアンサー

一般的なことは,皆様が書かれている通りです
自分は一発合格でしたが
私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります
参考まで

交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが
検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断
トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました
ところが,トラックは信号待ちではなく
交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった
検定者は誰も気付かず教官に指摘された
ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返しで
抜けられるところ,未熟なため列から抜け出せず
全員が100点原点で不合格になった(実話ですよ)

ポイントは状況判断ミスと走行不能による検定中断になったため
一般的なことは皆様書かれているようなことで
おそらく,質問者様もある程度予測できていることも
あると思います
上のような,予測不可能な事態に巻き込まれたとき
如何に判断して抜け出せるかだと思います

運とか,こういう場面に出くわす確立とか
ありますが,平常,冷静を保つことが大事です!!

一般的なことは,皆様が書かれている通りです
自分は一発合格でしたが
私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります
参考まで

交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが
検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断
トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました
ところが,トラックは信号待ちではなく
交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった
検定者は誰も気付かず教官に指摘された
ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返し...続きを読む

Q山道、下り、カーブはどのようにする?

超、初心者です。

山道のカーブ、下りが怖くて、かなりスピードダウンしてます。 後ろがいない時にはマイペースでいいのですが、乗用車の間に入っている時には、困ってしまいます。(車よりも遅いペースという事です)

ラインは本を見て、多少は分かったのですが、ブレーキ、エンジンブレーキ、アクセル、車体の傾けなどのタイミングが分かりません。

感覚で、次第に、身体で覚えていく、でしょうから、焦ってはいないのですが、「アドバイスをいただきながら、試して、早く上達」したいと思います。
目標は「速いコーナーリング」ではなく、「車と同じペースで下り坂を、安全に、カーブの向こうに、故障車があっても大丈夫」な走行です。

よろしくお願いいたします。
   ・ハーレー、ローライダー
   ・乗り始めて1ヶ月(バイク歴)
   ・50代

Aベストアンサー

外足に加重を置く練習をしてみてください。
これさえ出来れば立ったままでも運転できます。

大型バイクは大型バイクの乗り方を正しくマスター
しないと危険な乗り物です。
でないと周りも不幸にします。

まず広辞苑を用意して右側に45度倒してみて
ください。その時広辞苑の左下を人差し指で
支えてみてください。
きちんと支えれば80度でも倒れませんよね。

これが「外足加重」の原理で、ステップの役割です。

大型バイクはエンジンのトルクがあるから出来るの
ですが、倒れかけてもアクセルを少し開けると
立ち上がります。これを活用したのが大型バイク
の乗り方です。教習所や大型の試験もそこを
ポイントとしています。

コーナーに入る前はブレーキでスピードを
抑えます。すると倒れようとする側に車体が
傾きます。ここで注意しなければならなのは
クラッチに絶対手をかけてはいけません。
クラッチを切ったら簡単に倒そうとする方向へ
倒れてます。唯一倒れかけたた重いバイクを
起こしてくれるのはアクセルと外側のステップへの
加重です。ですからクラッチはつないだまま、
軽くブレーキでスピード・コントロールをして
みてください。

顔・視線は真っ直ぐ進む方向のみを見てください。
バイクは視線を向けた方向に進む乗り物です。

ここで重要なのは倒れる反対側のステップだけを
思いっ切りふんばります。
絶対にたおれません。倒れる時は踏ん張りが
足りないときやクラッチを切った時、倒れる
方向に視線を持っていった時です。

昔は試験コースを全てステップに立って走り、
コーナーは倒れる側に片足を上げて練習した
ものです。

コーナーが終わりかけたらアクセルを開いて
みてください真っ直ぐ立ち上ります。

ちなみに坂道や雨道は必ずエンジン・ブレーキ
を活用してください。でないとスリップやロック
して事故に発展する可能性

ハーレーは飛ばすバイクではありません。
でも、正しい乗り方をしないと大変なことになります。400ccの3倍、原付の27倍の馬力があります。

車が来ようが原付が来ようがゆっくり安全に
走ってください。

外足に加重を置く練習をしてみてください。
これさえ出来れば立ったままでも運転できます。

大型バイクは大型バイクの乗り方を正しくマスター
しないと危険な乗り物です。
でないと周りも不幸にします。

まず広辞苑を用意して右側に45度倒してみて
ください。その時広辞苑の左下を人差し指で
支えてみてください。
きちんと支えれば80度でも倒れませんよね。

これが「外足加重」の原理で、ステップの役割です。

大型バイクはエンジンのトルクがあるから出来るの
ですが、倒れかけてもアクセル...続きを読む

Qいつから一人で運転しました?

こんにちは。
12月の末に免許を取得しました。
現在、父親を隣に乗せ練習を重ねているところですが
早く一人でドライブに行きたいと思っています。

両親は、1年経たないうちは一人で運転は無理だと
言うのですが、みなさんは免許取得からどれくらい
の期間を経て一人で運転しましたか?

みなさんの様子をお聞かせください。

Aベストアンサー

免許取得おめでとうございますー。

私は免許取得日から2・3日母親が乗ってましたが隣でごちゃごちゃ言われるのが嫌で1年程まともに運転してませんでしたが(取得日は母親の車でしたが後は叔母から譲り受けた車)、1年経った時に必要に迫られて1人で乗る様になりました。
1年まともに運転してない事とその日が大雨、おまけに帰りは街頭もまともに無い夜だったのが良かったのかそれからはずっと1人です。
3ヶ月前位に車を買って貰って結構無謀に運転してますが今まで全く事故はありません~。
因みに譲り受けた車と今の車はMTです。
事故ったら母親から雷が落ちるのと、金銭が関わる…!というプレッシャーが良いのかも。

Q道路の白線・黄色線は「はみ出し禁止」?「追い越し禁止」?車線変更は?

道路の白線・黄色線について疑問に思っています。過去の質問を拝見しましたら、白・黄色の実線について
「はみ出し」を禁止している
「追い越しのためのはみ出し」を禁止している
「追い越し」を禁止している
との回答を眼にしました。

1)どの見解が正しいのでしょうか?


2)1)の回答にもよりますが、車線区分線としての白・黄色の実線の場合には、車線変更は禁止なのでしょうか?

「はみ出し」禁止であれば当然ダメでしょうが、「追い越し」禁止であれば車線変更は可能なような気がします。しかし、その場合は「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別がつかず、どこから違反とされるのかわかりません。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分へのはみ出しは禁止。

(道幅が狭いため、駐車車両や道路工事、また軽車両を追い越すなどやむを得ない場合には、中央線の右側へはみ出すことが出来る)

「追い越し禁止」の標識がある場合は、右側へはみ出すことはもちろん、はみ出さずに済む状況であっても、追い越しそのものが禁止されます。


次に

◆実線の車線境界線(白色・黄色とも)

実線部分では、車線変更そのものが禁止されます。白・黄色ともに。

※交差点(内部)と、その手前30メートル以内はもともと「追い越し禁止」場所ですから、仮に点線(破線)の車線境界線であっても、追い越しのための進路変更(車線変更)をすることは出来ません。
(優先道路を走行していて信号機のない交差点の場合は除外。←あまり考えなくて結構です)

テキストには、「追い越しが禁止される場所」として7項目の記載があると思います。
それらの場所では、追い越しをしようとして進路変更(車線変更)しただけでも違反行為と考えられます。

●「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別 について。

クルマはその速度に応じた車間距離を必要としますが、最低限必要な距離としては、前車が急停車した場合に追突しない距離と考えられます。
次に、追い越す動機としては、速度差があるため前車に対して、最低限必要な距離程度までに近づいてしまったから、という理由が挙げられると思います。
(勿論、急いでいる場合もあるでしょう)

追い越す意識(目的)があるかどうかという心理は、遠目には分かりませんが、車間距離がギリギリまで近づいていた場合には、意図していたと判断されるのではないでしょうか?
追い越す必要がなければもう少し車間距離を取るでしょうから。
特に速度を上げて接近していった場合には、その速度差から、追い越す意識があったと判断されると思われます。

現実的には、追い越しのための車線変更自体が違反行為となるケースが多いと思いますが、単純に追い越す意図があるかないか、を判断する材料はギリギリの車間距離か十分な車間距離か、また、前車と同じ速度であったか、速い速度で接近中であったか、だと考えます。

前車と十分な車間距離があり、速度も同程度の場合には、単なる車線変更と見なされると思います。

どうぞご安全に。(元、指導員より)

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分...続きを読む

Qカーブを曲がる時の速度について

最近、脱ペーパードライバーをしたばかりです。
いろいろ不安だらけです。

カーブを曲がる時の速度についてなのですが、カーブに入る時に速度を落として、カーブを曲がりきったところで、速度を出すという走り方で、正しいでしょうか???

Aベストアンサー

基本的には[スローIN ファストOUT]と教習所の本には書いてありますが・・・
ただこれは車の走らせ方と路面状況と駆動方式で臨機応変ですよ
例えばカーブ旋回時は惰性で走るのと加速していくのとでは加速していった方がタイヤはグリップします
特に雪道など体験すると分かるのですが4WDとしてカーブ旋回時にアクセルを踏まずにハンドルを切ると車が流れます ただしハンドルを切りながらアクセルを踏み加速状態にすると流れません WRCなど見てると分かると思いますが,カーブではアクセルを踏みパワードリフトで車体をカーブ脱出口へ傾けます
私はスノーボードが好きなので夏でもつるつるタイヤでわざと雪道路面みたいに運転しています
カーブの曲がり方で,下手な人はカーブに入るとブレーキを踏み直線になった所で加速していきます
このような人はカーブに入った時に速度オーバーしていると間違いなく事故る人達です
私が推奨する運転はカーブ前に速度を落としMTなら2か3速に入れておきます(できればブレーキと同時にギアも変えれるとスムーズに減速できます 属にヒール&トゥと言いますが)そしてカーブにはいりハンドルを切っていくと同時に少しずつ加速してカーブを抜け終わった時には直線を走っているのと同じ程度の速度(50~60Km)になっていれば相当上手に曲がっているでしょう これがマスターできればスムーズに曲がっているのにこれができない後方車がカーブ旋回後に車間が広がるのがすぐ分かります あとこんな事はないと思いますがこれができる人に車で特に4WDで追われたら上記運転ができなければ絶対逃げ切れません
基本は[スローIN ファストOUT]ですよ

基本的には[スローIN ファストOUT]と教習所の本には書いてありますが・・・
ただこれは車の走らせ方と路面状況と駆動方式で臨機応変ですよ
例えばカーブ旋回時は惰性で走るのと加速していくのとでは加速していった方がタイヤはグリップします
特に雪道など体験すると分かるのですが4WDとしてカーブ旋回時にアクセルを踏まずにハンドルを切ると車が流れます ただしハンドルを切りながらアクセルを踏み加速状態にすると流れません WRCなど見てると分かると思いますが,カーブではアクセルを踏み...続きを読む

Qフロントに荷重移動して曲がる??

荷重移動を使う事で前輪のグリップが上がるのは理解できますが、
それってブレーキを踏みながら曲がるという事ですか?
(だってブレキーを離すorアクセルを踏むと前荷重がなくなりません?)

でもブレーキを踏みながら曲がる(カーブの途中で踏む)
のは運転が下手クソと言いますよね??

別にサーキットで走るとか峠を走るワケではありませんが、
日常の運転の中にうまく取り入れられたらなと思い質問させてもらいました。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>日常の運転の中にうまく取り入れられたらなと思い質問させてもらいました。

まずはこういう技術を日常に取り入れることは必要ありません。というかそういう状況にすべきではありません。
コーナー手前で確実に減速し終わり安全確認をしゆっくりと曲がることをすべきです。

回答といたしましては・・・ブレーキを踏みながら曲がり始めます。
まず、減速でタイヤの縦のグリップを使用します。これが本当に目一杯であればハンドルを切っても曲がりません。
そこで、ブレーキを少し戻すことにより曲がるための横のグリップを使えるようにしてあげます。減速しながら曲がっていくわけですね。そしてクリッピングポイント手前までには横のグリップのみにスムーズに変換し終わった時には車の向きの変更を終えている状態になっているようにしているので今度は加速開始です。このへんのバランスは人やマシンによって違うかもしれません。(わかりづらい文章で済みません)。タイヤの縦のグリップを横に変換する荷重移動・サスの動作をスムーズ仕事させるということが大切です。

>でもブレーキを踏みながら曲がる(カーブの途中で踏む)
>のは運転が下手クソと言いますよね??
これは速度が出すぎてしまい曲がれなくなったため途中で余計なブレーキをかけると言うことだと思います。結果的にロスになり速く走れません・・・よって下手と言うことに。

>(だってブレキーを離すorアクセルを踏むと前荷重がなくなりません?)
ある意味、一番悪いパターンです。前荷重抜けてコーナリング開始するので遅いし、なおかつギリギリまで突っ込んでいることが多いでしょうから危険でもあります。サスの動作も派手に伸び縮みしてパッタンバッタンさせるのでマシンは不安定になります。

最後にもう一度、荷重など考えずにゆっくり走ることが一番です。事故を起こさない、他人に迷惑をかけないことが大切です。

>日常の運転の中にうまく取り入れられたらなと思い質問させてもらいました。

まずはこういう技術を日常に取り入れることは必要ありません。というかそういう状況にすべきではありません。
コーナー手前で確実に減速し終わり安全確認をしゆっくりと曲がることをすべきです。

回答といたしましては・・・ブレーキを踏みながら曲がり始めます。
まず、減速でタイヤの縦のグリップを使用します。これが本当に目一杯であればハンドルを切っても曲がりません。
そこで、ブレーキを少し戻すことにより曲がるため...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング