10円玉を醤油につけておくと、ピカピカになるんですが、その理由がわかりません。わかる方おしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

醤油に含まれる塩分と、発酵生成物の酸の作用だと思います。

塩分と酸が「協力」すると、反応が進みやすいらしい。(醤油に酢をまぜると、速いでしょう)

反応自体は、私も「錆を溶かしている」のだと思います。銅の「還元」反応は「吸熱」反応なので、常温で「普通の食品」にできる芸当ではない。(そんなに簡単に銅の還元ができるなら、古代人が銅の製造に苦労していない)
    • good
    • 0

以前類似した質問でちょっと気になっていたことがあるので指摘しておきます。



十円玉がぴかぴかになるのは、醤油などの還元作用のためではありません。酸化した銅を溶解する作用によるものです。

十円玉の黒っぽい汚れは酸化銅CuOによるものですが、醤油などはこれを溶解して銅のイオンCu2+の形に変えます。この溶解反応の前後において銅の酸化数は+2であり、変化していません。仮に水溶液中で2価の銅を0価の金属銅に変えるとしたら相当強力な還元剤を使わなければならないでしょう。

醤油が十円玉をきれいにする作用は、醤油のキレート剤としての作用なども働いていると思いますが、詳しくはわかりません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

詳しく教えていただいて、ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/04 08:04

純粋な銅というのはピカピカしているのです。


新しい十円玉は何もしなくても光ってますよね。
では何故古い十円玉は光っていないのかというと、あれは汚れているのではなくて、錆びてるのです。
酸化というのですが銅をほっておくと空気中の酸素と結びついて酸化銅という銅とは別の物質に変わります。この物質の色が古い十円玉の色と考えてください。
そこでその酸化銅を醤油に入れると醤油の中には銅よりも酸素と結びつきやすい成分があるので酸化銅は醤油にどんどん酸素を奪い取られます。(これを還元といいます)
その結果酸化銅は普通の銅に戻ってピカピカの十円玉になるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

pukkurimenさんどうもありがとうございました。
胸のつっかえがとれてスッキリしました。

お礼日時:2001/09/03 21:42

何回も似た質問が出ています。

1例として参考URLをどうぞ。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=91960
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
いろいろ参考になりました。

お礼日時:2001/09/03 21:49

10円玉の汚れは銅の表面の酸化によるものです。


しょうゆにつけるときれいになるのは、中に含まれる酸の成分による還元作用(酸化した物質を元に戻す働き)によるものです。
ですから他にも酸が含まれているものにつければピカピカになります。
一例として タバスコ、レモン汁、ソース等々・・・。
いろいろ実験してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

pop7777さんどうもありがとうございました。
これからもいろいろな実験をしてみたいとおもいます。

お礼日時:2001/09/03 21:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q算数です、誰か教えてください! 500円玉、100円玉、50円玉、がたくさんあります。750円をはら

算数です、誰か教えてください!
500円玉、100円玉、50円玉、がたくさんあります。750円をはらうとき、硬貨の出し方は全部で何通りありますか。ただし、おつりが出ないようにし、使わない種類に硬貨があってもよいものとします。

Aベストアンサー

まず、500円玉を使う時と、使わない時の2パターンに分けます

500円玉を使う時は、後250円をどうするかですね。
①100円玉を使わない時、50円が5枚
②100円玉を一枚使う時、50円が3枚
③100円玉を二枚使う時、50円が1枚
の3通り。

500円玉を使わない時は、100円と50円だけで750円にしないといけないので、
①100円x0、50円x15
②100円x1、50円x13
③100円x2、50円x11
④100円x3、50円x9
⑤100円x4、50円x7
⑥100円x5、50円x5
⑦100円x6、50円x3
⑧100円x7、50円x1
の合計8通り。

合計11通り。

Q10円玉は4.5gなのですか?

よろしくおねがいします。

10円玉は4.5gなのですか?

4.500gということでしょうか?

例えば、10円玉が20個だと、4.5×20で90.00~90.04gになるのでしょうか?
もしくは、89.05~90.00?

多ければ多いほど、誤差が生じるとしたら、その誤差の正体は?
どの位から誤差が生じるのでしょうか?

個人的には、少ない枚数でも直ぐに算式どおりにならなくなる気がします。

Aベストアンサー

10円の規格は通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律施行令によると


三 十円の貨幣
素材 青銅
品位 千分中銅九百五十、亜鉛四十以下三十以上、すず十以上二十以下
量目 四・五グラム
形式   直径 二十三・五ミリメートル


となってます


したがって4.5gと成ります


大阪市の造幣局で、製造貨幣大試験方法 検査年1回で

10円の検査方法は

10円青銅貨幣 1,000枚あたり
15グラム 1,000枚あたり

合格範囲
規格4,500グラム
4,515グラム~4,485グラム


実際の試験では1g程度の誤差程度しかありません

ほぼ誤差0か1g程度までです。

Q何個かの玉が入っている袋がある。この袋から40個の玉を取り出し、すべてに印をつけて袋にもどし、よくか

何個かの玉が入っている袋がある。この袋から40個の玉を取り出し、すべてに印をつけて袋にもどし、よくかき混ぜてから35個取り出したところ、印のついたものが5個あった。この袋には、はじめに約何個の玉が入っていたと考えられるか。
という問題です 標本調査の問題なのですが意味がよくわかりません バカでもわかるよう教えてください。

Aベストアンサー

No.1さんのおっしゃるように、全部の玉の数をXとして、
  40/X = 5/35
より
  X = 280
が想定される数ですが、「標本調査の問題」というからには、これだけでは不足で、母集団の統計的な推定をすべきなのではありませんか?

 母集団の中には、ある確率(p とします)で印の付いた球が存在し、n個取り出したときに「印ありk個、印なし(n-k)個」となる分布は「二項分布」になります。
 この確率が
  P(k) = nCk * p^k * (1-p)^(n-k)
となり、期待値は
  E = np
標準偏差は
  σ = √[np(1-p)]
となります。

 全部の玉の数をXとして、玉に印が付いている確率は
  p = 40/X
 n=35のときの観測結果が「期待値」と仮定すると、
  E = 35 * (40/X) = 5
より
  X = 280
この場合の標準偏差は
  σ = √[35 * (40/280) * (240/280)]
   = √[35 * 6/49 ]
   = √[30/7 ]
   ≒ 2.07
ということになります。

 つまり、95%の信頼度(1.96σ)で、袋の中には
   276~284個
程度の玉があると推定されます。

No.1さんのおっしゃるように、全部の玉の数をXとして、
  40/X = 5/35
より
  X = 280
が想定される数ですが、「標本調査の問題」というからには、これだけでは不足で、母集団の統計的な推定をすべきなのではありませんか?

 母集団の中には、ある確率(p とします)で印の付いた球が存在し、n個取り出したときに「印ありk個、印なし(n-k)個」となる分布は「二項分布」になります。
 この確率が
  P(k) = nCk * p^k * (1-p)^(n-k)
となり、期待値は
  E = np
標準偏差は
  σ = √[np(1-p)]
となります...続きを読む

Q簡単な考え方を教えてください! 500円玉、100円玉、50円玉が沢山あります。750円を払うとき、

簡単な考え方を教えてください!
500円玉、100円玉、50円玉が沢山あります。750円を払うとき、硬貨の出し方は全部で何通りありますか。ただし、お釣りが出ないようにし、使わない種類の硬貨があっても良いものとします。

Aベストアンサー

半端な金額となっている、50円から考えましょう。

50円 1枚 残り 500円 1枚 100円 2枚、100円 7枚  2通り
50円 3枚 残り 500円 1枚 100円 1枚、100円 6枚  2通り
50円 5枚 残り 500円 1枚               1通り
50円 7枚 残り         100円 4枚       1通り
50円 9枚 残り         100円 3枚       1通り
50円 11枚 残り         100円 2枚       1通り
50円 13枚 残り         100円 1枚       1通り
50円 15枚                         1通り

計 10通り

参考までにる

Q10円玉って

10円硬貨や100円硬貨をなぜ10円玉、100円玉というのでしょう。
「玉」というと、どうしても球形を想像してしまうのですが。

Aベストアンサー

玉は球形だけを意味するのではなく大事な物を表します(宝物など)。球形(円形)は大事な物のひとつの形に過ぎません。硬貨は大事なお金であり、発行当初はそれなりの価値がある訳ですが、時の経過とともに価値が下がり、宝物のイメージは薄らいでしまいます。又、昔は同等の価値を持つ紙幣があったので、紙幣と区別するために庶民が玉(円形)という愛称で呼ぶようになったのかもしれません。

広辞苑によれば、玉は人に対しても使われ、上玉ー美しい芸妓など。また意味が変って[あいつもいい玉だ]とさげすむ意味でも使われるとあります。今日、一円玉、10円玉と呼ぶとき、大事な物、美しい物の気持ちはなく、むしろさげすみの気持ちが強いかもしれません。これは貴様(あなたの敬称)が見下した(お前、て
めー)の意味に変ってしまった現象と同じでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報