出産前後の痔にはご注意!

私はDVDやCDのような光を利用したメディアはテープやレコードとは違って、半永久的に保存が可能だと今まで信じていました。そしてそれこそがDVDやCDの最大の魅力だと思っていました。

ところが最近「保存状態が良くてもCDは20年前後が限度、DVDはCDよりはもつが、それでもいつかは観れなくなる。」という話を聞きました。
これについて何かご存知の方、すでに経験された方おられましたら教えてください。

お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

事実ですね。

CDはソニーとフィリップスが開発したもので、最初に開発されたCDは81年頃登場し、それは実際に樹脂層の劣化によってデータはそこに存在するが、読み出し時の光学反射率が悪くなり正常に読めなくなるということが分かっています。要は、データが消えるわけではないが、データのあるディスクと接触することはなく、その間に空気の層とディスクの保護層があり、保護層の部分が痛むため読み出すことができない状態になるのです。(以下に詳しく書きますがCD-ROMの場合です)

これは、99-2000年に明らかになったことで、それまでは開発元ですら半永久を謳っていましたからね。知らなくても、信じられなくとも当然です。(これは、新聞にも載りましたからね)

CDもDVDも保護層は、当初人工樹脂を使っていました。これらは、劣化するのですよ。まあ、ゴムを放置していたらどうなるかを考えれば分かりやすいでしょう。放置しておくと徐々に弾力がなくなり、ぱりぱりになってしまうこともあります。ただ、どのゴムも絶対にある期間でそうなるわけではありません。
保存場所や環境によってその時期には変化があるのです。CDではおよそ20年は持つがそれ以降は分からないというのが正しい解答でしょう。

これは、あくまでプレスされたCD-ROMの場合です。音楽CDなど音楽が収録されて販売されているセルCDなどがCD-ROMになります。このセルディスクは、基板であるポリカーボネートに直接凹凸を付けるため、物理データが消えることはディスクを割ったり、レーベル面から記録面が透けるほどの傷を付けない限りありません。これは、私はCDをほとんど持ってないので分からない。レーベルから記録面に突き抜ける傷が付いて読めなくなったことはありますけどね。


CD-RやRWなどのメディアはまた別物です。
CD-Rは有機色素を記録に用います。有機色素に熱と光を加えることで凹凸を作るのです。この方式では、熱と光を使って記録することがネックとなります。同じ熱と光を外部から与えられれば記録するのと同じ効果が伝わることになり、データが破損する原因となるのです。
CDドライブの読み出しレーザーぐらいなら問題ありませんが、直射日光や高温多湿の場所などでは色素が変化しデータが消える恐れがあります。
CD-Rは真夏に記録面を上にして車のダッシュボードの上に直射日光が当たるように放置すれば1週間持ちませんよ。(ちなみに、これは一ヶ月で消えた覚えがあります)

CD-RWは、変化が一回限りの色素とは異なり、相変化記録素材と誘電層を用いた相変化記録をします。これもCD-Rとほとんど同じ原理で光の反射率を相特性変化によって変えることでデータを記録します。
CD-Rよりは、層が多層で光と熱が届きにくいため外光に強いですが、CD-Rより傷に弱くもちろん熱や光が強ければ長持ちしません。書き換えを繰り返した場合も、残留核が残ることがありデータ信頼性が低下します。
(こちらは、2週間で読めなくなったディスクがありますね)


DVDに関しては、CDよりは強いですが、およそ30年ぐらいは大丈夫とされますが、これもROMの場合です。(初期のセル製品です)結局記録する層は同じような構造ですからね。

DVD-RもCD-Rと同じ、DVD-RWや+系メディアもCD-RWと同等です。ちなみに、DVD-Rは一週間で最外周付近でのブロックノイズが目立つようになったディスクがありますね。CD-Rもそうですが、記録品質の善し悪しも関係しますので注意。

DVD-RAMは、別物と考えてください。DVDドライブでの読み出し互換は低いですが、ハードウェアベリファイと多層によって外光による刺激には強いです。特にカートリッジならデータの破損率は低いでしょう。逆に、傷に弱くDVD-RWなどなら読み出せるほどの傷でも読めなくなることがあります。

最後に、100年を保証しているディスクがありますが、実際の環境で100年後にどうなるかは分かりません。あくまで、加速試験と呼ばれる環境で実施した場合で、理論値で現実値ではないことに注意してください。
まあ、下を参考にすれば分かるでしょうが、ISOなどで決められた理論の算定方法を使っています。ただ、100年後に自分が生きている訳ではないでしょうから、理論値がいくら長いと言うより「実際にここまでは絶対にデータが保証できますよ」という値を出してくれた方がありがたいと思うのは私ぐらいかな?

100年などと書いてしまうから、そのせいでバックアップをしない人もいるでしょうし。しかも、ディスクのパッケージにはデータの保証はしませんと書いておきながら100年。ある意味凄いこと。
http://www.tdk.co.jp/tjchf01/chf44200.htm

ちなみに、デジタルよりアナログの方が保存性は高いですよ。とにかく画質は下がれど読む機器があれば読むことができますからね。何せ、映像なら映像のまま収録されていますからね。
デジタルは、0と1の羅列なので、あくまでコンピュータで計算された情報を画像や音として展開します。そのため、欠落が多いとデータの整合性がなくなり再生すらできなくなります。CRC巡回冗長検査エラーなどはその代名詞。

まあ、ラスコーの壁画などを考えれば分かりやすいかな。壁画はその壁面が壊れたり壁面の表面が削れない限り、残りますからね。これが半永久に最も近い保存です。今の技術はむしろ複雑になりすぎて半永久からは遠ざかっているとも言えます。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

大変参考になりました。

やはりCDには寿命というものが存在するのですね。当たり前と言えば当たり前ですが、自分の(人間の)寿命よりは長いだろうと勝手に思い込んでおりました。

今それだけのことが分かっていながら「半永久的に残せる」「大切な映像は劣化しないDVDで」などと宣伝されているのは、少し不快ですね。かなりショックです。

大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/30 09:55

>保存状態が良くてもCDは20年前後が限度、DVDはCDよりはもつが、それでもいつかは観れなくなる



専用ディスクと記録用ディスクの寿命の話が混在しているようです。

専用ディスクである「DVD、CD」の寿命と、記録用ディスクである「DVD-R、CD-R」の寿命は全く別物と考える必要があります。

例えば、#1さんご指摘のTDK社HPはDVD-Rの寿命のことが書かれており「10年以上」となっています。これとDVDの寿命は別に考える必要があります。

理由は、
・DVD/CDが、ピット(円盤にプレスによる凹つけたもの)で記録されている
・DVD-R/CD-Rは記録層の有機色素をレーザーで変化させ記録させている
からです。

要するに
・DVD/CDが物理的な凹みをレーザーで読んで情報を取り出しているのに対し、
・DVD-R/CD-Rは、書き込みレーザにより化学的変化した色素に、読み込みレーザーを当て反射を読んでいるわけです。

色素はレーザー熱で変化するので、物理的に作るピットより信頼性が低いです。

従って DVD/CD寿命>DVD-R/CD-R寿命 と考えるのが普通です。

又、共通して注意が必要なのは、記録面の保護膜及び光反射面の膜管理が重要です。

>保存状態が良くてもCDは20年前後が限度
というのは、CD-Rの寿命の事例、それから初期のCDで保存が悪くて膜がはがれたものが存在するので、その情報かとおもいます。

一つの寿命の考え方として、CDが60年前後、CD-Rが20年という情報も、膜が変化して情報をドライブに伝えきれない年代という切り口で考えられたと聞きます。

実際の寿命は、保管状況によって大きくことなると思います。

何か参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

CD/DVDは、太陽光には、非常に弱いです。


保管には、充分な注意を払っています。

友達が、某メーカーのDVD-Rを買い、大切な家族動画を保存しました。
しっかり保存していたのに、10枚全部が、数ヶ月後に再生不能になりました。
DVD-Rを買ったPC量販店で試しても、結果は一緒。
お店の方が、某DVDメーカーに電話してくれて確認しましたが、メーカー側は認めませんでした。
車と同じく、欠陥は有るのだと思いました。

友人によりますと、Made in japan製品でないと、信用しない方が良いと言われました。
ですから、HDD内にあるリカバリーDVD-Rの作成には、2種類の信用有るメーカーで作成しました。

友人の体験談でした。
    • good
    • 2

保存の仕方によって保存可能期間は変わってくると思います。


僕は微妙に光(太陽)があたるところにおいていたDVD(焼きこみして数ヶ月)が再生不可能になり約2万(DVD-R代)損しました。
保存の仕方に気をつければ100年ぐらいは持つのでは?
    • good
    • 0

某家電メーカー系のレコード会社が製造したCDで、経年変化で雑音が入り再生がおかしくなったものがありますよ。


光ディスクの寿命なんて、プレスされたものであってもそれこそ10年とかそれくらいです。

過去にアナログ記録のレーザーディスクがありましたが、経年変化によるノイズが現在でも進行しています。
専門誌では、みんなでディスクの耐久試験やっているような状態だと書かれていましたよ(笑)
DVDもCDもLDも全部光ディスクなんで、同じように劣化します。何年もつかなんて誰も分からないんです。

ビデオテープやレーザーディスクをDVDに焼いて永久保存しようなんて言う人も中にはいますが、
特に焼いたディスクの寿命は短いですから、あとで高い勉強料になりますよ。
    • good
    • 1

正直、何年もつかなど考えても意味が無いと悟りました。


10年前20年前を考えて欲しいのですが、5インチのFDとかデータMDとか現在一般にありますか。
私の友人もデータMDのデジカメが壊れてデータが取り出せなくなり泣きました。
多分CDやDVDも20年先にはデータが読めるドライブが存在しない事が予想されます。
私も写真を長く保存したいと考えてますが、そろそろCDから次世代メディアに移す時期かなと思うこの頃です。
100年もつDVDやCDが出来ても全く意味がありませんから、普通の方は10年程度もてばよいと考えてるのではないでしょうか。
そのスパンで次世代メディアに、その時代の標準的な形式にして移して行く。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございます。

おっしゃっておられる意味はよく分かります。
ただ、私が危惧しているのは大切なコレクションがいずれ再生できなくなることです。これらが次世代のメディアでまた販売されるとは限りません。それに同じものをまた購入するのは、やはり気が進まないと思うのです。

私はCDやDVDといったものが別のものに変わってしまうのは時間の問題かもしれませんが、別にそれは気にしていません。それから先はその次世代メディアで自分の気に入った物を購入すればよいだけですから。

そういった意味での質問でした。失礼しました。

お礼日時:2005/03/29 20:11

オーディオ好きで、結構情報仕入れてますが、初めて聞きました。


基本的に、CDとDVDは、コーティングディスクと言って、経年劣化は、他の媒体とは比較になら無いぐらい長いはずです。
一般のディスクであれば1000年とか2000年といわれています。
もちろん、ちゃんと作られていればですけどね。
でも、CDが20年??冗談じゃない。
僕は最初に発売された頃のCDを持ってますが、
ぜんぜん普通ですよ。
あれもそろそろ、20年ですけど?
嬉しがって買っちゃったもので、
好きじゃないクラッシックですが、
二、三回聞いてから、ぜんぜん聞かないだけに、
全く新品同様の状態です。
悪くてもも200年ぐらいもつんじゃないでしょうか?

書き込みディスクはダメだと思いますけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
20年前のCDが再生できると知って嬉しく思います。保存状態による、ということでしょうね。

お礼日時:2005/03/29 19:57

『形あるものはいつか滅びる』



10年前に買った音楽CDを最近聞いたら、雑音というか音が途切れたりしていました。
寿命なんでしょうね。

参考URL:http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/technology/s …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱりそうですか…。
一生観れる(聴ける)と思ったからこそ、お金をつぎ込んできたのに…。凄いショックです。

解答ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/29 19:42

事実です。


参考URLから「DVDって何?」→「データの寿命は?」を見ればはっきりと分かります。

参考URL:http://www.tdk.co.jp/dvdkihon/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDVDディスクが再生できない原因

10年位(たしか・・)前に購入した、パナソニックのディーガというレコーダでDVDを見ています。このごろ、以前は見れたディスクが“対応したディスクを入れてください)と表示され、見れなくなったディスクがいくつもあります。やってみたことは、
ディスクのピカピカ面にいつの間にかついている“線”(キズ)をティッシュを湿らせてふく。
プレイヤー側にレンズクリーナーを使ってみた。  です。
タバコを吸う部屋なのでこれも原因しているでしょうか?
ピカピカ面はなるべく触れないつもりなのですが、キズがついてしまうのでしょうか?
ディスクのキズを磨く品も売っているそうですが有効でしょうか?
子供の成長記録をビデオでとって見やすいようVHSでダビングしていたのですが、さらにそれも劣化を心配してDVDにダビングしました。
当時はパソコンが使えず、DVDレコーダーでダビングしました。将来、見れなかったらと思うと心配です。  そんな状況で質問なのですが、
(1)ディスクの扱いが悪いのでしょうか?
(2)レコーダー側の問題で先々、買い換えたときには解決するのでしょうか?
(3)再生できない原因はどのようなことが考えられるのでしょうか?
新しい電器製品に弱く言葉もカテゴリも正確でないかもしれませんが、お願いします。

10年位(たしか・・)前に購入した、パナソニックのディーガというレコーダでDVDを見ています。このごろ、以前は見れたディスクが“対応したディスクを入れてください)と表示され、見れなくなったディスクがいくつもあります。やってみたことは、
ディスクのピカピカ面にいつの間にかついている“線”(キズ)をティッシュを湿らせてふく。
プレイヤー側にレンズクリーナーを使ってみた。  です。
タバコを吸う部屋なのでこれも原因しているでしょうか?
ピカピカ面はなるべく触れないつもりなのですが、キズが...続きを読む

Aベストアンサー

10年前のレコーダーというのはさすがに勘違いで、せいぜい5,6年前くらいではないかと思うので、ディスクもそのくらい前のものという前提で回答します。

まず、PCが使えるのであれば再生できないディスクがPCで読めるか確認してください。光学ドライブの読み取りは機種間の差が大きく、またドライブ自身も劣化する機器ですから、あるドライブで読めなくても、他のドライブではOKということはよくあります。読めるようならPCでできるだけ良質なディスクにコピーしておくのをお勧めします。(ディスクは太陽誘電製を推奨)前の方が書いているとおりDVDは劣化します。特にディスクの製造元による差が非常に大きくあります。レコーダー自体の問題も考えられますが、この機にある程度時間のたったものはコピーしておいた方が良いと思います。

(1)扱いの問題というよりディスクそのものの問題がではないかと思います。海外製のディスクなどであれば5年どころか1年で読めなくなる例も珍しくありません。

(2)レコーダーを変えれば読める可能性はありますが、ディスクの劣化は徐々に進行するので、何年か後には何を持ってきても読めなくなってしまうという可能性もあります。

(3)ディスクの劣化、ドライブの劣化、両方とも可能性がありますし、両方があわせて起こっているというのが実態ではないかと思います。

なお、キズの問題はディスクの一番内側についているのでなければ、無関係と考えていいと思います。ディスクを認識しないというのは、ディスクの一番内側にある管理情報が読み取れないということなので、外側がいくらキズつていても起こりません。(再生中に映像が乱れる、途中で再生できなくなるという現象はキズでおこる場合あり)

10年前のレコーダーというのはさすがに勘違いで、せいぜい5,6年前くらいではないかと思うので、ディスクもそのくらい前のものという前提で回答します。

まず、PCが使えるのであれば再生できないディスクがPCで読めるか確認してください。光学ドライブの読み取りは機種間の差が大きく、またドライブ自身も劣化する機器ですから、あるドライブで読めなくても、他のドライブではOKということはよくあります。読めるようならPCでできるだけ良質なディスクにコピーしておくのをお勧めします。(ディスクは太陽誘電製...続きを読む

QDVDディスクは劣化するの?

 6~7年DVD録画をしてきました。機器はシャープDVーHRD3です。販売会社の無償修理の間、5回ほどドライブユニットを交換してもらいましたから、この機器に相当の欠陥があるんだろうというのは理解したうえでの相談です。
 この機器では、録画はいいのですが再生の際に障害があるのです。
 この機器で録画したデイスクを再生すると、「規定外のデイスクです」なんてことになるのです。それで、再生用にAVOXのACP-500Rを使っているのですが、録画してから新しいのは正常に再生するのですが、数年前のは途中でフリーズしてしまいます。
 もちろん、レンズクリーニングもしていますし、他の再生機器を使用した場合、いいときと悪いときとがあります。というのはいつも同じ画面で再生が止まるのではなく、途中のどこかで発生するのです。
 このことから考えるに、再生機器が悪いのか、はたまたデイスクそのものの劣化なのかと思っています。デイスクが数年で劣化するとも思われず、かといって機器も数千円とはいえ、そうそう何台もは買い替えできません。
 デイスクは安物とはいえ、一応国産メーカー品を使っています。皆さんの中でこんな経験のある方や解決方法をご存知の方はいらっしゃいませんか。少し馬鹿馬鹿しくとりとめの無い質問かもしれませんが宜しくお願いします。

 6~7年DVD録画をしてきました。機器はシャープDVーHRD3です。販売会社の無償修理の間、5回ほどドライブユニットを交換してもらいましたから、この機器に相当の欠陥があるんだろうというのは理解したうえでの相談です。
 この機器では、録画はいいのですが再生の際に障害があるのです。
 この機器で録画したデイスクを再生すると、「規定外のデイスクです」なんてことになるのです。それで、再生用にAVOXのACP-500Rを使っているのですが、録画してから新しいのは正常に再生するので...続きを読む

Aベストアンサー

使ってられるDVDが何かわからないので違うかもしれませんが

機種がDV-HRD3と言うことで DVD-RWだろうと勝手に推測解答しますと


>「規定外のデイスクです」

パイオニアの古い機種でよく発生するのですが レコーダがデータを壊してしまうことがあります
再生してトレイから出す時に情報を書き込みます(どうも最後に再生した位置をDVD-RWに記録するらしい 書き込みに失敗すると データ-が壊れます)
DVDにプロテクト(ディスク保護)を掛ければ回避出来るのですが
シャープはこの機能が無かったかも


>録画してから新しいのは正常に再生するのですが、数年前のは途中でフリーズしてしまいます。

原因は二つ考えられます
1.DVD-RWの劣化で読み取り難くなってる

2.DVD-RWの質が悪く読み取れない
 昔のDVD-RWは質の良いのが少なく またレコーダと相性が悪いとキチンと書けて無かったりしますし(再生中にモザイクが出たり 途中で止まったり)
 ACP-500RとDVD-RWの相性が悪く読めない場合もあります
読み取り性能の良いプレイヤーに変えれば再生できるかも?

使ってられるDVDが何かわからないので違うかもしれませんが

機種がDV-HRD3と言うことで DVD-RWだろうと勝手に推測解答しますと


>「規定外のデイスクです」

パイオニアの古い機種でよく発生するのですが レコーダがデータを壊してしまうことがあります
再生してトレイから出す時に情報を書き込みます(どうも最後に再生した位置をDVD-RWに記録するらしい 書き込みに失敗すると データ-が壊れます)
DVDにプロテクト(ディスク保護)を掛ければ回避出来るのですが
シャープはこの機能が無かった...続きを読む

Qブルーレイの映画は再生を繰り返すと劣化しますか

2010年12月に購入したPanasonicのDMR-BWT2100というブルーレイレコーダーで、ブルーレイの映画を買って観ています。

最初は全く正常だったのですが、50回くらい再生した頃から、特定の2箇所で、画面がモザイク状になるようになりました。その最初の頃は2箇所ともほん僅かの範囲(時間)だけモザイク状になるだけだったのですが、その範囲(時間)が少しずつ広がって、今では2箇所とも1分間くらいモザイク状になります。

その映画をもう1台のレコーダー(PanasonicのDMR-BZT700、2011年3月購入)で再生すると全くモザイク状にはならないので、レコーダーに問題があるのかとも思っています。でも、2~3回しか再生してないブルーレイの映画もあるのですが、これはどちらのレーダーでも全くモザイク状にならないので、ブルーレイの映画に問題があるのかとも思っています。

DMR-BWT2100は居間で毎日7時間くらい、DMR-BZT700はキッチンで毎日5時間くらい、動かしています。

ブルーレイの映画は再生を繰り返すと劣化するのでしょうか 。

Aベストアンサー

理論上、プレス・メディアのブルーレイディスクは、再生回数が多いから劣化することはありません。
非接触メディアですからね。

>盤面を光らせてみても、傷らしい傷やはっきりした汚れはありません。殆ど新品状態です。

盤面とは、信号読み取り面のことと思いますが、見落としがちなのがレーベル面の傷です。
実は、レーベル面側は意外と層が薄く、ちょっとした傷から信号面に到達することがあります。

あとはディスクの読み取り能力の差でしょう。
僅かなブロックノイズであれば、レコーダー側のドライブの読み取り能力の極僅かな差ででそうなる可能性はあります。
ドライブ自体も使用とともに劣化します。長く使えばレーザー出力が落ち、読み取り能力が低下します。

QDVDが同じシーンで固まる

DVD再生を行っていると、いつも同じシーンで固まります。
DVDプレーヤに不具合があるのだと思うのですが、どうすれば改善するでしょうか?
お知恵をおかしください。

DVDプレーヤで、DVDを再生しているといつも同じシーンで固まります。
同一DVDをプレーステーション2で再生すると問題なく再生できるためメデイアではなく、DVDプレーヤに問題が有るのだと思います。

いつも同じシーンで固まるため、レンズ汚れではないような気がしているのですが、レンズをクリーニングすることで対応できるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

レンタルのDVDなら、それなり傷が入っていると思います。
同じシーンで止まるなら、ディスクが原因の可能性が高いです。
その場所に読み取り出来ない傷や汚れがあるかもしれません。
PS2で読めたのは、ドライブの読み取り能力の違いです。
深い傷だとどのプレーヤーでもダメですが、浅い傷だと読み取り性能のちょっとした差で再生できたり出来なかったりするものです。


もう1つは、確率としては低いですが、固有のディスクが読めない再生機の存在。本来はDVDビデオに準拠したディスクは全て読めなければいけないのですが、特定のディスクのみ読めないということが稀にあります。
私が以前所有していたDVDレコーダーも、あるDVDソフトで再生不具合が発生する場合があり、それに対応するためにファームウェア更新がありました。

QBlu-ray Discって、見過ぎて見れなくなるとかありますか?そもそも擦切れるとかはないんでしょ

Blu-ray Discって、見過ぎて見れなくなるとかありますか?そもそも擦切れるとかはないんでしょうか(・・?)
あと、巻き戻しとかし過ぎると壊れてしまいますか…?(・_・;

Aベストアンサー

> 見過ぎて見れなくなるとかありますか?
基本的には無い。

> そもそも擦切れるとかはないんでしょうか(・・?)
極僅かで計測できないけど、有る。

レーザー光線=直接見ると失明もありうる強い光、を当てて信号を読み取っています。
物に直射日光を当てていると、そうで無い物より劣化が早いですよね。
同じです。
非常に極僅かでは有りますが、劣化は早まります。
50年で駄目になるのが、毎日見ていたなら、駄目になるのが1日早まるような程度かもしれないですが。

> 巻き戻しとかし過ぎると壊れてしまいますか
Blu-ray Discにはそんな事は関係有りません。無関係な事象です。
ただ、再生する機械の方はその分だけ部品にストレスがかかりますから、故障や寿命が、ほんの少し早くなる可能性が有ります。

Qブルーレイディスクのみ再生できない

ブルーレイディスクが再生できません。
ディスクを入れても認識しないようです。
DVDは問題なく再生できます。

機種は、SONY BDZ-T70です。

ホームページを見て、リセット、電源プラグの抜き差しはやってみました。

レンズクリーナーは使用しないでくださいとのことでしたのでやってません。

修理を依頼すると30000円程度の見積もりが掲載されていました。
(安いお店ならもう少し出すと同等の製品が買えてしまいます)

埃がたまっているので、外箱をはずして清掃する程度で解決するなら試そうと思うのですが、良い方法があればご教授ください。

Aベストアンサー

BDだけ認識しないなら、ピックアップの光源がダメになったと見るのが妥当です。
まあ、とりあえずレンズクリーナーをダメ元で使ってみて、改善しなければ買い換えか修理になると思いますよ。

その他の方法は、残念ながらないです。

ちなみに、プレシジョンドライブの場合、DVDやCDは再生できます。多くの製品は、このプレシジョンドライブであり、光学系はDVDとBDの2種類が備わっています。
前者が壊れれば、CDとDVDが読み取れなくなることになります。後者の場合は、BDのみが読み取り出来なくなります。

どちらか一方が読み取れなくなる場合は、レンズクリーナーを試して、ダメなら故障です。

両方が同時に悪くなる場合も故障ですが、この場合は再起動などで一時的には治ることもあります。その代わり、書き込み中に失敗する可能性も高くなります。この場合は、共通部の半導体チップなどが故障しているケースが多いですから・・・。

Q焼いてもらったDVDが見れない

友達にDVDにある番組を焼いてもらい、見ようと思ったのですが、
「このディスクは認識出来ません」というようなメッセージが出て見ることが出来ませんでした。

逆に私が焼いてあげたときに、「見れなかった」といわれたこともあります。
また、リビングのテレビで焼いたものを自分の部屋で見ようとして見れませんでした。

これはレコーダーの問題なのか、盤(録画するもののほう)の問題なのか、
どうも仕組みが理解できません。
ちなみに、どれも1回ダビングしただけで、何回もしたわけではありません。
(そもそもダビング10?というのもよく分かってないのですが、10回になるほどはダビングしてはいないということです)

友達のほうの情報は分かりませんが、
我が家の場合ですと、リビングはテレビ、DVDレコーダーともシャープ、
私の部屋のテレビはパナソニック、再生しているプレーヤーは
安いもので「AVOX」というメーカー?のようです。
もう1つ、パナソニックのVHS一体型のDVDプレーヤーもあるのですが、
それも読み込みませんでした。

リビングで録画したものをDVDに焼いて、そのままそこで再生すれば見ることが出来ます。
また、友達に送ってもらったDVDもだいたいリビングのレコーダーで再生して見ることが出来ます。
もらったDVDの盤はパナソニックのDVD-RAM(2-3xと書いてありました)、TDKのもの(詳細不明)が
再生できませんでした。
よく売っているDVDに「○○には対応していません」と注意書きを見るのですが、
それがよく理解できずに買ってきているのですが・・・
50枚組くらいで安いものです。だから見れないのでしょうか。
なにか相性などがあるのでしょうか。
ビデオはVHSとベータの違いくらいしかなかったので、
見れるものと見れないものが何故なのかが分からず、友達と共に困惑しています。

分かりやすく教えていただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

友達にDVDにある番組を焼いてもらい、見ようと思ったのですが、
「このディスクは認識出来ません」というようなメッセージが出て見ることが出来ませんでした。

逆に私が焼いてあげたときに、「見れなかった」といわれたこともあります。
また、リビングのテレビで焼いたものを自分の部屋で見ようとして見れませんでした。

これはレコーダーの問題なのか、盤(録画するもののほう)の問題なのか、
どうも仕組みが理解できません。
ちなみに、どれも1回ダビングしただけで、何回もしたわけではありません。
(...続きを読む

Aベストアンサー

 録画したものは地デジ番組ですか?

 でしたら、プレーヤーが「VRモード対応」「CPRM対応」でないとまず見れません。
 まず、プレーヤーが「VRモード対応」「CPRM対応」2つ対応しているか確認して下さい。

>安いもので「AVOX」というメーカー?のようです。

 「VRモード対応」「CPRM対応」取説に記載せれているはずです。

>DVDの盤はパナソニックのDVD-RAM
 
 DVD-RAMに対応したプレーヤーはPanasonicだけ(のはず)です。
 DVD-Rに焼いてもらってください。

 DVD-Rに焼いた場合は「ファイナライズ」という処理が必要です。

>リビングで録画したものをDVDに焼いて、そのままそこで再生すれば見ることが出来ます。

 焼いた機器で再生するときは「ファイナライズ」はいりませんが、他メーカーの機器で再生するには必ず必要です。

QCD-R、DVD-Rの寿命は案外短い?

CD-RやDVD-Rの寿命に関して教えて下さい。

http://pc3.2ch.net/test/read.cgi/cdr/1008315609/-100

実はこんなサイトを見かけたものですから、少し気になっております。

それとDVDーRAMの平均寿命はどの程度なのでしょうか、半永久的と言っても保管状態によっては寿命が短くなるものなのでしょうか。

アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Q/CD-RやDVD-Rの寿命に関して教えて下さい。

A/2chでなくとも過去ログには何度も登場していると思いますけどね。理由も含めて・・・

Q/CD-R、DVD-Rの寿命は案外短い?

A/基本的にCD-R、DVD-Rの最短寿命は2週間以下です。そして平均寿命はCD-Rで2年前後以下、DVD-Rでもそれに相当するぐらいとなります。まあ、最長は10年~20年ですから、あくまで平均と考えてください。
20年以上はどうあがいても持たないと考えるのが妥当です。

何せ、プレスディスクであるCD-ROMでも保証されている寿命は最長20年ですからね。

どうして、このような結果になるのかというと、まずCD-ROMの限界はプレスするときに樹脂を保護層にコーティングするためその樹脂の劣化によってレーザーの屈折反射率が変化しデータの記録されているピット部分まで光が正常に到達しなくなり読めなくなるためです。
劣化によって読めなくなる寿命が約20年前後となる。


CD-ROMが20年ならCD-Rはどうあがいてもそれ以下になる計算。CD-Rの場合は、さらに深刻で元々光と熱で有機色素を化学変化させるため、光と熱が継続的もしくは断続的にに加われば化学変化が起こり記録されたデータは壊れてしまいます。

また、ディスクへの書き込み精度(エラー率の違い)によってディスクとドライブの相性が悪いと最初からエラーが多くちょっとした劣化で読めなくなることもある。

そのため、夏場に車のダッシュボードに記録面を上にして放置すれば、2週間以内でCD-Rはダメになります。
ちゃんと、湿気が少なく、直射日光の当たらない場所に保存しても、20年持つことはないでしょうし、5年も持てば優秀。10年もてば奇跡と思った方が妥当なぐらいの代物。

DVD-Rも同じ有機色素を使う以上理論は同じですね。まあ、DVD-ROMは20年からちょっと進化して30年ほど持つとされていますけど・・・果たして本当にそれだけ差があるかは微妙。

Q/DVDーRAMの平均寿命はどの程度なのでしょうか

A/DVD-RAMなどの相変化記録ディスク(CD-RW/DVD-RW/DVD+RWも含む)の場合は、書き換えを繰り返すほど、記録素材の劣化が進み残留核が残るようになるため、そこから急速な劣化が発生するようになります。そのため、平均寿命は書き換えを繰り返したメディアについてはCD-R以下の品質に落ちる場合があります。

DVD-RAMは10万回以上の書き換えに対応すると言いますが、基本的に10万回書き換えても記録品質が維持されているわけではなく、書き換えを繰り返すごとに、ディスクの信頼性を失っているのです。


ただし、DVD-RAMの場合はカートリッジに入っているメディアで尚かつ頻繁に書き換えをしなければ、長期保存が可能でしょう。これは、DVD-RAM自体の反射率が低く外的な光熱刺激に強いということと、カートリッジメディアならディスクの劣化をより抑え、傷を受けにくくするという利点が大きく働くためです。

この場合は、記録品質さえ良ければ保護層が劣化しない限り読めると思いますけどね。ただし、元々読み出しに高いレーザーパワーを必要とするためDVD-Rなどより保護層が多少劣化しただけで読めなくなる可能性はある。
他より長持ちするかもしれないが、それほど大きく長持ちするというわけではないと考えた方が良いでしょうね。

所詮、相変化で光磁気のMOには劣ります。

Q/半永久的と言っても保管状態によっては寿命が短くなるものなのでしょうか。

A/半永久?ですか?確かに某CMなどでは半永久などと真実めいた嘘を平気で述べてますが、そんな記録メディアはデジタルディスクでは残念ながら存在しませんね。

最も長持ちして、MO/MDが最長50年前後(書き込み1回、読み出し年に数えるほどなら、保護層が劣化するまでのおよそ40~50年ぐらい持つ)。
次いでDVD-ROMが30年。
その次がCD-ROMの20年。

参考としてFDは書き込み後温度が一定で、湿気の少ない場所での保存で、年に1度程度確認で読み出すとして、MOより長持ちすることがある。構造が単純ですから、劣化が少ないのですよ。これは、単純な構造な物ほど一定期間中の保存性は必ずしも高くはないが、長い時間で考えるとより長持ちする可能性がたかいということを指します。

VHSテープはDVDなどより5年先で考えると劣化しやすいかもしれませんが、20年後~30年後で考えたときに、VHSは画質の劣化はあっても、カビが生えておらず保存が良好なら再生ができ、画質は悪いが見ることはできる可能性が高い。DVDは再生しようにもエラーが発生して読めない可能性がそのころには急速に高まるとなります。一定の期間を過ぎると構造が単純なアナログメディアが複雑なデジタルメディアの保存性を逆転する時期があるのです。


という具合です。
ちなみに、アナログも含め最も長持ちは、10万年前後で紙等に書き残すこと。ラスコーの壁画などは万年単位で残ってますからね。これが本来の、半永久です。皮肉なことに最先端技術は最も古くから人間が行っている行為より劣る保存性なのです。

まあ、デジタルメディアで重要なものは必ず同一内容のバックアップを1枚以上作ることということですね。
ただし、DVDのセルビデオなどは30年も持てば、十分と思いますけどね。自分で作成したDVD-Rなどは、バックアップが必須。

Q/CD-RやDVD-Rの寿命に関して教えて下さい。

A/2chでなくとも過去ログには何度も登場していると思いますけどね。理由も含めて・・・

Q/CD-R、DVD-Rの寿命は案外短い?

A/基本的にCD-R、DVD-Rの最短寿命は2週間以下です。そして平均寿命はCD-Rで2年前後以下、DVD-Rでもそれに相当するぐらいとなります。まあ、最長は10年~20年ですから、あくまで平均と考えてください。
20年以上はどうあがいても持たないと考えるのが妥当です。

何せ、プレスディスクであるCD-ROM...続きを読む

Qディスクの修復方法がありますでしょうか??教えて!!

CD-Rに過去A,B2つのソフトを入れました。
以前は、2つとも問題なく起動しましたが最近、Aは起動しますが
Bが何の反応もありません。
Bを起動できるようにしたいのですが
何か改善策は、有りますでしょうか??是非教えてください。

Aベストアンサー

> 早速試させていただきましたが変化がありません。
> どうもソフト自体が壊れているようです。

後は専門業者ですね。
http://www.ino-inc.com/?gclid=CMu7u8fZ4owCFQzDYgodYHX-6w
http://www.datadoctor.jp/?gclid=CMW759LZ4owCFRw9TAodjCg-0w
http://www.rescue-center.jp/?banner_id=2222&gclid=CPqZutrZ4owCFQdITAodpyV1SA
http://www.idmrs.net/rs-cd.html
http://www.ontrack-japan.com/service/type/index.html

Qブルーレイレコーダーの寿命は?

  国内の有名メーカーのブルーレイレコーダーを使っていますが、今年で4年目になります。ただ私の場合は家族で使っているため、毎日5~6時間は録画か再生に使っている状態にあります。HDD320Gの容量なのですぐに一杯になってしまい、頻繁に消去・録画を繰り返す状況です。かなりヘビーユーザーの部類になるかと思いますが、一般的にブルーレイレコーダーの寿命はどのくらいなのでしょうか。HDDに録画される仕組みがよく分かりませんが、録画や消去を繰り返すうちに少しずつ消耗するものでしょうか。もし劣化が進むとどんな症状がでるのですか。幸い今のところ何の障害もなく、順調に動作しています。詳しい方、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

詳しい訳ではありませんが、私の経験です。

パナソニックのHDD/DVDレコーダーを2004年から使っていました。
DVDライティング部分が1年ちょっとで故障したので交換修理、それから3年位で再度故障しましたので、それを機会に2008年にパナソニックのブルーレイレコーダー購入、DVDレコーダーは、HDD部分だけを見たら消す番組の録画に使っていました。
2011年に2台目のパナソニックのブルーレイレコーダーを購入したので、DVDレコーダーを廃棄しましたが、約7年間の使用中、HDD部分は故障しませんでした。

DVDレコーダーの経験から、ある程度の期間でBDライティング部分の故障発生を予想していましたが、BD約100枚、DVD約200枚を焼いた現在まで異常は発生していません。
またHDD部分も異常ありません。

息子が2009年にシャープのブルーレイレコーダーを購入しましたが、こちらも故障は発生していません。

一般的にメーカーの保証期間は1年ですので、1年経過すれば故障が発生してもおかしくは無いのですが、HDD部分はかなりの耐久性があるものと思います。

なお、ネットの書き込みを見ますと、ハード的な故障よりはソフト面の不具合が多いように感じます。

詳しい訳ではありませんが、私の経験です。

パナソニックのHDD/DVDレコーダーを2004年から使っていました。
DVDライティング部分が1年ちょっとで故障したので交換修理、それから3年位で再度故障しましたので、それを機会に2008年にパナソニックのブルーレイレコーダー購入、DVDレコーダーは、HDD部分だけを見たら消す番組の録画に使っていました。
2011年に2台目のパナソニックのブルーレイレコーダーを購入したので、DVDレコーダーを廃棄しましたが、約7年間の使用中、HD...続きを読む


人気Q&Aランキング