夫が10年ほど前から花粉症なのですが、今までマスクなどで対処してきたのですが、くしゃみや鼻水がひどくなってきたので、初めて近隣の耳鼻科にかかりました。
簡単な問診のあと、「今年は弱い薬は効かないのでちょっと強め出しておきますね」と言われただけで、以下の薬を処方されました。
ベータメサ 0.5mg
アイピーディ 100mg
(1回1錠ずつ、1日3回(毎食後)、30日分を処方)
セキトン点眼液5ml
セキトン点鼻液8ml
薬を飲み始めてからすぐに花粉症の症状がなくなり、あまりにも劇的に効くので不安になり色々と調べたところ、処方された薬に副腎皮質ホルモン(ステロイド)が含まれており、色々と副作用があることがわかりました。
問診も簡単な上に薬の説明もほとんどなく、いきなり30日分を処方されたことに不信をいだいたので(薬を30日分も処方された経験がないので)、近々セカンドオピニオンを取りに別の耳鼻科に行こうかと思っていますが、このような処方は一般的に行われているものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 副腎皮質ホルモンの処方については医師の間でも意見の分かれるところだと思います。

ベータメサ0.5mg 1錠/1日程度を花粉の激しくまう季節の間だけ用いること自体はほとんど問題ないと思います。ただ、副腎皮質ホルモンはある意味で治療の‘最終兵器’のひとつであることを考えれば、処方していただいたアイピーディーなどの抗アレルギー剤で症状の改善度を確かめてから初めて使うのが通常の手順かと思います。そして目と鼻の症状がほとんどで抗アレルギー剤の点眼液や点鼻薬では不十分なら副腎皮質ホルモンの目薬や鼻のお薬を処方してみます(副腎皮質ホルモンは局所投与ですめば全身投与(内服や注射)はできるだけさけたいからです)。もし、症状が激烈だと判断すれば始めからステロイドの内服薬を用いなければならないことももちろんあるでしょう。
 30日分の処方についてですが、ある意味でとても良い先生にであえたのかもしれません。病状が一定の治療で安定していると考えられるなら、そして患者さんがきちんと医師の指示通り服薬してもらえるなら、医療コストの削減や患者さん自身の負担を軽くするといった観点からみれば長期投薬はとても良いことだと思います。多くの医療機関で数日分しか処方しなかったりするのは、もちろんしっかり病状を確かめる意味もありますが、経営的な側面が大きいと思われます(再診料や処方料、調剤料などを考えるとすぐにそれだけで2千円ほどになってしまいます)。ついでですが、抗アレルギー剤にくらべベータメサなどの副腎皮質ホルモン剤の値段はとっても安いのです。
 花粉症などのアレルギーの治療の基本は、一番はアレルゲンから遠ざかること(これは大変な努力をされていらっしゃるようですね)で、二番目は特に花粉症などのアレルゲンの量の予測可能な場合についてはアレルゲンが出始める少し前から抗アレルギー剤を使用してアレルゲンに反応しにくい体の状態を維持しておくことです。激しい症状がでてから対処しようとするとどうしても副腎皮質ホルモンなどを使用しなければならなくなる確率が高くなってしまいます。      
 もし症状がおちついていて、副腎皮質ホルモンを使うことに不安があるならベータメサの服用を数日中止してみたらいかがでしょうか。それで落ち着いているなら、次回に受診されたときに(今年はかなり長期間、花粉が飛びそうですから)、ベータメサは飲まなくても大丈夫ですと担当の先生につげられるのが良いでしょう。
 想像ですが、みていただいた先生はよほど‘スパッ’と症状をとりのぞいてあげることを哲学として診療なさっているのか、あるいは少しの診察で的確に診断と治療のできる名医かのどちらかだと思います。そして、たぶんお金儲けの医療はなさっておられない先生なのでしょう。できれば、もう少し副腎皮質ホルモンを投薬することについて説明してもらえるとよかったですね。
 それでは、お大事に。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんばんは。回答をありがとうございます。
以下夫からのお礼のコメントです。

専門家様からのアドバイスで、私が思いもよらないところを含めての回答で、非常に参考になりました。(特に薬価や病院経営の面、先生の方針のあたりなど)

結果的には、セカンドオピニオンをして、薬の変更をしてもらいました(新しい薬は、アレルオフ20mg一日一錠)。血液検査もしたのですが、全項目にアレルギー反応がでて、特にスギが、100+と非常に高い値でした。

それから考えると、一番つらい時期を、ベーサメタ一日三錠で快適に過ごせたのは感謝だと思います。ただ、おっしゃるとおり、症状や薬の説明を、もっと、求めればよかったかなと思っています。

これから、花粉症とは長い付き合いになりますが、自分にあった春の過ごし方を見つけれたらなと思います。貴重なアドバイス、ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/16 23:22

こんばんは。


私も花粉症に悩まされています。
私はまだ学生なんですが、薬が効かないときに耳鼻科に行って、ステロイド系の薬をもらうことがあります。
初めてその薬をもらったときに説明されたのが、「この薬はホルモン系なんだけど、少しづつを一週間ほど続けるだけなので、特に副作用はないです」
というようなことをいわれました。
その後ももらうのは必ず一週間分だけです。

かなり薬を飲み続けている私でもステロイド系の薬は効きます。
いままで薬を飲んだ事のない人が急に強い薬を飲んでいいのかどうかは分かりません。あんまりいい気はしないのですが……。
30日分も処方するのはちょっと……すごいですね。
別の耳鼻科に行ってみるほうがいいと思います。
その際にはもらった処方箋と薬を持っていったほうがいいでしょう。

それと、今は確か薬を患者に渡す場合にはその薬の作用と処方と注意事項などを書いた紙が渡されなければいけないと思うのですが……。

一応薬の名前でその薬の作用や副作用が分かるサイトを貼り付けておきました。
「ハイパー薬事典」というところで調べてみてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.jah.ne.jp/~kako/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。回答をありがとうございます。
以下夫からのお礼のコメントです。

アドバイスどおり、薬を持って別の耳鼻科に行ってみました。
お医者さんには、「初診で、ベータメサを一日三錠ですか。悪いとは言いませんが、過激な投薬ですね。症状が治まったら、すぐに飲むのをやめてください。」と言われ、
結果、別の薬(アレルオフ20mgを一日一錠)に代えてもらうことになりました。

また、薬剤師には、「前飲んでた薬はステロイドですよね。症状が治まったら、すぐに使用を中止してくださいね。」を渋い顔で言われました。

次の薬は、ステロイドの時期と比べると、ちょっと目が痒いかな?というくらいで、日常生活を送るには、十分な効果でした。
勇気を出して、セカンドオピニオンに行って良かったです。アドバイス、ありがとうございました。

PS.ハイパー薬辞典、読みやすくていいですね。参考になります。

お礼日時:2005/04/16 23:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q耳鼻咽喉科

耳鼻科と耳鼻咽喉科は同じものですか。

Aベストアンサー

耳鼻科は、耳、鼻・咽頭・喉頭などの気道の病気を取り扱っています。

耳鼻咽喉科は、鼻腔、喉の奥の観察が専門的に行われます。

例えば、花粉症はアレルギー性鼻炎と呼ばれ、鼻腔症状が主体なので、
耳鼻咽喉科で治療を受けることが多いですが、どちらでも治療は可能です。

アメリカ等と違い、日本の医師免許は歯科他幾つかの専門を除き、好きな科を
名乗れる為、医師の得意分野で名前を出していますが、通常は経験と得意分野で
名乗るのが多いです。

余談ですが、産科経験が無くても産科として開業出来るのが、日本の医師免許が
怖いところです。

内科で開業していた医師が、近場に何軒か内科が有る事を理由に、耳鼻咽喉科に
変えて開業などは当たり前に有ります。

20年以上製薬卸業者をしており、色々腑に落ち無い医師を見てきました。

Q花粉症を持っていて昨日耳鼻科へいきました。 そしてお薬をもらいました。 その薬の名前はクラリスロマイ

花粉症を持っていて昨日耳鼻科へいきました。
そしてお薬をもらいました。
その薬の名前はクラリスロマイシンは200mgとカルボシスティン250gのおくすりをもらいました。
そして出されたおくすりを飲みました。すると喉が急にやけるようなかんじがして来るようになりました。今の所痛くはありません。でも水を飲むとましになりましになってはヒリヒリする感じがするの繰り返しです。これは副作用ですか?薬剤師の方薬に詳しい方回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

薬の副作用だと思いますよ。

服用を中止して医師に相談して下さいね。
合わない薬を飲み続けると重篤化する恐れもあります。

1つの薬でも人によって副作用の出方は様々です。

断言は出来ませんが、カルボシステインの数ある副作用の中に口の渇きというのがあるので、それかもしれません…。

私は以前、花粉症で病院で処方させた抗生物質(クラリスではありませんが)で、ものすごい血便が出て、1週間入院した事があります。
1週間食事なし、点滴だけで、血便との闘いでした。
薬って怖いですね。
お大事に

Q耳鼻咽喉科と呼吸器科の違いは

大きな総合病院だと耳鼻咽喉科の他に呼吸器科というのもありますが(開業医で耳鼻咽喉科というのはよく目にしますが呼吸器科というのを見たことがありません)、この2つはどこが違うのでしょうか。

普通耳・鼻・喉の病気の場合は耳鼻咽喉科に行くと思うのですがどのような場合に呼吸器科を受診するのかよく分かりません。

Aベストアンサー

これでわかりますか?

呼吸器科・肺外科
→http://www.ntt-east.co.jp/kmc/sinryo/07kokyuki.html

耳鼻咽喉科
→http://www.ntt-east.co.jp/kmc/sinryo/17jibi.html

呼吸器科は気道及び肺の病気、耳鼻咽喉科は頭部や耳・鼻・喉の病気
で切り分けるようです。

Q花粉症で痰が絡むので、処方薬の量を増やすのは

二週間前から耳鼻咽喉科で処方された花粉症の薬クラリチン10を飲んでいますが、あまり効きません。

この薬は数年前に別の耳鼻咽喉科で出されて、今回その旨を伝えた次第です。
今年はなぜか効かない。
痰の絡みが抜けずに、それで咳をしたり咽頭を鳴らして負担をかけてしまいます。

仕事でなかなか通院できず、クラリチンは一ヶ月分もらっているのですが、
毎日一錠のところを二錠に増やしてみるのは効き目がよくなる可能性はあるでしょうか?

おわかりになる方がいたらよろしくお願いします。

また、痰を切る民間療法など知っていたら教えて下さい。

はちみつ大根がいいとは聞きました。
ひとまず、やってみようと思います。

Aベストアンサー

薬剤師です。

クラリチンは、1日10mgが基本です。原則、増量はできません。痰の絡みには、ムコソルバンなどの別のお薬が処方されますので、もう一度受診する必要があるかと思います。

Q主要言語で、「耳鼻咽喉科」をどういう?省略するとしたらどれ?

耳鼻咽喉科のことをフランス語では“oto-rhino-laryngologiste"(耳鼻喉科)というようです。英語では otorhinolaryngologist (耳鼻喉科)または "otolaryngologist" (鼻喉科)と、やはりフランス語のそれと似ています。

日本は省略する場合は「耳鼻科」と、省略するのは喉と咽です。

日本語は、「咽」のほうが「喉」に比べて認知度が低いですよね?なぜなんでしょうか?

世界の言語で「耳鼻咽喉科」はどういいますか?

Aベストアンサー

otorhinolaryngologyはギリシャ語語源です。ラテン語を経由してフランス語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語のみならず英語にも学術用語として取り入れられたのでしょう。 外来語である専門用語を庶民は使いこなせないので各国語で省略形があって当然です。

日本語の場合は漢語の耳鼻咽喉に対して和語の耳(みみ)、鼻(はな)、喉(のど)という外部から形が見える名称があり、特に口の内部を除かなくても見えている耳鼻が使われたのか、単に漢語の最初の二文字が使われたかでしょう。

スペイン語ではoto/rrino/laringo/logia(一語)ですが、病院の科名として使われることはあっても庶民が使用することはありません。
この専門語の省略形は正に耳鼻に匹敵するotorrinoです。しかし、日常生活ではoido(みみ)nariz(はな)garganta(のど)など自分が関係する(患っている)一般用語を使います。

Qアイピーディ100mg TC441について・・・

今、花粉が飛ぶ前の初期療法で「エルピナン20mg」を服用しています。その薬がもう無くなる関係で同じ薬を薬局に行きもらおうと思ったのですが偶然にも自宅の冷蔵庫に以前、病院で貰っていた抗アレルギー薬「アイピーディ100mg TC441」がありました。
この薬は「エルピナン20mg」と同様に抗アレルギー薬として(花粉が飛ぶ前の初期療法として)服用は可能なのですか?人によっては、症状が出てしまった場合の薬として服用すると言われる方もいます。

又、「エルピナン20mg」は第二世代の抗アレルギー薬ですが「アイピーディ100mg TC441」も同じ様に第二世代の抗アレルギー薬なのでしょうか?

Aベストアンサー

アイピーディは第2世代抗ヒスタミン薬ではありません。
先の回答にも書いたように、アイピーディは花粉症に対して
あまり効果が期待できないことから、ガイドラインでは
使用をすすめてはいません。

Q大至急!江戸川区、江東区近辺の耳鼻咽喉科!!

声枯れがひどく、耳鼻咽喉科にいきたいのですが、できたら大きめなとこで探しています。
まだ引っ越してきたばっかりなので、わかりませんので、江戸川区、江東区、墨田区近辺でおすすめの耳鼻咽喉科おしえてください!!大至急お願いしますM(_ _)m

Aベストアンサー

希望されている区でもないし大きくもないのですが…。
探している近辺から行きやすい、総武線水道橋駅前にある"丸山医院"がお勧めです。

住んでいる区の複数の耳鼻科へ行った事あるのですが、どこも子供中心だったり流れ作業だったりとイマイチ良いところがありませんでした。
記載の医院へは会社近くだったせいもあり辞めた今もずっと(花粉症で)通っています。

確か患者が選ぶベストいくつかの耳鼻科部門上位に入ったようで、その雑誌が先日医院においてありました。

参考URL:http://www005.upp.so-net.ne.jp/tmaru/

Q花粉症の処方薬

花粉症でジルテックを処方されました。
昨年まではエバステルを処方されていたのですが、
今年から変わったようです。

効能・副作用の違いについて教えてください。

Aベストアンサー

 同じ系統の薬ですから、効能は、同じです。
 ジルテックの方が、エバステルよりもやや強いです。その分、副作用としての「眠気」が、やや出やすいかも知れません。

QABR検査は大抵どこの耳鼻咽喉科でも検査できるのでしょうか?

ABR検査は大抵どこの耳鼻咽喉科でも検査できるのでしょうか?
親戚の子供の耳の聞こえが気になるということでABR検査をすすめたのですが、この検査は耳鼻咽喉科なら、大抵どこでも出来る検査なのでしょうか?それとも、大病院でなければできない検査なのでしょうか?

Aベストアンサー

一般診療では使用しないので、一般の開業耳鼻科にはない確率が高いです。

Q花粉症で処方された薬

ご質問です。

酷い花粉症で鼻で息が全くできない状態です。
耳鼻科に行ってタリオンとデカドロンという薬を処方されました。

デカドロンの副作用をネットで調べてみると鬱症状や不眠に陥ると
かいてありました。
1日2錠まで、と言われているのですがそういった症状はそれくらいの
用法でもおこるのでしょうか?

例えば昼に飲めば不眠にはならない、とか・・・。

ご存じの方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

根本治療したいのであれば、次をお奨めします。
私atom1の解答一覧、07/02/20 花粉症の場合、耳鼻科?眼科?----ここは、この治療で多くの人を薬剤を使わず食事だけで治癒させている博士の直接の言葉を紹介したものです。部分治療の現代医学に目を奪われ、信じられない人が多いのです。
 07/02/14 花粉症治療、杉花粉注射ってどこで出来ますか?
 ●07/02/12 今鼻づまりで眠れない助けて~----ここは 私の科学的解説です。
 食物アレルギーも花粉症も同じ仲間ですから、次の頁でアイジー抗体(Ig)を知っていると良いと思います。
19頁辺りにある 06/04/18 子供の食物アレルギー
を。質問がありましたらどうぞ・


人気Q&Aランキング