半導体関連の用語かと思うのですが、ダイボンドって何でしょうか?ダイボンド装置って書いてありましたので、恐らく加工手段の一つだと考えているのですが・・・。

A 回答 (1件)

ダイボンド


ダイボンディングの事ですね・・

ICを製造する過程で
回路形成をしたシリコンウェハーをカットしICチップにします(この状態をダイスといいます)。
ダイスをピックアップするものをダイスピッカーといい,このダイスをリードフレームの所定の位置に固定する工程をダイボンディングといい,この装置をダイボンダーといいます。
このあと,このチップとリードフレームを金線などで繋ぐ工程をワイヤーボンディングといい,出来あがったものをモールド成形するとICの出来あがりです。

ダイボンダーで検索するとぞろぞろヒットしますので試してみてください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q半導体(IC)のダイパッド

ICに使用されている "ダイパッド(die)"は何の役割をしているのでしょうか?

現在ダイパッドの材質変更による影響を調べているのですが、いかんせん機能もわからないので何もわかりません。

すいませんが、ご回答の程よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

チップの固定と放熱の役割があります。
ノイズ低減(電磁シールド)の役割を持たせる場合もあるようです。

ダイパッドの材質や、チップとの接着については、各社しのぎを削って競争している様子が見られます。

(膨大なページ数になりますので、各資料「ダイパッド」で検索してください)
http://ngch1939.hp.infoseek.co.jp/ture108.htm
http://machaki.me.noda.sut.ac.jp/content/easycont.pdf
http://www.cybernet.co.jp/ansys/stories/mcs55-6-98.html
http://www.mew.co.jp/tecrepo/80j/pdfs/80_03.pdf

参考URL:http://ngch1939.hp.infoseek.co.jp/ture108.htm

Q半導体試験装置について

アドバンテストという会社が出しているT2000という製品は、
どのような半導体の会社が買うのですか?
試験装置のことは何も分かりませんし
専門用語だらけで全く理解できません。
よろしくお願いします。
http://www.advantest.co.jp/products/ate/t2000/index.shtml

Aベストアンサー

半導体メーカー 例えばNEC、東芝とかです ICチップの検査用で ICテスターとも言います

半導体メーカーではウエハーという半導体円盤 直径数インチ~10インチ上に沢山のICチップを一度に作ります
数百個位 チップが大きければ少なく 小さければもっと多くなります チップサイズは色々で数mm~数十mm角です

これを1個1個切り出して 電極を取り付けパッケージに組み込みます 電極の数は数本から数百本(CPU等)まであります
実際に動くかテストしなければなりませんので指定された信号を入れ 仕様通り出力されるかをテストするのです 検査と言います
此処でパスしなければ不良品となり廃棄されます パスした物だけが市場に出されます

現在はもう少し進化した方法になってるかも知れません。

Q半導体製造装置業界の見通しについて教えてください。

 半導体製造装置業界関係者の方から、半導体製造装置市場は構造的に成長性がもう期待できないとの話をよく聞きます。足元は景気の悪化などもあり供給先の半導体市場はマイナス成長ですが、薄型テレビや白物家電、自動車など半導体の用途拡大や新興国での需要拡大もあり、半導体市場はまだ伸びると思います。半導体製造装置への投資を減らすため半導体メーカーが装置の効率性向上に取り組んでいることなどもあるとは思いますが、生産能力の増強投資を中心になぜ半導体製造装置市場が構造的に伸びないと言っているのか、プラス要因とマイナス要因があるなかでマイナスになるのかよく理解ができません。もしよろしければその理由を教えてください。
 また特に半導体テスタについても、テスト工程簡略化や低価格化の進展などについては理解できましたが、なぜ市場の縮小まで見込まれてしまうのか、上記と同様にプラス要因とマイナス要因があるなかで、縮小に行き着くのか理解ができません。その理由を教えて頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

単純に言えば、プロセスが進む(微細化が進む)にしたがって、
莫大な金がかかるようになるので、半導体を作るメーカーがどんどん寡占化されて減ってしまうので、それにつれて、製造装置やテスタの市場も小さくなってしまうということでは。

数年前の130nmの世代では、世界で15社~20社が自前のプロセス(工場)を持っていましたが、現世代の45~65nmでは10社以下になっていますし、おそらく、次世代(2010年~2012年くらい)の22nmくらいのプロセスでは、Intel、TSMC、IBM・東芝連合、Samsung(IBM連合に合流かも)
の3社あるいは4社くらいしか、自前のプロセスを持たないのではないかと思われます。
あとは、世界3位になる予定の、ルネサス+NECがどうするかですが、ここは世界の微細化についていく気があるのかどうか不明。ついていかなければ取り残されますし、大借金して無理してついていけばちょっとの不況で一気につぶれる可能性もある。

QWDX(波長分散型X線分析装置)とEDX(エネルギー分散型X線分析装置)との比較について

WDX(波長分散型X線分析装置)とEDX(エネルギー分散型X線分析装置)との違いについて教えてください。
*:蛍光X線ではなくSEMに付属するものです。
WDXはEDXと違いピークの分離能がよいことはわかるのですが、感度もやはりWDXの方がよいのでしょうか??
その他、WDXとEDXの比較が乗っているサイトとかわかる方
は、大変面倒とは思いますが、教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

EDX(SEM計装)しか使ったことがないので,比較ができませんが,参考URLや下記サイトが参考になるでしょうか.
http://www.muroran-it.ac.jp/mat/momo/epma/epma.html
メーカーに問い合わせるのがいいと思いますよ.
取り急ぎ.

参考URL:http://www.dent.niigata-u.ac.jp/epma/edxwdx.html

Q液晶製造装置とタッチパネル製造装置

各製造工程の液晶製造装置は、各タッチパネル製造工程に応用可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

I液晶パネル製造工程上のガラス洗浄、フォト・レジスト、シール塗布・スペーサ散布・張り合わせ、圧着・シール硬化、以降の基盤関連やセット工程などは応用可能でしょうね。
ただ実際のところ、指やペンで接触する程度のタッチパネルの製造に、液晶パネル製造時に必要とされるほどの精度は必要じゃないので、同レベルの製造装置はまったく必要としません。
また、現在大型化している液晶パネル製造装置の規模も、必要ないでしょう。

つまり、「応用」という程の事では無く、既存技術で可能であるという事です。
そのタッチパネルに、何らかの特殊技術を付与しようとする場合には、話が変わるかもしれません。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報