合同庁舎や外務省など、霞ヶ関の官公庁の前で入館者をチェックしている警備員がいますよね。

建物によって、シルバー人材とおぼしきご年配の警備員や、アルバイトのような若い警備員、警察官と見分けがつかない威圧的な警備員など、色々いらっしゃいます。

あの方々は国家公務員なのでしょうか?誰から、どうやって雇われ、どのような地位なのか、ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



ご質問の件ですが、通常、官公庁と警備会社が委託契約しており、あなたのいう門番は警備会社の職員の方です。

警備会社によって違うと思いますが、正社員の方もおいでますし、アルバイトの方もおいでると思います。

警備会社に入るときは区役所で身分証明を提出しなくてはいけません。

身分証明の証明事項は
1 本籍地
2 名前
3 性別
4 生年月日
5 禁治産、準禁治産の宣告の通知をうけていないこと
6 後見の登記の通知を受けていないこと
7 破産宣告の通知を受けていないこと

とあります。

ですので身分的に証明された方が門番をできます。

追 門番は守衛という方が正しいです

参考になれば幸いです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。勉強になりました。

お礼日時:2005/04/05 11:35

官公庁が警備会社と委託契約しているのだと思います。


なので、警備員さんたちは警備会社の社員で、公務員ではない、と思いますが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング