漢文を初めから勉強しなおしているところです。置き字は読まない、書かないということですが、也 という字は、文末にあって断定や強調の意を添える「置き字」のひとつなのに書き下し文にすると「なり」と書くことがほとんどです。(今までの短い勉強の中では) これはどのように解釈すればよいのでしょうか?見分けるポイントはあるのでしょうか? 初歩的な質問で申し訳ありませんが教えてください、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一つ置いた前の質問に、「漢文の勉強の仕方」というのがありますが、学校で2年、3年とかけて勉強する内容を、このようなサイトで簡単に答えることは無理だと言えましょう。

しかし、あなたの場合は「也」という「置き字」にしぼった質問なので、まあいいと思います。
 ところで、「置き字は読まない、書かない」というふうに言っていますが、本当は「訓読する時に読まない」、「書き下し文にするときには書かない」という意味ですね。
 漢文は本来、昔の中国人が漢字を用い、中国語で書いたものです。だから上から順番に「音」で読んでいて、それで当然意味が通じていた訳です。しかし、日本人には外国語ですから(一部の人を除いて)読めない、書けないという状態でした。その時、日本人はその原文を、「日本語に(当時のことですから古文)に訳しながら読む」という方法を発明しました。この方法を漢文の「訓読」法と呼びます。この頃すでに漢字・漢語が日本に入っていて、当時の知識人にはほぼ理解できる状態になっていたことも幸いしました。だから日本でもっとも古い書物(といわれる)「古事記」「日本書紀」は漢文で書かれました。漢文を勉強するのは、(外国語ではなく)この訓読法を用いて「古文に置き換えた漢文」を学ぶことになります。だから国語の時間に勉強します。

 こんなことを書き続けても終わりそうにないから、質問に移りましょう。「也」は確かに置き字ですが、当然意味はあります。(無意味なら使わなかった)置き字の中の「終尾詞」と呼び、「断定・感動など」を表します。
  ナル    ヤ
 賢  哉  回  也。(賢なるかな回や)(論語)

「哉」は「かな」と読ませていますが、「也」は読ませていません。しかし、「回」の送り仮名に「や」が付けてあります。これは「也」の意味をそこへ持って行ったと考えられます。
 子曰、吾十有五而志于学、三十而立、四十而不惑、五十而知天命、六十而耳順、七十而従心所欲、不踰矩。(論語-為政篇)
(子曰く、吾十有五にして学に志し、三十にして立つ、四十にして惑はず、五十にして天命を知り、六十にして耳に順ふ、七十にして心の欲する所に従ひて、矩を踰えず。)
 ここから「志学」(十五歳)、而立(三十歳)、不惑(四十歳)、知命(五十歳)、耳順(六十歳)などの語が出てきました。
 この原文(漢文の中ではこのように返り点や送りがなが付いていないものを白文と呼びます。本来はおそらく句読点も付いていなかったと思います)の「而」は「置き字」ですが「接続詞」の働きをします。で、読まない時は「三十ニシテ」のように送りがなを付けてその意味を生かしていますが、場合によって読んだ方がよいという時には、「しかして」「しかうして」「しかれども」などと読みます。

 高校で国語の副教材として「国語便覧」というのを買いませんでしたか。わたしの手元に「中央図書」の「新編国語便覧」があって重宝しています。特に漢文の句法などうまくまとめてあります。そんなのがあれば役に立つと思います。
 また、一つ置いた前の質問に答えられた方が紹介していらっしゃるサイトを下のURL欄に書いておきます。なかなか親切に説明してあります。まだ完成していないところもありますが。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/o-tajima/kanbun/kanfr …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お礼が遅くなり、申し訳ありません。 大変丁寧にご回答いただきありがとうございました。 長い歴史のある漢文を短い期間でコツのみをつかみ性急に理解しようとする考えのほうが浅はかであることにも気づきました。参考URLや参考文献を使って理解を深めていきたいと思います。

お礼日時:2005/04/06 21:16

「~です」、「~である」くらいだと思います。

この回答への補足

アドバイス、ありがとうございます。
質問が悪かったかもしれません。 書き下し文にするときに 書かない「也」と なり と書く「也」とどう区別するのか? ということなのです。 もしまたよろしければアドバイスお願いします。

補足日時:2005/04/06 07:26
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漢文のポイント

今度、家庭教師で漢文を教えることになりました。
でも漢文て句形の暗記、実際に漢文を読むしか
思いつく限りでやることなく教えることがないような気がします。

たとえば、英語の関係代名詞だったらポイントとして
2文に分解しよう、とか、数学だったら分母を有理化しよう、
とか大事なことを一言で教え、生徒をオッと言わせられるのですが。

漢文だとどんなことをポイントとして言うといいか、
おしえてください。
ちょっと質問の意味がわかりずらいですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以前,漢文を教えていたことがあります。
別の質問で参考書などについてはお答えしましたので,それとは別の視点で書いてみようと思います。
(いまみたら,一つは同じ質問者の方ですね)

生徒の前でオッと言わせられるポイントとはちょっと違うのですが,私は「2つの視点」を大事にしていました。
(1)漢文は(白文なら)昔の中国語である。
(2)返り点や送りがなを付けて訓読すると,(すこしくせのある)昔の日本語である。
(厳密には,現在でも漢詩を読んだりする人がいますので,「昔の」というよりは「昔風の」かもしれませんが)
つまり,どちらも,中国人や日本人が実際に使っていた生きた言語である,という視点です。
自分が高校生のときは,漢文というと,中国語でも日本語でもない,漢文の教科書の中にだけある「漢文語」という宙に浮いた幻の言語のようなイメージがあったので,それではまずいと考えているのです。

もしその生徒さんが,英語を得意としている(あるいは少なくとも苦手でない)なら,句法などで漢文英訳してみると面白いでしょう。
不必=not always(部分否定)とか,使役の構文など,英語と共通する構文はかなりありますので,記憶の助けになろうかと思います。
また,NHKテレビの漢詩紀行などでよくやっていますが,漢詩を中国語(現代の中国語で可)で読んでみると,脚韻や声調が美しく響いて,訓読したときとはまた違った味わいがあリます。
中国語でなくても,日本語の音読みで上から下へ読んでいくだけでも(ちょうどお経のように),味わいの半分ぐらいは感じられると思います。
例:国破山河在 城春草木深 → こくはーさんがーざい,じょうしゅんそうもくしん

また,返り点がSVOを示すしるしになっている場合がありますので,そんなときは,あえて返らずに直読・直解してみると,かえって構文が頭に入るかもしれません。
「我学漢文。」なら,「我,漢文を学ぶ。」と訓読しますが,それを「我,学ぶ。漢文を。」とするわけです。
これができると,試験の際に文章を読むスピードがかなり上がると思います。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=144077,http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=83032

以前,漢文を教えていたことがあります。
別の質問で参考書などについてはお答えしましたので,それとは別の視点で書いてみようと思います。
(いまみたら,一つは同じ質問者の方ですね)

生徒の前でオッと言わせられるポイントとはちょっと違うのですが,私は「2つの視点」を大事にしていました。
(1)漢文は(白文なら)昔の中国語である。
(2)返り点や送りがなを付けて訓読すると,(すこしくせのある)昔の日本語である。
(厳密には,現在でも漢詩を読んだりする人がいますので,「昔の」というよりは...続きを読む

Qこの漢文を書き下し文にしてください2(梵鐘の銘)

写真の梵鐘の銘の漢文を読み下し文にしてください。
前の質問「この漢文を書き下し文にしてください2(梵鐘の銘)」の前の部分にあたります。
自力では、
「一千万金を捐(す)てて、報恩寺を建てる。地は京の北、朝霞の郷に相す。伽藍を起こし、金仏を安んず。計画既に定まる。先ず鐘を鋳る。西京の?匠高橋才次郎、独りで工を督(とく)す。」

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんな感じでは。
一千万金を捐(えん)し、報恩寺を建つ。地を京北の朝霞郷に相し、伽藍を起こし、金仏を安んず。経画既に定まり、先ず鐘を鋳(い)しむ。西京の鳬匠高橋才次郎に属し、工を督(とく)せしむ。
訳すると、
一千万金を寄付し報恩寺を建てることにした。場所の相を占って、都の北の朝霞郷に建てることにし、伽藍を起こして金銅仏を安んじることにした。設計が定まったので、先ず鐘を鋳造させることにした。西京の鳬匠(かものたくみ)高橋才治郎に依頼して鋳物工を監督させた。
  固有名詞はよくわかりません。鳬匠は職名なのでしょうか、それとも鴨川の親方ぐらいの意味? 書き下し文は文語体で書くべきものです。「建てる」は口語、文語では「建つ」です。

Q漢文の勉強について質問です。

今、漢文を独学で勉強しようと思っています。
そこで、参書考を使って勉強する形を取ろうと思っているんですが、
漢文初心者に一番適している参考書を教えてください。

自分が調べた中では、

三羽邦美の超基礎がため漢文教室
三羽の漢文基本ポイントはこれだけ!―大学受験漢文

の二冊が候補です。
どちらがよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

参考書の業界で働いてる者です。
どの本が向いてるか、読者によって様々なので、客観的に売れてる本をお教えします。
その2点は、どちらとも同じくらい売れてます。
受験勉強向けと言うことだったら、センター試験物以外では、学研の「漢文ヤマのヤマ」「漢文速答法」この2点がダントツで、河合出版「得点奪取漢文」が月によっては上位に入って来てます。
参考までに。

Q漢文の書き下し文

就職活動で何回か休んでいる間に授業でやった漢文の書き下し文がわかりません。
白帝社から出ている森野茂夫編「論語注疏」という教科書の文章です。

わからない文章は、
「有(レ)恥者、有(レ)所(レ)不(レ)爲。」 

「行必果、所(レ)欲(レ)行、必果敢爲(レ)之。 硜硜者、小人之皃也。抑亦其次、言(レ)可(二)以爲(一レ)次。」

「噫、心不(レ)平之聲。筲、竹器、容(二)斗二升(一)。數也。」
「子貢又問、更有(二)何行(一)、可(レ)次(二)於此(一)也。」

「孔子又爲言(二)其次(一)也。若人不(レ)能(二)信以行(レ)義、而言必執(一レ)信、行不(レ)能(二)相(レ)時度(一レ)宜、所(レ)欲(レ)行者、必果敢爲(レ)之。 硜硜然者、小人之兒也。 言此二行、雖(レ)非(二)君子所(一レ)爲、乃硜硜然小人耳。 抑、辞也。 抑亦其次、言(レ)可(二)以爲(一レ)次也。」

「子貢復問、今之從(レ)政之士、其行如何也。」

「噫、心不(レ)平之聲。斗、量名。容(二)十升(一)。 筲、竹器。 容(二)斗二升(一)。 算、數也。 孔子見(二)時從(レ)政者(一)、皆無(二)士行(一)、唯小器耳。故心不―(二)平之(一)、而曰「噫、今斗筲小器之人、何足(レ)數也。」言(レ)不(レ)足(レ)數。 故不述(二)其行(一)。」

&#30812石脛 脛の左の月をはずし、石とそれ以外を組み合わせた漢字
&#31602竹小月 一番上が竹、真ん中に小さい、一番下が月が組み合わさった漢字

わかれば教えてください

就職活動で何回か休んでいる間に授業でやった漢文の書き下し文がわかりません。
白帝社から出ている森野茂夫編「論語注疏」という教科書の文章です。

わからない文章は、
「有(レ)恥者、有(レ)所(レ)不(レ)爲。」 

「行必果、所(レ)欲(レ)行、必果敢爲(レ)之。 硜硜者、小人之皃也。抑亦其次、言(レ)可(二)以爲(一レ)次。」

「噫、心不(レ)平之聲。筲、竹器、容(二)斗二升(一)。數也。」
「子貢又問、更有(二)何行(一)、可(レ)次(二)於此(一)也。」

「孔子又爲言(二)其次(一)也。若人不(レ)能(二...続きを読む

Aベストアンサー

 「有(レ)恥者、有(レ)所(レ)不(レ)爲。」 
 恥有る者、為さざる所有り。
 (恥じる気持ちがあると、実行しない部分がある)
 だと思います。

Q立命館大学の漢文の難易度

タイトルの通りです。センター試験の漢文を5と考えて評価(難易度)を決めてください。また、「立命館の漢文はこういうところに気をつけろ」と、いうところ・ポイント等あれば教えてください。お願いします。また、漢文のお勧め参考書・問題集があればこちらもお願いします。

Aベストアンサー

現在、私立大学の漢文の出題で難問と呼ばれるものは殆ど見かけなくなりました。
立命館大学の問題も基礎知識と語法がわかっていれば正解するのは容易な問題です。

上記の理由で漢文に時間をかけるのはばかばかしいです。

定番ですが学研の田中雄二の漢文早覚え速答法などいかがでしょう? 

Q漢文の書き下し文について

私の学校の定期テストは、白文を書き下し文にするという問題がほとんどです。
重要句法以外のところも出るし、授業で扱った文だとしてもその長い文の中からどれがテストに出るか分からないので、さすがにすべて暗記できるくらいの時間を漢文に費やすのはつらいです。

私にとって初めて見る漢文を解くことより、この定期テストのほうがよっぽど難しいです。
私の勉強不足なのかもしれませんが…

白文から書き下し文にするときにコツや法則などはありますか?(重要句法を覚える以外で)
送り仮名や返り点の位置も全く見当がつきません。
やはり丸暗記しかないのでしょうか??

またこの定期テストのために必死になって文を覚えることによって得られることは何ですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大学院で東洋史を勉強しているものです。量は読みますが大雑把な仕事しているので、参考になるかは判りませんが…
(「重要句法を覚える以外で」ということですが、大学レベルで専門の史料を読むような場合でも、高校レベルの文法書以上の手引き書というものはないんです(汗)後は数を読んで馴れるしかないかと…)

・白文を読む作業は、返り点の付いたものを読む作業とはかなり別物に近いと思ってください。
 返り点が付いているというのは書き下してあるというのとほぼ同じ事なので。

・白文といっても(高校かとお見受けしますので)いくらなんでも句点読点は付いているかと思います。何処で一文が終わっているかは判る状態でしょうか。(、と。の区別が判らない句点もありますので…そも点すら付いてないとなりますと話は別ですが)
漢文の構文は英語同様、「主語・述語・目的語」の語順ベースですのでまず一文の中のこれを把握するようにします。
後は修飾語句が何処に掛かっているかを見ましょう。

・「書き下せ」だけで「返り点をつけよ」とは言われないのでしたら、強いて返り点を正確につけていく必要はないと思います。かえって判らなくなると言うことでしたらつけた方が良いですが。
漢文はわりとどのようにでも読めてしまうので、同じ意味に取っても返り点の付け方は一通りではありません。「何が正しいのか」と考え出すとキリが無くなりますのであまり気にしない方が懸命かと。送りがなも同様です。

・高校レベルで読むようなテキストは非常に文法に忠実で、(教科書的と言いますか…)構造のわかりやすい文章です。英単語帳や辞書に載っている例文みたいなものだと思ってください。
もうちょっとイレギュラーな文法で書かれた美しくない文章を読む際に、これが何となく頭に入っていると「あれと同じ語法か」と判ったりするわけです。暗記する意味があるとすればそんな所でしょうか。

大学院で東洋史を勉強しているものです。量は読みますが大雑把な仕事しているので、参考になるかは判りませんが…
(「重要句法を覚える以外で」ということですが、大学レベルで専門の史料を読むような場合でも、高校レベルの文法書以上の手引き書というものはないんです(汗)後は数を読んで馴れるしかないかと…)

・白文を読む作業は、返り点の付いたものを読む作業とはかなり別物に近いと思ってください。
 返り点が付いているというのは書き下してあるというのとほぼ同じ事なので。

・白文といっても...続きを読む

Q漢文 故事で質問です

来週,テストなのですが漢文の助長や朝三暮四などは何を勉強すれざいいのでしょう?
ポイントなどあったら教えてください~ε=(/*~▽)/

Aベストアンサー

まず、
授業中のことを復習すべきでしょう。
そのほかのことでなら、
白文を読み、訓点を施す練習をすればいいでしょう。

Q大至急!! 漢文の訳と書き下し文をお願いします

1、郡学生為、法犯斥見

2、況其余乎

Aベストアンサー

私は老齢の浅学非才の身ですが、ボケ防止のための挑戦ということで、前後の文脈がわからないので不十分なことしか投稿できないのですが、質問者の方が高校生かと推測しながら、ヒントとなって欲しいと考えて投稿しました。これが呼び水となってご期待の回答が寄せられればいいですね。
 1、「ぐんのがくしょうたりしとき、ほうをおかしけんをしりぞけ」と音読できそうですね。
 2、「いわんや~をや」の句法だと思います。「~」は「そのよ」と音読できそうですね。
 参考にしてください。

Q東大文系漢文

東大の文系漢文を満点をとりたいです。

下記の勉強方法でとれるでしょうか?

漢文ヤマのヤマ、早覚え速答法、銭形漢文、漢文道場、得点奪取、最強の漢文

Aベストアンサー

東大国語は文理を問わず受験生の大半の得点が50%前後のレンジに集中するらしいので、どの大問でも「満点」を狙うというのは、あまり現実的とはいえないはず。

特に文系の場合は相当に時間は余るらしいので、現古漢の区別なく「差をつけられないように漏れなく解答し、時間の限り推敲する」というのが関の山ではないでしょうか。力がつけばハイスコアはともかくそれなりのレベルで安定させることは可能です。しかし東大模試は採点にも癖があるので複数の予備校主催のものを受けておくべきです。

教材としてはそれだけ消化できれば充分でしょう。あとはもっと点読みのできる他の教科に力を注ぐべきだと思います。

私もそんなに教材のなかった時代の理系なのですが、漢文は現代文や古文に比べても精緻な読み方は不要で(そもそも情報量/文字数が少なく細かなニュアンスは文法語法よりも背景や状況に依存する、と思う)、#1さんのようにその背景を想起するために原文(白文)のまま多くの素材に触れること(いわゆる多読)は理にかなっていると思います。訓読せずとも字面で意味が取れるようになれば、その意味はだいたい合っています。

東大国語は文理を問わず受験生の大半の得点が50%前後のレンジに集中するらしいので、どの大問でも「満点」を狙うというのは、あまり現実的とはいえないはず。

特に文系の場合は相当に時間は余るらしいので、現古漢の区別なく「差をつけられないように漏れなく解答し、時間の限り推敲する」というのが関の山ではないでしょうか。力がつけばハイスコアはともかくそれなりのレベルで安定させることは可能です。しかし東大模試は採点にも癖があるので複数の予備校主催のものを受けておくべきです。

教材としてはそれ...続きを読む

Q漢文の書き下し

「不本意」という漢文の、意味はわかるんですが、書き下しがわかりません。

Aベストアンサー

漢文の試験での回答ならば,「不」の下に「二」,意の下に「一」と返り点をつけて,「本意ならず」です.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング