実家の方に15坪の空いた土地が有りまして、何かいい有効活用は無いものかと考えておりますが、まったく不動産系の知識が無いものでして、駐車場にするにも車1台くらいしか置けないだろうし、どうしたものかと・・・。どなたかアドバイスをお願いします。土地の場所は京都の都心部にあります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

商業地域ならば、カウンターバーの集合体


引っ込んだ場所なら、4階建ての戸建て住宅が
考えられます。

いずれにしろ用途地域 容積率 建蔽率
全面道路 風致地区規制など加味して
建築士が企画を立てます。

狭小住宅の特集号など見てください。
15坪の土地でも立派に家建ちます。

住みにくいですけど(^^)

あと、搭状の飲み屋さんは、場所さえよければ
結構借りてがつきますよ。
場所次第。
京都の有名な建築家さんに設計してもらうというのは
いいと思いますけど
    • good
    • 0

お地蔵さんでもたてるとか。


いろんな人が休憩できる休憩所みたいなものを作るとか。
それにしても京都の都心ってどの位置だろう・・・
新京極とかのある三条から四条の間でしょうか?
それとも、京都駅前付近でしょうか?
穴場で、伏見の大手町商店街とか。
あたしは大手町好きです。
図書館もいいところにありますしね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事有り難うございます。参考にさせて頂きました。ちなみに場所は三条と丸太町あいだぐらいになります。

お礼日時:2005/04/06 21:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q更正図が、先祖から伝わる土地の境界と違っている

自分が生まれる前になくなった祖々父が植えた柿の木があり、そこがうちの土地だと幼い頃から言われてきました。

しかし、最近になって、「そこはうちの土地だ」と近所の人に言われ更正図を見せてもらったら、境界線がうちの土地の方向にえぐっている感じでした。

祖父が更正図の承認をしたとのことを聞いたのですが、図面を確認しなかったのか、言われるままにはんこを押してしまったのか、祖父が亡くなる直前まで言っていた境界とは別ものです。

祖母曰く、代々我が家は町内でうとんじられてきて、
すぐ裏に川が引かれる時に用地買収をしてもらえなかったそうです。

また、「土地」について言ってきた近所の人は、
役場関係の親、親戚があり、境界線を自由にいじってきたとのうわさがあります。

そんな人に、
「勝手に土地を使っておいて」
と最近、因縁をつけられ始めています。
最悪「賠償」を求められかねません。

先祖代々の土地を取り戻すことはできるでしょうか?

Aベストアンサー

>・・・・はんこを押してしまったのか・・・・・
柿の木を植えたのは祖々父であっても、はんこを押したのが祖父だって事ですね?
更正図にはんこを押したって事ですか?
更正図にはんこを押すのは、作成に責任を持つ地域の有力者達連名のはずです
祖父はそれほどの有力者だったって事ですか?   大前提としてこの意味は判りますよね?


それはさておき、更正図を管理するのは3者います
1.登記所(法務局)
2.市町村役場の税務課
3.地域の大字(町内会)長

登記所と役場の図面は随時更新されるので、ほぼ同じ形状のハズです
それに対し、地域の大字(町内会)長が管理する更正図は明治時代の作成当初から更新されていないと思います
いずれの図面も外部へ持ち出し禁止なので、コピーするとか鉛筆でトレースをして見比べる事になります
その際は必ず明治時代の和紙図と現在のマイラー図の両方を見て下さい
質問者さん個人にとって難しい作業ならばお近くの土地家屋調査士に相談して下さい  用地測量に明るい測量事務所でもかまいません
過去に更正図の筆界線をいじった事があれば、原図上でその痕跡が判るはずです



質問者さんの事例の地域の詳細が判らないので、こんな事例もあるって程度で読んで下さい
1.【更正図】、その字のように更に正しい図面となります
  数回にわたり書き換えられて、明治24年~28年頃に完成されたとされます
  たとえ筆界形状や位置が間違っていたとしても、公的には正しいものであるとされます
  それゆえ、間違いを正す為に、過去に一定地域全体を書き直した事例もあります、珍しくはありません
  しかしながら今の時代に更正図無効の主張は無理でしょう
2.地すべり地域では、斜面上部にあった樹も土砂と一緒にゆっくり滑り落ちます
  つまり、植えたときは自分の土地だったけれど、今は他人の土地に移動してしまったのです
3.お互いの先祖の時代に、口頭のみで土地のやりとりをし、登記をしなかった  それを孫子に伝えなかった
  田舎ならこんな事は当たり前のようにあります  または借金のかたに土地を取り上げたとか・・・

時効取得もご近所さんが認めない以上はかなり難しいでしょう
今後、ご近所さんに執拗に責められるようであれば、地域の実情に詳しい土地家屋調査士に相談、それでもダメなら弁護士に相談ですね  近所の年寄りにアレコレ聞いて回るのも良いです
土地を時効取得できたとしても、更正図の筆界線を現状に合うように直すには測量と分筆登記が必要となりますよ  安い金額ではできません

ところで、そのご近所さんは老人でしょうか?
歳をとると異常なまでに執着する事がよくあります
若い方と同居しているようならば、老人抜きで話し合うのも事を穏便に且つスムーズに進める手ですよ
必要とあれば、間に世話人を入れることも良いでしょう

>・・・・はんこを押してしまったのか・・・・・
柿の木を植えたのは祖々父であっても、はんこを押したのが祖父だって事ですね?
更正図にはんこを押したって事ですか?
更正図にはんこを押すのは、作成に責任を持つ地域の有力者達連名のはずです
祖父はそれほどの有力者だったって事ですか?   大前提としてこの意味は判りますよね?


それはさておき、更正図を管理するのは3者います
1.登記所(法務局)
2.市町村役場の税務課
3.地域の大字(町内会)長

登記所と役場の図面は随時更新さ...続きを読む

Q60坪の土地と70坪の土地

現在、二つの土地で迷っています。

1.60坪で現在分譲中、南向きで間口12mほど
2.70坪で次期分譲予定、次期分譲日時は未定、南向きでほぼ正方形の土地

価格は「2」の方が100万円くらい高いです。
駅までの距離、周りの環境はどちらも似たような感じです。

建坪は40坪くらいで考えていて、庭は広くとりたいと考えていました。

希望としては「2」ですが、いつ分譲されるかわかりませんので、「1」で妥協すべきか悩んでいます。

Aベストアンサー

不動産業者です。

次期とはいえ分譲予定と『広告』をしているのであれば、建築確認などの許可等の処分がおりている物件のはずです。(そうでなければ宅建業法違反)
という事は、造成も設計も済んでいる(=費用がかかっている)ので、売主側もそうそう寝かせておく事もないでしょう。
分譲開始は長くても1年かせいぜい2年がいいところではないでしょうか??

特に今買わなければならない事情でもなければ、希望にかなっている2の物件を買うようにしたらいかがでしょうか。
なお、売る側としては早期成約したいので1の方をお勧めしますけど。


参考になれば良いのですが。

Q親子間の不動産売買において実勢価格が固定資産税評価額より安い場合

実勢価格が100万円で建物部分の固定資産税評価額が600万円のリゾートマンションを親が所有しています。
このまま相続すると相続税評価が600万になってしまうので、実勢価格で私が買ってしまってはどうかと考えています。
これによって500万の相続財産圧縮ができるのではと思のですが、税法上問題ないでしょうか?
取得価額は1,000万以上ですので譲渡益は発生しません。
(もちろん固定資産税は継承します。)

Aベストアンサー

同建物の売買価格とそれほど変わらないのであるならば、親子間の売買でも認められます。
ただし、所有の親が売買後3年以内に他界した場合は、税務署の調査対象になる可能性があると聞きます。
売買するなら、親が元気な内にした方が良いと思います。
今年の固定資産税は、日割りにて案分するのがよいでしょう。

Q35坪の土地の活用方法

現在約35坪の土地の借地権を所有しておりますが、私自身、また両親も別の場所に自宅を所有しており、この35坪の土地に住む予定はありません。
この35坪の土地を有効活用すべく、色々考えておりますが、素人なもので、皆様のアドバイスをお伺いしたく存じます。

場所は東京23区の私鉄沿線沿い住宅街です。私鉄駅から徒歩12-3分程度で、幅約4mの公道に面しております。
アパートを建設し、アパート経営でもしてみようかとも思いますが、
素人なので知識もなく、また空家リスクや、家賃滞納リスク、災害などリスクが高くないかと心配しております。
また、35坪の手狭な土地に果たしてアパートが建設できるのかどうか想像もつきません。。。
厳密には、自己所有の土地ではなく、借地権の土地(期限はないようですが)であり、転売はできないと思います。
自分たちで住まずに、またアパート経営が怖いのであれば、駐車場経営は?とも思いますが、ぱっと見て2台しか停められず、せいぜい月4万円程度の収入にしかならないと思います。(立体にしても3~4台か。。。)

この土地を空き地にしておくのももったいないのですが、どうにかして活用する方法はないのでしょうか。
やはり自分たち(もしくは自分たちの親族)が住むしかないのでしょうか。

ご意見お願いいたします。

現在約35坪の土地の借地権を所有しておりますが、私自身、また両親も別の場所に自宅を所有しており、この35坪の土地に住む予定はありません。
この35坪の土地を有効活用すべく、色々考えておりますが、素人なもので、皆様のアドバイスをお伺いしたく存じます。

場所は東京23区の私鉄沿線沿い住宅街です。私鉄駅から徒歩12-3分程度で、幅約4mの公道に面しております。
アパートを建設し、アパート経営でもしてみようかとも思いますが、
素人なので知識もなく、また空家リスクや、家賃滞納リスク、災害などリ...続きを読む

Aベストアンサー

以下基礎知識としてご認識下さい
(1)借地権というのは土地上に居住目的の建物があって初めて成立する権利なので、借地での駐車場経営というのは基本的には成立しない概念になります。

(2)借地上に賃貸物件を建築する点については、地主側の二つの了解が必要になる。一つ目は自己居住目的がなくなり借地契約を維持する理由もなくなる状況でも借地契約を維持すること、二つ目が旧建物取壊し新築物件建築により借地契約期間に本質的な変更が加わることで、地主側の了解が得られないケース・地主側が多額の更新料を要求する、といったケースもありえます。

(3)もっとも都心部・商業地では、居住外物件でも借地権を認める事例もありますので、この部分は場所と慣習による。(銀座等一等地では借地権自体が権利として売買される)

(4)仮に地主が建替をOKしたとして、金融機関側では借地上の物件を担保に融資することが稀なケース。仮に融資OKとなっても建築期間中には銀行へ差入できる担保が無い為に業者への着工金・中間金については自己資金を手当てする必要がある。

(5)借地上の建物を金融機関に担保差入する際には、上記(2)に加えて借地権上建物を担保に差入することへの地主の承諾を銀行宛に書面で貰う事になるが、この書面の文言が債務不履行時には「借地権を第三者へ転売することに了承する」という内容になるので、多くの地主がそこまでは認めないケースが多い。

(6)地主側の事情次第だが、相続時の納税に不安を覚えている地主は、可能なタイミングで借地権の買戻し(地主にとっては不動産の所有権を回復)・借地人への売却に応じて、いざという時の資金化・物納可能物件としておく事例も有り得ます。質問者が底地を購入し一体化した不動産所有権を元に有効活用なり第三者転売を図ることも有り得ます。

以下基礎知識としてご認識下さい
(1)借地権というのは土地上に居住目的の建物があって初めて成立する権利なので、借地での駐車場経営というのは基本的には成立しない概念になります。

(2)借地上に賃貸物件を建築する点については、地主側の二つの了解が必要になる。一つ目は自己居住目的がなくなり借地契約を維持する理由もなくなる状況でも借地契約を維持すること、二つ目が旧建物取壊し新築物件建築により借地契約期間に本質的な変更が加わることで、地主側の了解が得られないケース・地主側が多額の更新料...続きを読む

Q車の名義変更の必要書類について 分かる方に質問です。 母名義の車を自分に名義変更をしたいのですが 車

車の名義変更の必要書類について
分かる方に質問です。

母名義の車を自分に名義変更をしたいのですが
車を置いとく場所はそのままで
名義をかえるだけです。

車検証
2人の印鑑証明
実印、認印
譲渡証明書
自賠責保険書

で、大丈夫でしょうか?
車庫証明は住所が変わらないなら省けるとの事で、

譲渡証明書、申請書、手数料納付書、自動車サイクル券は陸運局でその日に準備出来るのでしょうか?

陸運局へ行く際は、母と共にいくので
委任状はいらないのかなっと勝手におもってます…

自動車税証明書は
陸運局のすぐ近くに窓口があるので
そこで発行して頂けるんですよね?

無知なりに色々調べてみたのですが
自信がなくて、
ご自身で名義変更されたことある方や
詳しい方、是非教えて頂きたいです…

Aベストアンサー

最寄りの陸運局のホームページに自家用車の名義変更手続きとクリックするところに
持って行かなきゃならない書類にDLできる書類等のってますので
心配なら、確認してみてください。

陸運局の書類はややこしいので行って聞いてみることと、書類だす順番が各カウンターに記されています。
しかし、並ぶ順番事態青ナンバーや白ナンバーで別れているので兎に角最初に行ったら
書類を出す順番のカウンター番号と書類の書き方を聞いちゃった方が早いですよ。

Q中古住宅購入の件です(土地55坪・建物43坪 2階建て)

地方で中古住宅を購入予定です。最近気に入った物件があったのですが、不動産に詳しい方どのように感じますでしょうか。築19年ですがリフォームをして半年です。(クロス張替え、畳替え、洗面台、風呂場、トイレ、キッチン交換、照明交換、フローリング張替えです。場所(駅・銀行・小学校近い)や間取り(5LDK)は理想に近いものですが、築年数が多いのが少々気になります。新築では2500万が相場ですが、この土地には退職までの20年住む事を考えての購入です。(その後は地元に戻る予定)1200万の物件です。お買い得でしょうか。ただまだ前の方の引渡し理由は聞いていません。まだ1度しか見学していないので、購入が良いのであれば、もっと詳しく聞き出していきたいと思っています。アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

まず1200万円の内訳ですが、基本的に19年の建物の場合ほぼ土地価格だけになっていると思います。確認してみて下さい。

建物については現物を見ないと判断しかねる部分がありますが、まず建築確認の申請がされているか、そして検査済書が発行されているかを確認してみて下さい。無いのであればなぜ無いのかを良く確認しましょう。
また設計図書(建築図面)があるのかどうかです。
柱の太さなど、現在の建物と比べこのころの物件の方がよほど頑丈に作られていることもよくありますので、調べてみるのもいいのではないでしょうか。

物件は1度ではなく曜日や時間帯を替えて何度か見に行かれることをお勧めします。
周囲の環境はもちろんですが、できれば部屋の中も最低でももう1度は見ておかれた方がいいとおもいます。1度目には気がつかなかった部分が出てくると思いますよ。

Q土地と家の名義変更

土地と家の名義変更です。こういうのは司法書士に依頼するのが良いと思いますが、素人の自分で出来るなら
自分でやりたいです。自分でも出来るのでしょうか?難しいですか?
仕事は4勤2休なので平日に法務局に行くことは可能です。

名義変更は相続で変更です。昨年父が亡くなりました。まだ名義を書き換えてないので名義変更したいです。
相続にんは私と母親の2人です。銀行口座が凍結して解除して引き出すには相続人全員必要と言われて
相続にんは私と母親の2人でしたので土地と家の名義変更の相続人も私と母だけになると思います。

今住んでいる土地は私名義で家は父の名義のままです。別にある土地は父の名義のままです。
自分で出来るならやりたいので、やり方が分からないです。

どの様にして手続きするのでしょうか?自分でやるにしても費用は5万円位かかりますか?

Aベストアンサー

ご自分で登記したいという気持ちが伝わってきますが、具体的に動かれましたでしょうか?
インターネットで調べるだけでも50%ぐらいの情報は入手可能と思います。質問される時は、xxxまで調べましたが、これであっていますでしょうか?というぐらいの質問にしたほうが、前に進みますよ。上記の質問では、丸投げ感たっぷりな感じなので答える側も答えにくいでしょう


質問内容では状況が不明なので、一般的なケースを前提に粗筋を記載しますので、その後はインターネットや登記所の相談窓口に何度もたずねて、頑張ってみてください


☆前提
-土地、建物はお父様の単有名義で所有権者。担保権、差押さえ、その他仮登記等の権利登記は一切無い
-相続人は質問者様と母親。質問者様は嫡出子
-お父様に債務は無い
-遺言書も無い
-遺産分割協議をしない(法定相続)


☆登記
1.相続を登記原因とした、所有権移転登記を実施
2.添付書類は一般的な書類を提示(登記原因証明情報、など)
3.税金は登録免許税。不動産価格の4/1000。
  ※課税標準価額の計算は慎重に行ってください。間違えればあとで大変なことになります


権利の登記なので、それなりに知識は必要になります

頑張ってください

ご自分で登記したいという気持ちが伝わってきますが、具体的に動かれましたでしょうか?
インターネットで調べるだけでも50%ぐらいの情報は入手可能と思います。質問される時は、xxxまで調べましたが、これであっていますでしょうか?というぐらいの質問にしたほうが、前に進みますよ。上記の質問では、丸投げ感たっぷりな感じなので答える側も答えにくいでしょう


質問内容では状況が不明なので、一般的なケースを前提に粗筋を記載しますので、その後はインターネットや登記所の相談窓口に何度もたずねて、頑...続きを読む

Q100坪の土地を買うのに200坪分払うのはムダ?

住宅の新築を考えています。ハウスメーカー経由で、気に入った土地が見つかりました。
広さは100坪
坪単価13万5千円
以上でプランを練っていましたが、途中で地主さん(遠方在住らしい)の気が変わったらしく隣接する100坪の土地と同時売却でないと駄目と言い出しました。それで隣接する土地の形状の問題でこちらの分は90坪に引き下げ、残り110坪を一括、もしくは二分割で売る方向で他の不動産が話を進めていました。いいところまでいった話もあったようですが、すべて立ち消えになってしまっています。

こちらとしても90坪で再度メーカーと住宅のプランを練っていましたが、今のところこう着状態といいますか、隣接の土地に買い手がつかない以上はどうしようもない状態になっています。

子供も大きくなるし、今年の夏までには建ててしまいたいのです。となると、この土地に執着するには隣接分もあわせて200坪分買って、その中の100坪分を自分用として、のこりの100坪を今度は自分が地主として売りに出す、という手しか考え付きません。

わりと人気のある地域ではあるのですが、いつ買い手がつくともわからず、相場があがるともかぎらず、別に儲けようと思ってるわけではないのですが、購入後のランニングコストが大変そうです。購入自体はむりすれば可能です。当然ながらローンは組みますが。

1.現実的な考えでしょうか。
2.自分用に使わない土地には住宅ローンは組めないと思うのですがいかがでしょうか。その分は他のローンになりますよね?
3.200坪住宅ローンで購入。不用の100坪はすぐ売りに出す、はどうでしょう?

例え隣接地が自分が購入後2、3年以内にに他の人に売れたとしてもトータルでは損をするのは覚悟をしています。売れるまでのローンの支払い、固定資産税や他の税が生じるでしょうが、他の土地ではいまひとつ踏み切れないものですから。

住宅の新築を考えています。ハウスメーカー経由で、気に入った土地が見つかりました。
広さは100坪
坪単価13万5千円
以上でプランを練っていましたが、途中で地主さん(遠方在住らしい)の気が変わったらしく隣接する100坪の土地と同時売却でないと駄目と言い出しました。それで隣接する土地の形状の問題でこちらの分は90坪に引き下げ、残り110坪を一括、もしくは二分割で売る方向で他の不動産が話を進めていました。いいところまでいった話もあったようですが、すべて立ち消えになってしまって...続きを読む

Aベストアンサー

不動産業界の経験者です。

そのような地主との交渉はやめとくほうがいいです。
最初から、200坪しか売りたくないのです。
場合によっては、ハウスメーカーもわかって販売しているのです。

あなたが、不動産事業や資産運用したいなら別ですが、そうでなく住宅に住みたいだけなら買わないことです。ましてや、ローン組んだ状態では損な話です。
ことわるのがいいでしょう。

探せば、他にもいい土地はあるし、いい地主もいます。業者も同じです。ふっかける業者や地主にいいのはいません。働いた経験です。

Q土地のトラブル

友人が土地トラブルで困っているそうなので教えて下さい。友人宅の土地の一部が他人(親戚)の所有になっていることが最近判明しました。
友人宅の土地はかなり以前に親から遺産相続で受け継いだものらしいのですが、そのうちの一部の名義が親戚名義のままで当時、口頭では変更してもよいと言われていたのを変更しないまま現在に至っているそうです。
その土地は「原野」で固定資産税は長いあいだ数百円だったらしいのですが最近になって親戚が「宅地」に変更し固定資産税が10倍近くにあがったとの事。
親戚はその土地の買取を希望している様子らしいです。
そこで質問ですが、(1)土地の評価は自己申告で上がるものなのでしょうか?(2)固定資産税があがったということは土地の価格もそれに比例し値上がりするのでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問(1)について。
 固定資産税の評価額は、課税権者である市町村長が評価します(実務上は市町村税務課が行う)。土地所有者の申告で、評価額が上がることはありません。
 もし、市町村長が決めた評価額に不服があれば、窓口である市町村税務課にその理由を聞いて是正を求め、なお不服があれば、市町村に設置されている固定資産評価審査委員会に審査申し出をすることができます。

 さて、ご質問文の中で、なぜ「固定資産税が10倍近くにあがった」かの理由ですが、この土地の登記地目を「原野」から「宅地」に地目変更の登記をしたことが原因だと推察されます。地目変更の登記のコピーは、すぐに法務局から市町村税務課へ送られます。市町村税務課では、この登記地目の変更を受けて、これまで現況「原野」として評価していた土地を、現況「宅地」として評価し直したものと思われます。

 固定資産税の評価は、地目別の評価方法を採用しているため、「原野」から「宅地」に地目が変わると、数十倍から数百倍に評価額が上がることがあります。
 ただし、この地目別の評価は、現況の地目に基づいて行うものであり、登記地目によって行うものではありません。もし、登記地目が「宅地」に変更されても、現況が原野のままであれば、固定資産税の評価は、現況「原野」として評価しなければなりません。この場合、市町村税務課の課税誤りということがいえます。

ご質問(2)について。
 土地の価格は、最終的には需要と供給で決まります。要するに買い手がいなければ、「原野」を造成して「宅地」に変えても希望する価格では売れず、売れずに放置されれば、再び「原野」に戻っていきます。

 固定資産税の評価額は、地方税法や固定資産評価基準に基づいて、市町村が課税目的のために評価した価格であり、この価格をもって“時価(市場価格)”と考えないほうがいいと思います。需要が強い土地(人気物件)は、固定資産税評価額の何倍もの価格で取引されますし、需要がない土地は、固定資産税評価額の水準で取引されることなど望むべきもありません。

ご質問(1)について。
 固定資産税の評価額は、課税権者である市町村長が評価します(実務上は市町村税務課が行う)。土地所有者の申告で、評価額が上がることはありません。
 もし、市町村長が決めた評価額に不服があれば、窓口である市町村税務課にその理由を聞いて是正を求め、なお不服があれば、市町村に設置されている固定資産評価審査委員会に審査申し出をすることができます。

 さて、ご質問文の中で、なぜ「固定資産税が10倍近くにあがった」かの理由ですが、この土地の登記地目を「原野」から...続きを読む

Q土地の有効活用

滋賀県某所に100坪ほどの土地があります。母が二束三文の土地を騙されて買わされたようです。

周りはほとんど田んぼや畑で道路を挟んだ向側に十数戸の住宅地があります。現在は畑で、無償で貸与しております。

更地にしておくと草が生い茂りマムシが出るので周辺住民より苦情が出るため、神戸から1時間半かけて年に数回一日がかりで草を刈るのも大変なので、畑として使っていただいているというのが実情です。

草が生えないようにコンクリートなどで舗装すると不法投棄が心配になります。

地域住民ではないため住戸を立てるには実際に数年間住民票を移さないといけないので、それも叶いません。

何か良い活用方法が無いものでしょうか。

どうぞ皆様のお知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

農地ですよね。
農地の生産性の低さはちょっと調べればすぐわかると思います。
従って、借りているかたも貸してもらっているというよりは、ただで耕してやっていると考えているかもしれません。
100坪の畑を誰か別の人に貸して賃借しようなどとは夢にも思わないほうがいいと思います。
まわりがまじめな田畑だとしたら、荒地にして、病害虫被害のもとでも作ったら損害賠償で訴えられるかもしれません。

これからもずっと手を焼きそうですね。
1.現時点で一番得な方法は現在耕作してもらっている人に言い値で
  譲る
2.いらないといわれたら、これまでどおり地代はいらないから耕作
  してほしいとお願いする。
3.もう年だから耕作できないといわれたら、耕作料を払って耕作してもらう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報