「音楽がなければ、人生の意味がない」みたいな意味で
「ノーミュージック ノーライフ」っていうのをよく耳にしますが
これは
「NO MUSIC,NO LIFE」と「NO MUSIC NO LIFE」
どちらが正しい文法ですか?
それともどっちでもあんまり関係ないんでしょうか...

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

この手の表現は他にも色々あり、諺というわけではなく自分でこの法則にのっとって表現を作る時も必ずカンマ(,)で区切られますね。



No pain(s), no gain(s). とか
No suds, no save.(これは諺じゃないけど(笑))

No music, no life.はもっと分かりやすくいうと「音楽の無い人生はない」ということです。

つまり If there is no music, there is no life.という文章を縮めているのだと考えます。
このIf文だったら文法上普通カンマは必ず入りますよね?入らなければ正しくないです。
だから(If there is) と(there is)を省いた後の
No music, no life. になると考えます。

この手の表現でカンマなしは見たこと無いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごくよくわかりました☆
ありがとうございます(*^-^*)

お礼日時:2005/04/07 14:32

Google で、"no pain no gain" ("no music no life"を検索しても日本語のページばかりヒットしてしまうので)を検索すると(Googleはコンマの有無を無視して検索するので)コンマのあるもの、ないもののどちらも検索することになります。



検索結果のサイトをいくつか見てみると、実際コンマのついたものが多いように感じたのですが、コンマのないものも見つかります。コンマのないものは、記事、あるいは詩や歌詞のタイトルとして使われている場合のようです(参考URL)。タイトルであっても、コンマがついてる場合もあるようです。

質問された方がご自身でこれらのページをごらんになって、用法を検討されてはいかがかと思いました。

参考URL:http://www.time.com/time/magazine/1998/int/98033 …
    • good
    • 0

細かいですがコンマを入れるのであれば後にスペースが要ります

    • good
    • 0

これは会話文ですので、文法の決まりはありません。


要は意味が伝わればいいみたいな。
なのでコンマをつけようが、つけまいがどちらでも構いません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q私にとってNo music, No lifeです。

私にとってNo music, No lifeです。


と言いたい場合、

No music, No life for me.

とfor meを付け加えるだけ良いのでしょうか?

Aベストアンサー

それで言いたいことは通じますし、二番目のNを小文字にすれば文法的にもおかしくありません。ただし、(口頭ではなく)書いた場合には「No musicは、私にとってはno lifeである」という意味になります。「"No music, no life" for me.」とすれば、より明確に「私にとってNo music, No lifeです」という意味になります。

QThere is no limit to .............

NHKラジオ英会話講座より
There 's no limit to the amount of money you can spend on a new house.
新しい家にはいくらだってお金がかかる。
(質問)noとnotがまだ吹っ切れません。お尋ねします。
(1)[There's no limit..]と[There's not a limit..] とした時の、語感の違いを教えて下さい。
(2)○This isn't any pen. ×This is no pen.
  ○She isn't any teacher. ×She is no teacher.
  ○I don't play baseball. ×I play no baseball.
  ○I haven't any pen. ○I have no pen.
  ○There isn't any pen. ○There is no pen.
上記notとnoを並べて見ました。×の文は私はおかしいと感じています。間違っていますね?何故でしょうか? noを使うときには何か条件があるように感じています。たとえば、数量に関する事とか、有無に関する事とかにnoを使うとか・・。考えすぎでしょうか。ご意見を賜りたいと希望します。宜しくお願いいたします。以上

NHKラジオ英会話講座より
There 's no limit to the amount of money you can spend on a new house.
新しい家にはいくらだってお金がかかる。
(質問)noとnotがまだ吹っ切れません。お尋ねします。
(1)[There's no limit..]と[There's not a limit..] とした時の、語感の違いを教えて下さい。
(2)○This isn't any pen. ×This is no pen.
  ○She isn't any teacher. ×She is no teacher.
  ○I don't play baseball. ×I play no baseball.
  ○I haven't any pen. ○I have no pe...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。12/16のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<(1)[There's no limit..]と[There's not a limit..] とした時の、語感の違いを教えて下さい。>

否定の仕方がnoは弱、notは強、という語感の違いです。意味は同じですが。

1.この例文では、文法的にはnoは名詞を修飾する形容詞、notは動詞を否定する副詞になります。

2.否定した名詞を動詞で肯定するnoの用法よりも、「文の中心となる動詞」を否定するnotの用法の方が、強い否定のニュアンスが生まれます。


ご質問2:
<×の文は私はおかしいと感じています。間違っていますね?何故でしょうか? >

1.○This isn't any pen. ×This is no pen.:

(1)どちらも文法上???な表現です。英語の教養のない人の用法になります。理由は、thisという代名詞に「特定のものに限定する用法」があるからです。

(2)not~any=noは、「多様な選択肢の可能性がある名詞」にかかり、「いかなる(種類の)~もない」というニュアンスで使われます。

従って、多様な選択肢のない、予めその名詞が特定されているthisやsheなどの代名詞の用法では、通常not~any、noは使われないのです。

(2)ただし、このbe動詞を完全自動詞的になニュアンスで捉えると、be動詞が「実存」にかかわる表現として使われることも可能で、そのような表現は「洒落た」と解釈されるこのもあり得ます。そのニュアンスで訳すと

例:
This isn't any pen.
(直訳)「これは、いかなるぺんでも、あることはないのだ」
→(意訳)「これは、いかなるペンとしても存在しないのだ」

This is no pen.
(直訳)「これは<ぺんでない>というものなのだ」
→(意訳1)「これは、ペンとして存在しているのではないのだ」
→(意訳2)「これは、絶対にペンではありえない」

となりますが、状況をわきまえないと相手は引いてしまいます(笑)。

2.○She isn't any teacher. ×She is no teacher.:

(1)どちらも文法上???な表現です。上記の「実存」理論に従えば、使えないこともないですが、やはりどちらも通常は使わない、教養のない用法です。

(2)ただし、文脈・状況により、以下のような場面では使うことも可能です。
例:
A:「彼女高校教師だったよね」
B:「いいえ、確か中学教師よ」
C:「まさか、どの教師でもないわよ」

とCの用法で使うこともあり得ます。

つまり、その名詞に多様な選択肢の可能性がある場合は、「いかなる(種類の)~でもない」というニュアンスで使うことも可能なのです。この場合のnot~any、noは「否定の強調」の用法になります。

3.○I don't play baseball. ×I play no baseball.:

(1)この判断で合っています。

(2)noの用法は、やはり通常は使われず、実存的に訳すと
(直訳)「存在しない野球を、プレーする」
となります。

(3)が、通常は「野球は、しない」と動詞を打ち消すのが一般です。

(4)ただし、これも上記の理論にあてはめれば、野球を「多様な選択肢の可能性」があると考え、noの使用も無理ではありません。
例:
A:「あなた、会社の同僚と野球やってるよね」
B:「え、地域の社会人野球じゃなかったっけ」
C:「まさか、どんな野球もやらないよ」

とCの用法で使うこともあり得ます。この場合のnoも「否定の強調」になり、多様な選択肢の中から、「いかなる(種類の)~もない」というニュアンスで使われます。

4.○I haven't any pen. ○I have no pen.:

(1)この判断で合っています。

(2)haven'tには=don't haveの用法があり、現在完了のhaven'tとは違う意味で使われることがあります。ここでは前者の使用ですから正しい用法になります。
例:
I haven't any time.
=I don't have any time.
「時間がない」

(3)どちらの用法にも違和感がないのは、penは明らかに「多様な選択肢」のあるものという認識が、私達にあるからです。

つまり、上記の理論に従い、「いかなる(種類の)ペンも、持っていない」と一般に考えることができるので、違和感なくnoが使えるのです。

5.○There isn't any pen. ○There is no pen.:

(1)この判断で合っています。

(2)There is構文は特定の名詞には使われません。つまり、初めから「多様な選択肢の可能性」が示されているわけです。そこから、noやnot~anyを用いても、どちらも違和感なく感じられるのです。


ご質問3:
<noを使うときには何か条件があるように感じています。たとえば、数量に関する事とか、有無に関する事とかにnoを使うとか・・。>

1.上記の説明でご理解いただけたと思いますが、noは基本的に形容詞として名詞を修飾するので、その名詞の選択肢・種類の多様性がゼロ、という認識になります。

2.その意味で、no=not~any…「いかなる(種類の)…も~ない」という強調のニュアンスで使われることもあります。

3.ただ、動詞に否定の照準を合わせたい時は、一般には動詞を打ち消すnot~at allにするのが通常の使い方です。

I don't play any baseball.
「どんな(種類の)野球もしない」
I don't play baseball at all.
「野球はまったくしない」


以上ご参考までに。

こんにちは。12/16のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<(1)[There's no limit..]と[There's not a limit..] とした時の、語感の違いを教えて下さい。>

否定の仕方がnoは弱、notは強、という語感の違いです。意味は同じですが。

1.この例文では、文法的にはnoは名詞を修飾する形容詞、notは動詞を否定する副詞になります。

2.否定した名詞を動詞で肯定するnoの用法よりも、「文の中心となる動詞」を否定するnotの用法の方が、強い否定のニュアンスが生まれます。

...続きを読む

QUnder no circumstances can we lose the next game.

Under no circumstances can we lose the next game.
「どんなことがあっても、今度の試合に負けるわけにはいかない」

という例文がありました。

これは、
Under no circumstances / can we lose the next game.
の / の位置で切って考えれば良いのでしょうか?
(読むときは、そこで少し間を空けるのでしょうか?
 書くとき、カンマをつけても良いのでしょうか?)

また、その場合、can we となっているのは強調の倒置ですか?

もしそうなら、
Under no circumstances we can lose the next game.
でも正しいですか?
それとも、Under no circumstances とくれば、
can we と続くのが自然な流れですか?

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

単なる強調ではなく、「否定的な語が文頭に現れたときの倒置」です。
詳しくは「否定 倒置」で検索すれば山のような説明が出てくるでしょう。
ここでは簡単な例だけ挙げておきます。

1.否定語が文頭に来る
I have never been to America.
 → Never have I been to America.
Not a single paper did he write.
「論文は一本も書かなかった」

2.否定的な語が文頭に来る
I seldom saw her.
 → Seldom did I see her. 彼女に会うことはめったになかった.
Only later did she realise what had happened.
「何が起きたか気づいたのは後になってからだった」

QYou life everyday........

この英文の意味をおしえてください

You life everyday
You die once
So do what you want before the once coming....

Love you

Aベストアンサー

You life ではなくて You live でしょう。だったら意味は通じます。

あんた、毎日生きているけど
死ぬのは一度だけだろ
だったらその一度がくる前に好きなことをやれよ

Q「no fun no life」の意味

「no fun no life」の意味を教えてください。
NHKサラリーマンNEOのコーナーでこのタイトルがついていましたが、意味がよくわからないので宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

no fun no lifeは間に「is/means」が省略されてるだけです。
no fun (is/means) no life=楽しみがない事は、人生ではない
要約して「楽しくない人生なんて(意味がない。無意味だ)」って事です。

「●がない事は、▲がない(のと同じ)』…と考えれば難しくないですよね?
#2さんのも「音楽のない生活なんて(考えられない/有り得ない)」と訳せばいいです。

Qknow of, inform of... などのofの文法上の意味は?

読解の時には気にもせずにいるのですが、know of, inform of, notice of, think ofなどのofは文法上どのように説明されるのでしょうか。

英作する時、なくても意味が通じるような気がして、いつもつけ忘れてしまいます。

どなたか御存知の方、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 前置詞の根本的な意味について多少こだわりを持っている者です。前置詞を語らせるとキリがないので、なるべく簡潔にご説明しようと思います。

 前置詞はAとBとの関係を表す簡単な関数のようなものです。前置詞が1つあれば必ずAとBが存在します(文面に表れていなくても)。

 ofの語源はoffと同じで、「離脱」を表します。ご存知の通り、offはon「面接触」の反意語で、AがBの表面から離れる様子を表します。(例:take off「飛行機が離陸する、衣服などを体から離す(→脱ぐ)」など)それに対してofは、全体の一部が外に抜け出す感覚です(離脱の意味はなく単に全体の一部を表す場合もあります)。要するにBの一部であるAが、Bから離脱するというイメージですね。
 場合によってはofがonの反意語として使われます。例えばdependent onなどのonは精神的接触(頼っている)を表しますが、その反対はindependent of(自立している)です。これは、親に頼っていた(親の一部のようであった)子供が、親元から離脱するイメージです。
 rob A of B「BからAを奪う」というのも、ofのイメージが沸きやすい表現ですね。
 out ofという表現もよく使われますが、外に出るイメージのoutがofと相性が良いのもお分かりかと思います。
 hear of、know of、think of、inform A of Bなどはeazyuriderさんの言われる通り「関連」を表しますが、結局これらのofも全体の一部を表しています。例えばknow+人は日本語の「知っている」とは違い、「(その人の性格まで)よく知っている」と言う意味で、見たり聞いたりして知っている程度であれば、I know him.と言ったりはしません。そのような場合はofを仲介させてワンクッション置く必要があるわけです。I think you.などと言ったら、「君のことを(哲学的に)考える」ことになってしまうでしょう。
 ofの例ではありませんが、最後に一つ例を挙げておきます。
  You know everything about her, but don't know her at all.
  「君は彼女のことを(表面的には)すべて知っているが、その本性(気持ち)については全く知らない。」
  (Mystery Train (Bon Jovi)より)

 前置詞の根本的な意味について多少こだわりを持っている者です。前置詞を語らせるとキリがないので、なるべく簡潔にご説明しようと思います。

 前置詞はAとBとの関係を表す簡単な関数のようなものです。前置詞が1つあれば必ずAとBが存在します(文面に表れていなくても)。

 ofの語源はoffと同じで、「離脱」を表します。ご存知の通り、offはon「面接触」の反意語で、AがBの表面から離れる様子を表します。(例:take off「飛行機が離陸する、衣服などを体から離す(→脱ぐ)」など)それに対して...続きを読む

QNO MUSIC, NO LIFEな話

こんにちは!
最近音楽界からNO MUSIC, NO LIFEという言葉をよく耳にしますよね
音楽の不正コピー防止だそうですね
あれって…「音楽なしの人生なんてありえない」的な訳を勝手にしてるんですがあってるか分かりません。どうでしょうか。

また、ドアを「開けたら閉める」を言い換えて「閉めないなら開けるな」的な意味で[No close, no open.]又は[No closing, no opening]みたいなのは通じますかね。回りくどいと思ったらマシな言葉とか教えてもらえるとうれしいです。

Aベストアンサー

「No close, no open.」は文法的に間違っていますが、「No closing, no opening.(ピリオドを付けてくださいね)」は、まさに「No music, no life.」と同じ用法(「no名詞A、no名詞B」=「Aがないなら、Bはありえない」)のキャッチコピーとして使えますよ。立派な英語です。

ただし、「No closing, no opening.」にしても「No music, no life.」にしても、あくまでもキャッチフレーズ的な表現であり、厳密に言うと、ニュアンスとしては「音楽がなけりゃ、人生はない」みたいな感じで、あまり文章らしくないし、これ単独だと意味が通じないといえば通じないのです。

なので、日常会話の中でいきなり言われても、「No closing, no opening.」とか「No music, no life.」と言われても、「な~に、カッコつけてんだ」って感じなわけで、本来なら「I can't imagine a life without music.」などというのが正式です。ですが、あまりにも開けっ放しにする人が多いドアに「No closing, no opening.」と書いてあったら、ちょっとシャレてるかと私は思いますね。

「No close, no open.」は文法的に間違っていますが、「No closing, no opening.(ピリオドを付けてくださいね)」は、まさに「No music, no life.」と同じ用法(「no名詞A、no名詞B」=「Aがないなら、Bはありえない」)のキャッチコピーとして使えますよ。立派な英語です。

ただし、「No closing, no opening.」にしても「No music, no life.」にしても、あくまでもキャッチフレーズ的な表現であり、厳密に言うと、ニュアンスとしては「音楽がなけりゃ、人生はない」みたいな感じで、あまり文章らしくないし...続きを読む

Qgo to.../go on.../go for... no tukaiwake

ima ESL school de benkyou siteimasu.

go to..
go on..
go for..

no tukaiwake ga hakkiri simasen.

to/on/for ... no ato ni kuru tango de tukaiwake desuyone.

kongaragatte simatteimasu.

kuwasiku setumei wo onegaisitaidesu.

japanese desunode nihongo de onegaisimasu.
shohoteki na situmon de mousiwakearimasen

Aベストアンサー

それぞれの前置詞の意味を理解すると、動詞がgoに限らず、述部が理解しやすくなります。

go to:
toには「方向へ」という意味があります。よって、「ある目的地へ向かって」行くとなります。go to the park「公園に(向かって)行く」

go for:
forには「~のために」「~の目的で」「~を目指して」と「目的・指向を定めて」進むとなります。go for a change to the park「公園に気分転換(の目的で)に行く」

go on:
onには「~に関して」「~に関わる事柄で」行くとなります。go on a trip to Kyoto「京都に旅行(に関して)に行く」

という前置詞の語源から判断できます。

また、ご質問の3文の中で、go onのonには副詞の用法もあり、副詞のonは「進行して」「続けて」という意味を持ち、動詞を修飾します。そこから
go on「進む」
go on ~ing「~し続ける」
という動詞句も発生しますから、前置詞とは別の意味で理解しておいて下さい。

なお、前置詞と副詞の違いは、
前置詞が文字通り名詞の前に置かれて、文と文をつなぐ役割があるのに対し,
例:to the park「公園に向かって」、for a change「気分転換のために」
副詞は動詞を修飾して動詞の意味に影響するものです。
例:go on「(進んで)行く」→「進む」、go on ~ing「(続けて)進行する」→「し続ける」

前置詞と副詞の違いを区別すると、動詞への関わり、さらには述部の意味が理解しやすくなります。

それぞれの前置詞の意味を理解すると、動詞がgoに限らず、述部が理解しやすくなります。

go to:
toには「方向へ」という意味があります。よって、「ある目的地へ向かって」行くとなります。go to the park「公園に(向かって)行く」

go for:
forには「~のために」「~の目的で」「~を目指して」と「目的・指向を定めて」進むとなります。go for a change to the park「公園に気分転換(の目的で)に行く」

go on:
onには「~に関して」「~に関わる事柄で」行くとなります。go on a trip to Kyo...続きを読む

Q『NO MUSIC, NO LIFE』の意味合いはどう?

某音楽販売店のキャッチフレーズでこんなの見かけました。
『NO MUSIC,NO LIFE』とありますが、変に思えるのは私だけでしょうか?
日本語英語で"音楽無しでは生きられない!"と言いたいのでしょうが、
直訳すると
"音楽なんて必要ない、人生にも必要ない"
"音楽禁止、生きるの禁止!"
"音楽じゃありません、生き物でもありません"

っとネイティブが見たら勘違いしそうではないでしょうか?
キャッチフレーズと言うより、デモ運動で使われそう…。

We can not live without music!! とか、
The music makes happy!! でも言い換えられそうですが…。
まぁ、キャッチフレーズなのでしかたないですが、どうなんでしょ?
皆さんは『NO MUSIC, NO LIFE』を初め見た瞬間、
どんなイメージを受けますか?

Aベストアンサー

No ~, No ~. と言う表現があるのだと思います。

OK Web (教えて!goo)でこれらの表現(諺)は既出ですが

例、「英辞郎 on the web」より引用 (参考URL)
No pain, no growth. 痛みなくして成長なし
no pain, no gain 痛みなくして得るものなし

参考URL:http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=no+pain&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

QGame is my life. 文法的に間違いがある?

友人が「私の人生はゲームだ!」というのを

Game is my life.

と叫んでいたのですが、良く考えてみると

My life is Game.

のような気がしました。



そこで質問を2つほど書いてみます。

質問1
「私の人生はゲームだ!」というのは英語でどう表現するんでしょうか?
意味合い的には「ゲームが死ぬほど好き」ということです。

質問2
上記に書いたGame is my life.でもMy life is Game.どちらでもいいのですが、名詞の前にはaかtheを付けろと英語の先生に言われた覚えがあります。ということは、The Game is my life.My life is the Game.にしなくてはいけないのでしょうか?

この2つの質問どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

Playing games is my life (Games are my life).
で「ゲームが死ぬほど好き」という意味になり得るとおもいます。My life is ....よりも .... is my life のほうがなんとなく聞き覚えがあるせいかいいような気がします。


アルクの辞書ではこんな例文があります。

Music is my life.
音楽は私の人生そのものだ。
My work is my life.
仕事は私の生き甲斐です。

あとthe game(s)かa game か gamesかですが、the game(s)かgamesがいいのかなと思いますtheがつくとなにかこのようなゲームとか(ある程度)特定のものに絞られた感じです。gamesは漠然とゲームですね。


人気Q&Aランキング