調理師専門学校に通ってる友達がクローン病になりました。
板前としての道は閉ざされてしまうのでしょうか。
実家が日本料理屋で本人も継ぐ予定です。
その友達は入院中で、そのことを気にしています。
詳しい方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

kurosuke36さんが詳しくこの病気について記載されていますので、私から追加事項は特にありませんが、今、私の受け持ちのPtに27歳の男性で同じく”クローン病”の方がおります。


大腸(RS~SDにかけての)狭窄が激しく、6月に手術を施行し、ストーマー(人工肛門)となりました。
術後のフォローは身体的にも大切ですが、ストーマーとなってしまった事に対しての精神的治療がウエイトを占めて来ます。ちなみに、この病気は本当に申し訳ありませんが発病の原因が判っておりませんし、対処療法が大半を占めます。特効薬がありません・・。
退院後もプレドニンの服用が長い間続きます。
そのため、微熱程度の発熱が常時続き、体はつかれやすく長い時間の”立ち仕事”が困難になってしまいます。
また、食事も脂分の多い物は口に運んではいけません。
体調も安定したり、突然不安定になったりと、落ち着いて仕事に専念する事が難しくなってきますし、入退院を繰り返しますので、日本料理屋さんを継ぐのは・・・難しいでしょうね。
ご本人が他の職人さんを数名雇ってやりくり出来るのであれば、いいのでしょうけど・・・。
このようないい方は、医者としていけないのでしょうが、この”クローン病”と言うのは、腸が原因不明で腐って行く病気なんです。なんとかしなければいけないんですが、現在の医学では・・・無理です、完治は。
きつい様ですが、これが現状です。
私の個人的見解を言わせて頂くとすれば、仕事よりも自分の体を大切に。・・・と言いたいです。
頑張ってほしいです、よろしくお伝え下さい。
すみません、お力になれなくて・・・。

この回答への補足

素人の私にもとてもわかりやすく、ありがとうございます。
完治は現段階で無理だとしても、治療すればすこしづつでも、
よくなるのでしょうか。
それとも悪くなるor現状維持が精一杯なのでしょうか。
教えてください。

補足日時:2001/09/09 23:33
    • good
    • 0

補足説明をありがとうございます。


私は外科医として病院以外でも困っている患者さんに何かお手伝いができれば・・・と思い、返事をしました。
前に説明しましたが、この病気は”難病”として厚生労働省が認定している本当にやっかいな病気です。
内科的に投薬で安定する人もいますし、外科的に手術しなければいけない症状の患者さんもいます。
どちらにしましても、やはり”完治”はありません(すみません)。手術や投薬で小康状態を保事が出来ますが、若干の改善は見られるものの、やはりそんなに大きな”前進”は今までに見てきた中には有りませんでした。
”暖解期”と云う時期が入院をしているとあります。
治療が一段落付いた落ち着いた時期のことなのですが、
これからが、再発を防ぐ為に最も大切な時期なんです。
人間は活きていく上で、”食事”は最も大切なものですが、この病気の方は自由に食事が採れる訳ではありません。(これが、一生続きます。)
低脂肪・低残渣なもの(※基本的に消化の良いものを)
食べるようにしなければなりません。
また、反対に 脂肪の多い食品、食物繊維の多い食品、
動物性の脂肪、冷たいもの、
刺激のあるもの・・・等、食べてはいけません。
そんな食事では十分な栄養価が採れないので、副食として、エレンタール(成分栄養剤) と云う(実はこれが、美味しくないんです)”薬”を採ってもらいます。
そう云った食事療法をしながら、薬を飲み続ける・・・。
それで、よくなれば・・・最高なんですが・・・。
ごめんなさい、現状維持が大変に難しく・・・
でも、これだけは覚えていて下さい、同じ病気の人でも、大勢の方々が元気いっぱいに仕事、生活を送っています。
決して悲観的にならない事が一番の薬だと思います。
今の所、完治は・・・大変に困難ですが、ご本人の意思の強さ、そして明るさ・・・一杯持っていて下さいね!
何か良い文献があれば、機会があれば是非お教えしたいですし、お会いしたいものです・・。
何もお力になれなくて、本当に申し訳ありませんでした。
おだいじに・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に詳しい説明をありがとうございます。
聞いたこともない病気で、びっくりしましたが、わかりやすい説明で助かりました。まだ若いのでこれから良い薬が発明されるまで、希望をもって頑張るように伝えたいと思います。ありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

お礼日時:2001/09/10 10:50

板前の道は閉ざされませんが、今は治療に専念すべきでしょう。


治療には時間がかかることが多いです。
まず症状を落ち着かせ、それを維持するといった治療方法になると思います。
無理をすると症状が悪化するので、しばらくは体を休めるようアドバイスしてあげてください。
なお、クローン病は「特定疾患」という病気の一つです。
住所地を管轄する保健所に特定疾患を担当している係がありますので、そちらに相談されても良いと思います。
-------------------------------------------------
クローン病の治療は、基本的に「厚生労働省特定疾患消化吸収障害調査研究班」が作成した「潰瘍性大腸炎治療指針」に添って行われます。
指針を簡単にまとめると次のようになります。参考としてください。
(このとおりに治療が行われるというわけではありません)

クローン病の治療法は大きく分けると、栄養療法、薬物療法、外科療法があります。
◎栄養療法
重症の場合は経静脈栄養法(鎖骨の下の静脈に針を刺し、輸液を点滴する)を行うこともありますが、基本的な治療法は成分栄養剤の内服です。
症状が落ち着いたら半消化態栄養剤、治療食、在宅成分栄養法といった治療に代わります。逆に症状が改善されない場合は、次の薬物療法が併用されます。

◎薬物療法
小腸が主病変の場合は、まずプレドニゾロン(副腎皮質ホルモン)が使われます。
症状が改善したら量を減らします。症状が改善されない場合は、アザチオプリン(免疫抑制剤)やペンタサ、サラゾピリン(抗炎症剤)といった薬が追加されます。
大腸が主病変の場合は、まずペンタサ、サラゾピリン(抗炎症剤)が使われます。
症状が改善されない場合は、プレドニゾロン(副腎皮質ホルモン)が追加され、症状の改善が見られたら量を減らします。
プレドニゾロンを投与しても症状が改善しない場合は、アザチオプリン(免疫抑制剤)やメトロニダゾール(抗真菌剤:腸内細菌の抑制目的)が使われます。

◎外科療法
閉塞、狭窄症状、治療抵抗性、肛門病変、出血、巨大結腸症などがある場合は手術適応となります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すばやい回答ありがとうございます。難しい用語が多いので、頑張って調べてみます。板前への道が少しでもあるということ、本人に伝えたいと思います。目の前が真っ暗になってますが、生きる希望が少しでも起きてくれると思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/09 23:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • クローン病に伴う肛門病変<直腸・肛門の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    クローン病に伴う肛門病変とはどんな病気か  クローン病とは、小腸の末端部を好発部位として、小腸から直腸のどの部分にも炎症や潰瘍が起こる、免疫異常を伴う原因不明の病気です。症状は腹痛、下痢、発熱、口内炎、体重減少、貧血、非定型的肛門病変などです。主として10代から30代の若い人にみられます。  このクローン病の70〜80%に肛門病変が合併します。裂肛(れつこう)、痔瘻(じろう)、肛門周囲膿瘍(のうよう)、浮腫状...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクローン病の初期症状について

クローン病の初期症状(まだ軽症の段階)について教えてください。クローン病でもあまり症状のでない場合もあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>クローン病の初期症状

まず腹痛が続き、次に血便です。微熱が続くことも。

>クローン病でもあまり症状のでない場合もあるのでしょうか?

善し悪しの波はあります。薬の服用で安定状態が続くこともありますが、何かのキッカケで再発というケースが多いです。

Q切迫早産で入院中の者です。入院してから1ヶ月経ちました。24時間、張り止めの点滴をしていますが、針の

切迫早産で入院中の者です。入院してから1ヶ月経ちました。24時間、張り止めの点滴をしていますが、針の差し替えの際、最近差せる血管がなくなってきて、4日前に差し替えした時は5回目でやっと刺せました。。4回間違えがあったんですが、一部が内出血してしまい、最初は、それほどひどくなってなかったのに、日に日に酷くなってきたんですが、4日後の今日がいちばん醜い腕になっています。これは、自然に引いてくるものなんでしょうか?残らないか心配になっています。他にも点滴して抜いたとこがアザだらけです。
4日前はそれほど酷くなかったのに、日に日に赤紫色になってきたんですが、時間か経過してからでも酷くなるものなんでしょうか?

Aベストアンサー

この後、きみどり色になり、薄くなって消えますよ。
看護師でないので質問者さんの場合該当するか分かりませんが、何回も針を刺す状況ではプラスチック針を差しっぱなしにしましたが。
どうぞお大事に。
出産、頑張ってください。

Q22歳の息子がお腹痛みと下痢の症状でクローン病疑いで大学病院で検査入院しました。大腸内視鏡で回盲部に

22歳の息子がお腹痛みと下痢の症状でクローン病疑いで大学病院で検査入院しました。大腸内視鏡で回盲部にアフターみられたが病理検査ではクローン病の診断つかず小腸透視、小腸カプセル内視鏡検査も行いましたが確定できる所見はなくまた組織検査も行いましたがクローン病の確定診断はつかずに今回はアフター性腸炎の診断で退院しました。年に一回、大腸内視鏡出来れば小腸カプセル内視鏡を進められビオフェルミンが処方されました。現在、食事制限もなくビオフェルミン服用で下痢も腹痛も落ち着いています。これからもクローン病のおそれはありますか?

Aベストアンサー

文字通り、現在の腸の状態はアフタ性の潰瘍があるものの、クローン病と断定できる所見は出ていないということですよね。 まあ、なる可能性は一般人よりは高いかもしれないけど、可能性は可能性。 クローンの原因となりうること(ニキビ用の抗生剤や、喫煙、過度のストレスなど)を避け、バランスの良い食生活を維持することは、(クローンに関係なくても)賢いことだとは思います。

Qむち打ち? この間友達と飲みに行った時にカラオケに行ったのですがその次の日起きたら首が痛くてたぶんむ

むち打ち?


この間友達と飲みに行った時にカラオケに行ったのですがその次の日起きたら首が痛くてたぶんむち打ち?になってしまいました。

何があったのか友達に聞くと椅子から落ちてたでとゆわれました。

その痛みがまだ続いて左側を向くとすごく痛いです。

治し方ご存知でしたら教えていただけないでしょうか(´・ω・)

Aベストアンサー

椅子から落ちたのなら、きちんと整形外科に行って下さい。
結構、衝撃がありますので「頸椎捻挫(むち打ち症)」の可能性があります。
軽いといいのですが、酷い場合は「頸椎けん引」の理学療法が必要な場合があります。

Qクローン病、だけど自覚症状がない。

2006年の夏、血液検査をしたことから始まり、秋にはクローン病?と診断されました。
血液検査をした理由は知人から顔色が良くないと言われたことからです。

鉄欠乏性貧血でした。私は月経過多からくるものだと思い、婦人科で治療・診察をしましたが何処も悪いところは見つからず検便に血が混じっていて、胃カメラ・大腸ファイバーという検査をしたところ小腸の末端(回腸)に腫瘍が見つかりました。

この場合、一般的に挙げられる病気がクローン病だということでした。
それから、数ヶ月に1度大腸ファイバーをしました。計4、5回だと思います。

しかし、毎回細胞の検査をしてもらってもクローン病というはっきりとした答えが返ってきません。
ペンタサも服用していましたが、服用をやめて数ヶ月後(2007年夏)の検査では腫瘍も治っていることがわかりました。

自分なりにクローン病のことは色々と調べてきました。「クローン病」という診断も1回の検査では断言できないと聞きました。

自覚症状がほとんどありません。
もしかしたら、と思うのが食後にお腹が痛いことと便潜血なのですが、お腹いっぱい食べると痛くなるのは小さい頃からだったような気もするし、便潜血というよりお尻が切れて表面に血がついてるだけなのです。

お腹を下したりもしますが、もともと腸の病気を患っていたため、クローン病のせいではない気がします。
(先天性短腸症候群・腸回転異常症でした)

食べ物の制限などはまったくしていません。
薬も飲んでいません。
次回の検査は今年の夏です。

今は「緩解」なのでしょうか?
クローン病ときちっとわかるまでには数年かかるのでしょうか?

2006年の夏、血液検査をしたことから始まり、秋にはクローン病?と診断されました。
血液検査をした理由は知人から顔色が良くないと言われたことからです。

鉄欠乏性貧血でした。私は月経過多からくるものだと思い、婦人科で治療・診察をしましたが何処も悪いところは見つからず検便に血が混じっていて、胃カメラ・大腸ファイバーという検査をしたところ小腸の末端(回腸)に腫瘍が見つかりました。

この場合、一般的に挙げられる病気がクローン病だということでした。
それから、数ヶ月に1度大腸ファイ...続きを読む

Aベストアンサー

クローン病は、非特異的な慢性全層性炎症疾患で、通常回腸末端と結腸を侵し、消化管のどの箇所でも起こりうる病気ですが、根本的な病因はまだ解明されていません。それだけにクローン病と早々に確定診断することが難しいのも事実です。

以下、少し難しい記述になりますが……、クローン病と確定診断するためには、便培養検査や血清生化学検査(核周囲抗好中球性細胞質抗体陽性や抗サッカロミセス-セレヴィシア抗体陽性)などにより感染性大腸炎や潰瘍性大腸炎と鑑別した上で、さらに以下のような臨床所見がみられたらクローン病と確定されます。

(1)症例の80%では小腸が罹患する。
(2)直腸S状結腸は保たれる(大腸の罹患部は上行結腸である)。
(3)症例の15~25%では肉眼的な直腸出血がみられない。
(4)瘻孔・腫瘤・膿瘍が通常発生する。
(5)25~35%では肛門周囲病変が顕著である。
(6)X線所見では、腸壁が非対称性および区域別に侵され、罹患した区域の間に“飛び越し部分”がみられる。
(7)大腸内視鏡所見では、外観は斑点状で、正常な外観の粘膜の区域に隔てられて不連続性に潰瘍がみられる。
(8)微細な炎症と裂溝が経壁的に伸展(病変の分布はしばしば高度に限局的である)する。
(9)症例の25~50%では腸壁またはリンパ節に類上皮細胞(サルコイド様)肉芽腫が検出される。

クローン病は、非特異的な慢性全層性炎症疾患で、通常回腸末端と結腸を侵し、消化管のどの箇所でも起こりうる病気ですが、根本的な病因はまだ解明されていません。それだけにクローン病と早々に確定診断することが難しいのも事実です。

以下、少し難しい記述になりますが……、クローン病と確定診断するためには、便培養検査や血清生化学検査(核周囲抗好中球性細胞質抗体陽性や抗サッカロミセス-セレヴィシア抗体陽性)などにより感染性大腸炎や潰瘍性大腸炎と鑑別した上で、さらに以下のような臨床所見がみられ...続きを読む

Qクローン病

クローン病の人が、食あたりを起こした場合の対処法を知っている方いませんか?昨晩のひらめの刺身に当たったと思うのですが・・・
近日入院日程は決まっていますが、現在の治療はレミケードです。

Aベストアンサー

初めまして。恋人がクローン病です。
ネットで探してみると食あたりの対処に関するサイトがいくつかあります。
http://syoku.saotan.net/2005/08/post_163.html

調べる限りでは、特別クローン病だから食あたりの場合に他の方と違った対処をしなければならない、というようなことはないと思いますが、上記サイトにもあるように症状が激しい場合、また症状がなかなか治らない、心配だ、といった場合はすぐにかかりつけの病院・主治医に聞いてみるのが一番だと思います。(軽い場合は梅肉エキスやシソの葉などが食あたりの抗菌対処として用いられるようです)

あまり役に立たないかもしれませんが・・・^^;早くよくなるといいですね。

参考URL:http://syoku.saotan.net/2005/08/post_163.html

Qクローン病検査にかかる期間について

私の家族が、クローン病ではないかと悩んでいます。
最近、家族の友人がクローン病と診断され、症状がとても似ているため、検査を受けたほうがよいのでは?と言われたそうです。
しかし、クローン病と診断を受けた友人が検査に一週間を要したという話を聞き、会社を休むことを考え、躊躇しているようです。

症状は、肛門の周りにできた“ぢ”(ぢろう?)を自分で潰していたようなのですが、“ぢ”のできる期間がだんだん短くなってきているそうです。詳しく聞いてはいませんが、膿がひどいようです。
(関係あるかはわかりませんが、元々化膿しやすい体質です。)
肛門科でクローン病の疑いがあると診断されたわけではないようですが、上記の友人が診断されたのが、急だったので家族も不安になっています。(友人は何度も肛門科にはかかっており、“ぢ”と診断されていたがある日突然クローン病の疑いありと言われて専門的な病院で検査し、診断された)

検査には、時間がかかるのでしょうか?短い期間で検査を受けたことがある方がいらっしゃいましたら教えてください。
できれば東京、神奈川、埼玉の病院を希望します。

どうぞ宜しくお願い致します。

私の家族が、クローン病ではないかと悩んでいます。
最近、家族の友人がクローン病と診断され、症状がとても似ているため、検査を受けたほうがよいのでは?と言われたそうです。
しかし、クローン病と診断を受けた友人が検査に一週間を要したという話を聞き、会社を休むことを考え、躊躇しているようです。

症状は、肛門の周りにできた“ぢ”(ぢろう?)を自分で潰していたようなのですが、“ぢ”のできる期間がだんだん短くなってきているそうです。詳しく聞いてはいませんが、膿がひどいようです。
(関係あ...続きを読む

Aベストアンサー

私の弟がクローン病患者です。不安な気持ち、お察しいたします。

私の弟がたどったステップです。
20歳ごろから一日10回以上の下痢、便秘に悩まされました。そして痔に…
夜中に38度以上の発熱、異様な寝汗。一夜で布団がぐっしょり。2枚ほどだめになりました。
貧血、激やせ(12キロ痩せました)口内炎、お腹の張り…


因みにクローン病は大腸、小腸~食道(口腔も含む?)に病変がでます。特徴的なのは縦にならんでできるアフタ性の潰瘍。更に進むと腸壁などを破壊したり、癒着を起こします。
クローン病で死ぬよりも、此等が原因による大腸ガンなどが多いようです。

まずは肛門科に受診します。痔以外にこれらの症状が見られれば、大腸スコープで腸の中を検査。採血もします。(貧血、)特徴的な潰瘍が見られたら、専門病院へ紹介されます。
専門病院では
初診は触診、問診、採血、採尿、受ける検査の予約…次回は(一週間後)
大腸スコープ
小腸スコープ
(結果は一週間後)

採血や症状でほぼ確定らしいですが、ここまでやります。そして、その方にあった治療(投薬、食事指導、入院…)を行います。

まずは受診をすすめます。治療は早いほうがいいです。また受診するなら、ネットで調べ、その先生の出身大学、どこで勤めてきたかをチェックすると、次の紹介場所がわかります。

専門病院は紹介状がないと受診してもらえませんので、ごめんなさい、伏せさせて頂きます

私の弟がクローン病患者です。不安な気持ち、お察しいたします。

私の弟がたどったステップです。
20歳ごろから一日10回以上の下痢、便秘に悩まされました。そして痔に…
夜中に38度以上の発熱、異様な寝汗。一夜で布団がぐっしょり。2枚ほどだめになりました。
貧血、激やせ(12キロ痩せました)口内炎、お腹の張り…


因みにクローン病は大腸、小腸~食道(口腔も含む?)に病変がでます。特徴的なのは縦にならんでできるアフタ性の潰瘍。更に進むと腸壁などを破壊したり、癒着を起こします。
クローン病で...続きを読む

Qクローン病

始めまして 実は我が家の子供が腸疾患のより
12月より入院しております。

話せば長いのですが 一番最初の兆候としては
去年の夏ごろにお腹が痛くて学校を休む事も多々ありました。
何故か同じ時間帯にお腹が痛くなるらしく学校が嫌なのかと
思う様なときもありました。
その当時も便秘がひどく 辛い時には便秘薬を使用する事もあり
その結果 痔になって10月頃より痔の病院にも通っていました。

夏ごろから10月にかけてかなり体重が減った事にやっと
気がつきました。ぽっこりお腹が減ってたので不安になりました
ゲリを繰り返してると病気になる事を告げたのですが本人は
ゲリになってる事を隠してたらしくて(便秘の怖さを優先したようです)

12月に入りお腹の痛みを訴える事が多くなりました。
12月13日初診 抗生剤と痛み止めを処方して頂きました(1週間分)
12月20日前回頂いたお薬で治らず再度薬を処方して頂きました(1週間分)
本来ならすぐにこの時に入院させていれば長引く事はなかったのかもしれません
学校の終了式がすぐな事もあって無理をさせてしまいました。
12月23日お腹の痛みに我慢できず緊急入院

入院した病院(大学病院)
当時は「小腸に炎症がありますね」
と言う診断の結果抗生物質の投与及びに禁飲食による治療でした
その際大腸検査による検査で小腸まで確認を試みた結果
管があまりにも狭いためにカテーテルを入れて造影剤を流しての撮影が限界でした。(流動食がやっと食べられる細さ)
撮影された画像には明らかに大腸と小腸をつなぐ場所の小腸が大きく
腫れていました。 大腸検査の結果小腸に近い部分に潰瘍が
見られますが大腸は平気でしょうと言う結果でした
入院一週間後 炎症は治らず他の病気を疑う様になりました
その結果 アメーバーが検出されたらしく10日間薬を処方して改善を
試みたのですが小腸は一向に良くならず。
ここの病院では内科的処置はここまでしか出来ない後は外科の治療が必要
との事でした。大学病院では腸閉塞でない限り手術は行わないらしくて
セカンドピニオン制度を利用して他の病院に相談してみました
その結果市民病院では手術の必要があります!医師にその旨お伝えしましょうか?と言う意見でした。
市民病院の噂は良い事を友人などから聞いていた事もあって
病院を変える事に致しました。

外科病棟に入院(市民病院)
入院して3日目 口から入れる管で小腸に造影剤を流し込む検査を
行った結果 小腸は炎症が起きてる場所以外は異常が見られなかった。
その後も胃カメラによる検査でも異常が見られなかったらしいです。
年齢と小腸の末端部が好発部位と言うだけでクローン病の疑いがある
らしく手術は出来ないと言われました。

クローン病以外に同じような病気は存在しないのでしょうか?
薬剤性腸炎や寄生虫性腸炎などの結果同じ症状になれば手術は可能なのでは
とさえ思ってしまいます

クローン病の認定も保留、手術は不可能 この悪循環から抜け出せる
解決策はないのでしょうか。何方か助けて下さい。
ながながと失礼致しました;

始めまして 実は我が家の子供が腸疾患のより
12月より入院しております。

話せば長いのですが 一番最初の兆候としては
去年の夏ごろにお腹が痛くて学校を休む事も多々ありました。
何故か同じ時間帯にお腹が痛くなるらしく学校が嫌なのかと
思う様なときもありました。
その当時も便秘がひどく 辛い時には便秘薬を使用する事もあり
その結果 痔になって10月頃より痔の病院にも通っていました。

夏ごろから10月にかけてかなり体重が減った事にやっと
気がつきました。ぽっこりお腹が減って...続きを読む

Aベストアンサー

まずお子様はおいくつでしょうか?
文脈からはっきり読み取れないのですが、必ずしもクローン病=手術不能ではないので、あまりに若年すぎるがゆえ、小腸切除による吸収障害なども考えてのお話ではなかったでしょうか?あるいは診断がはっきりしないから手術はできないということなのでしょうか?

もし後者であるとすれば、回腸末端の潰瘍の生検ができると診断の一助になるので、大腸内視鏡での生検が困難な場所であれば、小腸内視鏡が得意な病院を探されてみては如何でしょうか?可能であれば炎症性腸疾患専門の先生にやってもらうのが望ましい。

明らかな炎症があれば症状軽減のために見切りでペンタサを飲ませることはありますが、クローン病であればmiracle drugといわれるレミケードの適応も検討したいところです。

Qクローン病について

大腸カメラの検査を受けました。医師からは所見として、横行結腸に縦走潰瘍があるが生検では「クローン病」の心配はないと言われました。縦走潰瘍とは何ですが?また、なぜできるのでしょうか? ネット等で「縦走潰瘍」で検索すると「クローン病」に関するものばっかりで心配です。ホントにクローン病の心配はないのでしょうか?ちなみに検査を受けたのは地域の個人病院です。

Aベストアンサー

縦走潰瘍とは、字の通り縦長の潰瘍のことで、クローン病に特徴的な所見の一つです。
しかし、縦走潰瘍だけでは、クローン病とは断定できません。虚血性大腸炎(血のめぐりが悪くて潰瘍ができる病気)、潰瘍性大腸炎でも起きることがありますし、感染性の腸炎などでも出る事があります。
生検で特徴的な所見があれば、クローン病とほぼ確定できますが、それが無いからと言って否定はできません。
慢性的な下痢、腹痛、体重減少、治りにくい痔などがあれば、クローン病がかなり疑われます。
その他血液検査や小腸の検査などを総合して診断することになります。
何か気になる症状があるのでしたら、大きな病院で診てもらったほうがよいと思います。

Qクローン病の人とのつきあい方

クローン病のお友達ができました。
一緒にいろんなことをして遊びたいのですが
一番悩んでるのが食事のことです。
食べれないものがいっぱいあることは聞いたのですが
楽しく一緒にごはんが食べたいです。
外食なら、どこがいいでしょうか?
それから、病気についても詳しく知りたいと思ってます。

Aベストアンサー

その方の年齢は幾つくらいでしょうか・・・。
手術等は施行されているのでしょうか。
行動に関しては規制は有りませんが、激しい動きの遊びやスポーツは避けて下さいね。
とても疲れやすい体になっています。
食事は特に食べてはいけないものはないんですが、やはり腸の病気なので、高カロリー、高タンパク、刺激物や過度なアルコールの摂取は避けて頂いて、消化の良い物を食べて頂きます。
一般のファミリーレストランではカロリーが高いと思います(中には低カロリーの食事がありますが、種類が少ないかと思います)。
しいて言えば、”懐石料理”などがいいですね。
以前、私がこの病気に関して、ご質問が有りましたので
下のURLを開けば、この病気に関しまして回答していますので、読んで下さい。(No,2 No3が私の回答で、病気について詳しく書いてあります)
また、何かご質問が有りましたら、補足の欄にでも書いて下さい。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=131816


人気Q&Aランキング

おすすめ情報