「清め塩」とか、神前に酒と一緒に「塩」を供えるなど、日本における各種宗教行事と塩は、切っても切れない関係にあります。では、この関係は日本ではいつ頃から始まったと、歴史研究者の間では、考えられているのでしょうか。私は、このような塩の利用は、穢れ意識の始まりと連動しているのでは、と考えています。原田信男さんによると、穢れ意識が増大してくるのは、9世紀後半からとありました(原田2000)。するとそれ以前の古代や先史時代には、塩はまだ調味料の役割だけで、宗教的な観念とは結びついていなかったと考える事は可能でしょうか。それとも、塩によって穢れを払うという観念は、古代ないし中世のいずれの時代かに、大陸から持ち込まれた外来の思想なのでしょうか。塩と宗教に関する、この辺に言及している研究があったら教えてください。お願いします。

 原田信男2000「古代日本の動物供犠と殺生禁断」『東北学』3、174頁。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんは。



初期神道の形成は、縄文後期から弥生にかけてと言われており、その頃から既に禊・祓いの祭祀は確立、汐(潮・塩)垢離(しおごり)と言う形で、海水で清める方法がありました。その簡略形として塩を用いて清めるやり方が出来上がったわけです。

ちなみに仰っている「9世紀からの穢れ意識の始まり」とは、仏教の伝来による「殺生戒」の思想と貴族社会で持て囃された「肉食穢」の思想の融合により出来た穢れ観です。実際の神道で考えられている「気枯れ」の思想とは全く異なるものですね。言及・・・と言うなら、初期神道形成に関する研究を調べれてみると良いでしょう。

塩と宗教は古代から、各国でも色んな場面に出てきます。旧約聖書の中にも「塩の契約の塩」や「永遠の塩の契約」が出てきますし、イスラムでも塩でアラーへの供物を清めたりします。その防腐や浄化効果を、昔から宗教と結びつけてきたのでしょう。塩と宗教に関しては、様々な視点から様々な見解が出てきています。アプローチの仕方は色々あるので、読まれた本以外の視点からも考察されてみられては如何でしょうか。

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご教示ありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2005/04/14 14:32

古代日本の遺跡は、縄文時代の三内丸山古墳の柱間、高松塚の木棺、藤ノ木古墳の石棺、法隆寺の中門などを代表として、聖書の神聖キュビト52.5cm尺で造られています。

アカデミズムと報道各社は、影響が大きいので知っていながら黙殺していますが。神聖キュビトは、クフのピラミッドの王の部屋と同じ尺度なので、神聖と特別に呼称されている訳です。また間尺の間はエジプト語です。これから見て分かるように、古代日本の宗教施設は、古代オリエントの強い影響下にあります。それも当然で、本当のセム系のイスラエルとは、イスラエルとクフ(エジプト名)の別名を持つヤコブの子孫の日本人なのですから。神道もその例外ではありません。

伊勢神宮の伊勢の語源は、創世記の最後を飾るヨセフ(ヤコブ=クフの子)の妻アセナテの通称イセから来ています。ヨセフとアセナテはセットとして登場し、伊予の地名、七夕の牽牛と織女のモデルともなっています。中国発祥と思われている陰陽五行も、前18世紀のエジプト時代のイスラエルで用いられています。ヨセフの息子エフライムは朱鷺の姿をしたトート(尊の語源)神の化身とされたので、エフライムの子孫が大半を占める日本の国鳥に朱鷺が選ばれたのです。日本の国旗も、上下ナイルのシンボルカラーにルーツがあります。

さて本題の塩ですが、前八世紀の大預言者イザヤが塩を用いて毒水を清め、流産を防いでいます(列王記下2章20~21)。これはイスラエルの伝統に従ったもので、それ以前から塩は清めに使われてきたのです。ちなみに、清らかの語源は、契約の箱を安置した幕屋の前に置かれた、青銅製の手洗い洗盤キヨラです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオリーブオイルに天然塩を入れて洗顔

インターネット上で紹介されていた洗顔法について、化学的な視点からコメントをお願いします。

蒸しタオルを当てる
オリーブオイルと天然塩を混ぜたものでマッサージする
洗顔する( 最初に水で顔を濡らさず、泡を直接つける。)
冷水ですすぐ。

というものです。
個人的な考えでは、
蒸しタオル (毛穴を開かせ、汚れを浮かす)
オリーブオイル (顔、毛穴の脂分となじませる)
泡を直接 (脂分が水をはじくため)
ではないかと思っています

ここで、塩を入れる理由、また、天然でなければいけない理由が分かりません。
また、上に書いた私の考えで間違っているところがあればご指摘ください。

界面化学に詳しい方ならご存知かと思い質問しました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 塩を入れる理由、また、天然でなければいけない理由

塩の添加理由は、クレンジング剤としての効果を期待してのことだと思います。
「天然」に限定しているのは、いわゆる精製塩(これも天然は天然なのですが)では
粒が粗すぎるということでしょう。
(にがりを除かない、いわゆる天日塩だと、塩化ナトリウムとしてのきれいな結晶に
 なりにくいため、細かな粒子になりやすいので、クレンジングにはむしろこうちらの
 方が向いているはず;
 恐らく、マグネシウムなどの成分の肌への効果を期待しているわけではないの
 ではないか、と)


で、クレンジングが主な目的なら、粒子さえ細かくなれば、天然である必要はない
でしょう。
もし、ダメにしてもよい琺瑯(ほうろう)鍋などがあるのでしたら、通常の食塩に少し
(ひたひたより少な目ぐらい?;この辺りは実際に幾つかの条件を試してみないと
何とも言えませんが(汗))の水を加えて、その水が殆どなくなるまで弱火で加熱、
という手もあると思います。
(電子レンジでの加熱は・・・水が少量だと突沸したりしそうなので、何とも・・・)


「塩の価格」と「手間とガス代」のどちらをとるかで、検討されてはいかがでしょうか。
・・・あまり化学的な視点でなくてすみません(汗)

> 塩を入れる理由、また、天然でなければいけない理由

塩の添加理由は、クレンジング剤としての効果を期待してのことだと思います。
「天然」に限定しているのは、いわゆる精製塩(これも天然は天然なのですが)では
粒が粗すぎるということでしょう。
(にがりを除かない、いわゆる天日塩だと、塩化ナトリウムとしてのきれいな結晶に
 なりにくいため、細かな粒子になりやすいので、クレンジングにはむしろこうちらの
 方が向いているはず;
 恐らく、マグネシウムなどの成分の肌への効果を期待してい...続きを読む

Q先史時代を勉強したいのですが

来年大学受験なんですが、西洋の先史時代を勉強できる学科に行きたいと思っています。

色々大学を調べたのですが、日本の先史時代は考古学科で勉強できるみたいなのですが、西洋はありません。
西洋を日本で勉強するのは不可能なのでしょうか?

あと、私は考古学をやりたいわけではなく、先史について勉強したいだけなんです。

先史時代は考古学でしか勉強できないのでしょうか?
考古学を勉強しなくてはいけないのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

考古学じゃない先史時代の勉強って、具体的にどういう事でしょう?
文献がないのだから物を調べるしかないと思うのですが。

Q洗顔料とボディーシャンプーについて。

前に、知人が家に来て、化粧品等の話をしました。
化粧品や、ボディシャンプーは、何を使ってるの?と聞かれ、「実験(?)」を、見せられました。
洗顔料・・・私が使っていたもの(ビオレです)を含む、その他の会社のものなど、数個と、知人が薦める社のもの。そして、洗濯用の洗剤。それを、水に溶かして、何か液を入れました。すると、1つ以外は、全て、青くなりました。知人に、「洗濯用石鹸と同じような成分で顔を洗っているのよ」「弱酸性といわれて売ってあるけど、本当はそうじゃない」と言われました。
ボディシャンプー・・・いろいろなボディシャンプーに、塩を混ぜて、実験!塩ときれいに混ざったのは、1つ。それ以外は塊になりました。「汗や汚れをきれいに落とせて、潤い等はそのまま!知り合いのアトピーの人の皮膚症状も軽くなったよ」と。
それで、洗顔と、ボディシャンプーを買って使いました。ちょうど、なくなるころなので、新しく買うのですが、前のと比べて、本当に良いのか・・・?解りません。
どう思われますか~?

Aベストアンサー

 こんにちは。

 下の回答者さんと同じく、何が良くて何が危険かというのはキリがないですね。

 皮膚科の先生には特に、あれを使ってはダメ!これはダメ!ということは言われませんでした。自分が使用していて不快でない物、刺激を感じないのであれば別にどんな物を使ってもかまわないと。
 
>新しく買うのですが、前のと比べて、本当に良いのか・・・?解りません。

 ご自分でもどっちが良いのかピンとこない、実感がないということでしたら、たぶんどちらを使ってもそれほど違いはないのではと思います。明らかに違うのであれば、結果は肌に出ます。どっちを使っても、特に悪化することがないのであれば、使い心地や価格で好きなほうを選んでよいのではないでしょうか。

 人の肌はもとから弱酸性なので、アルカリ性・弱酸性どちらをつけても必ず肌は弱酸性に戻ります。肌が弱っていれば弱酸性に戻る回復力が弱まるらしいですが。
 現在店頭に出回っているほとんどの商品が弱酸性または中性なので、ほとんど大差ないようです。
 また、わざと弱アルカリ性の商品もあります。それは、弱アルカリ性を用いることで、わざと肌をリバウンドさせます。肌が持つ本来の力(自己回復力)を活かして弱酸性に戻させます。
 なので一概に「これが良い」とは言い切れません。
 私も実演されると弱いです。思わず気持ちが向いてしまいます。ですが、勧誘する人にとっては売ることが目的であり、絶対に「良いこと」しか言いませんから。。。難しいところです。
 
 「低刺激」なもの。というので探しているのであれば、皮膚科で紹介してくれる商品やドラッグストアの敏感肌コーナーにも良いものがいろいろあります。値段も安い物もありますし。私も子供の頃はとても肌が弱かったので、皮膚科に通っていました。当時はコラージュ石鹸500円や、Novの洗顔フォーム800円などが良かったです。ドラッグストアにも置いてあるので、安い時にまとめ買いしたりもしました。
 長くなってすみません。ご参考になればと思いました。

 こんにちは。

 下の回答者さんと同じく、何が良くて何が危険かというのはキリがないですね。

 皮膚科の先生には特に、あれを使ってはダメ!これはダメ!ということは言われませんでした。自分が使用していて不快でない物、刺激を感じないのであれば別にどんな物を使ってもかまわないと。
 
>新しく買うのですが、前のと比べて、本当に良いのか・・・?解りません。

 ご自分でもどっちが良いのかピンとこない、実感がないということでしたら、たぶんどちらを使ってもそれほど違いはないのではと...続きを読む

Q江戸時代後期、町や村の仲間意識

他国者が地域の連帯感の強い宿場町や門前町で何らかの店を開業しようとした場合、何らかの制約がありましたか。
すんなりと受け入れてもらえたのですか。
「越後屋」「伊勢屋」「近江屋」というような屋号をよく見聞きしますから、よそ者を排除するようなことは少なかったのでは、と思っています。
逆に、まわりの人たちは皆親切だった、という事例でもよいです。
具体的な事例があれば教えて下さい。
城下町や江戸、京、大坂のような都会ではなく、小さな町で開業する場合です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日野商人のキモは、大名と同道した、つまり「鑑札」を与えるものが、連れて行ったという構造です。

日野の蒲生家が伊勢に移ったので、伊勢に移住した、会津に移ったので会津に移住した、そしてさらに宇都宮に蒲生家が移ったので宇都宮に移った。

新規に進出した北関東の日野出身者と日野や伊勢に残った血縁者・地縁者が連携したという話ですよね。

権力者による商人誘致は、新規城下町を作ったときに●●町というのをつくったように、江戸時代初期からよくあるはなし。蒲生家もそうです。

大宮町の例も
「寛永20年以降と考えられ,また,高野家と姻戚関係を結んでいたと,先に指摘したが,来任にあたっては高野家が仲介した可能悼も十分考えられる。」引用
というように、見ず知らずの外来者を受け入れたのではなく、姻戚関係を結んでおり、しかも飢饉により年貢払いができなくなった番馬の久左衛門の代わりにやってきています。つまり、縁戚者を代替者とし導入したのであって「よそ者が新規で」来たわけではありません。



江戸時代後期でも(人口増加が終わって、経済成長が止まる)各大名家では専売制の進行とともに、特殊なノウハウを持っている商人を呼び寄せています。
http://www.yamakataya.co.jp/company/history
鹿児島の山形屋さんとか。

日野商人のキモは、大名と同道した、つまり「鑑札」を与えるものが、連れて行ったという構造です。

日野の蒲生家が伊勢に移ったので、伊勢に移住した、会津に移ったので会津に移住した、そしてさらに宇都宮に蒲生家が移ったので宇都宮に移った。

新規に進出した北関東の日野出身者と日野や伊勢に残った血縁者・地縁者が連携したという話ですよね。

権力者による商人誘致は、新規城下町を作ったときに●●町というのをつくったように、江戸時代初期からよくあるはなし。蒲生家もそうです。

大宮町の例も
「寛永20...続きを読む

Q石鹸洗顔とグローバルクリーンと言う会社についてお聞きしたいです。

質問(1)
自分は今、ミヨシの無添加の「白いせっけん」という石鹸で洗顔をしているのですが、
たまたま石鹸洗顔のことを調べていると、すごく不安なことが書いてあるサイトを見つけて非常に不安になっております。

http://www.global-clean.com/
http://www.global-clean.com/html/sekken-mondai_01.html

上記のURL「間違いだらけの健康常識」の中で石鹸洗顔でのぬるま湯洗顔が
肌黒、日焼け、シワの最大の原因であるというような内容が書かれています。

石鹸の問題点として
ぬるま湯でないと溶けない→シワの原因
脂肪分がベトベトしている→ゆすぎが大変
塩より作るため、洗顔後ナトリウムイオンが肌に残る→日焼けの原因
が主な問題点として取り上げられているようです。

以上の事は信じられる事、本当なのでしょうか?
私には知識が無いので、書いてある内容について自分では全く判断ができません。

どなたか知識のある方石鹸洗顔は害も無く安全なのか、それとも上記のサイトのようなことが起こるのでしょうか?

質問(2)
書いてあることに不安になりおもわずこのサイトで販売されていた
「シャラン洗顔フォーム」(以下URL)と言う物を購入してしまいました。
http://www.global-clean.com/cgis/tkxcgi/shop/goods_detail.cgi?CategoryID=000001&GoodsID=00000001
http://www.global-clean.com/html/sengan_hiketsu/index4.html
「成分表」です
http://www.global-clean.com/srnseibun.htm

使ってみましたが、使用感はまだピンときません。(敏感肌なのでまだなんとなく怖くて1度しか使っておりませんが)
この洗顔フォームの成分は安全な物なのでしょうか?

質問(3)
また、この石鹸洗顔のことだけでなく、この会社の言っている「にがりの害」や「除草剤」のことなど色々と
論じておりますが、科学的な根拠や論理的にはどうなのでしょうか?
この会社全体のことについての感想もお付けして頂けると嬉しいです。

ぜひ詳しい方がおられれば、この会社のこと、このまま石鹸洗顔を続けてもよいのかなど教えてください。
長々と色々とお聞きし、私事で恐縮ですが本当に悩んでおりますのでよろしくお願いいたします。

質問(1)
自分は今、ミヨシの無添加の「白いせっけん」という石鹸で洗顔をしているのですが、
たまたま石鹸洗顔のことを調べていると、すごく不安なことが書いてあるサイトを見つけて非常に不安になっております。

http://www.global-clean.com/
http://www.global-clean.com/html/sekken-mondai_01.html

上記のURL「間違いだらけの健康常識」の中で石鹸洗顔でのぬるま湯洗顔が
肌黒、日焼け、シワの最大の原因であるというような内容が書かれています。

石鹸の問題点として
ぬるま湯でないと溶けな...続きを読む

Aベストアンサー

まだ回答がないようですので、僭越ながら、

http://www.global-clean.com/←見てきました。
いや~、すごいサイトですね。
「間違いだらけの健康常識」
確かに世間ではいい加減な健康常識がまかり通っているのも事実で、
ごく一部にはそれらしいことも書いてありましたが・・・、
ここは1のネタ(部分的には事実)を5倍くらいにデフォルメして不安を煽り、
それに5のウソを継ぎ足して10にして自社製品の宣伝をする。そんな会社ですね。
まあ、真実は書いてあることの1割程度かな?
(間違いだらけって、どこのこと?)

当たり前の物をいかにも危険な物に思わせるジョークでDHMOが有名ですが、
http://blackshadow.seesaa.net/article/1667201.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/DHMO
これと同じ手法で、既存品を危険と思わせて自社製品を売る、典型的な商売です。
(DHMOはウソまでは言ってませんが、この会社はさらにウソだらけ)

オンラインショップ→商品一覧で面白いのを見つけました。
http://www.global-clean.com/cgis/tkxcgi/shop/goods_detail.cgi?CategoryID=000005&GoodsID=00000204
http://www.global-clean.com/cgis/tkxcgi/shop/goods_detail.cgi?CategoryID=000012&GoodsID=00000044
http://www.global-clean.com/cgis/tkxcgi/shop/goods_detail.cgi?CategoryID=000010&GoodsID=00000202
呆れるのを超えて、爆笑しちゃいました。(トンデモ似非科学のネタにでもなっていそう。)
こんなのを売っている会社がマトモだと思います?

http://www.global-clean.com/html/sekken-mondai_01.html←こっちも見ました。
>全身に金粉を塗ったダンサーは30分以上踊ると危険な状態になるそうです。
>口や鼻で肺呼吸しているだけでなく全身の皮膚でも毛穴で呼吸しているのです。
都市伝説を真に受けて、調べもせずによくこんなこと書くな~。
ちなみに正解はこちら。→ http://okwave.jp/qa1430378.html
他にも、ナトリウムイオンがどうのこうのとか、いろいろ言ってますけど、
それじゃ「シャラン洗顔フォーム」のカリウムイオンはどうなんですかね?
(シャランが危険だとは思いませんが、普通の石けんと大差ないということです。)

まだまだ他にも突っ込みどころ満載ですが、
きりがありませんのでこのくらいにします。

界面活性剤については、最近こんなお答えもさせていただいていますので、
よろしければご参照ください。
http://okwave.jp/qa5114917.html

まだ回答がないようですので、僭越ながら、

http://www.global-clean.com/←見てきました。
いや~、すごいサイトですね。
「間違いだらけの健康常識」
確かに世間ではいい加減な健康常識がまかり通っているのも事実で、
ごく一部にはそれらしいことも書いてありましたが・・・、
ここは1のネタ(部分的には事実)を5倍くらいにデフォルメして不安を煽り、
それに5のウソを継ぎ足して10にして自社製品の宣伝をする。そんな会社ですね。
まあ、真実は書いてあることの1割程度かな?
(間違いだらけ...続きを読む

Q平安時代、鎌倉時代などの時代区分をした人物は?

質問させていただきます。
歴史学初心者です。
平安時代、鎌倉時代、室町時代などと、一般常識としてそれぞれの時代に名称がありますが、それを名付け、且つ特定の日時をその時代名称の変わり目と定めた人物又は団体とは、一体誰(何)なのでしょうか。

ご存知の方、是非ともお教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>平安時代、鎌倉時代、室町時代などと、一般常識としてそれぞれの時代に名称がありますが、それを名付け、且つ特定の日時をその時代名称の変わり目と定めた人物又は団体とは、一体誰(何)なのでしょうか。

明治5年の学制により学校制度が作られて以降、小学校への就学を促進するための親に対する啓蒙的な教育として、1885(明治18年)に「通俗教育」が初めて文部省の事務章程に規定されました。
この、全国民的な学校教育が開始され、それまでの「寺子屋」での「読み書き」「算盤」から、いわゆる、「国語」「算数」「理科」「社会」
を教えることとなり、この中の「社会」で、「歴史」を教える段階で、誰もが理解しやすいように、「鎌倉時代」とか「室町時代」「戦国時代」「江戸時代」等を区切って教えるようになったのが始まりのようです。

ちなみに、「通俗教育」とは、
通俗教育は当初、就学奨励を目的として、親に対して学校や教育の重要性について通俗的に語ることから始まったが、合わせて親や住民に対する国民としての啓蒙的な教育としての意味もあった。日清戦争以降、小学校の就学率は急速に上昇し、国民教育制度の確立が進んでいくが、それに伴って通俗教育の内容が、親への就学奨励を目的とする教育から民衆への啓蒙的な教育へと比重を移していく。特に1894(明治27)年8月に始まった日清戦争に際しては,国民の愛国心の形成や・「尚武教育」を目的とした幻灯会などが実施され,国民意識を鼓舞していく。

(よもやま話)
(1)江戸時代も後期になると、日本は教育世界一だったのです。
その頃のイギリスでは教育普及率が20%位、フランスにいたっては1.4%。ところが、日本では85%でした。

(2)日本人は大概の人が文字を読んだり書いたりできました。

(3)従って、「かわら版」や「絵草子」などが庶民にも読めたのです。また、「三下り半(離縁状)」なども、庶民は書くことができたのです。

(4)江戸時代も末期になり、アメリカやイギリス等々の外国人が日本に「上陸?」しましたが、これほどまでに庶民が文字を書いたり、読めたりすることには、非常な驚きであった、と、言われています。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>平安時代、鎌倉時代、室町時代などと、一般常識としてそれぞれの時代に名称がありますが、それを名付け、且つ特定の日時をその時代名称の変わり目と定めた人物又は団体とは、一体誰(何)なのでしょうか。

明治5年の学制により学校制度が作られて以降、小学校への就学を促進するための親に対する啓蒙的な教育として、1885(明治18年)に「通俗教育」が初めて文部省の事務章程に規定されました。
この、全国民的な学校教育が開始され、それまでの「寺子屋」...続きを読む

Q朝の洗顔は洗顔°等でしたほうがイイのでしょうか?

朝の洗顔は洗顔°等でしたほうがイイのでしょうか?
現在はぬるま湯のみで洗顔してますが、化粧水が浸透してないかなって感じる時があります。(毛穴が開く)

洗顔フォームで洗顔すると日中乾燥してそうで落ち着きません。

BAさんに見てもらうと
肌質は水分少なめとのことでした。

やはり朝も洗顔フォームで洗顔してしっかり化粧水を浸透させたほうがいいですか?

Aベストアンサー

07love-217さんに、それほどぬるま湯洗顔が合っていないという感じはしません。
洗顔フォームは確かに乾燥の原因になる事がありますよね。
「皮脂がたまる・吹き出物ができる」など危急の事態なければ、
特に使わなくても大丈夫ではないでしょうか。

洗顔は「さっぱりした!」という感覚が大事かと思います。
ぬるま湯で丁寧に洗顔した後、比較的冷たい水で数回、ゆすいでみては?
または、無添加せっけんを使われてもいいかと思います。
乾燥しない程度にさっぱりしていれば、化粧水の浸透もよくなる気がします…^v^

Q先史時代の遺跡や資料館を訪ねる同好会を知りたい。

経験のある方の話を聞かないとこの旅は結構難しいので、
ある程度経験ある方のいる会に入りたい。
日本全国まだ行ってないところだらけです。

Aベストアンサー

№1さんの回答が、そのまま求められている回答なのだと思います。
私なら、DVDや本で調べて、現地に見に行きます。
「これが、あれか~」と、ひとりで感慨にふけります。
現地に行けば、説明もありますし、
ちゃっかりと、他のツアーの後をついて、一緒に説明を聞いたりもできます。
同好の士と、感慨を共有するのも、楽しいとは思いますが、
スケジュール的に自由度が低いので・・・。
三内丸山や、吉野ヶ里など、有名な遺跡については、
NHKなどで、特集番組があり、CGも駆使したとてもわかり易い映像がDVD化されていますね。
地元に行かないと、なかなか情報が入りませんが、
夏休みは、遺跡発掘現場の現地説明会が、ちょこちょこ開催されています。
発掘途中の遺構などを見ることができ、おもしろいですよ。

私が、おもしろいと思ったものを、紹介。
山口県の土井ヶ浜遺跡は、弥生人の集団墓地で、
70年以上前から発掘をしていますが(第1次、2次・・・と)、
掘れば、いまだに骨が出ています。
隣接する人類学ミュージアム、おもしろいですよ。(骨のレプリカですが)
こういう、長期に亘って発掘をしている遺跡については、
その都度、調査報告書が発行されています。
そういうのを取り寄せてみるのも、楽しいと思います。

№1さんの回答が、そのまま求められている回答なのだと思います。
私なら、DVDや本で調べて、現地に見に行きます。
「これが、あれか~」と、ひとりで感慨にふけります。
現地に行けば、説明もありますし、
ちゃっかりと、他のツアーの後をついて、一緒に説明を聞いたりもできます。
同好の士と、感慨を共有するのも、楽しいとは思いますが、
スケジュール的に自由度が低いので・・・。
三内丸山や、吉野ヶ里など、有名な遺跡については、
NHKなどで、特集番組があり、CGも駆使したとてもわかり易い映像がDVD化さ...続きを読む

Qダブル洗顔不要って書いてあるけど・・・。

こんにちわ。

よくクレンジングによっては「ダブル洗顔不要」って書いてあるものって多いですよね?

ああいうクレンジングは本当にその後に洗顔料を使わなくてもきちんと汚れって落ちているのでしょうか?

ダブル洗顔しても良いとは思うのですがもしダブル洗顔しなくても良いなら洗顔料を買わなくてすむしいいかなぁって。

「ダブル洗顔不要」と書いてあるクレンジングでもダブル洗顔したほうが良いのでしょうか?

またダブル洗顔しないでクレンジングのみだった場合何か肌にとって悪いことがありますか?

回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

エステの先生の受け売りです。
洗顔は、必ずダブル洗顔(クレンジング+洗顔)が、必要とのことです。
顔に、油性の化粧品類がたっぷり塗ってある状態で、それに加えて自分の身体から出た皮脂汚れ、汗、他には埃などがくっついている状態です。油は、油で取るのが基本なので、WILD WINDさんのおっしゃる通りオイルクレンジングが一番いいらしいです。その後、洗顔石鹸で洗う!試しに、ダブル洗顔不要の洗顔で、洗顔してみた後にクレンジングローション(ふき取り用化粧水)で顔を拭いてみてください。恐らくコットンに汚れがつくと思いますよ。
余談ですが、貴方がオイリー肌ならば、朝の洗顔時にダブル洗顔をしてみて下さい。化粧崩れしにくいそうです。一度お試しください。

Q先史~1492年の間で、なぜ○○は、○○なのか?というテーマでレポート

先史~1492年の間で、なぜ○○は、○○なのか?というテーマでレポートを書かなきゃいけないのですが、何か良いテーマはありませんか?主にスペインの事を書かなきゃいけないのですが。良い本を紹介して頂けると嬉しいのですが。

Aベストアンサー

テーマは「なぜスペインが新大陸を発見できたのか?」
レコンキスタ完了やイサベラの結婚、スペイン国力充実とからめて論じると良いと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報