当社は従業員20名ほどの小企業です。金属製品を製造販売しています。6年ほど前から月1回あるコンサルタントに来てもらい、新製品開発に向けて取り組んで来ました。今のところ残念ながら何一つ新製品と呼べるものは出来上がっていません。それどころか何を造るかのアイデアさえ明確になっていない有様です。
このコンサルタントは、月1回午前9時に来社して、午後5時に帰ります。フィーは10万円です。9時に来てもすぐに仕事にかかるわけではなく、10時15分までは私と雑談していることがほとんどです。午後4時から5時までの1時間は当社の幹部社員をまじえて新製品のアイデア出しをしてきました。しかし、なかなかアイデアは出ないというのが現状です。私としてはこのコンサルタントが積極的にどんどんアイデアを出して我々を引っ張ってくれることを期待していたのですが、期待とは正反対で熱意というものが感じられないのです。ある時、このコンサルタントは当社の幹部社員もいる前でこう言いました。「僕がいろいろアイデアを出してね、それで上手く行かなかったら、ほら見ろ堀田(コンサルタントの名前)のせいで上手く行かなかったじゃないか、といわれるのが嫌なんですよ。ぶっちゃけて言うとそういうことなんですよ」と。どうですか、この言い分は。コンサルタントたる者がこんな発言をしていいものでしょうか。これを聞いて私は、「ああ、この人はダメな人なんだ」と思いましたよ。
このようなコンサルタントのあり方、姿勢というものを皆さんはどう思われるでしょうか。参考までにお聞かせ願えればと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。



小生も企業コンサルをしておりますので専門家と致します。

ご質問の内容で幾つか疑問がありますが、6年間もの間で実績らしきものが一つも無いと言うことでしょうか?
また、その状態を認識しながら改善策も見出せず漫然と契約を続けていると言うことなのでしょうか?

コンサルタントの契約内容がどうなっているのか判りませんが少なくとも業績改善を目的とした何らかの具体的な業務提供であるべきと思いますがその点では如何でしょう?

問題点は二つあります。
つまり一つにはコンサルの資質並びに能力の点。もう一つはご質問者様側の企業姿勢であります。

まずコンサル側の点ですが、業務を通して着実に業績改善をしていくのが本来の姿であり、その為には期日を区切って具体的な成果到達目標を掲げるのが良識あるコンサルの姿勢と考えております。(私はそうしています)経営者との世間話や雑談をするのが仕事ではありません。(コミュニケーションとは別に考えて下さい)

また月一回定期的に訪問して打ち合わせすると言う手法にも問題を残しています。つまりこれでは訪問して打合せをすることが仕事になってしまっています。
本来は結果を出すことが仕事の筈ですね。
その為には定期的な打ち合わせと言う手法を見直し在宅作業でも良いから(今ではメールと言う便利なツールもあります)具体的な指示を出すことも出来る筈ですし臨機応変な対応をしてもらうには日時を予め定めない方が良い場合があるのです。

一方ご質問者様の企業の方にも問題があり、成果に付いて単年度毎にきちんと査定する姿勢を明確にされて下さい。
6年間もの長きに渡り成果を出されていないのなら一度この点に付いて毅然とした態度を表明することをお勧めします。

なおコンサル業務に付いては様々な手法がありますので一概には言えませんが単なるアドバイスを行うだけの業務もあれば、私の所の様に具体的な作業まで深く入り込んで(社員以上に動くこともあります)お手伝いする場合もあります。

以上ご参考にされて下さい。

この回答への補足

新製品開発に関して6年間何の成果もありません。
1年半ほど前に当社の全従業員に対して、このコンサルタントをどう思うかアンケートを取ってみたことがあります。約8割の従業員が何らかの不平不満を抱いていることが分かりました。そのアンケート結果を当のコンサルタントに見せましたが何の返事もありませんでした。一言も発言しませんでしたね。普通なら「分かりました。これからはしっかりやらせていただきます」とか「申し訳ありません。成果を出すよう頑張ります」とか言うのが当たり前だと思います。まったく話になりません。ダメコンサルタントの見本のような人です。
そんな状況でありながらそのコンサルタントにハッキリとこちらが抱いている不満、要求を突きつけずに漫然と契約を続けてきたのも事実です。

補足日時:2005/04/15 07:09
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。大変参考になりました。私の態度にも問題があったと深く反省しております。

お礼日時:2005/04/15 07:33

こんばんは


確かに、そのコンサルタントは傍観者的ですね。
ですが、外部者に革新的アイデアを求めようとするあなたが、経営者でありながら、傍観者になっていませんか。
もし、私がコンサルタントになってアドバイスするとしましょう。
そのアドバイスを聞いて、あなたは何というでしょうか。懐疑的にみるのは当たり前です。
それは、全く身の知らない人間の云うことを真に受けていないと思います。
コンサルタントの人間はその立場的意味を分かっているので、自分の身に火の粉が降らないようにします。
誰もが立場立場で発言を変えることを認識すると思います。

本で読んだことですが、あるテーマについて異論がある場合、部下を育てるのに、あなたが上司なら、あなたの席に部下を座らせて、部下に指示を出させるのです。
それをビデオで撮って、それを部下に見せさせ、実行させるのです。

部下は部下で自分の言ったことなので、せざる終えないですし、上司は部下が上司の立場で、いい加減なことを言えば、部下たちは上司である自分をいい加減に見ている現実を知り、上司の発言に注意せざる終えないことを知ります。

では、私からコンサルトします。
何を製造しているか分かりませんが、「製品」と考えている間、売れないでしょう。
売るのは「商品」であって、「製品」でありません。それが買い手の意識になっていない証拠です。

あなたは商品とは「商う品」即ち「需要」の意と、製品とは「造る品」で「供給」の意があることを意識できていないことが過剰商品時代を意識できていない時代錯誤の経営者である。
こう言われて、内心憤慨されていると思います。ですが、高度成長時代のように物がない時代に供給する
時代の甘えが抜けていない証拠だと思います。

次に、何故、金属に拘るのでしょうか。
どのような製品か分かりませんが、もし、ネジを製造されているなら、素材を変えてネジを製造する。
素材をカルシウムするだけで、医療関係だけでなく、バイオ分野にも進出できます。
そう考えて、視点を変えるだけで、顧客が増える。
そのように言われて、馬鹿なあと懐疑的になることこそコンサルタントの意見を無視し、自分の可能性を
小さくしていることに気づくと思います。

この回答が全て分かって答えていないので、正しいかどうか分かりません。
しかし、コンサルタントとは外部の人間あり、社内からの視点を薄める役と外部から見た視点を内部に意識させる役を持たすことができれば、仕事が完了したこととなると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
「商品」と「製品」との違いを認識すること。これは参考になりました。

お礼日時:2005/04/26 09:11

中小企業の経営者に向けた経営コンサルティングに永年携わっている経験からご回答申し上げます。


今のコンサルタントを選ばれた経緯や契約内容が定かでないので、一般論として申し上げます。ただ、6年もの間何も成果が出ないということは、コンサルタント自体に問題があるか、クライアント側のコンサルタントの使い方に問題があるかのいずれかですので、この際下記に述べますことをご参考にして頂き、仕切り直しをする必要があるように思います。
<コンサルタント自身の問題>
1.コンサルタントは、其々中核になる専門性を持っていまして、全ての分野に長けているとは限りません。今回引き受けている「与件(テーマや期待成果)」が専門外だとすれば、クライアントの利益の観点から受けるべきではない。
2.下記のようなコンサルタントとしての基本的能力が欠如したままコンサルティングを引き受けていることの不具合。
・分析力・論理構築力・思考力・類推力・(得られた情報から問題解決策を見出す)複合力・(普遍的な取組み方を見付け出す)抽象化能力・(相手を理解させる)表現力・対人関係形成能力など。
3.クライアントの利益を優先に考え、与件に対する成果を出すためのプロフェッショナルとしての意識と行動の欠如。
<クライアント(依頼者)側の問題>
1.与件が明確化されないままでの依頼。
 -取組み課題・解決して欲しいテーマ
 -成果目標(期間とゴール目標)
2.与件の解決に向けた社内体制確立の不具合
3.クライアント側経営トップとコンサルタント間での与件に対する進捗状況確認とベクトル合わせの欠如
等があります。

本件にある『新製品の開発』とは与件としてコンサルタントに具体的に何を依頼したのでしょうか?
(推測で申し上げますが、補足があればお教え下さい。)
(1)コンサルティング成果のアウトプットとして、「新製品企画提案書」の提出を期待していたのか?
(2)社内のキー人材として「新製品企画・開発」要員を育成するために、定期的にプロジェクトを開催しているのか?
(3)会社の中核となる『新製品』を生み出すために、社内の開発能力・生産能力・市場性など等を調査・分析しどこを強化/改善すべきかの課題抽出と解決策への取り組みを行っているのか?
其々の与件の内容によりコンサルタントの活用の仕方とプロジェクトの進め方が変わってまいります。

追加質問がございましたら、補足欄等で詳細追加お願い申し上げます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
大変参考になりました。
与件としてコンサルタントに具体的に何を依頼したのか、が明確になっていなかったと思います。私のコンサルタントの使い方に大いに問題があったと反省しています。それにしてもこのコンサルタントの資質の低さ、態度の悪さには怒りを覚えます。

お礼日時:2005/04/20 08:33

外資系コンサルティングファーム勤務経験者です。


契約の経緯等を存じあげませんので、コンサルタントとどのようなご関係かも当然分からないのですが、客観的に見て無駄な投資になっています。
是非、契約内容の確認を至急行ってください。契約は成果物の提出が課される請負契約ですか?それともアドバイスの提供等だけで成果物が必要ない委任契約ですか?
前者の場合は成果物を確認し、要求(契約書記載)通りに納品されていなければ、支払う必要がない、若しくは減額してもいいのではないですか?
後者の場合は即時解約しましょう(契約書で既定されている最短のタイミングで)
コンサルティングはROIをきっちり管理し、成果が上がらなければさっさと見切りましょう。
個人的にはビジネスにおいて「ぶっちゃけ」といった言葉を使った瞬間に信用ゼロですね。即契約解除します。

ご参考になれば幸いです。

この回答への補足

このコンサルタントとは、ある勉強会で知り合いました。お互いに囲碁が好きということもあって親しくなりました。当時、このコンサルタントはある大企業(建設機械製造)を退職して(53才で)コンサルタントとして独立して1年経ったところでした。専門は特許関係です。プライベートな関係を続けていたということもあって、なかなか私の性格上ハッキリと毅然とした態度で相手にもの申すことが出来なかったのです。でも、ビジネスではそれではいけない、やっていけない、ということも今回再認識いたしました。よい勉強になったと思っています。

補足日時:2005/04/20 08:33
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
おっしゃるとおりだと思います。私があまりにのほほんとし過ぎていたんです。もっと毅然とした態度をとらないといけませんね。

お礼日時:2005/04/20 08:23

あなたがコンサルタントというものについて、どのようなお考えを持っていたのかわかりませんが、個人的に思うには、「なんて曖昧な職業なんだろう」ということですね。



コンサルの方には申し訳ないのですが、すごく悪い表現をしてしまえば競馬の予想屋みたいな感じに思います。予想して金稼ぐなら、自分で万馬券を買って稼いだ方が早いのでは?ということですね。
実際それが不可能だから予想屋なのでしょうけれど。

コンサルも人に教えて上手く商売が出来るようにさせられるなら、自分でその商売をやって稼いだ方が早いのでは?という気がします。

ご質問にあるようなコンサルタントは論外なのであえて触れません。

しかし、緻密な統計・データを基に良い方法を提案してくれたり、色々なシュミレーションやケーススタディを用いたり、又は社内を分析し弱点を明確にした上での補強策を講じてくれたり、有能なコンサル(会社)もいることは事実だと思います。

いずれにせよ、コンサルの言いなりにしてれば万事上手くいくという姿勢では駄目だと思います。有能なコンサルを抱えたとしても、あくまでも良きパートナーとして二人三脚で向上していく意識は必要だとは思いますよ。

冒頭で曖昧と言ったのは、コンサルによって、やる気や知識や能力や取り組み方法が多様すぎることです。
結局のところ、コンサルタント全般としてどうか、というよりも各人の器量の問題だとは思います。それはどんな業界にあっても共通ですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。

お礼日時:2005/04/15 07:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q姿勢の良くなるクッション

姿勢の良くなるクッション

ストレートネックから来る眩暈に悩まされていますが、
何かお勧めのクッションはありますか?
毎日10時間以上はPCを使っていますので、その際の姿勢を良くしたいと思っています。

以上、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 ストレートネックで、姿勢を直す努力をしている人は多いですが、クッションが良いと思っている人はいないのではないでしょうか。姿勢を正しくするためには、作業環境をいろいろ直すところは多いですが、その中でも腰の角度と安定は重要です。したがって、クッション無しで安定させるのが一番良いです。

 あてがいぶちの椅子や机の職場で、やむを得ずクッションを利用することはありますが、試行錯誤の結果、結局自分に最適な物は工夫するしかありません。
 一般的な椅子は、背もたれがあり、座面は後下がりになっていますが、これでパソコンを使うと、背中がC字型になり、背骨の先に提灯のように首をぶら下げる結果になり、ストレートネックになります。
 座面を前下がりにして、骨盤の上に背骨をバランスを取って乗せるとお臍が前に出て、背骨はS字型になります。この上に頭をバランスを取って乗せると、首は後へ緩いカーブを描きます。この状態ではバランスが取れているので、身体や頭は前後左右に自由に動きます。

 この姿勢を維持してパソコンの作業をすることが、重要なのです。
 この姿勢を取ることが出来れば、自分の椅子がどの程度悪影響を与えているかが判ります。

 足が前下がりに出来るように、椅子の前端に腰骨の坐骨を乗せて、姿勢を整え、椅子の高さを調節してみてください。
 そして、普段の座り方をしてみると椅子をどう補正すべきか判ります。
 補正のために断面が三角形をしたクッション等もありますが、クッションでは安定しないのも事実です。
 わたしは、普通の事務用の椅子の背もたれを取り、逆向きに座っています。前下がりでしっかり腰を支えてくれます。
 椅子の形状によっては座布団等を工夫しても良いかと思いますが、自分の理想の座面角度を見つけたら、しっかり安定できる方法を工夫してください。最適なクッション探しはそこから始まります。
 クッションで姿勢が良くなることはありません。姿勢を良くする工夫の結果として、クッションが必要になる場合もあり、できればクッション無しで正しい姿勢が取れるほうが良いと思います。

 また、ストレートネック自体でめまいが出るのではなく、ストレートネックは悪い姿勢の「結果」なのです。めまいも同じく結果です。
 実際には、「首コリ」を起こしており、常に背筋が緊張して首を引っ張っているので、頭の後の髪の生え際のところが凝り固まってしまい。この部分で頸椎の中から頭に入る頸椎動脈を圧迫して運動神経や自律神経を司る脳幹の血流不足を引き起こしているのです。
 下記のURLを参考にしてください。
http://www.miyake-naika.or.jp/03_katei/naika_katakori5.html
 また、自律訓練法で、身体の緊張をとってください。
http://www.welllink.co.jp/health_info/autonomy/autonomy01.html
 パソコンの作業は、身体も自律神経も緊張側に導きます。このため重大な体調不良に身体を導きます。救急車のお世話になったり、鬱になる人も多いので、気をつけてください。姿勢と共に、十五分に一度程度仕事への集中を中断して、背伸びをしたり、視線を遠くに走らせるなど、緊張し続けを避けることが大切です。
お大事に。
http://hyounentei.blog32.fc2.com/blog-entry-19.html

 ストレートネックで、姿勢を直す努力をしている人は多いですが、クッションが良いと思っている人はいないのではないでしょうか。姿勢を正しくするためには、作業環境をいろいろ直すところは多いですが、その中でも腰の角度と安定は重要です。したがって、クッション無しで安定させるのが一番良いです。

 あてがいぶちの椅子や机の職場で、やむを得ずクッションを利用することはありますが、試行錯誤の結果、結局自分に最適な物は工夫するしかありません。
 一般的な椅子は、背もたれがあり、座面は後下がりに...続きを読む

Q経営コンサルタントと戦略コンサルタント。

経営コンサルタントと戦略コンサルタント。

理系の就活生です。
コンサル業界に興味を持ち、
いろいろと調べているところですが、
経営コンサルトと戦略コンサルの仕事違いがわかりません。

わかる方ぜひ教えてください。


そして、外資系企業は学歴特に重視されるそうで、
やはり大学の成績も重視されてますでしょうか?!

Aベストアンサー

申し訳ないがこれを調べられない時点で絶対にあきらめた方がいい。
絶対にだ。これはイヤミではない優しさです。本屋なり検索なり手段はたくさんあるだろうに

Q新生児を寝かせる姿勢(授乳クッション使用)

生後1ヶ月の赤ちゃんです。
抱っこじゃないと寝なく、布団におくと起きてしまいます。
授乳クッションを使って寝かせると抱っこされてるような背骨が少しカーブして寝ると安心してねます。

このHPに書かれているようなこんな姿勢ですhttp://www.mamamel.com/shopping/aoba_shisei.htm#junyu_cushion

でも、この姿勢はどうなんでしょうか?
赤ちゃんの成長の妨げ、背骨を丸くしないと寝ない子にはならないでしょうか?

Aベストアンサー

あまり気にしなくても大丈夫だと思います。

確かに、良い姿勢とは言えないかも知れませんが、一昔前のチャイルドシートは、もっと酷い状態でしたし、バウンサーなどもカーブが付いてますし、スリング、抱っこ、、、、決して、真直ぐな状態を保っているものはないと思います。

赤ん坊は、小さいうちはケガをしにくいように、体が柔らかくなっていますので、そんなに負担にはならないと思います。お腹の中でも、同じ姿勢ですしね。(^_^;)

ただ、柔らかいお布団や、クッション性の良いものに寝かせておいて、長時間目を離した時に、寝返りをしてたり、窒息する恐れがある・・・と言う危険度は上がるかも知れません。

ちなみに、私は2人の子を出産していますが、一人目の子は、質問者様と同じように、クッションを背中に当てて、抱っこに近い状態を作り出して、寝かせていました。正直言って、背骨を気にするよりも、少しでも抱っこから開放されたい!そんな思いの方が強かったです。(^_^;)
対する2人目の子は、ベビーベットも使わず、常に添い寝、大人の布団(ベビー布団より、柔らかめですね(~_~;))で寝かせていたら、ちっとも愚図ることも無く、こっちが心配になるくらい良く寝てくれていました。(^^)
やっぱり、寝心地の良さって、赤ん坊ながらにもわかるんだな~って、感じたのを覚えています。

今は、もう6歳と4歳になりますが、綺麗な姿勢をしていますよ。(^^)

あまり気にしなくても大丈夫だと思います。

確かに、良い姿勢とは言えないかも知れませんが、一昔前のチャイルドシートは、もっと酷い状態でしたし、バウンサーなどもカーブが付いてますし、スリング、抱っこ、、、、決して、真直ぐな状態を保っているものはないと思います。

赤ん坊は、小さいうちはケガをしにくいように、体が柔らかくなっていますので、そんなに負担にはならないと思います。お腹の中でも、同じ姿勢ですしね。(^_^;)

ただ、柔らかいお布団や、クッション性の良いものに寝かせておいて...続きを読む

Qネットで当社の社名が挙がってくる時

一般的な所謂普通の業務をやっております会社です
ネットの風評被害に当社と同名の会社があがってきます
5年程度この状態が続いておりまして会社の信用上もマイナスです

社名変更以外で何とかする方法はないでしょうか
よろしくおねがいします

Aベストアンサー

顕著な功績を上げて、風評被害に取り上げられているような会社とは別である旨のアピールを社会に対して行う。

Qデスクワークの姿勢、治すグッズを選びたいです。

デスクワーク中の姿勢がたいへん悪く、それについて悩んでいます。
前に比べてデスクワークの時間が増えており、肩こりや腰痛のリスクを回避したいと思います。

矯正が自分自身の力量だけでは困難だと考えて、
「バランスチェア」や「骨盤クッション」の二つのアイデアグッスで、
対策をしようと思っていますが、どちらも近場では現物が見つけられず、
困っています。

デスクワークの姿勢を治すなら、バランスチェアとクッション、どちらが良いでしょうか。
裏ワザとしてバランスボールという手も聞きましだか・・。

Aベストアンサー

こんばんは 
クッションのほうが持ち運びができて便利かなと思います。
ネットは楽天やアマゾンなどが信用できると思います
ホームセンターなどに行けば色々な種類が見つけられると思いますよ。

チェアは実際座ってみて検討するほうがいいと思います。

Q経営コンサルタントの料金

従業員22名の塗料メーカーですが、営業力の強化を
図るため、経営コンサルタントをお願いしようと
思っています。
経営コンサルタントの費用は相場幾らくらいとみれば
よろしいでしょうか?

Aベストアンサー

 ピンからキリまであります。
 中でも経営コンサルティング会社に所属しそこから派遣される経営コンサルタントと、個人経営(個人事業主)の経営コンサルタントでは、格段に費用が違います。そして個人の経営コンサルタントの中でも仕事として稼がないといけない人と、60歳を過ぎて年金をもらいお金にそう不自由がなくて社会貢献くらいのつもりで経営コンサルタントをしている人でも費用はかなり違います。
 また半年や1年のような期間を定めて契約する場合と、コンサルティングに来るたびに支払う出来高払いのような契約をする場合でも、費用に違いが出ます。
 年金生活の経営コンサルタントの場合は月に数回ほど指導訪問してせいぜい数万円/月、稼ぎたい個人の経営コンサルタントの場合は5~15万円/月、会社組織の中の経営コンサルタントなら20~50万円/月がひとつの目安です。ただし指導訪問の頻度(回数)にもよります。

Qクッション

折りたたみの椅子でお尻が痺れるほど座りっぱなしのお仕事です。疲れない、痔にならない、姿勢が悪くならない、など、安くてよいオススメのクッションがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

私は、低反発性座布団(クッション)がいいと思います。
テンOュールとかが代表的なものです。
お尻が固定されて、疲れなく、腰痛には良いようです。
値段は普通の座布団よりは髙いですが。
数千円と思います。

Qコンサルタント?

経営コンサルタント・中小企業診断士等の役割について教えて下さい
又詳しく知れるサイトが有りましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

はじめまして

質問の背景が判らないので一般的な話を書きます。
<質問の背景?>
・職業としてコンサルタントになりたい?
・現在自営等で会社(商売)をやっていて、コンサルティングが役に立ちそうか
 調べている?
・コンサルティングの会社に就職しようとしていて、どんな仕事か調査中?

(1)経営コンサルタント、中小企業診断士の違い
 基本的には、同じです。中小企業診断士には「公的資格」が必要なはずです。
 経営コンサルタントは「自称」でも可です。もちろん「技術士」のような公的資格
 をとって経営コンサルタントを行っている方もいます。

(2)役割
 企業を診断し業務改善の指導を行います。
 中小企業診断士は、名前のように中小企業や零細企業を主な客先とします。

(3)分野
 例え「経営」コンサルタントと言っても、それぞれのコンサルタントは、得意分野
を持っているのが普通です。
 <業態による分類>
 ・例えば、飲食店経営の分野、医療施設・医院経営の分野、衣料小売分野、等
  得意とする分野が業態によって決めているコンサルタント
 <業務による分類>
 ・経理部門の効率化、経営戦略の立て方の指導、工場の工程設計指導、
  在庫管理の指導、販売部門強化指導、等業務の深い知識によってコンサル
  ティングを行うコンサルタント

(4)規模
 経営コンサルティングを行っている会社の規模は、千差万別です。
 小は1人で行っているコンサルタント・中小企業診断士から、大は数百人規模
 の企業までさまざまです。
 5人以下のところが圧倒的に多いようです。

(5)経営コンサルタントの経営能力
 経営コンサルタントや中小企業診断士の人が、事業として経営コンサルティング
 を行っているわけですが、それらの人達の自分の経営が順風万歩かというと
 かなりお寒いのが実情です。
 理由は、
 (1)この不景気で、コンサルタントを雇う金が企業にない
 (2)コンサルタントの人達は、一般に企業の計数管理については勉強しています
  が、営業や販売の経験がないケースが多いため自分の営業が出来ていない

以上、役割を含め外部状況を簡単に説明しましたが、お役に立てたでしょうか?

はじめまして

質問の背景が判らないので一般的な話を書きます。
<質問の背景?>
・職業としてコンサルタントになりたい?
・現在自営等で会社(商売)をやっていて、コンサルティングが役に立ちそうか
 調べている?
・コンサルティングの会社に就職しようとしていて、どんな仕事か調査中?

(1)経営コンサルタント、中小企業診断士の違い
 基本的には、同じです。中小企業診断士には「公的資格」が必要なはずです。
 経営コンサルタントは「自称」でも可です。もちろん「技術士」のような公...続きを読む

Qクッションとか

テレビ観たり、勉強したりなどするときは床に座って長時間いるので、
座る姿勢が悪くなり骨盤に良くないし正しい姿勢で座りたいです。
背中が元々丸いので背中を伸ばして姿勢良くすると背中が痛くなったりして、続きません…
骨盤を締めたいのでひらかないようにしたいです。

床に座るのに姿勢正しく骨盤がひらかない長時間使用できるクッションとか何でもいいので
教えてください。
商品の感想とかも教えて欲しいです。

Aベストアンサー

おしりにフィットしてるなぁが使った感想です

参考URL:http://www.slim-cushion.com/

Qコンサルタントどは?

コンサルタントについて詳しく教えてください。簡単に言うと得意な分野でアドバイスをしてお金をもらうんですよね?アドバイスが不適切で損失を与えた場合は損失を負担したりもするんでしょうか?分野によっても違うと思いますがいたったい全体わかりません!

Aベストアンサー

いろいろな領域がありますが、経営コンサルタントに関して話します。
おっしゃるとおり、得意な分野で、経験値や分析に基づいて、アドバイスをする仕事です。その結果顧客がそれを実行するかどうかや、結果に対しては責任を負いません。コンサルタントはそれらの顧客に対するコンサルティングから得た経験値を次のコンサルティングに応用していきます。

医者をイメージするとわかりやすいですね。
患者の不養生には結果責任負わないですから。

費用はほとんどの場合、コンサルティング開始前(プロポーザルという)に取り決めるので、顧客に損失を与えても負担はしません。(そうならないように予め細かく規定を設けます。他人のふんどしで相撲をとるのです)例外的に、成功報酬型の契約もありますが、コンサルティング会社は一般的にあまりそういうリスクをとりたがりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報