皆様こんにちは。数学(数字や計算)には全く弱い、Tosshie-Toshikoと申します。
 只今、職場で、さる業界各社の収支報告書から、営業利益・営業費用・営業利益・経常利益・当期利益を取りまとめ、それぞれの前年度比を出して表にまとめる──という作業をしております(外部に発表する為です)。
 この内、営業利益・経常利益・当期利益の前年度比について、調べる内に混乱してしまったので、お伺いしたいのです。

☆☆☆☆


【質問その1】
  一体、前年度比というものは、

    【計算式 1】 今年度利益/前年度利益×100

  で出すのが正しいのでしょうか、

    【計算式 2】 (今年度利益-前年度利益)/|前年度利益|×100

  で出すのが正しいのでしょうか。


【質問その2】
  前年度(或いは今年度)利益の一方が赤字だった場合、また、前年度今年度共に赤字だった場合、前年度比(或いは前年度比増減率)の計算は出来るのでしょうか。


☆☆☆☆

 混乱に到った経緯を縷々述べていたらあっさり2,000字を越えてしまったので(苦笑)、質問のみに致しました。
 もう少し時間があれば自分で徹底的に調べたかったのですが、残念ながら対外的に期限のある仕事なので、修正時間も考えると、その余裕がございません。
 こういったことにお詳しい方、どうかお教えいただけないでしょうか。
 宜しくお願い申し上げます。
 補足要求があれば、随時、混乱過程(笑)を追加致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

計算 比率」に関するQ&A: 比率の計算

経常利益」に関するQ&A: 事業税と経常利益について

収益 利益」に関するQ&A: 利益と収益

A 回答 (3件)

その1について 回答 1


 通分すると1と2の違いは100%ずれているだけ即ち、前年と同じ場合を100%か0%かということですね。
 これは、前年度比100%=0ポイントの増 と呼びます。

その2について 回答 一応可能
 前年度が+100万で今年が-50万であった場合、前年度比-50%ということになります。 その逆も理論上同じですが黒赤が違うと比較してもあまり意味がない数字になるので、他の言い回しを使うことも多いようです。

この回答への補足

 外部発表までに時間がなかったので、ひとまずは(皆様に共通した答だったので、無難に)計算式1を使って表とグラフを作り直し、黒-赤(または赤-黒、赤-赤)の場合の比較はしないことに致しました。
 更に投げ掛けた問については、外部発表の為の作業が済んでから、自分でじっくり調べてみることに致します。

 お忙しい中、簡潔でわかり易いお答を、本当に有難うございました。

補足日時:2001/09/12 20:32
    • good
    • 7
この回答へのお礼

 KAMOCHA様、御回答有難うございました。
 質問1に関しては、ネットで探していて〔前年比の算出方法〕として計算式2が書かれていたことが混乱の始まりでした(苦笑)。この方法で計算をすれば、前期に比べて今期が増なのか減なのかが計算結果の符号で一目瞭然、と思ったわけです。
 しかしこれを〔前年度比〕という言葉で表わしていいものだろうか、と疑問に思った為、前年(度)比という言葉が出てくるページを虱潰しに回り、必ずとは言えなかったものの、計算式2で算出したと思しき数値には「~%増」或いは「~%減」という語がくっついている場合が多いことに気付きました。それで、前年度比114.3%=前年度比14.3%増、前年度比98.5%=前年度比1.5%減……なのかなと、おぼろげに感じました(はい、KAMOCHA様のおっしゃる通りなのですね)。そして、更に色々と検索を続ける内に〔前年度比増減率〕という言葉を見付け、これなら言葉の意味としても問題なさそうだと、この言葉を使うことにして作業を進めたのです……
 ところが、昨日になって上司(私同様素人)から、企業収益のデータ分析を生業とする会社出身の方に訊いてみたら(回答くださった皆さんもおっしゃっていることですが)「前年度当期利益がマイナスで今期がプラスだった(或いは逆の)場合の前年度比? そんなの出せるわけない(出す意味がない)じゃん」と言っているよ、という情報が入りまして。それで、ええ? 何で? と混乱してしまったのです。

 つまり、私には、何故「意味がない」のか、という、そもそもの前提(?)部分がわからないのですね(苦笑)。
 もし宜しければ、何故「黒赤が違うと比較してもあまり意味がない数字になる」のかということをお教えいただければ幸いです。

お礼日時:2001/09/11 11:52

一般的な会計ソフトの場合、売上高(収益)から当期利益まですべて


質問その1】
  一体、前年度比というものは、

    【計算式 1】 今年度利益/前年度利益×100
でだしていると思います。
【質問その2】については、すでに回答がありますように、前年が赤字なら当期の黒字との比率を計算してもその数字は全く意味がありません。利益の比較は、両年度ともに黒字であることが要件でしょう。

この回答への補足

 外部発表までに時間がなかった為、ひとまず(皆様に共通した答だったので、無難に)計算式1を使って表とグラフを作り直し、黒-赤(または赤-黒、赤-赤)の場合の比較はしないことに致しました。
 下の欄で更に投げ掛けた問につきましては、外部発表の為の作業が済んでから、自分でじっくり調べてみることに致します。

 お忙しい中わざわざ御回答くだいまして、本当に有難うございました。

補足日時:2001/09/12 20:45
    • good
    • 3
この回答へのお礼

 chihi様、御回答有難うございます。
 そうですか~……一般的な会計ソフトがそうなっているのなら、〔前年度比〕は計算式1で出すものなのでしょうね。では私が見たあのエクセル利用方法解説ページの「前年度比を出してみよう」という計算式(=計算式2)は一体?(苦笑)
 まあ、それで「どっちが本当なんだ?」とネットをぐるぐる巡って〔前年度比増減率〕という言葉も見付け、そちらの言葉を使ったわけですが……

 > 前年が赤字なら当期の黒字との比率を計算してもその数字は全く意味がありません。

 もし宜しければ、何故意味がないのかを御教授いただければ、嬉しいのですが……

 > 利益の比較は、両年度ともに黒字であることが要件でしょう。

 今期赤字転落、の場合も、やはり比較の意味がないのでしょうか?

 もしかして、利益と損失は比較出来ない……?

 それでは、集計結果を公表する表の中で、今年度各種利益が黒だろうと赤だろうと前年比が〔 ─〕(計算値なし)になっている、そういう事業者がずらずらと並ぶ……という状態であっても、会計に通じている方は何の不思議も感じないものなのですね?

お礼日時:2001/09/11 12:41

前年度「比」という言葉に惑わされてはいませんか。


売上高は比率で「前年度比120%とか20%増ということが多いですが、
利益については「前年度比2000万円増」というように額そのもので示すことが多いと思います。

そのデータを何に使うのか不明ですが、赤字と黒字を比率で比較しても参考にならないのではないでしょうか。

この回答への補足

 外部発表までに時間がなかったもので、ひとまず(皆様に共通した答だったので、無難に)計算式1を使って表とグラフを作り直し、黒-赤(または赤-黒、赤-赤)の場合の比較はしないことに致しました。
 下のお礼の中で更に投げ掛けた問については、外部発表の為の作業が済んでから、自分でじっくり調べてみることに致します。

 お忙しい中わざわざお答えいただきまして、本当に有難うございました。

補足日時:2001/09/12 20:41
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 PTPCE-GSR様、御回答有難うございます。
 混乱の経緯(大略)は下に書きましたので割愛致しますが、その前段として、昨年までは計算式1を使っていた、という事実と、前任者(やはり素人)から「昨年は、前期今期どちらか片方或いは両方が赤字だったら計算を放棄してデータとして出さないことにしてた。理由は知らないけど、ずっとそうしてるみたいだからそのまま踏襲したよ」と言われた、という事情がありました。
 ですが、素人には、「それじゃ、どちらかが赤字だった場合に、前年度と比べてどれだけ増減したかがわからないじゃない」としか思えず、そこから「そもそも前年比って?」という疑問にぶち当たり、国語辞典を皮切りに色々と調べ始めて……斯くの如き次第になってしまったわけです(嘆)。
 ちなみに、利益について「○○利益前年度比~%(増)」として書いている事業(営業)報告書は結構沢山ありました(笑)。勿論、「○○利益××円、~%の増」と書いている事業報告書も沢山ありましたが。

 なお、計算式2で算出したデータは、

  ・各社別では、前期に比べて黒字幅や赤字幅が増えたか減ったか見る
     黒-黒でも利益が減っていれば符号はマイナスになる
     赤-赤でも赤字幅が減っていれば符号はプラスになる
     黒字転換ならプラス、赤字転落ならマイナスが、それぞれ出る
     ……ということで、重宝(苦笑)。

  ・全体では、集計して、表やグラフに描出する

 という具合に使用しています。
 もし「黒赤比較は意味がない」のであれば、データファイルとリンクさせているエクセルの計算式から立て直してグラフも修正しなければなりません。うわあ……

 下にも書きましたが、そもそも何故黒赤を比較しても意味がないのか、というところからして、既に理解出来ないのです(恥)。
 この辺りを教えていただければ、本当に有難いのですが……

お礼日時:2001/09/11 12:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q札医前期と北大医学部後期の面接試験

札幌医大前期と北大医学部後期日程では、面接試験が課されますが、昨年一昨年など直近の試験では、どのような形式で実施されましたか(面接場面での試験官や受験者の数)、またどのような質問がなされましたか? いずれかご存知の方がいらっしゃいましたらご教示のほどお願いいたします。

Aベストアンサー

オープンキャンパスに行けば、その大学の先輩達から、いろいろな情報を聞けると思いますよ。
あと代ゼミから、医学部面接ノートというのが出ていたような気がします。
医学部志望の方は、たいてい読んでいたみたいです。

あまり参考になりませんが、↓もどうぞ。

参考URL:http://www.yozemi.ac.jp/nyushi/joho/08/mensetsu/index.html

Q経常利益ってなんですか? 営業利益は営業で儲けた利益で、経常ってなんで

経常利益ってなんですか? 営業利益は営業で儲けた利益で、経常ってなんですか・・・

Aベストアンサー

営業利益
 本来の業務(営業)で儲けた利益です。
 <例>
 本来の業務とは、自動車部品メーカーであれば自動車部品の売買で得られた
 利益です。(会社の定款に記載されている業務で得られた利益)
  ※本業の売上高-本業の仕入高-人件費及-本業の販売費等=営業利益

経常利益
 本来の業務では無いけれど、日常的に計上される損益です。
  ※営業利益に、営業外損益を加減算します。
 <例>
 金融業以外の会社が、お金を借りた場合に借入利息は営業外損失ですから
 経常利益(損失)に含まれます。
  ※金利は、お金を借りていれば日常的に支出されますが、本業の儲け
  (費用)ではありませんので、経常利益に含まれます。
 
税引き前当期純利益
 今期発生した全て(税金を除く)の損益を表します。
  ※経常利益に特別損益を加減算します。
 <例>
 不動産業以外の会社が、会社の所有する土地を売って儲けたのであれば、こ
 れは普通(経常)には計上されるものではありませんので、特別損益とし
 て当期純利益に含まれます。


以上は一般論です。対象の会社の業種(業態)によって異なる場合があります。

営業利益
 本来の業務(営業)で儲けた利益です。
 <例>
 本来の業務とは、自動車部品メーカーであれば自動車部品の売買で得られた
 利益です。(会社の定款に記載されている業務で得られた利益)
  ※本業の売上高-本業の仕入高-人件費及-本業の販売費等=営業利益

経常利益
 本来の業務では無いけれど、日常的に計上される損益です。
  ※営業利益に、営業外損益を加減算します。
 <例>
 金融業以外の会社が、お金を借りた場合に借入利息は営業外損失ですから
 経常利益(損失)に含まれます...続きを読む

Q医学部の入学後の試験範囲(前期試験・後期試験)など・・

医学部の入学後の試験範囲って本1冊ぐらいらしいのですが・・・それを1週間でしなければならないとかが度々あるらしいのですが・・・そんなのどうやって突破するんでしょうか!?「どんな暗記のいい人間も無理なのでは・・!?」っていいたくなるような量だと思うのですが・・・。そこらへんの実情に詳しい人教えてください。

Aベストアンサー

国立大学医学部生です。

やはり医学部は勉強の内容としては暗記です。授業のコマ数も多く、週に一教科だけで4コマあったりして授業スピードはとても速いです。もちろん実際に前期・後期だけで教科書丸々一冊が範囲ということはよくあります。
ただ、教科書の内容を墨から墨まで覚える必要はありませんし、現実的ではありません。

私の大学ではクラス全員で分担して、全授業少なくとも一人はまじめに授業をうけるようになっています。その一人は授業の内容をまとめたプリントを作成し、それを全員分コピーして配布します。ですからこのプリントを全部回収すれば、たとえ授業に出ていなくても授業内容は一通り把握できるようになっています。
さらに過去問は数年分にわたってどこからか自動的に集まってきます(笑)ので、それを見まてポイントや傾向を分析します。
これらをフル活用して重要箇所を中心に勉強していきます。とはいっても量はかなりありますので、試験直前は大学受験直前期にせまる勉強量を余儀なくされます。

このシステムは私の大学だけではないようです。私立の中には、試験対策プリントを学生が製本して配布しているところもあるという話も耳にしました(汗)。

要点を要領よく、やっていかないと無理ですよ、実際、、、、

国立大学医学部生です。

やはり医学部は勉強の内容としては暗記です。授業のコマ数も多く、週に一教科だけで4コマあったりして授業スピードはとても速いです。もちろん実際に前期・後期だけで教科書丸々一冊が範囲ということはよくあります。
ただ、教科書の内容を墨から墨まで覚える必要はありませんし、現実的ではありません。

私の大学ではクラス全員で分担して、全授業少なくとも一人はまじめに授業をうけるようになっています。その一人は授業の内容をまとめたプリントを作成し、それを全員分コピー...続きを読む

Q連結決算経常利益の内訳(企業ごとの経常利益)を確認することは不可能? 営業利益の内訳だったら可能?

みずほ銀行27年3月期の連結経常利益1,010,867 百万円の内訳を知りたいと思い、決算資料を確認したのですが詳細(企業ごとの経常利益)が掲載されていません。

営業収益876,961 百万円の内訳なら掲載されています。

・これは、連結経常利益は、個別に算出不可能ということなのでしょうか?
・グループ全体としてしか計算できない性質のもの?

http://www.mizuho-fg.co.jp/investors/financial/tanshin/data1503/pdf/fy.pdf

Aベストアンサー

それはみずほ銀行ではなくみずほフィナンシャルグループのものです。
個別はみずほFGの主要3社、みずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券の報告書を調べればいいです。みずほ証券は作成をやめてしまったのでみずほFGのセグメント情報を見てください。
http://www.mizuho-fg.co.jp/investors/financial/report/index.html

1-45からです。
http://www.mizuho-fg.co.jp/investors/financial/tanshin/data1503/pdf/fy.pdf

連結は個別をただ単純に足し合わせるだけのものではないので、当然ながらグループ全体でなければ計算できません。

Q熊本(前期)、岐阜(後期)の医学部の過去問入手

 いつも大変お世話になっております。
 お分かりの方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えていただきたいのですが、
熊本と岐阜の赤本はすでに手元にあるのですが、ともに3年分なので、できれば
もう少し前の年度のものを入手したいのですが、ネットや本でそのようなものが
あればぜひ教えていただけると助かります。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「アマゾン(amazon)」で検索するとネットで通販を行うサイトに
行けますので、そこで、「熊本大学 赤本」、「岐阜大学 赤本」で
検索をかけると、質問者様が持っている赤本より以前に発売された
古い赤本をみつけられると思います。その古い赤本の載っているアマゾンの
ページで「中古品の出品」があれば、その赤本の古本を購入できます。
クレジットカードがあれば手続きは簡単です。

その古い赤本にはその赤本の発売年度より以前3年分の過去問が載って
いるので、たとえば、2009年度の赤本、2006年度の赤本という風に
揃えれば、多年分の赤本をそろえることができます。

参考になれば、幸いです。

受験がんばって下さい!

Q売上総利益率と営業利益率と経常利益率について

収益性分析などに使われる、売上総利益率・営業利益率・経常利益率は
それぞれ売上総利益・営業利益・経常利益を売上高で割って×100
で求めますが。
その際に算出された%は数値が高い方が良いのでしょうか?
低い方が良いのでしょうか?
合わせてROA・ROEも高い方が良いのでしょうか?
低い方が良いのでしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

> その際に算出された%は数値が高い方が良いのでしょうか?
 『高い方が良いのか』と言う観点で答えれば、Yesです。

> 合わせてROA・ROEも高い方が良いのでしょうか?
 こちらも高いほうが良いと教わりましたが、「財務レバレッジ」に気を付ける必要が有ります。
 ROE⇒借入金が多くなれば、純資産は相対的に減少するので値が大きくなる
 ROA⇒借入金が多くなれば、総資産が増えるので値は小さくなる
http://www.nsspirit-cashf.com/inv_st/roe_roa.html

どの指標に於いても、何故高いのか?の分析が必要です。
又、本当に高いのかどうかは、対前年の値と比較したり、同業他社(業界の平均)の値と比較しなければ判りませんよね。

Q医学部と東大京大

医者というと勤務は厳しいですが収入はすごいですよね?
東大も兄弟も医学部も偏差値は同じくらいですが、東大生なんかがよく
医学部受けたりしますけど、なぜですか?
東大に行くメリットって医学部ほどではないんでしょうか?
東大生の方・医師の方回答お願いします。

Aベストアンサー

確かにほかの学部とは違い卒業したら国家試験を受けて資格が取れる医学部は魅力的「だった」のは事実です。
しかし今は状況が変わってきています。
医者は医者でも勤務医は労働環境、賃金の両面で過酷ですよ。
そんな甘い考えで医者になるのはおすすめできません。

今、日本では”医療崩壊”が急速に進んでいます。
そのなかでも特に地方の病院などは特に悲惨です。(人手不足で仕事が増える→やめるor過労死で人が減る→さらに人手不足の悪循環)
また理不尽な理由による訴訟のリスクもありますからさらに環境が劣悪になっています。
開業医になるにしても最初の初期投資はリスクが有りますし、最近は厚労省も規制の向きに動いていますしこれから先はどうなるかわかりませんです。
#まあ親が開業医で跡を継ぐパターンならそれほど問題ないでしょうが・・・

東大にいくメリットはいくつか挙げられます。
・進振りがある(途中で進学学部を変えることができる)
・ネームバリュー(特に法学部は以前ほどではありませんが公務員系に強いです)
・充実した研究環境
とまあ挙げるとキリがありません。
ちなみに法学部から国Iで国家公務員になっても同学歴と比べると圧倒的に賃金は低くまた労働環境も過酷です。(国会会期中は深夜1時~3時帰りが続きます)
いままではその分を早期退職して天下りさせていたわけですが最近はこのあたりも規制されていますし。
仕事に対して情熱を持っている人しかできない仕事です。(その点では医師と同じ)

実際問題としてただ稼ぎたいだけなら東大の経済なり一橋の商学部なりにいって、外資系の証券会社に就職する方がお得です。能力給ですが能力さえあれば月数千万単位でもらう人もいます。
その点もふまえて進路を決められるといいかと思います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%BB%E7%99%82%E5%B4%A9%E5%A3%8A

確かにほかの学部とは違い卒業したら国家試験を受けて資格が取れる医学部は魅力的「だった」のは事実です。
しかし今は状況が変わってきています。
医者は医者でも勤務医は労働環境、賃金の両面で過酷ですよ。
そんな甘い考えで医者になるのはおすすめできません。

今、日本では”医療崩壊”が急速に進んでいます。
そのなかでも特に地方の病院などは特に悲惨です。(人手不足で仕事が増える→やめるor過労死で人が減る→さらに人手不足の悪循環)
また理不尽な理由による訴訟のリスクもありますからさらに環...続きを読む

Q増収増益の益は、【経常利益】、【当期純利益】のどちらですか?

こんにちは、みなさん!!

【質問】
増収増益の益は、【経常利益】、【当期純利益】のどちらですか?NETで調べた所、どちらの回答もありました。

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>増収増益の益は、【経常利益】、【当期純利益】のどちらですか?NETで調べた所、どちらの回答もありました。

そもそも、”増収増益”の言葉の定義は誰も定めていません。
(法定でも簿記用語でもありません)
<”私”(当該文書の作成者)が定義を定めた上で>
営業利益、経常利益、当期純利益のどれを使っても問題はありません。
 ※くれぐれも、定義を定めてそれを明記しましょう。

私事の恐縮ですが、”増収増益”の語を使いたいが為に、営業利益を指したり
経常利益を指したり、当期純利益を指したりと、インパクトの強い利益を都度
変更して使用しています。
(勿論、増収増益の根拠は示しています)

Q昭和医学部や東邦医学部に不合格ながらも旧帝大(東大京大阪大除く)医学部に合格することは可能ですか?

昭和医学部や東邦医学部に不合格ながらも旧帝大(東大京大阪大除く)医学部に合格することは可能ですか?
単発ですいません。

Aベストアンサー

地方帝大医学科に出願したものの、私大に落ちたことがわかり、国立二次に自信をなくしてしまった、という話ですか?
可能性はあるので頑張りなさい、が回答です。

一般論での回答は不能です。第一志望が旧帝医学科である場合、その学力があるから(合格可能性があるから)出願するのであって、私立医不合格は事故という認識です。

Q営業利益 純利益 経常利益 の違いを教えて下さい。

日本経済新聞を最近よく読んでいるのですが、
いつも営業利益 純利益 経常利益 の三つの利益で○%増・減 といった
記事が出ています。

この三つの利益はどのように違うのでしょうか?
調べたのですが、言葉が難しすぎてよく分かりません。

中学生がわかるくらいの言葉に噛み砕いてご説明頂けるとありがたいです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

売上高から単純に売上原価を引いた額が営業利益です。
でも、営業はそもそも組織があって、出来ることですよね。
その組織があるから必要になってくる経費や
営業目的以外の収入も加えてプラスマイナスすることで、
経常(的)利益が出ます。
次に考えるのが経常的でない特別な損益と税金ですね。
それらも更にプラスマイナスし、
真の利益(純利益)としている訳ですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング