大和朝廷の時代、中国や朝鮮から日本へ移り住んだ技術者たちを渡来人と言うそうですが、彼らは用水路や古墳を作る技術、鉄器や青銅器を作る技術、養蚕・機織の技術などを伝えたと聞きました。

では仏教は渡来人が伝えたのだと言い切ってもいいのでしょうか?

A 回答 (3件)

仏教が伝わってきたのには公伝と私伝とがあります。

つまり国家が要請して伝えてもらう、というのと、そうでなくて誰かが持ってきた場合。
前者については百済聖明王から、ということで百済からの伝授です。つまり朝鮮経由。
ですがその前に明らかに私伝があります。つまり向こうから来た人が伝えたものです。これは当然ながら渡来人によるものです。
その後ある程度の知識と信仰が背景になって改めて国家が要請して経典や仏像、さらに僧侶そのものを招来することになります。さらに発展した段階でこんどは人を留学させて、勉強させて、という形になります。この場合は渡来人とはいえないでしょうが、少なくとも最初の私伝、そして公伝もある段階までは渡来人によるものと言い切れますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

公伝と秘伝という考え方が大変面白く、参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/15 22:35

538年(元興寺縁起)、あるいは552年(日本書紀)に百済の聖明王の使者が欽明天皇に仏典などを献上しました。

これが「公式」な仏教の伝来とされていますが、それ以前に渡来人の一部や子孫、その周囲などに仏教徒がいたらしいと考えられています。

しかしそれ以外にも、東シナ海を中心として中国沿岸や朝鮮半島、日本の九州などを行き来していた人々が仏教を伝えていたという可能性はあるでしょう。
後世の倭寇は種子島以前に日本に鉄砲を少数ながら持ち込んでいましたが、それと似たような状況が起きていなかったとは断言できません。
    • good
    • 0

言い切っても良いと思いますが。



最初から布教の目的で僧侶が渡ってきたのか?
あるいは、いわゆる渡来人(亡命者や外交使節)の中にたまたま僧侶が含まれていたのか?

何れにしろ、中国大陸から(朝鮮半島経由で)伝わったのですか
当初、教典や教理を持ち込んだのはそれらの地域の人々であると思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。自分でもより深く調べてみようと思っています。参考になりました。

お礼日時:2005/04/15 22:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の仏教の宗派の分布図を教えてください。 どの宗派が1番多いのか知りたいです。

日本の仏教の宗派の分布図を教えてください。

どの宗派が1番多いのか知りたいです。

Aベストアンサー

1. 浄土真宗本願寺派(700万人)
2. 浄土宗(600万人)
3. 真宗大谷派(550万人)
4. 高野山真言宗(540万人)
5. 日蓮宗(380万人)
6. 曹洞宗(160万人)
7. 真言宗智山派(150万人)
8. 真言宗豊山派(120万人)
9. 天台宗(60万人)
10. 真言宗醍醐派(50万人)

Q牛の渡来と生態について(古墳時代?)

牛が渡来は、たぶん古墳時代とおもいます。
馬などは埴輪でたくさん残っているのですが、牛に関するものはあまり見た事がありません。
牛はいつ渡来して、古墳時代には何頭ぐらいいたのでしょうか?
農耕のために飼育されていたのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

家畜としての牛は、古墳時代、おそらくその後半に朝鮮半島からの渡来民が連れてきたとされています。

古墳時代後半にはかなりの数の朝鮮系渡来氏族が移住してきています。
集団で渡来してきた彼らは、一族の集団が食っていくための生産手段を持ち込んだに違いありません。
農作業用の牛、牛用の農具、そして牛の飼養技術です。
このように仮定して、牛用の農具であるカラ犂(スキ)を調べたことがあります。
岩波書店『日本列島に生きた人たち 民具と民俗』を読んだときの読書メモの中に、ご質問の回答になる部分があります。

馬が先で牛はあとから。関西では牛小屋なのになぜウマヤ、牛の市もウマイチ。かって、全国的に馬が飼われていて牛があとからやってきた。古墳から馬具が出る、馬の埴輪が出る。馬具は5世紀に近畿からはじまり6世紀に全国に広がる。古墳からは馬具とともによろいかぶとなど鉄製武具も出土し、馬が半島諸国との戦争の中で軍事用として半島から急いで導入されたと考えられる。他方、牛を飼っていた痕跡は少ないので、馬が主であったのは古墳時代だった。古墳時代後期以降は馬に加えて牛も飼われるようになった。(メモ終わり)

農具について調べたので、このメモの部分をまだ十分に理解していませんが、気になる点をちょっとWebサイトで調べてみました。

ウマヤについて。
「ウマヤ 牛」で検索すると、牛小屋でもウマヤと呼ぶ例がいっぱいあります。
http://www.city.settsu.osaka.jp/cmsfiles/contents/0000001/1135/p64-65.pdf

最古の牛の埴輪としている例
但馬の古代遺跡 船宮古墳(5世紀代)
http://www.shinkin.co.jp/tanshin/zaidan/3rekisi/01kofun/index1.html

では、弥生時代に家畜としての牛馬がいたか。
魏志倭人伝に「牛馬虎豹羊鵲なし」と書かれています。
かって、弥生時代の遺跡から牛馬の骨が出土して、倭人伝の記述に偽りがあるとされていましたが、その後、新しい年代鑑定技術で再調査すると、ずっと新しい骨であることが判明して、倭人伝の記述がやはり正しかったとされています。
(松井章著『環境考古学への招待』による。)

古墳時代の牛の頭数ですが、まったく分かりません。
渡来人が連れてきたのなら、まず渡来人の数を調べることから始めると良いのでしょうか。
私では想像すらできません。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000265288/3w-asin-books-22

家畜としての牛は、古墳時代、おそらくその後半に朝鮮半島からの渡来民が連れてきたとされています。

古墳時代後半にはかなりの数の朝鮮系渡来氏族が移住してきています。
集団で渡来してきた彼らは、一族の集団が食っていくための生産手段を持ち込んだに違いありません。
農作業用の牛、牛用の農具、そして牛の飼養技術です。
このように仮定して、牛用の農具であるカラ犂(スキ)を調べたことがあります。
岩波書店『日本列島に生きた人たち 民具と民俗』を読んだときの読書メモの中に、ご質問の回答に...続きを読む

Q仏教の宗派について

全くの素人で殆ど知識を持ってません。

「例えば私は仏教徒です」と言った場合は、やはり「宗派は?」みたいな会話になるのですかね。

他の宗教でも同じような事が言えると思いますが、、
(1)仏教の場合の宗教と宗派の関係って具体的には何なのでしょう?
(2)各々の宗派は何処がどう違うのでしょう?
(3)また、どのような関連性があるのでしょう。
((4)何処かに関連図のような物ってあります?)
(5)各宗派で使用している経典(?)も、皆違うのでしょうか?

少し調べたら何だか100近い宗派があるんですね?
それぞれについての説明は不可能に近いと思いますので、概論的なお話で結構です。教えて下さい。

Aベストアンサー

ここに詳しい解説があります。
http://butsuzo.cside.com/buddha/html/bsyuha.html

(1)悟りに至る道はひとつではない、というか、これしかない、というのが既に執着なんで、まあいろいろやりかたがあってよい、ということだと思いますが。
(2)どこが、といってもそれぞれの宗派どうしが対立していればまだ何かそれらしいことを言いますけど、そうでなければどうとも。
(3)関連性、といってもそれをいうと仏教史全部調べなきゃいけないんじゃないでしょうか。そもそもこのやり方でいいと思ったら新宗派作ったりしないと思います。まあ権力争いの場合は別ですが、それは理論の問題ではなく政治的問題ですし。
(4)ごめんなさい、知りません。
(5)前記サイト参照。

まあ小さい規模の宗教を除けば大抵宗派はありますし、宗祖のころはともかく、後には権力争いもともなっていますから、理論だけ聞いても一般人にはどこがどう違うといいたいのかわかりません。もともとそういうことではなく分裂した場合も多いのでこじつけに惑わされないように。

ここに詳しい解説があります。
http://butsuzo.cside.com/buddha/html/bsyuha.html

(1)悟りに至る道はひとつではない、というか、これしかない、というのが既に執着なんで、まあいろいろやりかたがあってよい、ということだと思いますが。
(2)どこが、といってもそれぞれの宗派どうしが対立していればまだ何かそれらしいことを言いますけど、そうでなければどうとも。
(3)関連性、といってもそれをいうと仏教史全部調べなきゃいけないんじゃないでしょうか。そもそもこのやり方でいいと思ったら新宗派作った...続きを読む

Q大和朝廷。

古墳の分布状況からなぜ4世紀後半に大和朝廷がほぼ全国統一をなしとげたとわかるんですか????

参考URLも教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

圧倒的に巨大な古墳が畿内に集中しているからでしょう
世界中で権力の象徴で巨大な墓を作っていましたよね
日本の場合、ちょうどその時期が最高の大きさでした
そして、仏教が伝わり、巨大墳墓の造営から
寺院の造営に変わっていったようです

http://village.infoweb.ne.jp/~fwht5110/H22.htm

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~fwht5110/H22.htm

Q仏教で、家の宗派と違う宗派のイベントに参加したい

今まで家のお墓があるお寺の宗派の特徴なども知らないほど仏教の知識がありませんでした。
最近になり自分の家の宗派の特徴くらいはわかっていようと調べ始めたのですが、他の宗派の方に興味が沸いてしまいました。

そこで質問です。
・家の宗派以外のイベント事などに参加することは問題ないのでしょうか?
・問題なく参加できる場合、何か注意すべき点はありますか?例えば家の宗派は言わない方がいいなど。
・家の宗派と違う宗派を信仰するのは例外なのでしょうか?それともありふれたことでしょうか?
・仏教を信仰している方は、複数の宗派を信仰するようなことはないのでしょうか?

素朴な質問ですが、よろしくお願いします。

家の宗派と書きましたが、「お墓があるお寺の宗派」くらいで、私同様、家族皆特に深く信仰している訳ではありません。

Aベストアンサー

上から順に

・問題が起こることは稀だと思います。
・宗派によって最も大切にしているお経がちがったりするので、あえて色々語らないほうが無難かもしれません。
・そもそも、信仰というほどの確たる信仰をしている日本人が少数派です。ですから、家の宗派と別の宗派を選んで信仰するひとは例外的とは言えます。だからと言って、そのことに良し悪しがあるわけではありません。
・在家の仏教徒の多くは他の宗派について知識を持つ機会が少ないのでそのようなことはあまり無いと思います。

一般的には
仏教系の大学の学生でもさまざまな宗派、あるいは他宗教の学生がいます。
例えば、駒澤大学は曹洞宗の学校ですが、仏教学部の学生以外は特に何も考えずに必修科目の座禅を組み、曹洞宗の僧籍をもつ教授の講義をうけています。何の問題も起きません。
ただし、しっかりとした信仰を持つ人はそんないい加減なことはしないかもしれません。

仏教は多くの日本人にとって宗教というより単なる生活習慣のようなものになっています。
実はお坊さんにもそういう感覚の人は案外多いのです。

ただし、仏教、とひとくちに言っても古すぎてもう衰えてしまった宗派もあれば非常に布教に熱心な新興の宗派もあります。
新しい宗派は熱心なあまり他宗派や他宗教に不寛容なことが多いので注意したほうが良いかと思います。

上から順に

・問題が起こることは稀だと思います。
・宗派によって最も大切にしているお経がちがったりするので、あえて色々語らないほうが無難かもしれません。
・そもそも、信仰というほどの確たる信仰をしている日本人が少数派です。ですから、家の宗派と別の宗派を選んで信仰するひとは例外的とは言えます。だからと言って、そのことに良し悪しがあるわけではありません。
・在家の仏教徒の多くは他の宗派について知識を持つ機会が少ないのでそのようなことはあまり無いと思います。

一般的には
仏...続きを読む

Q大和朝廷成立前後の豪族

邪馬台国や、ニギハヤヒ、出雲、蘇我、中臣、物部等
朝廷を支えた豪族たちを扱った書籍を
教えてください。

Aベストアンサー

 
  蘇我とか、物部とか、または中臣とかだけなら、本がありそうですが、そんな広い範囲のことを言えば、一冊の本では無理です。以下に、Amazo.co.jp で検索した、「大和朝廷」と付く本のリストを記しますから、アマゾンで詳細を見に行くなり、書店で本を探して内容を確認するなりしてください。
 
  >2. 「大和朝廷―古代王権の成立」 講談社学術文庫
  >上田 正昭 (著) 文庫 (1995/08/01) 講談社
  >通常4~14日以内に発送
  >価格: ¥860
 
  この上の本は、講談社学術文庫ですから、学問的に水準が高いでしょう。
  
  >7. 「古代大和朝廷」 ちくま学芸文庫
  >宮崎 市定 (著) 文庫 (1995/09/01) 筑摩書房
  >在庫切れ
  >価格: ¥1,068
 
  上のこの本もなかなかいい内容ではないかと思います。
  以下は、玉石混交です。3,4などは、割といい本ではないかとも思います。
 
  >3. 「神々と天皇の間―大和朝廷成立の前夜」 朝日文庫
  >鳥越 憲三郎 (著) 文庫 (1987/11/01) 朝日新聞社
  >通常4~14日以内に発送
  >価格: ¥460
 
  >4. 「邪馬台国と大和朝廷」
  >久保田 穣 (著) 単行本 (1999/01/01) 日本図書刊行会
  >お取り寄せ
  >価格: ¥1,500
 
  >5. 「日本誕生史〈PART3〉大和朝廷形成の軌跡」
  >青木 一参 (著) 単行本 (1997/03/01) 近代文芸社
  >在庫切れ
  >価格: ¥1,650
 
  >6. 「邪馬台国の真実―卑弥呼の死と大和朝廷の成立前夜」
  >安本 美典 (著) 単行本 (1997/03/01) PHP研究所
  >在庫切れ
  >価格: ¥3,204
 
  >8. 「天皇家の大秘密政策―日本史転覆のシナリオ 大和朝廷の出自隠し」
  >1300年の密謀 超知ライブラリー
  >大杉 博 (著) 単行本 (1995/06/01) 徳間書店
  >お取り寄せ
  >価格: ¥1,359
 
  >9. 「謎の天孫降臨と大和朝廷の秘密―ヤマト・プロブレム」
  >ムックセレクト〈507〉―真説日本誕生シリーズ
  >加治木 義博 (著) 新書 (1995/02/01) ロングセラーズ
  >お取り寄せ
  >価格: ¥874
 
  >10. 「大和朝廷と東アジア」
  >鬼頭 清明 (著) 単行本 (1994/05/01) 吉川弘文館
  >お取り寄せ
  >価格: ¥2,233
 
  >11. 「テラスで読む大和朝廷の謎」
  >武光 誠 (著) 単行本 (1993/12/01) 日本経済新聞社
  >在庫切れ
  >価格: ¥1,456
 
  >12. 「日本史の謎と真説―大和朝廷から明治維新まで」銀河セレクション

  >南条 範夫 (著) 単行本 (1993/02/01) 銀河出版
  >在庫切れ
  >価格: ¥1,456
 
  >13. 「大和朝廷は古代の水軍がつくった!」
  >武光 誠 (著) 単行本 (1992/03/01) JICC出版局
  >在庫切れ
  >価格: ¥437
 
  >14. 「大倭国通史―大陸側から眺めた古代大和朝廷」
  >井伊 章 (著)
  >在庫切れ
  >価格: ¥1,165
 
  >15. 「古代大和朝廷」 筑摩叢書〈327〉
  >宮崎 市定 (著) 単行本 (1988/09/01) 筑摩書房
  >在庫切れ
  >価格: ¥1,900
 
  >16. 「吉備王国の崩壊―大和朝廷の謀略」
  >井上 高太郎 (著) 単行本 (1987/01/01) 新人物往来社
  >お取り寄せ
  >価格: ¥1,748
 
  >17. 「原日本統一政権の成立―出雲朝廷と大和朝廷」
  >安達 巌 (著) 単行本 (1986/12/01) 新泉社
  >在庫切れ
  >価格: ¥1,600
 
  >18. 「大和朝廷成立期の研究」
  >坂本 弘道 (著) 単行本 (1985/10/01) 雄山閣
  >在庫切れ
  >価格: ¥18,000
 
==============================================
 
  蘇我・物部だと次の本ぐらいがいいでしょう:
 
  >5. 「物部・蘇我氏と古代王権」
  >黛 弘道 (著) 単行本 (1995/08/01) 吉川弘文館
  >通常2~3日以内に発送
  >価格: ¥2,500
 
  >8. 「蘇我氏の実像と葛城氏」
  >平林 章仁 (著) 単行本 (1996/01/01) 白水社
  >通常2~3日以内に発送
  >価格: ¥2,136
 
  以下にアマゾン・ジャパンのURLを記しますから、そこで「出雲」だとか「邪馬台国」だとかで検索して調べてください。
 

参考URL:http://www.amazon.co.jp/

 
  蘇我とか、物部とか、または中臣とかだけなら、本がありそうですが、そんな広い範囲のことを言えば、一冊の本では無理です。以下に、Amazo.co.jp で検索した、「大和朝廷」と付く本のリストを記しますから、アマゾンで詳細を見に行くなり、書店で本を探して内容を確認するなりしてください。
 
  >2. 「大和朝廷―古代王権の成立」 講談社学術文庫
  >上田 正昭 (著) 文庫 (1995/08/01) 講談社
  >通常4~14日以内に発送
  >価格: ¥860
 
  この上の本は、講談社学術文庫で...続きを読む

Q日本における仏教でその宗派を自力と他力にわけるなら

先日、仏教の宗派の僧が集まった番組を見ました。

ある宗派は、「自力(じりき)」。また、ある宗派「他力(たりき)」というのです。
助けというか、救いというかの求め方だと思いますが、
どの宗派が自力で、どの宗派が他力で、どの宗派がその他(もしあるのなら)なのか
詳しい方教えて下さい。

またその意味なども加えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

仏教の教えを二つに分類すると聖道門と浄土門になります。聖道門は自分の中に埋蔵している法に目覚めるように努力して悟りを得ようとする教えです。浄土門は法の象徴である阿弥陀仏の誓いを信じることで悟りを得ようとする教えです。前者は自力でやろうとするのでかっこよく見えますが、自分で法に目覚めることができなかったら意味がありません。そこで、阿弥陀仏の誓いである法を信心で得ようとする方法を他力と呼ぶのです。結果は法を信じることで同じ境地に達するのです。

聖道門は法相宗、華厳宗、天台宗、真言宗、律宗、臨済宗、黄檗宗、曹洞宗、日蓮宗などがあります。浄土門は浄土宗。浄土真宗、時宗などがあります。

Q農民の心得を記した木簡(大和朝廷})

うろ覚えで、ネットでいくら検索しても見つけられない
のですが、以前、大和朝廷の時代だと思うのですが、
農民の心得のようなものを記した木簡が発見されたと
思うのです。

要点は、「早朝から暗くなるまで働け」
「みだりに集会をしてはいけない」
「なるべく働く以外の余計なことはするな」

といったような内容だったと思うのですが、
この木簡に関する正確な情報がほしいのです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大和朝廷ではなく、律令国家の時代、9世紀のぼう示札木簡のことではないでしょうか。
石川県加茂遺跡の2000年度発掘で、嘉祥二年(849)の加賀国加賀郡のぼう示札が出土していますが、
8か条にわたって観農のための百姓心得・禁令が記されています。
ホームページや報告書をご覧になれば、詳しいことがわかるでしょう。

参考URL:http://www.ishikawa-maibun.or.jp/boujisatu_page/

Q織田信長が信仰していた宗教の宗派は何ですか? 織田信長はキリシタンでキリスト教徒で仏教は興味がなかっ

織田信長が信仰していた宗教の宗派は何ですか?

織田信長はキリシタンでキリスト教徒で仏教は興味がなかった?


一応、日本人なんで仏教の信仰宗派はあった?

Aベストアンサー

参考になりますかね
織田信長公のお墓が有るお寺
大徳寺総見院 (織田信長公菩提寺)・・・ 臨済宗大徳寺派
本能寺・・・法華宗本門流
大雲院・・・浄土宗系
建仁寺・・・臨済宗建仁寺派
妙心寺玉鳳院・・・臨済宗
西光寺・・・浄土宗
総見寺・・・臨済宗妙心寺派
瑞龍寺・・・曹洞宗
崇福寺・・・臨済宗妙心寺派
阿弥陀寺・・・浄土宗
他にも 神社にも祀られています。

強いていうなら 菩提寺の 臨済宗 ではないでしょうかね・・・

Q日本の朝廷制度の改革について。 日本の朝廷の歴史に詳しい人に聞きたいのですが、戦国時代、安土桃山時

日本の朝廷制度の改革について。

日本の朝廷の歴史に詳しい人に聞きたいのですが、戦国時代、安土桃山時代でも時の大名の天下人が朝廷制度の改革は出来ますか?

例えば、大政大臣というポストは今でいう
最高栄誉職みたい?だと自分では思ってます。

もしこの時代でもそういう認識なら、権力、権威なども持たせることは出来ますか?

やはり朝廷や王朝は儀礼、伝統、前例などを重視する為、織田信長、豊臣秀吉などでも無理ですか?

Aベストアンサー

権威は自分から唱えてもだめです。万人がそれを認めなければ。武家政権は力で国家権力を握りました。されどその正当性を認識させるためには、天皇から征夷大将軍の任命を受ける必要があったのです。織田信長は統一半ばで没してしまったので、権威などは無視したとも思われていますが、京に上るに際しては足利将軍の権威を利用しましたし、戦の和解にはたびたび天皇の綸旨をも利用しています。
日本の朝廷制度は大和政権の成立から、その利用の便宜性に支えられて存続してきました。天下人といえども利用できる権威の存続は望ましかったと思われるのです。そしてそれに手を付けることが、権威の低下、失墜に及ぶことを危惧したのではないでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報