築10年のパナホームの中古住宅を購入しよかと迷っています。
 木造住宅の場合は、だいたい築15年くらいで価格は、ほぼ土地の価格に近くなるということを聞いたのですが、軽量鉄骨の場合は、築年数のよる価格の下がり方は、どのようなものなのでしょうか?
手入れにもよるとは思いますが、よろしくお願いします。 

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (2件)

築10年のパナホームですか?商品はなんでしょう?


パナホームには大まかに分けて2種類の商品があります。柱で建物を支えているものと、壁で支えているものです。
柱で支えているものでしたら、基本的に柱と梁と筋交と基礎のみを残せば全ての壁がはずせて交換できる構造になっています。ですので、増改築はとても簡単です。
他の鉄骨住宅と比べてもはるかに増改築むきなので、土地代プラスちょっとで買えるならとてもお買い得だと思います。
価値の下がり方になると、固定資産評価額は軽量鉄骨造だと木造と大して変わりませんので12~3年で償却します。でも、強度などは新築時とほとんど変わりませんので大丈夫でしょう。
もし、心配なら、近くのパナホームに行って点検と整備をしてもらうといいと思います。保障は当時の建物でも10年ついてたと思いますので、ふれあい友の会という会に入会して30年間の点検整備をお願いするといいと思います。
いかがですか?参考になりましたでしょうか。

参考URL:http://www.panahome.co.jp
    • good
    • 0

不動産屋さんの対応を見ていると、値付けはかなりアバウトな気がします。


専門家ではないですが、車のような査定表はない気がします。

土地の値段と少しとか・・・

売れなければ土地代も相場より低く設定するし、鉄骨系というより中の設備や使われている材などで決めている気がします。

回りの中古住宅の売出価格は、売主の考えが出ていて、
バブル直後に買った値段から売値を出したものは高くて買い手がつきません。

ほとんどの物件が建物の値段が無いような感じです。

デフレで価値や価格が変動しているので、ご自身で良いと思う値段で買われると良いでしょう。それが一番後悔しないです。

我が家は売出価格より1500万ぐらい安く買いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。
何を基準に考えたら良いのかと不安だったのですが、
確かに基本に戻り、自分自身でいくらなら納得がいくのかを考える事が必要なんですね。
週末にもう一度、その物件を見に行くことに決めました。
そこでよく考えてみます。
 今回、初めて質問したのですが、回答が届いているのを
見て感激しました。
ありがとうございました。
               harucyann

お礼日時:2001/09/11 22:51

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ