哲学に詳しい方、暇な時に回答お願いします。
デカルトの言う「物質は延長である」というときの「延長」とはどういう意味なのでしょうか。入門書などを読んだのですがいまいち腑に落ちないのです。
「野球中継が30分延長した」とかいう時の「延長」とは違うのですよね。素人にもわかるように説明いただけますでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

空間的広がりのことです。


デカルトの二元論において、物質は空間的広がりを持つもの、
精神は空間的広がりを持たないもの(思惟するもの)とされています。

もとの語はextensionですか。
「延長」という訳語は多少わかりにくいですが、
要するに、四方八方に延びているというイメージです。
野球中継は時間的に延びるわけですが、
ここでは空間的に延びる(というか、延びを持つ)ことを言っています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わかりやすいご回答をありがとうございました。
「空間的広がり」という意味と、日常で使う「延長」という語の持つニュアンスのつながりがイマイチしっくりこなかったのですが、よくわかりました。
最近、近代の政治思想関係の本を読んだりしているのですが、良くも悪くもデカルトの影響の大きさを感じます。これからいろいろ勉強していこうと思います。

お礼日時:2005/04/23 21:53

哲学って、理解しようとするとき、一つの言葉の意味を


一生懸命考え出すと、つまづいてしまいます。
私は大学で哲学ゼミでしたが、ほんとうに意味がわからないことだらけの本を読むことが多く、
理解するには、言葉一つ一つの意味より、文章をとおして全体的なフレーズで意味をつかむ という方法で一生懸命読みました。ほんとうに辛かったです(´▽`*)

ここでいう「物質は延長である」は、そこだけ抜き出して考えると意味が全然わからない言葉になるでしょう。
でも、何を述べる部分で出てきた言葉なのかといえば、世界の仕組みはこうだ、と説明したいデカルトが考え出した理論、「二元論的認識論」という理論を説明する時にでてきた言葉ですよね?(´・ω・`)

全体的な意味は、世界は物と精神の二つ(二元)からできているということです。
物は そこに存在するようになってから→壊れ→朽ち果てる など、様々な様態を取りながら変化してゆく存在であるという意味で、最初の時点からの延長という意味でその言葉を使ったのだんだと思います。。たぶん。。

デカルトを理解したかったのでしょうか?
それともこの 延長 という言葉の意味が気になっただけでしょうか?
がんばってください(*^-^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答&あたたかいコメントありがとうございます。
そうですね。「哲学は文章をとおして全体の中で意味をつかむ」ということは大切だと思います。
私は哲学の基礎的な訓練を受けていませんので、どうしても入門書的な視点から、目先のフレーズやキーワードを手っ取り早く理解することばかり考えていました。
これから勉強していく上で、参考にさせていただきます。

お礼日時:2005/04/23 20:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国会の会期延長について

 もうすぐ会期延長の国会に入ることになりますが、この会期延長についてわからないことがいくつかあるので質問します。

 1.根本的な話ですが、国会延長の意味は何ですか?「決まらない法案があるから仕方ないや~」で、延長していると思う
のですが(いささか表現が軽いです)そのウラに隠れた、深い意味までわからないのです。
 
 2.今年の会期延長の理由は結局何だったのですか?鈴木宗雄問題の結論が出なかったことですか?それとも与党内の連絡
調整がうまくいかなくて法案が決まらなかったということですか?よくわからないのでおねがいします。

Aベストアンサー

 No1です。内閣が提案した議案は、内閣として、総理大臣として決定した方針です。その方針を、法律改正や予算というかたちで、国会の議決をもらう手順となります。

 その方針である議案が国会で否決されるということは、総理大臣や内閣の方針が認められない、ダメだということになります。あなたの考え方は、ダメですよ、ということです。

 したがって、内閣の不信任ということになりますし、国民の支持率低下につながるということになります。

Q哲学者のデカルトについてお教えください。

私は哲学のことを全く知らないものです。
最近、現代の科学技術文明について、その元の思想としてデカルトという人のことをときどき聞くのですが、デカルトの思想とはどのようなものなのでしょうか?
人間が自然を支配できるとか、自然などをすべて数式に置き換えることができるとかを言った人とかをテレビで聞いたのですが、はずかしいことですが哲学の本を一冊も読んだことのない私には難しくてよくわかりません。
哲学を全く知らない私に、ご無理を言って申し訳ございませんが、易しい言葉でお教えいただけましたら助かります。
本当に初歩的な質問で申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

哲学者のデカルト?、ですか。座標幾何学を考えた、数学者、でしょう。
デカルトを哲学者だと思った事は私にはありません。
しかし西洋思想とは、デカルトの合理主義思想である。というのは、西洋思想の宣伝、の意味もあるようですが。西洋化させられた?日本人の常識にもなっているようです。
デカルトの合理主義とは
「一週間に6日は、自己利益や欲望、快楽の追求のために活動し、日曜日は、協会に行って、懺悔、をする。」そういう矛盾が西洋思想だ。と誰かが言っていました?。
キリスト教と鉄砲を掲げて、世界に進出し、侵略しむ、先住民族を迫害し滅ぼしてきたのが。
西洋の歴史の一面でもあります。日本人が西洋思想に侵されると、懺悔もしない民族になるんじゃないでしょうか。
デカルトの思想は、根は形而上学(キリスト教神学)幹は自然科学、と言われています。
これ以上の矛盾はないのでは?神の信仰を前提にした哲学はありえません。

哲学、とは。在るものをあるがままに見る者は、
思惑愛好家、ではなく、愛知者(哲学者)と呼ぶべき者ではないかね。とソクラテスが言った(とプラトンが言った)。なっていますが。宗教、とは。人の心を一つの方向に導こう、支配しよう、とする。

思惑の思想、心の思想、であり。物事の在り方を知る、考え方、方法論、=知恵 を求める哲学、とは
相容れないものなのです。古代ギリシャ哲学を継承しているのは、神はいないとしても。の物理科学の方なのです。自然科学の探究から、神が出てきた事はないし。これからも出てこないのです。

デカルトは、形而上学の枠の中で、強制的懐疑、として。科学的、数学的に、真、と実証されたものしか
受けいれるべきではない。それを積み上げる事によつて。思想を構築しようとしたようです。

しかし。結局は、「我思う故に我あり」。フロンス語では、ジュ・パンセ ジュ、忘れました。
元々のは、 我考える、我存在する。であり。

いくら疑っても、疑っている、我が孫沿いする。事は疑う事が出来ない。
我の存在がすべての存在の基本である。との解釈は、語解釈、誤訳の意味もありそうです。

物理的にも、哲学的にも、幼稚すぎます。

数学者としては並みではないテデカルトでも。根が神学では、そんなものになるのでしょうか。

人間の思考が有限であるとは、無限としての神が存在しなければならない。というような。
懐疑とは相容れない、神の存在の証明、みたいな事も言っているようです。
若い女性からのとおもいますが。私の回答は、あまり常識的ではなく無責任です。
常識的な知識として、デカルトを知りたいのであれば、
デカルト、ウエブ検索、を押せば、済む事では。

哲学者のデカルト?、ですか。座標幾何学を考えた、数学者、でしょう。
デカルトを哲学者だと思った事は私にはありません。
しかし西洋思想とは、デカルトの合理主義思想である。というのは、西洋思想の宣伝、の意味もあるようですが。西洋化させられた?日本人の常識にもなっているようです。
デカルトの合理主義とは
「一週間に6日は、自己利益や欲望、快楽の追求のために活動し、日曜日は、協会に行って、懺悔、をする。」そういう矛盾が西洋思想だ。と誰かが言っていました?。
キリスト教と鉄砲を掲げて、世...続きを読む

Qこのプリントの通常国会という項目について教えて下さい。 両議院の議決が一致したら1回だけ会期を延長で

このプリントの通常国会という項目について教えて下さい。
両議院の議決が一致したら1回だけ会期を延長できるとありますが、議決が一致したのになぜ延長する必要があるのですか?

Aベストアンサー

議会の一致とは、衆参両院の本会議で、延長が賛成多数になることです。

これを国会承認と言います。

Q生涯独身であった哲学者を教えていただけますか。

宜しくお願いします。生涯独身であったと思われる(できましたらその辺の事情も)哲学者の名前を教えていただけますか。

Aベストアンサー

これはやはり「ショーペンハウエル」でしょう。
著書の「女について」では以下のような記述もあります。
どうやら女性が嫌いだったようです。
一説によると母親との確執があったとも聞いています。

「女性の狡猾さは、本能的といってもよく、その嘘つきの傾向を全然なくしてしまうことは出来ない。けだし、自然は獅子に爪と歯とを、象には長い牙を猪には短い牙を、牛には角を、烏賊には水を濁らす墨汁を与えたように、女性にたいしては、自己防衛のために「いつわる力」を与えて、武装させたのだ。」
「男性には体力ならびに理性として与えた力のすべてに匹敵するものを、女性には、このような天賦の形で、授けたのである。それゆえ、女性は生まれつきいつわるものであり、従って、賢女だろうが愚婦だろうが、いつわることにかけては同じように巧みなのだ。」

本にまでしているとなると女性の方からも嫌われたでしょうね。

Q国会の会期延長の決まり方

国会の会期延長は、どういうふうに決まるのかを教えてください。

新テロ特措法を成立させたい与党が、国会の会期延長をしたいと思ったとき、衆議院は問題ないでしょうが、参議院では過半数の野党が反対して、会期延長自体がむずかしくなるということはないのでしょうか?

Aベストアンサー

双方が異なる場合衆議院の決議が優先されます。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q142754124

Q哲学と文学の違いを教えていただけないでしょうか。

 日本語を勉強中の中国人です。ここの皆様は文学もお好きでしょうか。私は文学は好きですが、哲学が難しくてぜんぜんわかりません。哲学と文学の違いを教えていただけないでしょうか。本当に何もわからないので、簡単な言葉で説明していただければありがたく思います。

 また、質問文に不自然なところがありましたら、ご指摘いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

哲学に関しては全くの素人なので他の方に教えるなどという面映いことは不可能ですが、個人的な解釈を述べてみます。

哲学は、人間に関する事柄を、「人間とは何か」も含めて『根源まで追求しようとする学問』だと思っています。
あらゆる局面においてその追求は可能でしょうし、哲学は学問の学問、と呼ばれるのはそのせいなのでしょう。

例えば、『「美しい」とは何か?』を追求することも哲学と言えるのではないか、と思います。
絶対的な美というものはあるのだろうか。
「美しい」という現象、あるいは感覚は、生きる上において人間にどのような意味を持つのだろうか。
逆に「美しくない」という評価をすることと人間性との関連性は何か存在するだろうか。
等々。

あるいは彼にとっての「善」と私にとっての「善」が一致しない場合、ただ善であるというだけでは物事の判断ができなくなるわけですが、その場合にどのような考え方によって事態を解決することができるだろうか、またはすべきだろうか。
等。
言語の一般的な解釈に疑問を投げかけることによって、その言語が示す本質に迫ろうとするという側面も持っているように思います。

正式な哲学の定義はわかりませんが、いずれにしても人間にとっての『何らかの真理を脳で模索すること』だろうと思っています。

文学の基本は人間模様でしょうから、明確にするかしないかは別にしても、必然的に哲学的要素が必要となるようにも思います。
あるいは、文学自体が哲学である場合も多いでしょう。
(本来の)文学は『何らかの真理を言語で表現するもの』という気がします。

いずれの場合も、人間自体に関する真理の探究という共通点があるわけで、真理は心理でもあるという見方もできるのかもしれません。
ただ、全くの個人的見解なので、その点は悪しからずご了承下さい。
 

哲学に関しては全くの素人なので他の方に教えるなどという面映いことは不可能ですが、個人的な解釈を述べてみます。

哲学は、人間に関する事柄を、「人間とは何か」も含めて『根源まで追求しようとする学問』だと思っています。
あらゆる局面においてその追求は可能でしょうし、哲学は学問の学問、と呼ばれるのはそのせいなのでしょう。

例えば、『「美しい」とは何か?』を追求することも哲学と言えるのではないか、と思います。
絶対的な美というものはあるのだろうか。
「美しい」という現象、あるい...続きを読む

Q本日から始まった延長国会衆議院

本日から始まった延長国会衆議院の

しゅうちゅう審議ですが

与謝野 馨大臣が朝から只今まで

腕を組んで寝ている様ですが~

その様に見えるのは私でけですか?

国会はそれでも給料は頂けりのですか?

Aベストアンサー

>国会はそれでも給料は頂けりのですか?

 頂けます。しかも並のサラリーマンの年収並のボーナスが支給されました。

 私は国会中継を見ていました。菅総理はじめ政権側の無責任、はぐらかしの回答はいつものことですが野党側の追及も独りよがりで生ぬるくイライラでした。政権側が言いよどんでも深追いせず次の質問にうつる、菅総理は質問には答えず無関係なことを話して終わりです。茶番劇以下です。

 被災者、原発避難者はお気の毒ですが私は日本の政治は諦めました。開発途上国や未開の独裁国以下です。

 (衆議院の画像配信はセキュリティソフトのせいにして見れないようにしているようです)

 

Qデカルト主義について詳しくおしえてください!ご迷惑おかけします。 哲学の質問です。またこれは経験主義

デカルト主義について詳しくおしえてください!ご迷惑おかけします。
哲学の質問です。またこれは経験主義と啓蒙主義と対立していたのもなぜですか?

Aベストアンサー

お前のようなかたわにデカルトは理解できないと書けばよい。

Q国会延長になると政治家は儲かるのですか?

現在、内閣不信任案の話題で持ちきりとなり、被災地が置き去り状態ですが、

国会延長の場合、議員はそれなりに報酬が増えるのでしょうか?

国会を1日開くと何億かかるとかという報道を聞いたことがありますが、

そんなお金を議員に出すくらいなら、延長分を無報酬にして欲しいと思います。

家も家財も仕事も、そして家族までも失った人が大勢いるなか、国会議員は

いったいいくら貰う気なのでしょうか?

選挙までしたらいったいいくら掛かるのでしょうか?

谷垣さんも解散は出来ないはず。なんてコメントしてましたが、そんな甘い考えで

こんな時に不信任案を出さないで欲しいものです。

もっと建設的な議論を国会でしないと、次の選挙で苦しむのは、小選挙区の議員さん

ではないでしょうか。

Aベストアンサー

>そんなお金を議員に出すくらいなら、延長分を無報酬にして欲しいと思います。

本当に、おっしゃる通りですね。
東電も痛手を受けているところですし、マスコミの話によると、議員が1万円ずつお給料から被災者たちのために譲り、募金すれば、1ヶ月で、ものすごい額が集まるそうですヨ。
それを国家が安定するまで、続けたら、解決できるのではないでしょうかね?

いつも、収入制限 という言葉が出ると必ず、議員さんとか、税金で食べている方々が、シーンとおとなしくなってしまい、その言葉すらなかったことになってしまうのですが、税金から、1ヶ月生活するのに十分すぎる、どころか、余分すぎるくらいに、たくさんお給料をもらっている人も大勢いるのでしょうから、もうわがままばかり言って、弱者を苦しめず、犠牲心、くらい、発揮されなければ、国家運営も国民からの支持も、無理ですよね。
ボーナスなんて、一般企業なら必ずカットになっている事態ですよね。

そういう国民の生の声を、正しく聞き取って欲しいものです。
・被災地のこと、未だ治まらぬ今後の地震対策
これが第一優先ですよね。
・国民の失業率問題 
これが第二優先ですね。
年齢に関係なくさまざまな人が対応できる仕事をたくさん作らなきゃ、税金が集まるわけがありません。よって、弱者からお金を吸い上げることでの解決は国民を殺してしまうので不可能です。よって、国民の生の声は、たくさんもらっている議員等、税金で生活している人、と民間で生活に必要な一定所得よりはるかに高所得の方の負担にしなければならない、時がとっくに来ているのです。

そのためにも国会が正常に稼働して欲しいのは、国民の願いではありますが、政権争い、足の引っ張り合い、よくわからぬ税金をつくり、結局の所、議員、公務員等の税金から多額の給与を確保している人たちを守る自己保身のために、国が正常に稼働していないことで失業者何百万人の仕事を失っている弱者、生きる上で最低必要な住まいや命となるものを失っている被災者国民の弱者たちが、苦しめられている状況を修正して欲しいという部分に尽きます。

それを、税金からお給料もらっている人たちが、足のひっぱりあいなどしてる時間はありませんし、海外から、頻繁に変わる総理の状態をどのように言われているのでしょうか?
冷ややかな目で見られたりしていないのでしょうか?

こうしたことを考えたら、菅さん降ろし、が例え、菅さんに原因がある? のだとしても、内閣不信任案を、次の確固たる実力で、民主だ、自民だ、関係なく、すべての人を引っ張ってゆける総理大臣はこの人である、、、という絶対に任期満了まで、不信任案の声などたたない、本当の意味で多くの政治家、議員からの支持のみではなく、国民全員からの支持を仰げる力ある方、が準備出来ていないのなら、そうした行動は慎むべきではないでしょうか。
海外からだって、今注目されている大切な時です。

少なくとも、国民の大半が疑問に感じているのは、やはり谷垣さんの存在ですよね。
自民党は、菅さんが不信任となった時、谷垣さんを次代の総理に押しているのですか?
その目的で、民主党のことをいつもいつも批判ばかりしに、TVに出て来ているのですか?
それならなぜ、菅さんから、谷垣さんにご指名があった時、受けて立たれなかったのでしょう?
自民党の他の総理大臣候補だって、谷垣さんより力がありそうな方がたくさんいますよね?
谷垣さんはその方々を出すための、民主党潰し役?  になってしまっているとしか、国民には映っていないと思います。谷垣さんが批判する以上、何がご自身ならば出来るのか、具体性がまったく国民に伝わってないと思うのです。
そうしたら、国民からは、谷垣さんが自民党から押されて総理になっても、同じ事の繰り返し、またすぐ、支持率低下、不信任案、の繰り返しで、日本は絶滅の危機にさらされてしまう、その内に、国民はいなくなってしまう、と感じている方が多いと思います。
なんだか、小泉総理時代の管さんを谷垣さんに見てしまい、繰り返してるなぁ・・・
と思う方も多いのではないでしょうか。
自民党が これ、谷垣さんに、やらせているのでしょうか?
かつての菅さんそっくり、とは、感じないのでしょうか?
それで管さんがだめ?  なら、谷垣さん同じ事してますから、ダメになっちゃいませんか?

本気で日本を立て直そうと、やる気がある、自身こそ、その力を持っているというのなら、具体的な行動で示さないと、どんなことをしてきました、と国民に伝えなければ、ただ愚痴や文句並べて足を引っ張っているだけじゃ、国民はおばかさんじゃありませんから、当然、信頼されませんよね。

>そんなお金を議員に出すくらいなら、延長分を無報酬にして欲しいと思います。

本当に、おっしゃる通りですね。
東電も痛手を受けているところですし、マスコミの話によると、議員が1万円ずつお給料から被災者たちのために譲り、募金すれば、1ヶ月で、ものすごい額が集まるそうですヨ。
それを国家が安定するまで、続けたら、解決できるのではないでしょうかね?

いつも、収入制限 という言葉が出ると必ず、議員さんとか、税金で食べている方々が、シーンとおとなしくなってしまい、その言葉すらなかったことに...続きを読む

Qデカルト以降の哲学者で・・・

デカルト以降の哲学者で心身問題について考えた人を教えてください。

出来ればその人がデカルト肯定派(二元論)か否定派(一元論)かも教えていただけるとありがたいです。

出来るだけたくさん教えて下さい!よろしくおねがいします。本が出版されている方だと尚良いです!

Aベストアンサー

偏りを承知で人に教えられる範囲で。

マルブランシュ
マルブランシュは機会原因論(occasionalisme)という説を唱えました。マルブランシュはデカルトの心身二元論を受け入れた上で心身の因果性を認めず、(あらゆるものが物心のどちらかである以上)因果的な力を持つのは神のみだと考えました。例えば、腕を上げようとするとしましょう。腕を上げようと私が思うのはあくまで腕が上がるきっかけ(occasion)にすぎず、本当の原因は神であり、神が上げてくれている、というわけです。

ライプニッツ
ライプニッツは有名な予定調和(hamonie pr??tablie)を唱えました。予定調和にはモナドというわけの分かんない概念が出てくるのですが、これを述べると長くなりそうなので、なしで説明します。曰く、あらゆるものは独立に、好き勝手に動いていますが、そこには創造者たる神によって秩序、調和(hamonie)が傾向として(自由を侵さない限りで)あらかじめ(pre)たてられています(?tablie)。これを心身関係に適応すれば、心と体はそれぞれ別々に動いているわけですが、両者がぴったり一致しているのは神のこの創造時の計画による調和というわけです。
原典に当りたいなら訳が分かりやすい中公クラシックスの『モナドロジー・形而上学叙説』がよいかと思います。

ヒューム
ヒュームは我々の心に与えられるもの一切(外的内的ひっくるめて)を「知覚」(perception)と呼びました(彼独自の用法です)。彼によると物質的実体は知覚として与えられる可感的性質ではなく、それらが属するものとして想定されているものであるため、知覚として与えられないことになります。一方、心についても同じように諸知覚が属するような実体を単体でそれ自体では知覚できないため、精神的実体は見当たらないことになり、彼は有名な「知覚の束」と心を結論付けます。
以上より物質的実体も精神的実体も知覚として与えられる限りではその有無を問題にできない以上、彼は心身問題を解決するのではなく、解けぬ問題と解消しました。
ヒュームの心身問題に関する見解は『人間本性論』(あるいは『人性論』とも)の第一巻第四部に述べられています。

偏りを承知で人に教えられる範囲で。

マルブランシュ
マルブランシュは機会原因論(occasionalisme)という説を唱えました。マルブランシュはデカルトの心身二元論を受け入れた上で心身の因果性を認めず、(あらゆるものが物心のどちらかである以上)因果的な力を持つのは神のみだと考えました。例えば、腕を上げようとするとしましょう。腕を上げようと私が思うのはあくまで腕が上がるきっかけ(occasion)にすぎず、本当の原因は神であり、神が上げてくれている、というわけです。

ライプニッツ
ライプ...続きを読む


人気Q&Aランキング