gooID利用規約 改定のお知らせ

システムのベンチマークにTPC(TransactionProcessingPerformanceCouncil)のTCP-CとTCP-Hがありますがこの具体的な違いがよく分かりません。TCP-Cのほうはトランザクション系でTCP-HはDWH系とのことですが、具体的にはどういう処理のパフォーマンスを測定してるのでしょうか?
また、SFAのシステムなどはどちらの値を参考にすればよいのでしょうか?ご存じの方よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

参考URLを見れば具体的な仕様が掲載されています(英語ですが)。



簡単に言えば

TPC-C:利用者多数の(比較的単純な)OLTPシステム
TPC-H:利用者小数でデータが大量かつ検索条件が複合的なDWH系システム

といった所でしょうか。

SFAのシステムはTPC-Cでよいと思いますが・・

参考URL:http://www.tpc.org/default.asp
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>TPC-C:利用者多数の(比較的単純な)OLTPシステム
>TPC-H:利用者小数でデータが大量かつ検索条件が複合的なDWH系システム

わかりやすい要約、感謝です。

やっぱり、利用者多数で大量データなどを扱うシステムの場合は両方を参考にしたほうがいいんでしょうかね。

お礼日時:2005/04/23 12:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報