プロが教えるわが家の防犯対策術!

アルプス装置は東京電力が開発したもので、世界初の技術とされていますよね・・

国際原子力機関(IAEA)に協賛してもらい

アルプス装置(ALPS)を何で海外で販売しないの? 

政府は何をするのも遅いよね、、

質問者からの補足コメント

  • 世界の主要な原発におけるトリチウムの年間処分量は日本より多い事を知らないようですね、そのトリチウムを削減し日本並みにするにはALPSが必要になるんですよ。

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2023/08/27 19:01

A 回答 (6件)

トリチウムはALPSシステムでは取り除けません・・・・



だからみんな困ってる

大丈夫かな・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いいえ

世界のトリチウムの量より日本のトリチウムが少ないのはALPSシステムが多少は関係しています。ALPSシステムは、福島第一原子力発電所の汚染水に含まれる62種類の放射性物質を除去することで、トリチウム以外の放射能を低減させていますし、日本政府は、ALPS処理水を海水で100倍以上に希釈して、トリチウムの濃度を1L当たり1500Bq未満にすることで、安全基準を十分に満たしていて、したがって結果的には、ALPSシステムはトリチウムを減らすことに貢献しています。 

大丈夫かな・・・

お礼日時:2023/08/27 20:22

ALPSで「科学的に安全な水」を作るには原発事故で発生する放射性物質が含まれた汚染水が必要だよ

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとう御座います。

お礼日時:2023/08/27 21:44

トリチウムは、水溶性なので除去が難しいみたい。



「放射性物質の除去装置」ALPS(アルプス)の最前線で見た"東芝vs日立" 【映像あり】
https://www.huffingtonpost.jp/hiroaki-mizushima/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ですよね

お礼日時:2023/08/27 21:44

『他の原子力施設では必要とされないかもしれませんね』


そのくらいの判断力があるなら、この質問は無意味な駄問とわかるんじゃないだろうか

結局は、なんでも良いから批判したいってことなのかな
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いいえ違いますよ

世界の主要な原発におけるトリチウムの年間処分量は日本より多い事を知らないようですね、そのトリチウムを削減し日本並みにするにはALPSが必要になるんですよ。

お礼日時:2023/08/27 19:00

なぜALPSが必要になったのか、



溶けて固まった燃料デブリを冷やすための水が、燃料デブリに触れ放射性物質を含んだ「汚染水」となります。さらに、地下水や雨水が原子炉建屋・タービン建屋といった建物の中に入り込み、汚染水と混ざり合うことで、新たな汚染水が発生します。

ですので非常に汚染されているのですよ。この汚染された水を、トリチウム以外の放射性物質を取り除くというのがALPSです。世界で原発が稼働していますが、こんな高濃度に汚染された水が生まれているのは福島原発だけです。

ですからALPSなんて事故がおきなければ不要なものなんですよ。

なお、当初の1/5以下になったとはいえ、現在も、約140㎥/日(2020年平均)の汚染水が生まれています。原発を完全に廃炉にしないかぎり、いつまでたってもこの汚染水は生まれ続けます。30年ですむわけがありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アルプス装置は、福島第一原子力発電所の汚染水に対応するために特別に開発されたもので、他の原子力施設では必要とされないかもしれませんね

お礼日時:2023/08/27 18:56

需要は何処に有るんだろう



ああいう事故は東電の福島第一くらいしかないけど・・・・
    • good
    • 2
この回答へのお礼

アルプス装置は、福島第一原子力発電所の汚染水に対応するために特別に開発されたもので、他の原子力施設では必要とされないかもしれませんね

お礼日時:2023/08/27 17:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A