プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

人は自らの死を経験しないというパラドックスを国語の教科書で習いました。この言葉は誰がいった言葉なのでしょうか?知っている方、お教えください。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

フランスの前衛芸術家、マルセル・デュシャンは「されど、死ぬのはいつも他人ばかり」と言っていました。

日本の前衛芸術家、寺山修司が好んでこれを引用していました。
なるほど、私たちが見聞きする死は他者の死です。自分の死については、本人が死ぬんですから経験が成立しません。

私は、東京の西武美術館でデュシャンの回顧展が開かれたとき、一人で見に行きました。前世紀の話です。あのころ私は若かった……。
    • good
    • 1

死は、それ自体が「パラドックス」である



マルティン・ハイデッガーが「死に向かう存在」
という有名な言葉で表現したもの・・。



これですかね?
    • good
    • 2

それは学んだ事在りません



人は自らのしを経験すると言うパラドックスは知ってます
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。覚え間違いかもしれませんね。


死を経験するのがパラドックスになるという理由を教えて頂きたいです。

お礼日時:2023/11/05 22:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A