いよいよ戦争状態に突入しそうな緊迫した状態。そんな中で株安円高状態はよくわかりません。これからの円の推移も合わせてよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

理由 円安」に関するQ&A: 円安の理由?

A 回答 (2件)

 表面的には、大規模テロ(歴史上、初めての米国本土攻撃)に伴う景気悪化懸念や米国からの資金流出がドル安を招いているといえます。

しかし、本質的な問題として、米国の、(1)経常収支の問題、(2)ドル増刷の構造、があり、長期的なドル安の流れを危惧する声はあちらこちらで囁かれ続けています。
 長期的なチャートからみて1ドル=80円前後で円が天井を打ったという説や、日本の財政破綻の方向が避けられない現状からも中長期的に円安に向かうという説もありますが、上記のような理由によりドル暴落を懸念する可能性は否定できない状況です。
 一方、株価ですが、今回の事件がなかったとしても、NYダウの下落が、避けがたい状況にあるというのが個人的な見解です。「なぜ株は下がる」という疑問はよく聞かれますが、そもそも投機的に上昇したものが下がることはごくごく当たり前の現象であって、要は、きっかけはなんでもよいわけです。日本の株価についても、80年代末時点において、いずれ1万円前後(場合によっては1万円以下)になることは一部のプロが予測していたことでした。これは株価対策に関する政策がどうのという問題ではなく、投機がもたらした悲劇の結果といえるものです。金融機関の人達が、「恐慌発生の可能性」を予測できる能力がなかったことが残念で仕方がありません。
    • good
    • 0

株安は、今晩からニューヨークで、各取引所が市場を再開することにより、まずは換金売りのために暴落することが予想されるために、各国の証券市場では、売りが先行し、買いが手控えられているためです。


円高のほうは、有事のドル買いは、アメリカ経済や、軍事力を背景に起こることなので、今回のように、アメリカが直接の当事者の場合は、ドルを買う理由はありません。そのかわりに、ユーロなどが買われ、それに連れ高する形で円高になっているものです。
今回は、ドルも買えない状態になったため、ラストリゾートとしての金市場に資金があつまるかたちになりました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【円高なのに】日本国内で物作りを辞めてしまったので円高なのに物価は上がる一方ですね。 円高なのに物

【円高なのに】日本国内で物作りを辞めてしまったので円高なのに物価は上がる一方ですね。

円高なのに物価が上がるのは物造りを国内でやるのを辞めたのが原因ですよね?

円高になると輸入に頼っているので物価は上がる。

円安になると働いても円の価値が無くなっていくので貯金預金の価値が無くなっていくだけで使ってないのに消費している状態。

どっちが幸せなんでしょう。

Aベストアンサー

日本国内で物と円が回ってるんだったら関係無し。
あくまで、対ドル・対ユーロなどの為替の問題。

>>円高になると輸入に頼っているので物価は上がる。
逆、同じ品でも、円高になると少ない円で買える。輸入品は安くなる。
1ドル100円した品物も、1ドル90円に円高になったら90円で買える。

>>働いても円の価値が無くなっていくので・・・
円高・円安になっても国内での価値は変わらないので関係なし。

輸出産業はドル建てがホトンドだから、円高の場合は、同じ1ドルを売っても、円に換算すると、少なくなってしまう。
つまり売上げ額が減るから企業業績が悪くなる。

売り込みについても、円高の場合は、同じ100円の物を売ろうとしてもドルに換算するとドルが多くなる。
外国から見たら日本製品の値上げ。価格競争力が低下して買ってもらえなくなる。企業業績が悪くなる。

企業業績が悪くなるから、それに見合って給料がへる。
企業業績が悪くなるから、外国投資家が株を買わなくなったり、手放したりするから株価が下がる。

円高、円安、どちらに振れても良い事が無い。

Q【日本の円高問題】日本の輸出企業はドル建てしているので円高で問題になるわけではない。 円高で問題に

【日本の円高問題】日本の輸出企業はドル建てしているので円高で問題になるわけではない。

円高で問題になるのは日本政府が借り入れている多額の国債債務の利子が膨れ上がることくらいだ。

で、円高になって困るのは企業ではなく国。

だから国は国民に円高になると企業が大変苦労するので円安に持っていっているというが企業はドル建てしていて円高、円安はもう関係がなくなっているので円高の方が得。

国民も国内消費では円高の方が得。

円高で損をするのは国だけ。

国の借金が1000兆円あってその利益が円高で増えるので、円高はダメだと国民を騙して報道しているのではないか?

Aベストアンサー

>日本の輸出企業はドル建てしているので円高で問題になるわけではない。

そんなことは無い。
経費(特に人件費)は円建てなので、円高になるともろに収益が悪化します。
従業員にドルで給料を払っているのなら別ですけどね。

多くの輸出企業は、大ざっぱに見て、120円ならウハウハ。110円で普通に黒字。100円が採算分岐点。90円は苦しく、80円なら国内工場閉鎖を考える・・・と言う感じだと思います。

Q【昭和は東京オリンピックを契機にバブルに突入したそうですが、平成の東京オリンピックはバブルに突入しそ

【昭和は東京オリンピックを契機にバブルに突入したそうですが、平成の東京オリンピックはバブルに突入しそうですか?】

昭和の東京オリンピックのときと平成の東京オリンピックで違うところってどんなところですか?

東京の地価も上がってるそうですしまた昭和バブルのようになりますかね?

みなさん否定的だとは思いますけど平成の東京オリンピックを契機にバブルに突入すると良いですね。

Aベストアンサー

甘すぎデス。
バブルに突入する訳がありません。
我が国の経済の現実、政府の「小手先政策」を真面目に見据えれば、一目瞭然。
ナナミさんも、目を覚まして平成の東京オリンピックの浅はかさを見つめて下さい。
『フクシマ』の、現状を胸を張って全世界に見せることが出来ますか・・・・・・・・!?

Q今回の円高騒動一連と、このたびの財務大臣の発言により、より円高が進行し

今回の円高騒動一連と、このたびの財務大臣の発言により、より円高が進行したことについて、教えていただきたいことがあります。


まったく経済の事は分からないのですが、
とりあえず今回の円高は、日本の景気が落ち込んでいる、というよりはアメリカの財政が困窮しているから、と言うお話があり、納得はできました。

今回の財務大臣の発言を契機に、ドル安円高が進んだと見受けられるのですが、何故円高が進んだのでしょうか。普通だったら、国の金庫を守ってる人がこんな体たらくでは、円売りは進むようにも感じるのですが。
それに投資家の方々は円が信用できないからこそ外貨を買う→故に円安が起きる
という構図には成り得無いのでしょうか。

稚拙な内容ですが、当方経済のことは全くわかりませんので、バカにせずにお答えいただけたら嬉しいです。
お時間ある方、ご教示ください。

Aベストアンサー

先程、為替の質問に回答してきました。質問は、どこに円の魅力があるのか?です。

http://okwave.jp/qa/q6133090.html

・日本は介入しないとの見方=円高抑制しない=国が認めているなら円買い

介入しない理由=総理が興味を示さない、小沢氏の件で再選挙の可能性、小沢氏の件で介入後の株価と為替への影響に責任が持てない

欧米諸国の株安で、リスクを回避する為に株を手放した資金が余り、その通貨を円に換えています。

昨日、日本時間23時、アメリカの中古住宅販売件数が発表され、事前予想を大きく下回る件数になりました。
これは景気が悪い事を示します。(家が売れない。家を買わない。)

こういった指標の多く、失業率や成長率を比べても、まだ日本は他国ほどは酷くはありません。

Q円高=世界中の投資家がドルやユーロより円を持ちたいと考えている状態です

円高=世界中の投資家がドルやユーロより円を持ちたいと考えている状態ですよね?
約20年間不況だデフレだと言われ、国債残高が900兆円あり、中国にGDPで抜かれ、メーカーは韓国に勝てないと言われている国の通貨が人気とはどうゆい事でしょうか?円が元やウォンに対して下がったって話も聞かないんですが、その点も含め解説願います。

Aベストアンサー

アメリカと中国はせっせと通過を刷りまくってます。
アメリカが発表する緩和策とは、ドルの増刷。しかし、ドルの増刷は大量過ぎて数字を仔細に発表すると大暴落を招く為、最近は一部の統計数値を非公開としてます
急激なドル安は望まないが、ジワリと下がるのが希望です

欧州は、ギリシャ、ポルトガルなどの財政危機が元で通貨不安。大口融資先である中東も返済猶予を求めるような有様で、ドバイの苦境が象徴的
デフレの懸念もあって、ユーロは下がる見込みです

中国は恐ろしいほど増刷して、更に元安を守る為に市場介入してます
欧州とアメリカはこれに批判的で、元のレートを上げるように要求している
そんな中、日本が市場介入してユーロやドルが上昇し始めると、一斉に不快感を示しています

市場は、日本の政治力から言って、通貨を安目に誘導して自国産業に活力を与えたい思惑が明白な、アメリカ、欧州、中国に対応して円安政策が打てるわけがない。
日本は無策で手も足も出ないだろうと舐めきって、円買いに走っていたわけで、日銀の意表をつく介入に仰天している。
ショックで円買いがやや鈍って様子見ですね

しかし、アナリストは厳しい見方をしてます
しばらく、円はもみ合ってやがて再び円高の流れに戻るだろうと
理由は、欧米が日本に強い不快感を示していること。(介入直後は、肯定的だったが、数日で反応が変わった)
アメリカ議会は介入後、日本のこの措置は問題だとして、連日議題に取り上げてます
日本は懸命に、円高許さないとの姿勢を強調してますが、単独では介入資金の面でも厳しい上に、欧米の圧力
次は非常にやりにくい...
いつまで持つかな?って感じですね

アメリカと中国はせっせと通過を刷りまくってます。
アメリカが発表する緩和策とは、ドルの増刷。しかし、ドルの増刷は大量過ぎて数字を仔細に発表すると大暴落を招く為、最近は一部の統計数値を非公開としてます
急激なドル安は望まないが、ジワリと下がるのが希望です

欧州は、ギリシャ、ポルトガルなどの財政危機が元で通貨不安。大口融資先である中東も返済猶予を求めるような有様で、ドバイの苦境が象徴的
デフレの懸念もあって、ユーロは下がる見込みです

中国は恐ろしいほど増刷して、更に元安を守る為に...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報